フーマンの本から~個別指導の必要性

ここでは、「フーマンの本から~個別指導の必要性」 に関する記事を紹介しています。



●クンダリーニの道、ハートの道、智慧の道、ノーマンドの道、直接に魂を目覚めさせる道、純粋知性の道、真実の自己を問いかける道、等々、それぞれの魂によりそれぞれの道がある。
 その核となっているものは、「気づき」とある程度のI AMの目覚めで、それは変わらない。
それ以上のレベルの進化に関しては、その魂がどこへ向かって進化していくのかを見て、何がそれを防いでいるのかを知り、直接にそれに働きかける必要がある。

ガイダンスはリトリートをする事を私に望んではいるが・・・、しかしリトリートだけをしていたら、直接人々にワークし助ける事があまり出来ない。だから一対一をベースにワークをしている。

●他のアドバァイタや仏教の教師の下へ行っても、一般的な教えがあるだけで、個別に働きかける事は稀だ。

無空:私も覚醒した(悟りを開いた)先生のセミナーに参加した経験があります。
人数が多いので全体のエネルギーも素晴らしく、そのエネルギーで多くの方がクリアになられ、エネルギーも上がっていきました。
ただ、大人数のため、個別に丁寧に働きかけるということが難しく、フーマンもとても大事だと言っているマインドの変容については弱かったように思います。
 私自身が、整体をしながらお客様の意識にも働きかけていくと、マインドが変容が起こってきました。
個別にその方に合わせてサポートすることにより、大人数のセミナーよりも効果的に変容促すことが出来ると確信し、今に到っています。

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック