毎瞬、毎瞬、真我が熟成され、噛めば噛むほど深い味が出て、いつしか”伝統”となり、もうすでに受け継がれているものになっている気がします。

ここでは、「毎瞬、毎瞬、真我が熟成され、噛めば噛むほど深い味が出て、いつしか”伝統”となり、もうすでに受け継がれているものになっている気がします。 」 に関する記事を紹介しています。
今回は、セッションを受けられているayaさんから頂いた感想報告と無空の返信を、参考までにご紹介させて頂きます。

ayaさん

感想ありがとうございました。

> 無空様
>
> こんにちは。ayaです。
>
> 前回の感想報告です。
> 前回のメモを見ても、そうだったけ??ともう感触を思い出すことができませんが、
> メモのまま書きたいと思います。
>
>
> 最初の共鳴は珍しくあっさりしていました。

そのように起こることもありますね。
あっさりもまた、真我の側面のひとつです。

> アイコンタクト ただ在る、不動の在るでした。
>
> 瞑想  神聖な歓び、神聖な静寂で、今までとも一味違う深みがありました。

深みにも様々な側面、味わいがあります。
>
> 立場を変えてでは、とても強力でどこまでも
>
> ニュートラル 大勢と共鳴しているという感じでした。

確かに、ニュートラルだとそうなることもあるかもしれませんね。

> 今年1年は、本当に濃厚な毎日でした。1年位前から
> 本格的に共鳴セッションがスタートし、
> マイペースに1つずつ積み重ねているうちに
> あっという間に、共鳴セッション自体も広がり、
> ただ在るということが常に在り、それを生きるという方々も増え、
> 毎瞬、毎瞬、真我が熟成され、噛めば噛むほど深い味が出て、
> いつしか”伝統”となり、もうすでに受け継がれているものになっている
> 気がします。
> 来年も変わらぬ真我の成長を見守り、
> 私自身も成長していきたいと思います。
>
> 今年1年、ありがとうございました。
>
> aya

こちらこそありがとうございました。

無空

【個人セッションに関してはこちらです。】
【お問い合わせ等はこちらからどうぞ。】

ランキングに参加しています。
よろしければ、クリック応援をお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
精神世界ラ
ンキング 人気ブログランキングへ
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック