無空庵の個人セッションは、ゼロ(仏教では空)の場による心の浄化法、本当の自分を知る方法、心の平和・愛と幸せ・真我覚醒・真我実現を促す方法です。

●ゼロ意識共鳴で、真我・無限の愛である本当の自分に目覚め、本当の自分を実現する!

真我はただ在る。ただ自分自身(愛)である。シンプルな生き方。シンプルな在り方。
無空庵で「愛」(存在の愛)と「空」、そして「在る」こと(自分自身であること)の素晴らしさを知る。
悟り・覚醒・変わらない愛と幸せ・心の平安を実現!

無空庵では、スカイプで全国の方を対象に、ゼロ意識共鳴個人セッションを行っています。
個人セッションは、ゼロ(仏教では空)の意識の共鳴ワークであり、心の浄化法、本当の自分を知る方法、無限の愛と自由、心の平和、本当の幸せ、真我覚醒、真我実現を促す方法です。

ラマナ・マハルシ、ニサルガダッタ・マハラジ、フーマン、エックハルト・トール、ガンガジ等の言及する「悟り」「覚醒」「真我」「本当の自分」の実現をサポート!メッセージ1 メッセージ2

※多忙のため、セッションに関するお問い合わせの返信には、数日~1週間くらいかかることがあります。また、同様の理由により、読者の方からのご質問にはお答え致しかねます。ブログへのコメントにもお返しできないことが多いと思いますが、あわせてご了承願います。

公開・日々の小さな合同共鳴
※どなたでも、森羅万象あらゆる存在の意識参加自由。
毎日6時、10時、11時、11時40分、13時10分、16時15分、17時、18時、21時 2011・11・3~
(6時以外は、無空庵の基本セッション時間です。)。
各30分(その内何分でも構いません。ただそっと意識を向けてみてください。そして、できる方はご自身の存在感覚、在るという感覚、又は、気づいている意識に気づいていてください。)
※参加された方々の記事。
蓮さん①, wingさん①のびのびさんsatorinさん

公開・週一合同ゼロ意識共鳴
※どなたでも、森羅万象あらゆる存在の意識参加自由。
毎週木曜日21時と21時30分から各30分間。 2011・11・10~
※こちらの記事もご覧ください。合同ゼロ意識共鳴は、集合意識の変容を促す。+感想③
第1回感想①感想②
※参加された方々の記事 しみっちさんWingさん蓮さん




今回はセッション10回目を受けられた方からメールを頂きましたので、ご承諾を得て、参考までにご紹介いたします。
6回に分けてご紹介いたしますが、今回は3回目です。

>(覚醒しても)今までのパターンも残りますしね。
>もちろん同じパターンでも以前とは受け方はぜんぜん違っています。
>(どこかの本に書いてありましたが、扇風機をとめても余韻ではねが回っているのと同じで、覚醒後も以前より弱くパターンは出ています)

習慣として残り、すぐには消えませんが、いずれパターンは落ちていきます。

> それから、せっかく覚醒にお導きいただいたので、変な方向よりもより良い方に使っていきたいという気持も出ていました。
>変な方向も良い方向もないのかもしれませんが、今回言いたいのは、一般常識としてです。

セッションを続けていると、言葉の使い方が変わってくることで、今、どこにいるかが分ります。
こちらとあちら、真実と幻想、彼岸と此岸、源と現れ、愛とマインド(一般常識も含めて)、この違いの理解と認識、そして、同時に本当は同じものである、ただひとつのものしかないという理解を持った上で、状況に合わせ、言葉を使えるようになってきてますね。

変な方向もよい方向もない、というのはその通りです。
ただそれ(本当の自分)であれば、しかるべき方向へと進んでいきます。
そして、マインドがそれを使うというよりは、マインドはそれのサポートをする、という感じですね。(あるいはできるだけ邪魔をしない(笑)。)

単なる表現の問題ですが、それを使うという表現になると、エゴ・個人の方が主体となります。
(最初は分って使っていても、知らず知らずにうちにそれがまた習慣となり、主体の座をエゴに明け渡さないように注意は必要です。
エゴは、本人が気づかないうちに本当に巧妙に忍び寄ってきます。)

この世界では、マインドを使い、一般常識に合わせ、発言、行動していく必要は当然ありますが、主体は真我であり、愛です。
それで在ることで、いろんなことがうまくいく、必要な時に必要な言葉が出てくる、必要な行動が起きて来る、必要な出会いも起きてくる、そういう体験を重ねていくことにより、もっと自信がついてきて、マインドはさらにリラックスし、より個人を手放して、愛と平安の中に安住できるようになっていきます。

すでに目覚めは起きていますが、これまでの癖、習慣がまだありますので、そこをこれから変容させていくということですね。

今、主体となっているのは、個人か、個人を超えた愛か、そんな感じで確認してみるといいですね。
マインドを使っている時にも、ベースに愛があるかどうか、それを意識してみるといいと思います。




では、今回は、ご承諾を得て、セッション9回目を受けられたの方から頂いたメールとその返信を、参考までにご紹介致します。
11回に分けてお伝えしていきますが、今回は5回目です。

> 後、セッション中に『自分』という言葉を使うとまだ引っかかるものがあるのを感じました。
このあたりは、今後のセッションで引っかかりが取れていくといいと思いました。

まだ個人も残ってますからね。
やはり今までの習慣で、「自分」と言った時、あるいは、「私」と言ったとき、どうしても個人の方に意識が向いてしまうと思います。
社会生活を送る上では、その個人の認識も必要ですが、それはそれで純化され、透明な状態で残りますので大丈夫です。
ラマナ・マハルシは、個人の輪郭が残るというような言い方をしてますね。

社会生活の中で使う場合も、個人を指して使っているという認識の下で、使ってる感じだといいですね。
(気づきはそれに巻き込まれておらず、純粋に保たれたまま。)

基本は、「自分」、「私」以前の状態であること。
それらの認識が起こる前、ニサルガダッタ・マハラジが言ってる原初の状態に在ることですね。




今回は、セッション6回目を受けられた方からメールを頂きましたので、それに対する無空の返信と合わせて、ご承諾を得て、参考までにご紹介させて頂きます。今回は2回目です。

>アイコンタクトでは、ものすごく静かで深い所に入っていっていたようですね?

お分かりになりましよね。
回を追うごとに深まっていってますね。
先週までに、大きなものが浄化され、抜けていったのも大きいと思います。

そして、深い、浅いよりも大事なのが、やはりその深さに気づいている自分に気づくということです。
本当の自分は何者なのか、あるいは特定の何者でもない(ゼロ、無、空、全体、すべてなるもの、唯一の一者、普遍的な愛、無限の可能性そのもの、純粋な意識、気づきそのもの、幸せそのもの、今そのもの、リアリティ、存在性、純粋な主観性、自覚そのもの・・・)と気づき、理解し、深く深く受け入れていくことですね。

誰でもない時、もはや他から傷つけられることも、他を傷つけることもありません。
逆にすべてを同じように愛することが出来ます。
存在のレベルからの愛です。

誰でもない時には、同時にすべてになっています。
存在する全て、現れていないもの、現れているもの、それらを全てを含んだ全てです。
全ての中の全て、全てを超えた全てです。

それが空です。それがゼロです。それが愛です。それが平和であり、調和そのものです。
それが本当の自由です。それが至福であり、それが真実です。それが喜びであり、美そのものです。
そして、それが本当の自分です。

明日に続きます。

水滴

本当の自分とは、個人を超えたところに在ります。
個人はマインドの中にあり、マインドが静まり、マインドを超えていくことで本当の自分をよりはっきりと自覚することができます。
普段でも、本当の自分である純粋な意識(真我)は存在しているのですが、マインドが騒がしかったり、また、焦点がずれている為、なかなか自分では気づくことができません。

無空庵では、マインドを超えたところにあるゼロの場(無・空・無限の愛・純粋な意識)での共鳴により、マインドを浄化し、静め、本当の自分に気づく、本当の自分を悟るお手伝いをしています。

マインドが静まり、共鳴している中で、それが本当のあなたですよ、とお伝えさせていただくことで、本当の自分の自覚、理解、受け入れを促していきます。

理解と受け入れが進んでいくと、日常の中でもそれを自覚しやすくなってきます。

また、共鳴している状態の中で、純粋な意識の様々な側面について説明を加えたりしていくことで、腑に落ち、理解も深まっていき、その意識が定着していきます。

さらに、共鳴を続けていくことにより、ハートが開き、純粋で透明な意識、無であり、空であり、また無限の愛である本当の自分の素晴らしさをより深く感じることが出来るようになっていきます。

本当の自分とはすべての源ですから、心身の状態もよりよくなってきます。
マインドが静かで、内側が平和になっていきます。
空から、様々なインスピレーションもわきやすくなってきます。

また、そこはワンネス、すべての存在が一つになっているところですから、人間関係、人生の流れなどもスムーズになり、周囲にもよい影響を及ぼし、環境も変わっていくでしょう。

本当の自分を見つけ、本当の自分を生きていくことは、本人の幸せだけでなく、周囲にも大きな変化をもたらしていきます。





セッション5回目を受けられた方からメールを頂きましたので、ご本人の承諾を得て、私無空の返信と合わせて、参考までに4回に分けてご紹介させて頂いています。今回が4回目です。

>2日前は雨が降っていました。
>帰宅途中静かな住宅街を歩いていました。
>人が誰もいなく、真っ直ぐに続く道を歩いていた時、私の靴音と雨が傘に軽く当たる音意外はとても静かでした。
>他に人がいないからこんなに静かなのかな~とはじめは思いました。
>でもそれだけではないことに気づきました。
>それは、私の頭の中が静かだったのです。
>それに気づきました。

この静けさが平和であり、穏やかな愛です。
そして、それは至福でもあります。

これからもっと静寂を育んでいきましょう。

>今週のセッション楽しみにしております。どうぞよろしくお願いします。

こちらこそ、よろしくお願いします。

>PS、エックハルト・トールさんの「世界でいちばん古くて大切なスピリチュアルの教え」とラマナ・マハルシの「あるがままに」の本を買いました。
>最初から真我について書かれていますね。

真実を色々な表現から理解していくのもいいですね。