無空庵の個人セッションは、ゼロ(仏教では空)の場による心の浄化法、本当の自分を知る方法、心の平和・愛と幸せ・真我覚醒・真我実現を促す方法です。

●ゼロ意識共鳴で、真我・無限の愛である本当の自分に目覚め、本当の自分を実現する!

真我はただ在る。ただ自分自身(愛)である。シンプルな生き方。シンプルな在り方。
無空庵で「愛」(存在の愛)と「空」、そして「在る」こと(自分自身であること)の素晴らしさを知る。
悟り・覚醒・変わらない愛と幸せ・心の平安を実現!

無空庵では、スカイプで全国の方を対象に、ゼロ意識共鳴個人セッションを行っています。
個人セッションは、ゼロ(仏教では空)の意識の共鳴ワークであり、心の浄化法、本当の自分を知る方法、無限の愛と自由、心の平和、本当の幸せ、真我覚醒、真我実現を促す方法です。

ラマナ・マハルシ、ニサルガダッタ・マハラジ、フーマン、エックハルト・トール、ガンガジ等の言及する「悟り」「覚醒」「真我」「本当の自分」の実現をサポート!メッセージ1 メッセージ2

※多忙のため、セッションに関するお問い合わせの返信には、数日~1週間くらいかかることがあります。また、同様の理由により、読者の方からのご質問にはお答え致しかねます。ブログへのコメントにもお返しできないことが多いと思いますが、あわせてご了承願います。

公開・日々の小さな合同共鳴
※どなたでも、森羅万象あらゆる存在の意識参加自由。
毎日6時、10時、11時、11時40分、13時10分、16時15分、17時、18時、21時 2011・11・3~
(6時以外は、無空庵の基本セッション時間です。)。
各30分(その内何分でも構いません。ただそっと意識を向けてみてください。そして、できる方はご自身の存在感覚、在るという感覚、又は、気づいている意識に気づいていてください。)
※参加された方々の記事。
蓮さん①, wingさん①のびのびさんsatorinさん

公開・週一合同ゼロ意識共鳴
※どなたでも、森羅万象あらゆる存在の意識参加自由。
毎週木曜日21時と21時30分から各30分間。 2011・11・10~
※こちらの記事もご覧ください。合同ゼロ意識共鳴は、集合意識の変容を促す。+感想③
第1回感想①感想②
※参加された方々の記事 しみっちさんWingさん蓮さん




今回は、Lさんからセッション(7/2)後に頂いたメールへの無空の返信をご承諾を得て、参考までにご紹介いたします。
4回に分けてご紹介していますが、今回が2回目です。
>
> でもまずは昨夜のことからなのですが、実はまた、何気ない、本当に他の方から見れば、
> 何でそんなことに怒るか?というようなことに、反応してしまいました。 
>
> そして、大いなる存在を感じつつもそれなりの怒りの表現=エゴの反応をとってしまい、
> 文句の殴り書きなどをして残そうとしたのです。 

パターンはすぐに全ては落ちず、ある程度の期間は残りますので、反応は起こってきますね。

> しかし、自分の寝る準備をしている間、本当に短い時間に、
>
> 『それはいくらお芝居とはいえ、あまりに意地悪だ』というように感じ始めたのです。 
>
> そうしたら、一気にそれもそうだ、意地悪だ。 宿敵にも哀れみをではないが、
> もうもっと寛大になるお芝居をしてみてもいいではないか?と、変化しました。 

空なるスペースによる気づきですね。
それがパターンを落としていきます。

これが空の力、純粋な気づきによる変容パワーですね。

> そして、そう、すべて何も本当に起きてはいないのだ。 何もないのだから。 と、ペースがすぐに変わっていきました。

この真実に戻ると、すべての問題は一瞬のうちに解決します。

おっしゃるとおり、本当は何も起こっていないのですから。

> まだ、正確には、少し引っかかりが残っているようなのですが、
> この変化の兆しは、やはりよい方向へ向かっていることの証拠と感じました。 

このような実体験を通して、さらにマインドの変容が進み、空・真我・大いなる存在・愛が確かなものとなっていきます。





今回は、Lさんからセッション(7/2)後に頂いたメールへの無空の返信をご承諾を得て、参考までにご紹介いたします。
(4回に分けてご紹介します。)

L様

こんにちは。

メールありがとうございました。

では、頂いたメールに返信していきます。

> 無空 様
>
> またさらに理解が深まり、復習的なご指導ともなるような詳しい解説メールを、ありがとうございます!!  
>
> このところ、かなり早起きが続いているので、今日も早く寝ようかと思っていたのですが、
> シャーワーを浴びていたところ、今までご指導頂いてきた様々な先生方、本、インターネットなどで、
> 大事なことと頭で思いながらもいまいち本当に何なのかとは理解できず、ただしっかりと暗記するしかないと
> してきたことの幾つかが、一気にパーッと腑に落ちてきました。 

頭の理解、マインドの理解ではなく、文字、文章が指し示しているその先に在る実在の領域を理解されたということですね。

> 天使さん始め他のスピリチュアルな存在などを介すことなくただハートの中に一気にという感じです!!! 

それ自身(空・真我)であることにより、直接に知った、という感じですね。

また、神であれ、天使であれ、他の存在が介している時は、関係性の中にあり、そのときは個人になっているとも言えます。

本当の自分(空・真我)で在るときには、唯一つの存在(大いなる存在・大いなる自己)で在る状態ですから、
すべては自分自身からやってくる、すべては自分自身から起こる。ということになります。

> あぁ、本当にだからそういう風に言われていたのだ、と! ありがとうございます!!  
>
> それで、忘れない内にご報告と思い、慌ててメールさせて頂いております
> (笑)。  

【個人セッションに関してはこちらです。】
【お問い合わせ等はこちらからどうぞ。】

ランキングに参加しています。
よろしければ、クリック応援をお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
精神世界ラ
ンキング 人気ブログランキングへ

関連タグ : , 真我,

花0

今回は、エックハルト・トールさんの「さとりをひらくと人生はシンプルで楽になる」からご紹介です。

「許し」は、過去2千年にわたって使われてきたきた言葉ですが、ほとんどの人は、この言葉について、とても限られた見解しか持っていません。
「ほんとうの自分」のアイデンティティを、過去から引き出しているうちは、他者はもちろん、自分自身をも、本当の意味で許していないのです。
わたしたちの、唯一のパワーである、「いま」につながってはじめて、真の許しができるのです。
「いま」につながれば、過去は無力になり、自分がこれまでしたこと、されたことは「ほんとうの自分」という輝かしい本質を傷つけるどころか、それをかすりもしなかったのだと、心の奥で気づきます。
すると、「許し」という概念そのものが、不必要になります。

無空:「かすりもしなかった」というところがいいですね。

本当の自分を傷つけることができるものなど、どこにもいません。
本当の自分は、これまで一度も傷つけられたことはありませんし、これからも、一切傷つけられることはありません。
同様に、本当の自分は、これまで誰も傷つけたことはありませんし、これからも誰も傷つけることはありません。

傷つけ、傷つけられるのは、個人であり、マインドです。
マインドを超えた真実の領域においては、ただ愛と平和があるのみです。

zero Landmine_02



ゼロ・空・愛。

ここが私の家。

ここが私たちの本当のふるさと。

みんなここからやってきた。

そして、すべての人がそこへ帰っていく。


そこは、全ての存在が唯一ひとつになれるところ。

争い、悩み、問題が、一切存在しない静かで平和な場所。

真実の場所。


でも、本当は、そこからやってきてもいない。

今でもそこにいる。

心が旅をしていただけ。

一度も離れたことはない。

ただ忘れていただけ。


必要なのは、ただ思い出すこと。

あなたが心ではなかったことを。

永遠、不滅、唯一の真実であったことを。

ゼロであり、愛そのものであったことを。


周囲を見て、形あるもの、色のあるものに焦点を当てるのではなく、空気を見てください、空間に焦点を当ててください。
内面を見るときも、思考や感情ではなく、思考がないとき、静かな時に焦点を当ててください。
動きつづけ、変化するものではなく、常に変わらない気づき、意識に焦点を当ててください。
すると言う行為ではなく、在るという感覚に焦点を当ててください。
過去未来ではなく、今という時に焦点を当ててください。