在る に感謝です。この感謝のなかで 多くの方と 在る を深め 広め さらに無限に開かれていきたいな と思います。

ここでは、「在る に感謝です。この感謝のなかで 多くの方と 在る を深め 広め さらに無限に開かれていきたいな と思います。」 に関する記事を紹介しています。
今回は、セッションを受けられたマルさんから頂いたご報告と無空の返信を、参考までにご紹介させて頂きます。(1)

マルさん

メールありがとうございました。


> 無空さんへ
>
> おひさしぶりです。マルです。
>
> ゼロ意識共鳴とのご縁をいただき、感謝しています。いま、本当に幸せです。
> 平和で普通の日々、、そこに、すばらしく幸福を感じます。なにが起こっても、普通 ですね。

そうですね。
すべては普通の中で起こって行きます。
真の普通に開かれた人は、その中に、変わらない平和と幸せ、無限の素晴らしさを見つけることができます。
>
> それで、そんな日々のなかで自然に、また自分のセッションを再会する流れが起きてきました。
> 一時期停止していたブログも(可能だったので)復活し、、そして
> 新しいブログができたらお知らせするつもりだったのですが、どうにもできる気がしません(笑)

できないということが起こっていますね(笑)。
>
> というより、自然な流れとして、いままでやっていたブログ(いくつかあったうちの一つですが)で
> セッションの募集をかけることになりました。

それはとても自然ですね。
>
> そしてまた、無空さんがおっしゃってくださっていたように
> http://mukuuan.blog9.fc2.com/blog-entry-1652.html
> (セッション中にも言っていただいた気がしますが)これまでのセッションに、自然に取り入れて(自然に起きて)いく
> というのが、自然なようです。
>
> 上のリンクのメールのやり取りをした日には、もう、友達との電話でも自然に沈黙になって共鳴が起きたりもしていましたし(笑)
> もともと沈黙のなかで何かが伝わることが、多かったのですが、このごろのセッションは、沈黙でも、沈黙でなくても
> 在るの偉大さに(あるいは普通さに)包まれ、またそのものでもある、というのが
> それぞれの方の必要性に応じて、伝わっていっているようです。

よく捉えられていますね。
変わらない本質である在るを理解し、そこに落ち着けるようになると、視点が定まり(同時に自由自在になり)、すべてがとてもクリアに見えるようになります。
>
> また、セッションだけでなく、家族や友人や知らない人との間でも垣根なく
> 普通、自然、起きてくるまま、、そして 在る
> というのが まったく努力することなく 極めて自然に あるがままに あるので
> このうえなく安心で、幸せで、、在る に感謝という言葉ではおさまりきらないくらい感謝 そのものです。

とてもいいですね。
在るの素晴らしさを素晴らしく知りましたね。
>
>
> この感謝のなかで 多くの方と 在る を深め 広め さらに無限に開かれていきたいな と思います。
> と、思います、書いたらもう、なんかもうそのものを感じたりもしましたが(笑)
> ・・もう、言葉にならないですね。

いい感じですね。
>
>
> 新しい(復活した)ブログです。よろしければご覧ください。
> http://itsumodo-ri.blogspot.com/

ありがとうございます。
ブログ全体のエネルギーもとても素晴らしいですし、
セッションスタイルも理想的で、考え方もいいですね。

よかったら、無空庵のブログの方にもリンクさせて頂こうと思いますが、いかがでしょうか?
リンクさせて頂いてる皆さんには、1日に1回はサイトを開き、意識を向けるようにさせて頂いています。
>
>
> 無空さん、無空庵とのご縁に、そして真我に、感謝いたします。
> 真我から生まれ、真我として、真我に還っていく。。
>
> このことを知れたよろこび(安堵)は、計り知れません。
> そして、それをもともと知るまでもなくそのものである真我のなかで
> すべてはただ、唯一、ひとつのもの ですね。

そうですね。
計り知れないひとつのものだけが真実です。
>
> ありがとうございます。
>
>
> マル

ありがとうございます。
これからの活躍を楽しみにしています。

無空

【個人セッションに関してはこちらです。】
【お問い合わせ等はこちらからどうぞ。】

ランキングに参加しています。
よろしければ、クリック応援をお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
精神世界ラ
ンキング 人気ブログランキングへ
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック