当たり前のもの、普通のものが持つ偉大さに気づき、それを大切にしていくこと。

ここでは、「当たり前のもの、普通のものが持つ偉大さに気づき、それを大切にしていくこと。」 に関する記事を紹介しています。



では、今回は、昨日に引き続き、参考になる部分もあると思いますので、先日、ご紹介させて頂いた感謝メールへのコメントの一部をご紹介させて頂きます。

>セッション後の報告です。

>翌朝やはりアジーナチャクラが刺激が残りました。少々だるさが残りました。

大きな好転反応のようなものは出ていませんね。
結構、共鳴して、瞑想状態の時間もそれなりにあったと思いますし、純粋で、透明な自分の気づきがあっても、浄化の方もスムーズですね。

無空庵のセッションは、個人差はありますが、早く、深い気づきがあると同時に、浄化がスムーズであることが一つの特徴ですね。

ただ、他と違い、あまりに簡単にスムーズに進むことで、それをおろそかにしないように、より深めていくようにすることが大事です。

本当の自分、幸せを生きることは、すべての人の当然の姿であり、それを普通なものにしていきたいという思いがあるのですが、この相対的な世界では、同時にその普通なものの中に、至高の価値がある、という理解ももっておく必要がありますね。

健康な時は、その健康がすべてのことができる土台となっているのですが、健康に気づいたり、感謝することがなかなかできません。

それと同じように、覚醒(本当の自分に気づく)すると、覚醒前のマインドに巻き込まれていたときもそれ(本当の自分・純粋で透明な意識)はずっとあったものなので、最初からそうだったという感覚になり、おろそかにしてしまう可能性があります。

簡単すぎると、人(マインド)はどうしても本当に大切なものを忘れがちになります。
謙虚さと感謝を持ち続け、さらにマインドを浄化していくことが重要です。

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック