意識の全体性。

ここでは、「意識の全体性。」 に関する記事を紹介しています。
今回は、セッションを受けられているE.Wさんから頂いたメールと無空の返信を、参考までにご紹介させて頂きます。(その2)

前回の続きです。

> ≪先週のセッションを終えて≫
>
> 共鳴の時に、意識が全体性を持っていることに気付きました。

それはいいですね。

> 全体性を持っているというのは、瞬間的には気づいていたのだと
> 思いますが、常に全体の意識である状態になったのは今回が
> 始めてでした。
>
> 全ての中に、部分を感じ、個を感じ、
> しかし全てであることは変わらない感じがありました。
>
> そしてこのビルは45階まであって、私の部屋は8階にあります。
> 共鳴中全体を感じて心地よくなって、窓の外の晴天までもが
> 一体となっている感じがしました。
>
> それで意識を屋上まで飛ばしてみたら、その晴天の中
> ビルの下の景色が見えて気持ちがいいなぁと思いました。
> (これは、勝手な空想の世界かも知れません 笑)
> ふと意識を向けるとすぐに自分のいる場所に意識がありました。
>
> そこにも、ここにも、あそこにも全てあるのですね。

そうです。
意識がすべてであり、すべてが意識です。
>
> そして、今回は更に手放しなさいと言われたような気がしました。
> 大きな事はかなり手放してきたのに、まだ手放すんだ!と思いましたが、
> ほんの小さな事も手放して、徹底的にただ在りなさいというような
> 感じがしました。

とても大事なところですね。
ただ在ること。手放す個人も手放して、在るそのもの、愛そのもので在ること。
個人が手放すのではなく、真我から手放すことが起こります。
それは、気づいたら手放していた、です。

その時、無限の扉が開いています。

> 徹底的にというと、強制的にとかやらされているとかいうことのように
> 言葉では思われるかもしれませんが、そうではありませんでした。
>
> 自然とそれが私の全てになっていることだけでいいと
> いう感覚でした。

真我は、愛そのものでもあり、とてもやさしいですからね。
>
> そして、楽しみたければ楽しみ、何かをする必要があるときはそうしてというように、
> 流れを信頼する心が生まれました。
>
> 流れ以上に信頼するものが無くなった、ような感じです。

とてもいい感覚ですね。
そして、その流れそのものが、本当のE.Wさんでもあります。
>
>
> 今週も川の流れのよ~に~♪
> 力みの少ない在り方が出来たら幸せだなぁと思っています。

E.Wさんは、感覚とバランスがとてもよく、すごく自然体という感じがします。

在ること以上に自然で、リラックスしていて、安定しているものはありません。
>
>
> また土曜日もよろしくお願い致します。

こちらこそよろしくお願い致します。

無空

【個人セッションに関してはこちらです。】
【お問い合わせ等はこちらからどうぞ。】

ランキングに参加しています。
よろしければ、クリック応援をお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
精神世界ラ
ンキング 人気ブログランキングへ
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック