集中から、開いた状態へとシフト。

ここでは、「集中から、開いた状態へとシフト。」 に関する記事を紹介しています。
今回は、セッションを受けられているNさんから頂いたメールと無空の返信を、参考までにご紹介させて頂きます。

N様

感想ありがとうございました。

> 無空様
>
> こんにちは。Nです。感想を送らせていただきます。
>
> 8/18(2010年11月8日より75回目)
>
> セッション:始めは普通にマインドが割と静かで、雑念に巻き込まれることもあり、という感じでした。
> こういうときは雑念・思考に巻き込まれるのが嫌で、雑念・思考をどうにかしてやろうといつも思ってしまいます。

それがマインドですね。
マインドに巻き込まれるのをマインドが嫌がっているという状態です。
真我は何も嫌がりません。

> 視線や呼吸に集中すると雑念は減っていくが、開いた(意識を拡散させた)状態の方が真我が現れやすく、自然で良いと思っているので、その矛盾をどうしたらいいかと無空さんに質問してみました。
>こたえは、どちらでも良いが、開いてマインドを気にしない、消そうとしなくて良い、意識の舞台を雑念や思考が通り過ぎるだけ、という意識で良いのではないか、ということだったので、出てきてもOK、出てこなくてもOK、開いていることにしました。

どちらでもOKは、真我そのものの在り方でもありますね。
それはすべてに対して開いています。
そしてそれは、真我自身に対して開いているということでもありますね。

> だんだん意識が静まり、最後には開いていてもマインドは静かになっていました。

どちらでもOK、すべてを肯定したり、すべてを受け入れるという態度でいると、マインドは静まっていきます。

> セッション後:セッションの続きで良い感じもあり、それが崩れて雑念だらけの時もあります。
>全体的にはまあまあ良い感じです。

これまでの実践で止まる力は大分ついていると思いますので、巻き込まれることを恐れず、それも受け入れながら開いていましょう。

開いた状態で、その開いた全体に目覚めていましょう。
それ自身に目覚めていましょう。
>
>
> よろしくお願い致します。

はい、また淡々と行っていきましょう。

無空

【個人セッションに関してはこちらです。】
【お問い合わせ等はこちらからどうぞ。】

ランキングに参加しています。
よろしければ、クリック応援をお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
精神世界ラ
ンキング 人気ブログランキングへ
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック