3人の方が、「在る」(真我)に気づいた。

ここでは、「3人の方が、「在る」(真我)に気づいた。」 に関する記事を紹介しています。
今回は、セッションを受けられているIさんから頂いたメールと無空の返信を、参考までにご紹介させて頂きます。

I様

メールありがとうございました。

> 無空様
>
> いつもお世話になっております。Iです。
> 先日はセッション及びご指導頂きありがとうございました。
>
> 僕がセッションを行わせて頂いている最近の状況ですが、
> 在る(真我、純粋意識、純粋な気づき)に気づいて頂けた方がおられ、
> 無空さんからのご指導、アドバイス、助言を頂きながらも、
> 全ては真我が導いてくださったことなのですが、
> 個人を通した僕のマインドでもとても嬉しく、喜ばしいことだと感じております。

マインドも喜んでいると思いますが、一番は真我が喜んでいます。
よかったですね。

> 無空さんに感謝しております。
> 本当にありがとうございます。

私は何もしていません。
真我からただ起こっているだけです。
でもやはりよかったですね。

> 在る(真我)に気づいた方は、これからさらにそれを深め、
> 確かなものとしていく必要があると感じております。

その方がどこまで望んでいるかにもよりますが、真我は本性としてそれを望んでいますね。

> そのためには、それを伝える立場としての自分自身の在り方として、
> マインドレベルから成熟度をより高め、知識と理解を深めながら、
> 真我(在る)の状態を確立していく必要があると感じております。

そうですね。
伝わっていく深さも、共鳴するものがどれだけ深く真我に確立しているかによりますので。
>
> 少し僕のマインドが気になっているところとしましては、
> 現在のところ3名の方がそれに気がついて頂きましたが、

それは素晴らしいですね。

> 恐らく彼らが予想していたものとは異なり、ごくシンプルで当たり前すぎて、
> その気づき自体が本当に価値のあることだと、認識していない可能性があることです。

本当に成熟したごくまれな人でない限り、はじめはそうだと思います。
共鳴を繰り返し、また日常でもそれを意識して頂き、その価値を少しずつ分っていって頂きたいところですね。

> その時、最初にそれに気づかれた方が、僕も嬉しくなり、確認のため、
> 気づいた後からそれの価値を、一方的に伝えるかたちを取ってしまい、
> 後ほど冷静に考えてみると、それは反省すべきところだと感じております。
>
> 今の僕個人(マインドレベル)として、それ(真我)の価値判断を、
> 気づいてまだ間もない彼らに一方的に伝えることは、
> まだ適切な時期ではないように思いました。
>
> これの価値は個人を超えておりますし、これに気づいたからといって、
> マインドを通して伝えた頭の判断で、全てを理解できることでもないと考え、
> 気づいた後、それは徐々に無限の側面として展開され、
> それぞれがその価値を徐々に認識していくことであると思いますし・・・
>
> 少し、そこの伝え方のバランスが難しく感じてしまっております^^;

経験ですね。
そうすると、もっと余裕が出て来て、タイミングなどもよく見えてくると思います。
ただ基本は、ただ伝えるということが起こり、その後、反省が起これば、また修正していく。
それでOKです。
>
> 先日の共鳴での感想です。
>
> 最初の意識共鳴では、
> 絶対にそれしかない存在、これまでもこれからも、ずーっと、
> これが在るから全てが在るという、揺るぎない存在を感じました。
>
> アイコンタクトでは、
> 静寂に包まれて不動であり、落ち着いている感覚がありました。
>
> ハートの共鳴では、
> 無限の愛の源を感じ取ることができました。

いつもながら素晴らしい共鳴状態で、よく感じ取っていらっしゃいますね。
>
> いつも貴重なセッション及びご指導、助言、アドバイスを頂き、
> ありがとうございます。
>
> また次回のセッションも楽しみにしております。

はい、私も楽しみにしています。

無空

【個人セッションに関してはこちらです。】
【お問い合わせ等はこちらからどうぞ。】

ランキングに参加しています。
よろしければ、クリック応援をお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
精神世界ラ
ンキング 人気ブログランキングへ
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック