人生の3つのステージ。メールフォロー・ふわりんさん編③-18

ここでは、「人生の3つのステージ。メールフォロー・ふわりんさん編③-18」 に関する記事を紹介しています。
本当の自分とは、無限の愛です。
愛と平安

では、今回は、

メールセッション・ふわりんさん編③-17の続きです。

(ふわりんさん メールフォロー  2/2受信 2/9返信分)

最近人気のホ・オポノポノなどでも、人生クリーニングというようなことを言ってますよね。
(歪んだ)記憶が、その人の人生を形づくって展開していってるみたいなことだったと思いますが、
まさに、そのとおりなんですね。

何冊か出版されているホ・オポノポノの本の中の一冊に、

人生には少なくとも三つのステージがあり、始まりは「犠牲者」、次に人生の「創造者」へ移り、運がよければ「神の僕」として終わりを迎える。この後に本書で詳述する最後のステージにあっては、信じられない奇跡が起きる。それも、一切の努力なしに。

というところがあります。

思考パターンや観念、そして、潜在意識の様々な層に溜め込まれたものが出てきて、人生を形づくっています。
また、それらが、人生の一つひとつの場面で、条件反射の元になり、決まった感情、決まった行動がくり返されます。

転生も大きく見れば、条件反射、習慣、癖ですね。
いつでも、そこから、抜け出していいのですが・・・。

本当の自分(覚醒)の視点からよく言われるのは、マインドは、コンピューターであるとか、プログラムである、ということです。

思考に巻き込まれている段階は、そのプログラムに支配されている段階。マトリックスです。
ホ・オポノポノの本でいう奴隷の段階ですね。

無意識に思考パターンに従い、生きてる状態です。

それに、気づき、思考に支配されず、存在、愛からのインスピレーション、または、マインド、思考に支配されているのではなく、愛に基づき、マインド、思考を使っている、愛をサポートする形で思考を使っている段階、人生を自分でクリエイトしていく段階が、創造者の段階です。

今に気づく、今にいる、今にある、というのを意識するのも、この思考パターンから抜け出すひとつの方法ですね。
ただ、愛である、というのも、同じです。
ふわりんさんが行っている、愛と感謝もそうですね。
そして、それは、自分の浄化、溜め込んでいた感情等をきれいにすることにもなりますし、自分が変わることにより、周りの方へもよい影響を与えるようになってきます。

そして、最後は、創造者の段階を超え、ただ在るというステージになります。
意図なく、ただ愛であり、そこからあらゆる善きことが起こってくる、ただ善が行われる、愛が広がっていく、段階と言ってもいいかもしれません。

ホ・オポノポノの本では、

運がよければ「神の僕」として終わりを迎える。

と書いてありますが、表現の違いというくらいに捉えて頂くといいと思います。

個人という視点から見ると、神の僕ということもできますが、個人でない自分(純粋な意識・愛)にも気づいているわけですから、
本当の自分自身として在る、と私は言っています。(変わらないのはそれだけなので)

無空庵では、あなたの人生のステージのステップアップを、ゼロ共鳴ヒーリング個人セッションでお手伝いさせて頂きます。
あなたの次のステージはどこですか?

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック