真我実現へのマインドの抵抗が減り、瞑想(共鳴、在る、今を意識する)時間が飛躍的に増大。

ここでは、「真我実現へのマインドの抵抗が減り、瞑想(共鳴、在る、今を意識する)時間が飛躍的に増大。」 に関する記事を紹介しています。
写真素材 PIXTA
(c) かめらん写真素材 PIXTA


今回は、セッションを受けられているNさんから頂いた感想と無空の返信を、参考までにご紹介させて頂きます。
(現在もまだ、仕事場と自宅の方はインターネットが使えない状況ですが、市内で電気が大分復旧してきたため、地元のパソコン教室の光回線を使わせていただき、ブログの予約投稿をさせて頂いております。)


N様

感想ありがとうございました。


> 無空様
>
> こんにちは。Nです。感想を送らせていただきます。
>
>
> 2/28(2010年11月8日より33回目)
>
> 最初の共鳴:かなり深い集中ができていました。
> 瞑目の瞑想:アイコンタクトでエネルギーを受け取ったあとだからか、いろんな雑念が浮上して、解放されていきました。

その理解はいいですね。
雑念の浮上は浄化と捉え、とらわれないことです。
(浄化ですので、瞑想中の気持ちよさだけを求めるいる方は別にして、クリアになることを目指している者にとっては、ある意味、歓迎すべきことです。)

> ハートの共鳴:透明な感覚を感じていました。
>  無空さんからは「ある深いレベルで安定してきた」と言われました。
>確かに、セッションの時にはマインド(雑念・思考や感情)に振り回されることが少なくなり、集中し止まった感じになることも多くなっています。

>  セッション後:自分的にはかなりの進歩がありました。
>瞑想時間が飛躍的に増えています。
>瞑想(共鳴、在る、今を意識する)に対する「したくない感情、壁、否定的思考」などが減ったようで、瞑想をしたいとき、スムーズにできるようになっています。

>  具体的には、今回のセッションまでは、どれだけ自由時間があっても、できるときは1日4時間、できないときは数分と、時間にばらつき(真相は気持ちのばらつき)がありましたが、2月28日4時間、3月1日5時間、2日8時間瞑想しました。

まさに飛躍的ですね。
そのぐらい「在る」に意識が向いてると(「在る」で在ると)、変容、安定の進み方も違ってきますね。

> それほどきっちり集中できているわけではありません、集中状態は前と同じですが、時間が増えています。
>  この間、エネルギーでパンパンになって、これ以上集中できない感じになったり、外界で問題が起こっても感情や心が動かない状態を一時的に体験したりしました。
> これがそのまま続いてくれたらなと思います。

より自然になっていきます。
>
> では今後ともよろしくお願い致します。

はい、こちらこそよろしくお願い致します。

無空

【個人セッションに関してはこちらです。】
【お問い合わせ等はこちらからどうぞ。】

ランキングに参加しています。
よろしければ、クリック応援をお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
精神世界ラ
ンキング 人気ブログランキングへ
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック