個人と全体を同時に生きる~個人セッション後のメールから抜粋・ayaさん編。

ここでは、「個人と全体を同時に生きる~個人セッション後のメールから抜粋・ayaさん編。」 に関する記事を紹介しています。
こんにちは、無空です。
ご訪問ありがとうございます。
そして、いつもランキングのクリック応援をして頂いてる皆さん、本当にありがとうございます。

今、あなたのハートは開いていますか?
ハートが開いていれば、そこに恩寵が降りてきます。

無限の愛と調和のエネルギーをお受け取り下さい。
本当のあなたからの祝福をお受け取り下さい。
愛と平安

この愛がいつもあなたを支えています。
いつも愛の中にいられたらいいですね。いつも愛を感じていられたら幸せですね。

そのためには、あなたが、一瞬一瞬、愛であるかどうか、
ただそれだけです。


では、今回は、前回(3/4)のayaさんの記事の中の、「何も起こっていない、ただ起こっている」、の体験の部分に関しての流れで、その次のメールの抜粋部分をご紹介させて頂きます。

はじめに前の記事を読んで頂けるとより流れが分ると思います。
また、その前日の記事も関係してますので、読んで頂けるとより理解が深まるかもしれません。

まずのayaさんからのメールの抜粋部分です。


昨日は、○○との急な電話などで、マインドが出ていたのですが、

今日は、何もないです。

マインドはマインドに引っ張ろうとするのですが、

大いなる在るにいるようです。

>それ(真我)以外、何も存在しない

何もないです。静寂が少し深まってるかもしれません。

すごく普通です。週1セッションは無限で強力です。


では、上の3行について私無空の返信、解説・補足を。

>昨日は、○○との急な電話などで、マインドが出ていたのですが、

>今日は、何もないです。

マインドが出て来ても、すぐまた消えていく、何もない状態・0(ゼロ)・無に戻れるということが、より深く安定してきている証拠ですね。


>マインドはマインドに引っ張ろうとするのですが、

>大いなる在るにいるようです。

幻想(見える、聞こえる・動き・行為・考える・何かをする・何かが起こる)よりも真実(在る・静寂・何も起こっていない)の感覚の方がより強くなっているということですね。

これは同時に生きることが出来ます。

個人と全体ということでもありますね。

昨日のメールにあったように、何も起こっていない(真実)、と、ただ起こる(幻想)、ということが同時に矛盾なく、あります。

例えて言えば、太陽の下で、自分の影ができているようなものとも言えるかもしれません。

自分が真実(愛・全体・源)で、影が幻想(人間・個人・現れ)です。

矛盾なく同時にあります。

影を楽しむことはできますが、それにより、本当の自分が深く影響されてしまうことはありません。

自分自身であること、愛であること、幸せであることは、幻想によって、揺るがされるものではありません。

影(他と分離した個人)だけが自分だと思っていると、それにより悩み、苦しみも生まれてきたりもします。

影(人間の部分)は、本当の自分の現れです。

一部ということもできますが、現われである部分は、一時もそのままではいられず、常に、心も感情も体も変化していきます。

それらに巻き込まれず、楽しめればいいのですが、それだけが自分だと思っていると、その変化に翻弄されてしまうときもありますね。

今、自分だと思っている者の中で、唯一変化しないものは何でしょうか?

それは、心でも感情でも体でもない、気づいている意識、または、今というリアルな感覚在るという存在感覚です。

これらは、常に変わりません。

何度生まれ変わっても、どの星、どの次元に行っても変わりません。

そしてそこが、ワンネスの場です。

真実の場であり、全てが愛の中で溶け合っているところです。


影を自分自身だと思っていたことから、本当の自分(気づいている意識、愛)に気づくこと。

それが目覚めであり、外側に向いていた意識が自分自身に気づくこと、主体のシフトでもありますね。

主体が移ろいゆくもの、常に変化し続けるもの(心、感情、体)から、普遍なるもの(気づいている意識、存在、愛)にシフトすれば、絶対的な幸せ、平和、安定の中で、移ろいゆくもの、個人(心、感情、観念、記憶、体)、そして、世界、現れているものすべてをあるがままに楽しむことができます。

変わり続けるものと、変わらないものの理解、そして、変わらないものの方が本当の自分である事の理解、気づき、受け容れが大切です。



この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック