ayaさん直近個人セッションミニレポートとその後の体験。

ここでは、「ayaさん直近個人セッションミニレポートとその後の体験。」 に関する記事を紹介しています。
こんにちは、無空です。
ご訪問ありがとうございます。
そして、いつもランキングのクリック応援をして頂いてる皆さん、本当にありがとうございます。

今、あなたのハートは開いていますか?
ハートが開いていれば、そこに恩寵が降りてきます。

無限の愛と調和のエネルギーをお受け取り下さい。
本当のあなたからの祝福をお受け取り下さい。
愛と平安

この愛がいつもあなたを支えています。
いつも愛の中にいられたらいいですね。いつも愛を感じていられたら幸せですね。

そのためには、あなたが、一瞬一瞬、愛であるかどうか、
ただそれだけです。


では、今回は、先週2月25日のayaさんとの個人セッションの時、共鳴していて感じたものを簡単にお伝えし、その後、昨日の記事でお話しました「何も起こっていない・ただ起こっている」というayaさんの体験を、送って頂いたメールの一部分を抜粋してお伝えいたします。

参考までに、それまでのセッションのミニレポートもお読み頂けると流れが分ってよいかもしれません。

先週は、目を閉じて共鳴している時(瞑想状態)は、安らぎ、深い静寂を私の方では感じていました。

ayaさんは、このときだったか、最後だったかは、一週間前なので忘れてしまいましたが(すみません)、

ハートに溶けている、周囲とも溶け合っている感じ。とのことでした。

また、アイコンタクトでは、

ayaさんの方は、ハートに神聖なエネルギーが入ってきて、邪気が出て行くような感じ
前々回、神聖なエネルギーを感じたが、その時とはまた違う感じで、神の世界という感じがした。
ラマナ・マハルシと同じものを感じた。

などでした。

私無空は、愛、慈愛、そして、神聖なエネルギーが流れ(やはり、前々回とはまた質が違う感じ)、
真実、大いなる存在、一なるもの

という感覚が、今回はありました。

それから、今回、アイコント直後、ayaさんの顔が光っている(つやがある)ことに気づきました。

本人に伝えたら、本人は、ほんとだあ、白くなっている、とのことでした。

共鳴により、肉体部分でも細胞が活性化し、肌も若返った、という感じでしょうか。

波動的には、より振動数が上がった、肉体レベルもより微細な振動になってきている、きめ細やかな肌という感じかもしれません。

後で、メールで確認したら、おばあさんに、化粧乗りがよかったようで、顔のつやをほめられたとのこと。

私は、整体の仕事の方の一部で美顔もやってますが、手を使わずとも美肌効果が出るんですね。

個人セッションは、美容効果も抜群です(笑)。

また、前回、ayaさんから出た、「ここまで来るまでに(本当の自分を見つけるまでに)どのくらいかかったんだろう」、という言葉が印象に残りました。

人は、何万回も生まれ変わるという話もありますが、それほど気の遠くなるような旅をしてでも、本当の自分を見つける、それに気づき、それを生きていく、実現していく、ということには価値があります。

では、昨日の記事の中で、お話しました、「何も起こっていない、ただ起こっている」、というayaさんの体験が書かれたメールから抜粋してお伝えします。

流れがあるので、必要な部分をまずそのままの文面で抜粋し、その後、私無空の返信、解説を含めたものを再度、紹介させて頂きます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

愛であることの幸せなどは、一時的に大きなものが来て、

あとは普通~なので、あれ???と探す時が在ったり、

至福感があまりないというマインドが働いたり、

理由はなんであれ、

3次元的に脳みそに意識が向かうと、エゴが出てくるんだな?
と冷静に気付けたりもします。

でももう在ることは確実です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

無空さんやchristさんやラマナ・マハルシがいるところと、

幻想の世界を分けています。ひとつなので分割ではないのですが、

絶対の存在と、小さな遠くの幻想(人間世界とアリ世界)を

そのままで、在りながら存在していく感じでしょうか・・・。


幻想の世界を分けています。ひとつなので分割ではないのですが、
↑ 

続きを書こうと読み返したら、「ない」です。

マインドが停止し、何もないです。

やるべきことは起こります。

何も思い浮かびません。考える行為が難しいです。でも、起こってはいます。


何も起こっていない、動いていないです。

文章を書いたり、体を動かしたりすることはできます。行為、行動しています。

何も起こっていないです!

「空」に在り、起こっています。

在りました。



無空:どうでしょうか。この感覚、伝わりましたでしょうか。


では、ここから、無空の返信、解説を入れたものを。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


>愛であることの幸せなどは、一時的に大きなものが来て、

>あとは普通~なので、あれ???と探す時が在ったり、

真実はひとつですが、たくさんの側面、質があるので、焦点を当てたときにそれはより活性化したりしますが、そうでない時は、結構普通です。

(焦点を当てなくても、自然に愛の状態になったり、至福感がでてくる時もありますが・・・)、

でも、普通の中に、愛や幸せが常に含まれていることの理解が大切です。

いつもそこに在ります。


この理解が深まると、より深い安定、安心、安全の中にいることができます。

>至福感があまりないというマインドが働いたり、

>理由はなんであれ、

>3次元的に脳みそに意識が向かうと、エゴが出てくるんだな?

>と冷静に気付けたりもします。

そのとおりです。よく見えてますね。


>でももう在ることは確実です。

深い実感を伴った理解ですね。

そのくらいになると、エゴがよく見え、巻き込まれにくくなってきますね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

>無空さんやchristさんやラマナ・マハルシがいるところと、

幻想の世界を分けています。ひとつなので分割ではないのですが、

>絶対の存在と、小さな遠くの幻想(人間世界とアリ世界)を

>そのままで、在りながら存在していく感じでしょうか・・・。

そうですね。

絶対の感覚が強くなると(シフトしてくると)、目の前にあった世界も、以前のように
力を持たなくなってきます
ね。

また、目の前にあっても、距離感を感じたり、はるか彼方に在るように感じたりすることがあります。

(そういえば、これを書いてて、子供の頃、天井を見てて、よくそう感じたことがありました。
天井が、それまで感じてた距離感から、ものすごく遠くに在るような感覚にシフトすることがよくありました。)

幸福感、存在感覚などが揺らがなくなってきます。


>幻想の世界を分けています。ひとつなので分割ではないのですが、
↑ 

>続きを書こうと読み返したら、「ない」です。

>マインドが停止し、何もないです。

分割、幻想を創るのはマインドです。

一つであるとき、そこには具体的なものは何もありません。

形の無い愛のみが存在します。

>やるべきことは起こります。

>何も思い浮かびません。考える行為が難しいです。でも、起こってはいます。

これが、私がブログにもよく書いている、ただ起こる、ということです。

ただ意図なく在り、そこから、行為や物事がただ起こります。

>何も起こっていない、動いていないです。

>文章を書いたり、体を動かしたりすることはできます。行為、行動しています。

>何も起こっていないです!

>「空」に在り、起こっています。

>在りました。

ニサルガダッタ・マハラジと同じところにいますね。

私が書いてる、何も起こっていません。ただ起こります。というのを、体験しましたね。

至高のものであり、普通。(以前の記事タイトルにも、すごいものは普通、普通のものはすごい、というのがありましたが)。

上に書いた 愛=幸せ=普通

無い=在る

これらは、マインドにとっては矛盾してたり、違って見えますが、マインドを超えたところでは、ひとつに溶けあって存在しています。

というか、源が一つ(愛)で、その現れが、いろいろな姿形をとっている、ということですね。

人々は、そこに違いを見、楽しみもし、苦しみもします。

また、覚醒したばかり、本当の自分に目覚めたばかり、真実に目覚めたばかりの時は、その真実の一面にだけ注意がいって、反対の面(幻想)を否定してしまったりすることもありますが、更に浄化を続け、理解を深めていくと、愛の視点から全てを同じように見ることができるようになってきます。

現れである幻想もまた、真実、愛そのものであると。

ある意味、これがマインドを超え、世界を超えるということです。

世界は起こっているけど、本当はない、ということを知っている、あるいは、世界は愛に満ちていて、すべては愛であると知っている、愛だけが存在し、ただその愛の中に在る、その実感の中にいる、ということですね。

その時はじめて、本当にあるがまま世界を楽しむことができます。
自分自身を楽しむという感じでしょうか。

個人と全体(個人であるか全体であるか)、エゴと愛(エゴであるか愛であるか)、マインドとハート(マインドかハートか)、今と時間(今に在るか時間のなかにいるか)、源と現れ(源として在るか現れのなかに巻き込まれているか)、これらの区別はとても重要ですが、それと同時に、それ(真我・愛)以外、何も存在しない、という理解もあると、深い安定、静寂、幸せ、自由の中にいることができますね。

短期間でとんでもないところまで来ましたね。

でも、普通です。

普通で、おめでとうございます。


・・・ここまで。

この部分の流れが次のメールでもありますので、明日の記事でまた紹介させて頂きたいと思います。

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック