無空庵の個人セッションは、ゼロ(仏教では空)の場による心の浄化法、本当の自分を知る方法、心の平和・愛と幸せ・真我覚醒・真我実現を促す方法です。

●ゼロ意識共鳴で、真我・無限の愛である本当の自分に目覚め、本当の自分を実現する!

真我はただ在る。ただ自分自身(愛)である。シンプルな生き方。シンプルな在り方。
無空庵で「愛」(存在の愛)と「空」、そして「在る」こと(自分自身であること)の素晴らしさを知る。
悟り・覚醒・変わらない愛と幸せ・心の平安を実現!

無空庵では、スカイプで全国の方を対象に、ゼロ意識共鳴個人セッションを行っています。
個人セッションは、ゼロ(仏教では空)の意識の共鳴ワークであり、心の浄化法、本当の自分を知る方法、無限の愛と自由、心の平和、本当の幸せ、真我覚醒、真我実現を促す方法です。

ラマナ・マハルシ、ニサルガダッタ・マハラジ、フーマン、エックハルト・トール、ガンガジ等の言及する「悟り」「覚醒」「真我」「本当の自分」の実現をサポート!メッセージ1 メッセージ2

※多忙のため、セッションに関するお問い合わせの返信には、数日~1週間くらいかかることがあります。また、同様の理由により、読者の方からのご質問にはお答え致しかねます。ブログへのコメントにもお返しできないことが多いと思いますが、あわせてご了承願います。

公開・日々の小さな合同共鳴
※どなたでも、森羅万象あらゆる存在の意識参加自由。
毎日6時、10時、11時、11時40分、13時10分、16時15分、17時、18時、21時 2011・11・3~
(6時以外は、無空庵の基本セッション時間です。)。
各30分(その内何分でも構いません。ただそっと意識を向けてみてください。そして、できる方はご自身の存在感覚、在るという感覚、又は、気づいている意識に気づいていてください。)
※参加された方々の記事。
蓮さん①, wingさん①のびのびさんsatorinさん

公開・週一合同ゼロ意識共鳴
※どなたでも、森羅万象あらゆる存在の意識参加自由。
毎週木曜日21時と21時30分から各30分間。 2011・11・10~
※こちらの記事もご覧ください。合同ゼロ意識共鳴は、集合意識の変容を促す。+感想③
第1回感想①感想②
※参加された方々の記事 しみっちさんWingさん蓮さん

今回は、セッションを受けられているT.Sさんから頂いたメールと無空の返信を、参考までにご紹介させて頂きます。

T.Sさん

感想ありがとうございました。

> 無空さん こんばんは。
>
> お陰さまでリアル合同共鳴も多くの人に喜んでいただき成功裡に終りました。

全存在、全宇宙、そして、真我にとって、素晴らしい機会となりました。
ありがとうございました。
そして、色々な配慮、調整等お疲れ様でした。
>
> 以下 先週のセッションの感想です。
>
> この日、セッションの直前にある方からレモンのエッセンシャルオイルをもらい、少々眠かったので
>
> ちょうど良いと思い手に直接数滴落とし、こすり合わせ香りを嗅ぎました。
>
> このことがセッションの途中で思わぬ気づきをもたらしました。
>
>
> 最初の共鳴で静けさが極まりました。美しすぎる静けさ。世界の全相貌が自己も他もなく
>
> 一様に静かになり、どこもかしこも、ここもそこも、なにもかも
>
> 平和だけがありました。私はただ美しい静寂と一言口からもらしたと
>
> 記憶しています。

その一言にすべてが集約されていましたね。

> この美しいまでの静寂に溶けながらいると
>
> 今まで共鳴で味わってきた様々な無数の質の味わいが直接認知できました。
>
> ただ認知していただけではなく、この日の共鳴は真我の無数の美質が
>
> 過去最高に輝いているとしかいいようのない状態で、本当に永遠に極まったものでした。
>
> これがまた大変な柔らかさとしてありました。
>
> こういう状態で静かに静かに平和なまま共鳴は終りました。

更新の更新が続いていますね。
>
>
> 途中、アイコンタクトの共鳴が始る直前に目が疲れ両手で二つの目をこすりました。
>
> レモンのオイルを手につけてたのはすっかり忘れていました。
>
> 目に激痛が走りました。
>
> この痛みは共鳴の最後まで続きました。涙ぐんでいたのはこのせいでした。

そうでしたか。

> 痛みは決して真我に影響を与えないというのが、文字どおり身をもって理解できました。
>
> それどころか上に書きました様々な味わいが今までで一番素晴らしかったというのも興味深いものです。
>
> 窓の外が嵐でも、部屋の中が暖かく平穏であり、微笑む事が出来るものです。
>
> 窓の外がどのような天気でも揺るぎの無い微笑みで見ることが出来るとわかりました。
>
> 生命のこのような状態を思わぬ偶然から理解できました。

在る(真我)からの酸味の効いた計らいでしたね^^

> 以上です。またよろしくお願いします。

こちらこそよろしくお願いします。

ありがとうございました。

無空



【個人セッションに関してはこちらです。】
【お問い合わせ等はこちらからどうぞ。】

ランキングに参加しています。
よろしければ、クリック応援をお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
精神世界ラ
ンキング 人気ブログランキングへ
今回は、セッションを受けられているA.Tさんから頂いたメールを、ご紹介させて頂きます。



無空様



セッションありがとうございました。



昨日は金環日食(部分日食)を家族で楽しみました。

その後、皆が出払って、一人になってしばらくすると

“在る”に乗っ取られました。



身体は家事をこなしているのですが

“在る”に溶け去り

そこから、一歩も動けない。



気が付くと、もうすぐセッションの時間でした。



セッションが始まり無空さんにつながって「どうでしたか?」と尋ねられても

言葉を発することができません。

とめどなく、涙だけが溢れました。



言葉が出ないことだけ、やっと伝えると

「沈黙の言葉ですね。」と。



そのまま共鳴が始まりました。



瞑想では、すべてのすべて。

ハートの共鳴では、ニュートラルな愛。



「では、また来週」と言われた時には

まだ半分くらいの感覚だったので、不思議でした。



これまで、マインドの浄化が激しかったこともあり

“気づき”に焦点が当たっていましたが

自然に“在る”になっていました。



「“在る”がより自然ですね。」

と言っていただきました。



ありがとうございます。



これからもよろしくお願いいたします。



A.T


【個人セッションに関してはこちらです。】
【お問い合わせ等はこちらからどうぞ。】

ランキングに参加しています。
よろしければ、クリック応援をお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
精神世界ラ
ンキング 人気ブログランキングへ
今回は、セッションを受けられているTEさんから頂いた感想と無空の返信を、参考までにご紹介させて頂きます。

TEさま

ご報告ありがとうございました。

> 無空様
>
> いつも、セッションを引き受けていただきまして
> 本当にありがとうございます。
>
> 以下、セッションのご報告をいたします。
>
> ~共鳴~
>
> 喜びから、起こりました。ニヤニヤがあふれ出していました。
> その後は、全体性の中で、穏やかに温かくありました。
>
>
> ~アイコンタクト~
>
> 表現が難しいのですが、スッキリとした爽やかな存在が
> ありました。
>
> ~瞑想~
>
> スーと、クリアである爽快感は少し離れて、少しマイルドに
> ほのかに残る、温かみとともにありました。
>
> ~ハートの共鳴~
>
> 充実感、コアである感覚、中心からの光の放射のような
> 感覚で満たされました。
>
> ~立場を変えての共鳴~
>
> ニンマリした、含んだ喜びがあふれ出る感覚に戻ってきます。
> 何の理由の見当たりませんが、ただそう起こっているようです。
>
>
> ~立場はニュートラルの共鳴~
>
> また、落ち着いて、二つの柱に、眼には見えない幸せのシャワーが
> 降り注がれているようでした。

意識の覚醒度も高く、とてもクリアに、そしてトータルに感じ取られていますね。
>
>
> 以下、簡単にまたご報告まで。
>
> 以前、十牛図を参考にして、悟後の修行についてお話したことがありました。
> 改めて、確認してみますと、無空さんのご指摘されたような十牛図の段階が
> 合致している部分があることがよく分かりました。
>
> この、牛って何なのか、、、長年疑問だったんです(笑)。
>
> 人によって、牛は「真我ということでもありますが、それ以外でも、「生命の躍動するエネルギー」と
> 解している方もいました」。
>
> おそらくどちらの解釈も、正しいと思いました。
> ステージによって、あるいは立場や視点によっても微妙に表現しているものが変わって
> いるのだと思います。
>
> 返す返す、あるに意識を向ける作業は、牛への鞭(意識)。
>
> 考えていることに気づく、思い込み
> や価値判断から離れる作業は、牛の統制(浄化あるいは習慣の突破)。
>
> ということだと思うのです。
> 無空庵でも、ご指導いただいているところですね。

そうですね。
>
> これを通じて、全体像が開けた感じがしました。
>
> 一方で、これも、存在の側面としての、一通りの解釈としてとどめておきます。

そのくらいの感じがいいですね。
>
>
>
> いつもありがとうございます。
> また来週よろしくお願いいたします。
>
>
> TE

こちらこそよろしくお願い致します。
ありがとうございました。

無空

【個人セッションに関してはこちらです。】
【お問い合わせ等はこちらからどうぞ。】

ランキングに参加しています。
よろしければ、クリック応援をお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
精神世界ラ
ンキング 人気ブログランキングへ
今夜 21時~ 1時間(前半・後半各30分)・明日 11時~ 30分 合同共鳴が起こります。
意識参加自由(無料)です。 
詳しくは、サイトトップ、及び、合同共鳴関連記事をご覧ください。

また、各担当の方(木曜日の夜の部は、しみっちさんと虹子さん。金曜日の昼の部は、ヒロさん)の合同共鳴参加表明募集記事(又は他の記事でも可)のコメント欄に参加表明された方は、共鳴が始まる前に、お名前を呼ばせて頂き(ニックネーム可)、スカイプのメッセージ欄にもスカイプ参加している全員(無空庵でセッションを受けている方々)が見れて、意識の中に入るように表記させて頂きます。(より繋がりが強くなります。)

ご希望の方は、各担当ブログへ参加表明のコメントをお願い致します。

また、木・金とも同じ時間帯で、無空庵でセッションを受けられている方以外で、ご希望の方向けにスカイプによる合同共鳴をヒロさん、しみっちさん(木曜日)、satorinさん(金曜日)が協力して行っています。
初回は無料ですので、ご興味のある方は、以下、3人のブログのどちらからでも結構ですので、お気軽にお問い合わせ、お申し込みください。

【合同共鳴 一般スカイプ参加の概要及び、お申し込みのご案内】

ヒロさん

しみっちさん

satorinさん

では今週も、合同共鳴にそっと意識を向けて頂き、ただひとつで在るところでお会いしましょう。

意識を向ける対象があった方がよいという方は、地球の写真に意識を向けられるのもよろしいかもしれません。
その後、地球の写真に意識を向けている自分自身・意識自体(純粋な気づき)を感じてみましょう。

ダイレクトにそれで在れる方、ただそう在れる方は、それそのものとして在りましょう。

無空

【個人セッションに関してはこちらです。】
【お問い合わせ等はこちらからどうぞ。】

ランキングに参加しています。
よろしければ、クリック応援をお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
精神世界ラ
ンキング 人気ブログランキングへ
今回は、セッションを受けられているBe~waveさんから頂いた感想を、ご紹介させて頂きます。

無空さま

おはようございます。

一週間があっと言うまに経ってしまいます。^^

この一週間も色々と起こり、様々な感情が起こりましたが、 現れては消え、現れては消え、物事へのひっかかりも少なくなってきたように感じます。



また今までなら気づかなかったマインドの巧妙なパターンに気づけたことも大きかったようです。


共鳴
「あぁ、ここがいい」でした。


アイコンタクト
「このままでいい」
でした。


瞑想
今までセッションに何かしらの期待があったことに気づきました。
セッションで「何かを得る」「効果」などがあったのだと。

それらは消え、在るだけで十分でした。

「期待を手放す」という行為さえ必要がなく、真我で在るだけでそれは必要な時に削ぎ落とされていくのですね。

外から聞こえる車や電車の音も愛おしく、私の一部、私の現れでした。


ハートの共鳴
完全に満たされていました。


立場をかえての共鳴
在るがよりクリアでした。


セッションのたびに
真我の多様な側面に出会い、
真我が真我を知っていく深い喜びがあります。

それは、現象界で想像しうるどんな喜びにも勝る喜びです。


ありがとうございました。


Be~wave

【個人セッションに関してはこちらです。】
【お問い合わせ等はこちらからどうぞ。】

ランキングに参加しています。
よろしければ、クリック応援をお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
精神世界ラ
ンキング 人気ブログランキングへ
今回はセッションを受けられているH.K(Mira Nai)と無空のメールのやりとりさんを参考までにご紹介させて頂きます。

H.Kさん

メールありがとうございました。

> 無空さん

> ごめんなさい。

> たびたびのメールを許してください。

> 心の変化をブログに書いたので、読んでくださるとうれしいです。

(その前の記事「いつも愛をもって」からお読み頂くとより分るかもしれません。)

はい、読まさせて頂きました。

自己理解、愛の理解が起こってよかったですね。

> 今は、無空さんの顔が見ることができます。

> でも、月曜は、お休みします。いろいろ改めて、リセットします。

> エネルギーも調整して、やり直したい気持ちです。

> また、再来週からお願いいたします。

(「恩寵」・参照)

了解しました。

> 勝手をいって、本当に申し訳ありません。

> 感謝しています。

> すべて、無空さんは何もしていなくて、私の一人芝居で、恥ずかしいかぎりですが、どうか笑ってやってください。

パターンが起こると、巻き込まれてそうなるケースが多いですね。

> ごめんなさい。

> それから、きのう、メールをくれなかったことに、感謝しています。

ほぼ書き終わっていたのですが、書いてる最中(送信前)に、変容が起こったり、気づきが起こったりするケースは結構多いです。
それだけ意識で繋がっているということです。

参考までにお送りします。
ひとつの学びとしてください。

> 愛をこめて

> H.K

*****************



H.Kさん

メールありがとうございました。


> 無空さん

> お元気ですか?

> 昨日、謝罪メールを送りましたが、やはり私は無空さんに合わせる顔かないので、
> しばらくセッションをお休みしたいと思います。

それだけが理由でしたら、ダメです。
今は何度も繰り返されてきたマインドのパターンを起こってきているときです。
深い愛の視点から見れば、今回はそれを超えるために、クリアになっていく過程で自然に起こってきたことですし、またさらなるマインドの成熟のとき、そして、真の愛の深さ、大きさを知るときでもあります。
そして、そのお手伝いをしているのが無空庵です。
ですから、ちゃんと来週も、いつもの時間にパソコンの前でスカイプを起動して待っていてください。
私はいつも通り普通に、H.Kさんにかけます。

> すべて自業自得で、自分をまったくダメに思います。
> 築いてきた信頼を失ったように思います。

絶対的な信頼は在るというレベルにあります。
それは何があっても失いようのないものです。
私はそのレベルで皆さんを信頼しています。
ですから、その信頼は永遠に変わりません。

また、現われのレベルではいろんなことが起こることも知っています。
そして、それらすべては愛であると知っていて、一見愛ではないように見えるものでも、
必ず愛に収束していくということも知っています。

> 今までと同じようには、無空さんに接してもらえないと感じました。

私はまったく変わりません。
それは、H.Kさんのこれまでのパターンがフィルターとなり、そう思わせているにすぎません。

> 私の自滅のパターンです。
> 先生、コーチ、上司に、自分のせいで、干されてしまう経験を何度も繰り返していることを思いだしました。
> 一番辛かったのは、馬術の競技の全国大会を、最後の年に出場停止になったことがあり
ます。
> 4年間、朝から晩まで毎日馬と接し、辛い練習をしてきた結果にです。
> その時は、本当に苦しみました。コーチと和解して、コーチが馬を一頭くれましたが、もうシーズンは終わってました。そして、その馬も、目の前で、打ったペニシリン注射のショックで死んでしまいました。

> あの記事を書いているときは、本当に楽しくて、自分でも、おかしくて笑っていました。
> 無空さんのことを書いたのは、いけませんでした。
> 無空庵では、何もかも剥がれていくように思えたのは、心からの事実です。
> すべてをむき出しにするしか、術はないな、と思って、そう在ろうとしていました。無空さんへの感謝は言うまでもありません。
> でも、まぎれもなく、あのふざけた表現の私は、本当の私です。あんな風なところもあるので。

真我にはすべてが在ります。

> あんなことを書いたら、自分のクライアントも失うことも知っていたし、
> 事実、失ってしまったでしょう。ばかげています。自分が。経済的にもたいへんなのに。
> もともとは、ブレスワークのブログでしたが、無空庵のことばかり書いていて(それしか頭にないので)
> これじゃあ、どうなんだろ、って思っていたけど、不器用にしか生きられません。

不器用でもいいじゃないですか。
体験を重ねながらマインドは成熟していきますが、
ひとつのものを深めていくのなら、ある意味、不器用な方がいいかもしれません。
そして、今深めているものはすべてを包括し、すべてを愛で包んでいけるものです。
そのまま進まれたらよいと思います。

私もこれまで自分に正直に生きてきて(核にある感覚・愛、そして、その時その時に起こってくる純粋な思いに正直に生きてきて)、今が在ります。

真我は、その純粋さを何よりも大切にします。
それはこの世界にあってもです。

それぞれのタイプがあります。
不器用にしか生きられないというのは、ある意味、とても素晴らしいことです。
そのときそのときの純粋な質が、社会意識を超えて、世界に現われたがっているということです。

それで、一見何かを失うように見えても、真実はそうではありません。
そこには、純粋で無邪気な真我の表現が現われます。
それは真我の悦びです。
そして、それにより真我自身の再認識にもなりますし、より深い理解へとつながっていくこともあるでしょう。
さらに、真我は全体性であり、現象レベルでも、それがまた必要であれば違った形をとって、真の豊かさとして現われてくるでしょう。

私が、H.Kさんが素晴らしいと思っているのはその突出した純粋性です。
そこをさらに伸ばしていきましょう。

そして、その他の部分は進みながら、成熟させていきましょう。

焦点を当てるのは、パターンの方ではなく、愛・在る・純粋性です。

> それでも、もう体裁を考えたりする自分が消えていたし、
> 毎日が冗談のようで、楽しくて、幸せで、何があっても喜びに満ちていました。
> 深刻になることなんて、私には何もなかったです。
> これは、無空さんのおっしゃる、真我のいいとこどり、なのかもしれません。よくわかりません。

それはいいとこどりではありません。
ただ、純粋で素直で無邪気なだけです。
天真爛漫、天衣無縫というところでしょうか。
そういう方々が今は少なくなったかもしれません。
そのような方は、多くの方が見失ってしまった大切な何かがあることを、その存在だけで、その方がただ在るだけで気づかせてくれます。

あとは、それプラス、マインドのさらなる成熟というところです。

> もともとダメで、からかわれキャラで、自信もなく、人(特に男の人)にばかにされてばかりの人生でした。
> そのもとには、親にばかにされ育ったことがあります。
> でも、今回のように自分で原因をつくってきたのだと思います。

それが今ままでのパターンですね。
でも、今回はこれまでの経験を形づくってきた深い愛が別の形をとります。
このまでのパターンを超え、真の愛の深さ、大きさを知り、体得するためのこれ以上ない好機が訪れています。

今回、H.Kさんから起こったことも、大きな視点で見れば、真我が真我自身に、より深い愛を知る為に起こしたこととも言えます。

その愛を知っていきましょう。

> 分析はマインドを強化する、と無空さんはよくおっしゃていらっしゃいますが、この分析もいらないことなのか、よくわかりません。
> でも、こうやって気づいて、気づいて、  本当にメチャクチャだった子供から、少しはまともな大人になったように思います。

今回は、さらに大人になるよい機会ですね。

> これも、ただ起こっただけ、といえば、それまでなのですが。
> 今回は、無空庵のスタンス「放っておく」で、ただ気づく、のも無責任な気がしてます。

「放っておく」、「ただ気づく」は無責任ではありません。
その前提として、愛で在ることがあります。
愛(全体)で在り、愛を持って、起こってきたことは「放っておく」、「ただ気づく」です。
あるいは、自分自身(全体)で在るということに責任を持って「放っておく」、「ただ気づく」です。
また、起こったことすべてに責任を持てるのは、すべてのことが起こっていくその源だけです。
その源である真我・在る・愛そのものとして在りましょう。

また、今回に関しては、起こったことは「放っておく」、「ただ気づいている」でいいですが、それを機会にこれまでのパターンを超えていくこと、

そして、真我の深い愛を知ることが大切です。

そのひとつの側面は、

許し です。

自分自身を許せなくて、他の人を許すことはできません。

起こったことは起こったことで、反省が必要だと思えば反省されればそれで完結です。
(前回の謝罪メールで、もうそれは十分になされています。)
真の気づき、ただ気づいていることの中には、それ(反省)も含まれています。
もし本質からそれたものなどがあれば、その気づきの中で自然に正されていきます。

その気づきそのものである真の自己をより深め、よりトータルにすべてを包括できるものへと成長させていきましょう。

また、起こったことを許せない、ということは、究極的には真我を許せないということになります。
だれが許せない、と言ってるのでしょう。

真我(愛)はすべてを許しています。

また、ただ気づいているのが無責任と感じるのであれば、書いたように、これまでのパターンを超えていくこと、真我のより深い愛、大きな愛を知るこの機会を、これまでのパターンの力に引っ張られて逃さないこと、そこから逃げないことですね。

大きな変容の前には、それまでのパターンに直面しなければならないことがあります。

セッションを受け続け、どんどんクリアになってきて、今その準備ができたからこそ、今回の出来事が真我から起こってきたということが分りますか。

私は何人もの方を見ているので分ります。

その真我の愛に応えましょう。

それは、H.Kさんが生まれてからこれまでずっと、H.Kさんのすべての経験を見守ってきたH.Kさん自身からの愛です。

真我の愛に応えられるのは、真我の愛でしかありません。

それは純粋なH.Kさんそのものです。

その純粋な本質を見つめていきましょう。

それそのものとして在りましょう。

今、必要なのは自分自身を裁くことではなく、許すことです。

そして、機会(愛)が訪れているのですから、その機会(愛)が与えようとしているものをしっかり受け取りましょう。

> 読者の人達のことを深く考えていなかったのは事実です。
> 今までは、こういうことを書いてはいけない、というのがあり、
> でもそれは、実は自分を守るためのもので、読んでいる人のことは考えていなかったのだと気づきました。
> 愛ではなかったです。

自分を守るためのものも愛です。
愛はそれほど小さく限定されるものではなく、広くてとても大きなものです。

> それから、日本の“礼儀”や“和”も忘れていました。こちらは、空気を読むことは必要のない文化なので。対等で。

環境の影響もありますね。

> 変容して、体裁とか、かっこつける自分が消えてますます自由になったけど、
周りの人達のことまで、深く配慮できていませんでした。

そこは今回よい学びになったと思います。
配慮は、より大きく、広く、深く、決め細やかで、細部まで行き届いた愛です。

> 無空庵のみなさんの、無空庵のブログは、いつも周りの方のことも気にして書かれていると思うし、

そこには配慮もありますし、また、その中でマインドも成熟していきます。
それぞれの方がその方なりの真我の在り方、成熟した在り方を学んでいると言ってもいいですね。

> オープンでない部分があるなと思うときがありました。

タイプ、気質、それぞれの個別の事情、全体への配慮、また、とらわれ(マインド)からの解放度合い等みんな違います。
皆さんは、皆さんなりの配慮と、その上でのそれぞれのオープンです。
(それでも、無空庵でセッション受けられいる方はやはり開かれているので、かなりオープンに書かれていらっしゃる場合が多いように思います。)

感想はほとんどが公開されますので、そのためのそれぞれの方なりの配慮、考慮、熟慮は自然なものです。

在るがままの中には、愛も含まれています。
それが配慮という形で現われることもあります。
今内面で起こっていること、内面に抱えているものを、全部吐き出すのが必ずしもいつもよいとは限りません。

時と場所を考え、その時に必要ないものは、脇に置いておく、あるいは、気づいて消化する、のみ込む、それが懐の深い愛とも言えます。
それは、オープンにする愛に対し、オープンにしない愛とも言えますね。
全体性、トータルな愛は、全体に意識が行き届き、全体を配慮して働き、またそのように現われます。
皆さんは、そのトータルな愛を学んでいるとも言えます。

感想や報告を書くときは、そのような部分(全体に対しての配慮)もまた自然に養われていっています。
あるがままもマインドのあるがままではなく、愛で在るがまま、その場、その時の状況で必要であれば、必要な配慮(愛)を含めて、その上での(愛で)在るがままです。

感想を書いていただくひとつの利点は、その分、真我に意識を向くということです。
(また、無空庵に意識が向き、つながるということもあります。感想や報告を書いてるだけで楽になったり、今回H.Kさんが体験されたように、私が返信を書いている最中に、気づきや変容が起こったりするケースもあります。)
また、ご自身の体験や日常の変化などに注意を向け、それを言葉にしたり、文章化していく中で、新たな気づきが起こったり、あるいは、癒しが起こったり、体験がご自身の中で整理されていったり、理解が進んだりしていきます。
そしてそれは他の方の参考にもなります。
また、感想を記録しておけば、のちの確認にもなります。
途中、マインドの罠や抵抗等がやってきたときにも、それが支えになることもあります。

内側にあるものを、個人的なものでもネガティブなものでも、ただオープンに書いていくよりも、内側、外側で起こっていることを整理し、そのときに必要でないものは、気づいて消化(昇華)し、または脇に置いておき、在る・真我・愛に意識を向け、その視点、その在り方から書いていく、愛の態度、姿勢を養っていく(特に、セッションをしている方は、返信されるときにはその姿勢が養われていると思います。)、そのような意識が自然に働くような形になっていることは、真我実現、真の平和、真の幸せ実現をサポートしている無空庵としては、よいことだと思っています。

そのような中で、真の愛のバランスが養われていきます。
それが成熟すれば、全方向に自由でありながら、同時に、行き届いた思いやりと配慮が自然に起こるようになります。
(一見すると、そうでないように見えるものもあるかもしれませんが、真我の永遠の視点から見れば、やはりすべては愛に収束していきます。)

それは、今回のH.Kさんのように、ときにはご自身で配慮に欠けていたと思われるような記事も起こってくることなどのプロセスを経ながら、徐々に養われていきます。

> セッションをしている人たちに関しても同様に感じたときがありました。

皆さん自らの立場を認識し、また、基本的に真我・愛の立ち位置に在り、そこから書かれていますで、それぞれ特徴はありますが、自ずとそれは真実の愛と光が中心となったものになってきます。
真我・愛の立ち位置にあれば、そこから起こってくる文章もまた、愛と光に満ちたものになってくるのはとても自然なことです。
個人的な内容、日常的な内容であったとしても、そこには、愛と光、やさしさ、気づき、安心感、親近感、笑いなどがあるでしょう。

参考までに、何度か紹介していますが、ニサルガダッタ・マハラジ「I AM THAT」より

『マハラジ
・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・
謙遜と沈黙は、どんなに進歩していてもサーダカ(真我の探求者)にとって本質的なものだ。
完全に成熟したジニャーニ(賢者)だけが、己に完全な自発性の発揮を許すことができるのだ。

質問者
あるヨーガのアーシュラムでは弟子が光明を得た後、沈黙を七年、十二年、あるいは、十五年、または二十五年にわたってまでも守っていくといいます。
バガヴァーン・シュリー・ラマナ・マハルシでさえも教えはじめる前に、彼自身二十年もの沈黙を守ったのです。

マハラジ
そうだ。内なる果実は熟さなければならない。
それまでは戒律を守り、気づきのなかに生きることが必須となる。
徐々に修練はより微妙になっていき、最後にはまったく形のないものとなる。』

どう在るか、どの立ち位置に在るか、あるいは、愛であるか、そうでないか、ということの大切さを何度もお伝えしており、そのことを皆さんよく理解され、大切にされています。

今回のセッションで、H.Kさんが神聖さに触れ、正されたように、その立ち位置に立つことで、それ自身から律され、正されます。

もし、そこに抵抗を感じたり、何か窮屈と感じるようなものがあるなら、それはマインドです。
真我にとってそれは自然で心地よい状態であり、まったく広大無辺で自由な状態でもあります。

> 私はありのままの私でよいと思いました。それも、勝手な真我かもしれません。

これまでの感想はすべてが本当に素晴らしいです。
特筆すべきはやはりその純粋性です。
私の返信部分抜きで、再度H.Kさんのブログに掲載してください。と言ったぐらいですから。
それが読者の方のマインドを重くしたりする内容であれば、そのようなことはいいません。
やはり純粋さがとても素晴らしいです。

とても透明で純粋な部分をお持ちの方は、他の人のそうでない部分がよく見えます。
でも、それにたえられなかったり、何か反応が起こるのはマインドです。
真我はその状態をも許しています。
もちろん、気づいたことを、タイミングを見て、愛から相手の方のために伝えることは本当に素晴らしいことです。
でも、今どこかで、あるいは、誰かに、何かしらの状態が起こっているのは、真我がそれを許しているからだということも知っておきましょう。
(だから、どんなときもただ黙ってみてればいいということではありません。)

> 無空さんは、私にあきれているのがわかります。

いいえ、それはまったくありません。

真我の普通(無限)の範囲内からはずれるものはありません。

私は、ただそこに純粋性、軽やかさ、可笑しさを見ただけです。

まさに、真我の戯れです。

同じ内容でも、そこに重たい念、情のようなものなどが入っていれば、私の方から削除してもらうように話したでしょう。

でも、今回の記事にはそのようなものはまったくありませんでした。

今回は、セッションで神聖さに触れ、その神聖さへ向かっていくよう正された。
そして、自ら記事を削除され、反省されたということです。

過去のパターンは繰り返し出てきますが、セッションでクリアになっていますので、同じようなパターンが起こってきているように見えても、その質はより軽く、より透明になってきています。

私はまったく不快にも思っていませんし、無空庵にとっても何の迷惑もかかっていません。
また、今回のエネルギーであれば、読者の皆さんも、面白さ、可笑しさ、楽しさはあったと思いますが(それもまた神聖さ・愛の現われのひとつです。)、重さなどを感じることはなかったと思います。

> それは、とても悲しいです。胸が痛みます。無空さんもマインドが動くということです。

それは、全く持ってH.Kさんのフィルター経由、または幻想です。
(または、必要があって、H.Kさんには今回そのように感じられたのかもしれません。
そのようなことは実際に起こります。)

また、もちろん反応として感情、マインドが動くということはありますが、それは瞬間的なものであり、そして、その起こった感情、マインドを、私は、私の感情、私のマインドとして所有しません。

それはただのマインドであり、ただの感情です。
それは現象世界に自然に現われたもので、それを個人的に所有するということはしませんし、真我の視点からすれば、それを所有する個人はいません。

> 不快にさせて申し訳ありませんでした。

それは、全くないです。
不快度ゼロです。
上の括弧書きのところにも書きましたが、ときに、必要な時には起こったこと以上に、それを大きく感じること、または、通常であれば感じないような思いが強く出て来ることがあります。

そのように、私の方ではまったくそう感じていないことをそうだろうと思われているというのはパターンから起こってくるものであり、そのようなときこそ、何度も書きますが、真我の深い愛を知り、また、これまでのパターンを超えていくのに絶好の機会です。

真我の愛はどのように起こってくるかまったく持って分かりません。

> リセットするために、静かにしています。どうなることではないのですが。

起こったことはすでに完結しています。

また、パターンを根本的、そしてトータルにリセットするのに、ゼロ意識共鳴以上に強力なものはありません。

> 今は無空さんに合わせる顔がありません。

それは、マインドの声、パターンから来る声です。

その声は横においておきましょう。

自分自身を含め、すべてを許す愛で在りましょう。

> 本も情熱をもって、一生懸命でしたが、日本語教師のクラスももっているので、ちょっとムリがありました。
> いっぱいになっていて、スーパーマーケットのなかも走っていたくらいで、息抜きのブログであんなこと書いてしまったんだと思います。
> あの前日は、息子と取っ組み合いのけんかをしたりして、自分でも、信じられないことです。
> エネルギーは強いですが荒いです。ハイテンションでした。
> もっと、神聖な方向に変わらなくてはいけないのです。

今回のような経験を通し、それは徐々に精妙になり、神聖なものとなっていきます。

> 今は、真我の本をつくるほど、自分が成熟していなく、これではいけないと思います。

今は今の段階のものであればよいと思いますが、さらに進んだところでいうことでしたら、
しばらく保留にされるのもよろしいと思います。
そして、また再開されるときも、情熱を持って、集中される必要はあると思いますが、今回の本作りが始まる前にもお話したように、その他の生活等含め、やはり全体のバランスが大切です。
快適な形で無理なくつくれるようだといいですね。

> 内に向かいたいと思います。本質に向かいたいと思います。
> どうしてよいのかわかりませんけれど。。。在るであるだけです。と無空さんにいわれるでしょう。

はい。
それがすべてですから、そこがすべての面倒を見てくれます。
ただ、面倒を見てもらう個人であるのではなく、それそれものとして在るということが大切です。
それ(在る)は自分で自分の面倒をみることができるただひとつのものです。

> 自分で言った、「愛は一瞬ですべてを正す力を持っている」、その愛を感じることができるでしょうか。わかりません。

できます。
今すでにでも。

> 夫には、10年かけて築いた信頼は一瞬で消える。それを取り戻すのには、また同じ10年かかる。
> それを、Hちゃんはまたコツコツやるかどうかだ。やりたいならそれを始めな、ときつく言われました。

そうですね。確かに築きあげていく信頼はそうだと思います。
ですが、真我・在るは、それ以前に在ります。
それは築き上げていくものではありませんし、崩れ去るものでもありません。

それは、すでにそうであるものであり、何があっても変わらずにそうであるものです。

それは、築きあげられた信頼よりもはるかに強力で、けっして崩れたり、消えたりすることのないものです。
これだけは絶対に変わらず、絶対的に信頼できるものであると知っているからこそ、求める皆さんに自信を持ってお伝えできるわけです。

それは、絶対大丈夫そのものであり、絶対安心、絶対安全そのものです。

行為、現われの世界は、相対的な成功や失敗で溢れています。
ですが、真我・在るはそれにまったく影響を受けません。

ゼロ意識共鳴セッションはそこ(真我・在る)をベースに起こっているものであり、また、無空庵もそこで皆さんと繋がっています。

真我・在るは、不動不変、不生不滅であり、そこをベースに、無限の更新が続いていくだけです。
その更新に後退はありません。
毎瞬、毎瞬、リセットされ、それは常に新しく始まります。

> 無空さんも、たくさんセッションを抱えていらして、集中して記事も書かれて、家の仕事もあったりでと、
> どうぞ、くれぐれもお体に気をつけてください。パソコンに向かってばかりはよくありませんから。
> 余計なお世話ですが、ムリなさらないように幸せでいてください。

ありがとうございます。

> それではまた。自分のことばかり書いた、長い文を読んでくださってありがとうございました。

> お元気で。

> H.K

最後にもう一度、

H.Kさんのブログの方にも、

「無空さんは、私が生まれて始めて尊敬した先生です。」

とありましたし、

また、

「しばらく、自粛して、自分を正したいと思います。

無空さんは、廊下に立っていなさい、とはおっしゃらないので。」

とありましたが、

私が今、H.Kさんに、先生としての立場から言わせて頂くならば、
あるいは、その立場から今起こってくる言葉を書かせて頂くならば、


『今、一番大切なところを勉強をしています。

廊下に立ってないで、教室(無空庵)でしっかり授業を受けなさい。』

ですね。

では、また来週、日本時間の火曜日10時に。

いつも通り普通にお会いしましょう。

真我の愛は変わりません。

無空

************************************

これは、メールを頂く前に書いたものですので、来週のお休みは了解済みです。

***********************************************************************

(H.Kさんからの返信)


無空さん

メールをありがとうございました。

メールを読み終わったとき、今日は人生で最良の日だ と思いました。
以前、父性の愛のメールを頂いたときも、そう感じましたが、それ以上でした。

一文一文が心に響きました。

真我、愛で在ることが、どんなことかをいつも無空さんが私に魅せて(見せて)くれます。

愛は、受容ですね。

広がりであり、すべてを包む大きなものであり、育むものであり、

細部まで行き渡る、きめ細やかな優しさですね。

その愛のゆりかごの中で私は揺られているように思います。

そして私もそのゆりかごになりたいです。

安心して、心地よく眠り、楽しい夢を見てもらえるような、そんなゆりかごに。


無空さんがおっしゃってくれたように、私は純粋性を貫くことにしました。

これからも、どうぞどうぞ よろしくお願いいたします。

では、5/28に。

ありがとうございました。

H.K

【個人セッションに関してはこちらです。】
【お問い合わせ等はこちらからどうぞ。】

ランキングに参加しています。
よろしければ、クリック応援をお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
精神世界ラ
ンキング 人気ブログランキングへ
今回は、セッションを受けられているY.Mさんから頂いたご報告と無空の返信を、参考までにご紹介させて頂きます。

Y.Mさま

感想ありがとうございました。



> *:・'゜☆。.:*:・'゜★゜'・:*:.。.:*:・'゜☆。.:*:..:*::・'゜☆。.:*:・
> '゜:*:・'゜☆。 無空さま
>
> こんにちは。
> 先日は32回目のセッションをありがとうございました。
>
>
> セッション中 「真理という言葉の定義」についてお伺い
> しました。
>
> わたしは、今月に入ってからおかしくて(いつもだろう?、と人か
> らは言われそうですが・・・・笑)、今まで当たり前に使ってい
> た言葉の意味が分からなくなっていることに気づきました。

ニサルガダッタ・マハラジ「I AM THAT」より

『マインドが出来事をつくり出すのをやめたのだ。
遥かなる昔からの絶え間ない探求が終焉したのだ。
私は何も望まず、何も期待せず、何ひとつ私のものとして受けとらなかった。
そこに闘おうとする「私」は残っていなかった。
ただの「私は在る」さえも消え去ったのだ。

もうひとつ気づいたことは、すべての習慣的な確信を失ったということだ。
以前、私は多くのことに確信をもっていた。
今、私には何ひとつ確かなことはないのだ。
だが、知らないことで何かを失ったようには感じないのだ。
なぜなら、私のすべての知識が偽りだったからだ。
私が知らないということ自体、すべての知識が無知なるものだという事実の知識なのだ。
「私は知らない」だけが私にできる唯一の表明だ。』

後半の部分、すべての習慣的な確信を失った・・・・のところからと同じようなことが起こっているということです。
それだけマインドが落ちているということです。

ただそのことに対する理解がまだなかったということですね。


> その人が必死に握り締めているものが 本当に分からなくなり
> ました。
>
> 「真理」もそうですし、「神」という言葉もそうでした・・・・・。
>
> セッションの後、相手の人に話しました・・・・。
>
>
> ・・・そして、別れることになりました。
>
> ええ、わたしは 未練たらたらなのですが (笑)
>
> 追いすがってもダメだ、と思いました。
>
>
> その人が語る 真理とか神 というものを 理解したい、受け入れ
> たい、とずっと思っていたのですが、理解しようと思えば思うほど、
> わたしは その人が使っている その言葉の意味が分からなくな
> っていきました・・・。
>
> 共通になるはずの言語を失ったような気がしました。
>
>
>
> 金曜日のお昼の合同共鳴の時。
> そこに 在る がありました。
>
> 問答無用でした。
>
>
> 委ねなくちゃとか云々かんぬんという思考が吹っ飛んで、ただ
> ただ、「はい」と言うしかありませんでした・・・・・・。
>
>
>
>
> わたしは今まで 度々 クライアントさんから 「Y.Mさんの
> お師匠さんはどなたですか?」と聞かれていました。
>
> でもその度に、ごめんなさい、恥ずかしいのでナイショにさせ
> て下さい、とお答えしていたのです。
>
> それは、わたしは 悟っていないし、ましてや覚醒もしてい
> ないし、エゴエゴで 仕事をしていたから・・・・。

在るは知ってますよね。
古典的・伝統的な視点からいけば、只今、悟後の修行中というところです。

参考:

見性

聖胎長養(悟後の修行のところ参照)

十牛図

ある意味、悟った、悟っていない、というのはマインドの世界、二元性、相対性の世界での
話です。

トータルに、軽やかに、すっきりと超えていきましょう。

> クリムゾン・サークルに関わっていた時にも同じような感覚に
> 襲われ、ヒーリング関係は全部手放そうと思ったことがありま
> した。
>
> いつも ここから先は ヒーリングやセラピーのテクニックは通用
> しない、全部手放せ、と言われていたので・・・・・。
>
>
> ・・・・でも、あの 圧倒的な問答無用を見た時、あ、もういいんだ、
> と思いました。

そうですね。
>
> ぐちゃぐちゃ考えなくても、理解していなくても、悟っていなくても、
> エゴエゴに陥っても、今 そうであることを そのまんま認めてあ
> げよう、と思ったのです。

それが、ただそうであることの悟りとも言えますね。
>
>
> ・・・・という訳で カミングアウトします(笑)
>
> *:;;;;:* そらうみ通信 *:;;;;:*>
>
> ああ、エゴが暴れます (笑)
>
> 無空庵用に ブログを立ち上げるべきだ!、とさえ 思考が大声
> でしゃべりまくります・・・・(爆)
>
> そんなことしても、バレバレなのも 分かっているのですが(笑)
>
>
>
> どうもありがとうございました。
>
> 明日もどうぞ宜しくお願い致します。
>
>
>
> *:・'゜☆。.:*:・'゜★゜'・:*:.。.:*:・'゜☆。.:*:..:*::・'゜☆。.:*:・
> '゜:*:・'゜☆。 Y.M ☆

こちらこそよろしくお願い致します。
ありがとうございました。

無空

【個人セッションに関してはこちらです。】
【お問い合わせ等はこちらからどうぞ。】

ランキングに参加しています。
よろしければ、クリック応援をお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
精神世界ラ
ンキング 人気ブログランキングへ
今回は、セッションを受けられているM.Mさんから頂いた感想をご紹介させて頂きます。

無空さん


おはようございます。
昨日の晩、感想を送ろうとパソコンの前に座っていたのですが
書くことが浮かんでこず、うたた寝してしまい、そのまま寝てしまいました。m(_
_)m

今回は朝になってしまいました。



感想です。

マインドと存在の間にいる。
という感じが強く、どっちもありましたが
途中、何度か存在に強く引っぱられて、個人がほとんどいない感じがしました。

そのセッションの後で、ヨガへ行ったのですが
最後に瞑想をしていた時、また強く存在の方へ入っていって
意識はクリアにあるのですが、それ以外が眠っているような空な感じがし、
同時に体中にエネルギーが充満していました。


今週も、イライラが時々起こりますが、
ずっと以前と比べてみると、ずーっとイライラや閉塞感の中に時おり
軽い・何もない、を感じていたのに対して
今は、逆転して、時々イライラが起こってくる。という風に変わってきているようにも思います。

そういう訳で、イライラや閉塞感、何かしないといけないんじゃないか?というような

マインドは相変わらず起こっていますが、起こってきた時は、それに気づいているように
注意しています。まだ、同化してる時もありそうですが…。^^;


いつもありがとうございます。

では、また後ほど。
今日もどうぞ宜しくお願い致します。


M.M

【個人セッションに関してはこちらです。】
【お問い合わせ等はこちらからどうぞ。】

ランキングに参加しています。
よろしければ、クリック応援をお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
精神世界ラ
ンキング 人気ブログランキングへ