無空庵の個人セッションは、ゼロ(仏教では空)の場による心の浄化法、本当の自分を知る方法、心の平和・愛と幸せ・真我覚醒・真我実現を促す方法です。

●ゼロ意識共鳴で、真我・無限の愛である本当の自分に目覚め、本当の自分を実現する!

真我はただ在る。ただ自分自身(愛)である。シンプルな生き方。シンプルな在り方。
無空庵で「愛」(存在の愛)と「空」、そして「在る」こと(自分自身であること)の素晴らしさを知る。
悟り・覚醒・変わらない愛と幸せ・心の平安を実現!

無空庵では、スカイプで全国の方を対象に、ゼロ意識共鳴個人セッションを行っています。
個人セッションは、ゼロ(仏教では空)の意識の共鳴ワークであり、心の浄化法、本当の自分を知る方法、無限の愛と自由、心の平和、本当の幸せ、真我覚醒、真我実現を促す方法です。

ラマナ・マハルシ、ニサルガダッタ・マハラジ、フーマン、エックハルト・トール、ガンガジ等の言及する「悟り」「覚醒」「真我」「本当の自分」の実現をサポート!メッセージ1 メッセージ2

※多忙のため、セッションに関するお問い合わせの返信には、数日~1週間くらいかかることがあります。また、同様の理由により、読者の方からのご質問にはお答え致しかねます。ブログへのコメントにもお返しできないことが多いと思いますが、あわせてご了承願います。

公開・日々の小さな合同共鳴
※どなたでも、森羅万象あらゆる存在の意識参加自由。
毎日6時、10時、11時、11時40分、13時10分、16時15分、17時、18時、21時 2011・11・3~
(6時以外は、無空庵の基本セッション時間です。)。
各30分(その内何分でも構いません。ただそっと意識を向けてみてください。そして、できる方はご自身の存在感覚、在るという感覚、又は、気づいている意識に気づいていてください。)
※参加された方々の記事。
蓮さん①, wingさん①のびのびさんsatorinさん

公開・週一合同ゼロ意識共鳴
※どなたでも、森羅万象あらゆる存在の意識参加自由。
毎週木曜日21時と21時30分から各30分間。 2011・11・10~
※こちらの記事もご覧ください。合同ゼロ意識共鳴は、集合意識の変容を促す。+感想③
第1回感想①感想②
※参加された方々の記事 しみっちさんWingさん蓮さん

写真素材 PIXTA
(c) yamagon写真素材 PIXTA


今回は、セッションを受けられているSさんから頂いたセッションの感想等(セッションの書き起こし等)を、参考までにご紹介させて頂きます。(その3)

前回の続きです。

無:「それでは、自然にいきましょう(笑)。まぁそのまま行くかもしれないけど、まぁ」

S:はい(笑)

S:・・・・(長い間)

無:「一回やったら、ちょっとそっちの傾向がそのまま続いてる感じがしますね。まぁ起こってるという事で」

S:あはは、そうですね。

S:・・・・

S:(やはりとてもとても長い間。ため息なども一切ない。録音した音が止まっているのかと思えるほど。)

S:・・・・

無:「どうですか?」

S:はぁぁ・・・

無:「まぁコメントもできない感じでしょうか(笑)」

S:・・もう、ちょっと(笑)。・・ほんとにコメントが・・。でもすごい、あの・・

無:「熟睡中と同じような状態。世界も自分も何も無い。」

S:・・なんかその・・うーーーん(笑)

無:「でも、そっから出た時はね。熟睡して起きた時はいい感じが、良かったなぁって思える、内容覚えてないけど(笑)」

S:あははは。なんかその、そこの、うーーん・・ちょっとそこから揺らいでるところでは

無:「うんうん、そこだったら感じれる」

S:うん、でもそこもなんか。もう言語にできる感じではないなんかのうごめきというか・・あははは、うーーん

無:「感想、白紙(笑)」

S:でも、なんかね、一回、ふと言葉になるくらいまで来た時には、「祈り」っていう

無:「おおー、昨日の方がね、ちょうどなんかね、やってました。かなり深く入ったんで、せっかくだからこの機会にって。祈りをしてましたね、してたというか起こってきてたというかね。祈りというか本当の祈りってのがわかったとかって」

S:ああ、そうですそうです、そのね、そうそれですね、あのーー

無:「在ること自体が祈りいたいな感じになってるわけですね」

S:そうそうそうです、その~、うーーーん、祈りそのものというか、こう、祈り、そこにフォーカスしてはなかったから、わーっとなんかが出てきてそのニュアンスがなにかなって、でそのニュアンスの結果、ああこれは祈りっていうのかなっていう感じだったんですよね

無:「ああ、なるほど」

S:それはなんかもう・・

無:「まぁ、祈りであり、創造でありという。まぁそこからすべて生まれる、当然ね」

S:ああ~、そうですね

無:「うんうん」

S:ああ、そこから・・そうですね。うわぁ、さっきのその人の「本当の祈りってのが何かってのがわかった」というそれですね。

無:「神頼みとかそういうのじゃなくてね(笑)」

S:そうそうそう(笑)。まぁ、だから「それ」なんですよね。祈りっていう風に出てくる、起きたけど、その祈りってのを感じてると、やっぱり「それ」、「それ」ってなるし、

無:「うん、そうそう」

S:でもそれがまた「祈り」って形で、ねぇ。

無:「まぁ、そうするとすべては祈りになるわけですね」

S:ああ、そういうことで言うんだ。

無:「祈りしかないという。すべてが。それが実現されてるというかね、現れている、現実化しているという」

S:はぁそうですねぇ。ああ~~。なんかすごく・・うーん、思いっていうか、祈りっていうか・・うーん・・

無:「愛でもある、愛の祈りというかね」

S:ああ、そうですね、愛の、うん。

無:「思わないんだけど(笑)、在って欲しいというね」

S:そうですね(笑)。ああーー

無:「ちょっと薄めて言うとね(笑)」

S:こっちの感じに落として言ったら

無:「すでにそう在るんだけどね。」

S:まぁでも、本当に、すべてが「それ」だし、こっち(マインド)からしたら、すべてが「そこ」から生まれてるから、祈りってのはすべて「そこ」へ向かってるというか、まぁ当然なんでしょうけど、そうなんだなぁていう。
でも、祈ってるってのはそれっていうことだなぁってことで。本当の祈りってこれだなぁって・・< /div>

無:「うんうん。そうね。具体的に現れたところで、まぁそうね、祈りという側面・・側面というかすべてが祈りとも言えるしね。
それ自体はただ起こってる、だけど、祈りとも言えるというね。まぁ全てが在るんでね、祈りと言えば全部が祈りでありね、愛と言えば愛でありね、ただ起こっているといえば、ただ起こってるしね。うん。だから、全部なんですね、「それ」はね。」

S:はぁぁ~。そうか、そうだなぁ。

無:「祈りだから、すべては完璧でありね、そう祈られてるからでありね、調和であり、秩序があってね、うん。まぁ祈りはだから「知性」と言ってもいいしね、うん。まぁ愛って言ってもいいしね。そうね、ほんとの祈り、真の祈りはそれが解って、うん、初めてね。」

S:そうですね、うん。はぁぁ

無:「真の、本当の愛とか、本当の祈りとか本当の幸せとか、全部「それ」だから(笑)。」

S:あははは(笑)

無:「それで初めてわかるというね。」

S:いっぺんにわかるんですね。

無:「ひとり何役もやってるわけですね、「それ」がね。」

S:なるほどなぁ。

無:「同じである。同じって、ひとつしかないのでね、そういうことなんですね。」

S:はぁぁ。

無:「まぁ祈りという側面もいいですね。そのように現れてるというね。」

S:・・・

無:「存在自体、祈り。在るという祈り」

S:・・・

無:「具体的には何も祈ってない」

S:そうですね。祈りそのものの

無:「存在が祈りだからね。」

S:ああ、全部ですね。

無:「まぁそれを、こう時間の中で、現れる過程とかをね、詳細に分解してみていくと、「光あれ」とか、天地創造とかね。」

S:はぁぁ、そうですね、なるほど・・

無:「まぁまぁ、物語。創造の物語だからいいんですけど。」

S:ああ

無:「トータルな祈りは、在るという事だしね」

S:そうですね。

無:「さっきの絶対無の状態は、やっぱ在るをより確かなものに、まぁ在るは確かなものなんですが、在るのもうひとつ前の状態とも言えるのでね」

S:ああ~

無:「内容認識できない状態だけど。まぁ存在してるけどね、でも何も気づいてない状態ね、自分の存在にすら気づいてない状態ね。気付けばあるので、在る事に違いは無いんだけども、その本性によりそれ自身は気付けるわけですね。ずっと気付かないままってことは無い。まぁ気付くとか、気付いてないとかって状態は時間の中の説明のしかたでね。まぁこの世界だからそのように体験できるのであってね。」

S:ああ~。

S:・・・

無:「いろんなね、順を追って体験。まぁ同時にも分かったりしますけど。まぁ同時にこの世界も常に在るだからね、変化はしてるけど、起こり続けていくのでね。だから、常に解ってると言えば分ってるんですけど(笑)。持ちつ持たれつの関係で(笑)」

S:あはは。はぁぁ。いやぁあはは。

S:・・・

次回に続きます。

【個人セッションに関してはこちらです。】
【お問い合わせ等はこちらからどうぞ。】

ランキングに参加しています。
よろしければ、クリック応援をお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
精神世界ラ
ンキング 人気ブログランキングへ
写真素材 PIXTA
(c) HIRO写真素材 PIXTA


今回はセッションを受けられているN.Kさんから頂いた感想と無空の返信を、参考までにご紹介させて頂きます。(その2)

前回の続きです。

> 二回目のセッションでは、相反する二つのもの(静と動、有ると無い、爽やかな感じと暖かさ)が真我の中では同時に存在するのを感じて行きました。

これがマインドを超えたところに在る真実であり、それ自体(空・真我)のごく自然な在り方ですね。

> 最後の方で無空さんと話している時に、肉体は無く意識だけになりやがてその意識が徐々に拡大して、まるで宇宙にでも居る様なそんな不思議な感じを体験出来ました。

本当の自分は肉体に限られたものではありません。
それは無限の大きさを持つ広大さそのものでもあります。

> 全体的にマインドの動きは少なく思えた反面、意識を微細なものに向けている分、微細なマインドにも気づけたように思います。

すでにかなり感覚は開いていますから、これからさらに微細化し、クリアになりながら、空(真我・愛・純粋意識・本当の自分)の素晴らしさを知っていきましょう。
>
>
> 三回目のセッション楽しみにしています
> 有り難うございました。

こちらこそありがとうございました。
ではまた水曜日に。

無空
【個人セッションに関してはこちらです。】
【お問い合わせ等はこちらからどうぞ。】

ランキングに参加しています。
よろしければ、クリック応援をお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
精神世界ラ
ンキング 人気ブログランキングへ
写真素材 PIXTA
(c) Rockheimer(ロックハイマー)写真素材 PIXTA


今回は、セッションを受けられているNさんから頂いた感想と無空の返信を、参考までにご紹介させて頂きます。(その16)

前回の続きで、感想を頂いた段階で、ニサルガダッタ・マハラジの本から、Nさんに参考となりそうな部分を抜粋して返信させて頂いたところのご紹介の続きです。

○在ることを試みなさい。ただ在りなさい。重要な言葉は「試みること」だ。一日のなかで、十分な時間を静かに座ることに当てなさい。ただ人格と、その耽溺や妄想を超えていくように試みなさい。どのようにするかを尋ねてはならない。それは説明できないのだ。ただ成功するまで試み続けなさい。もし、あなたが忍耐強くあれば、失敗はありえない。もっとも重要なことは誠実さ、真剣さだ。あなたはあなただと思い込んでいる個人として在ることに、本当にうんざりしていなければならないのだ。そしてこのひと束の記憶と習慣との無用な自己同一化から自由となる緊急性を見なさい。この無用な自己同一化に対する揺るぎない抵抗が成功の秘密なのだ。

無空:本当は言葉で説明できないところを少しでも実践しやすいように説明しようと試みてはいますが、やはり実践あるのみということですね。

また、「成功者とは、成功するまであきらめなかった人のことを言う」というのを聞いたことがありますが、ニサルガダッタ・マハラジも同じことを言ってますね。
忍耐強く、誠実に、熱望を持って、真剣に、期待せず、純粋に、ただ実践を継続するということがもっとも大切です。

では、また明日セッションでお会いしましょう。

無空

【個人セッションに関してはこちらです。】
【お問い合わせ等はこちらからどうぞ。】

ランキングに参加しています。
よろしければ、クリック応援をお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
精神世界ラ
ンキング 人気ブログランキングへ
写真素材 PIXTA
(c) フリーエッジ写真素材 PIXTA


今回は、セッションを受けられているNさんから頂いた感想と無空の返信を、参考までにご紹介させて頂きます。(その1)

N様

感想ありがとうございました。

> 無空様
>  
> こんにちは。Nです。感想を送らせていただきます。
>
> 2/3(2010年11月8日より26回目)
>
>  セッション:今日は最初、今の自分の状態について相談しました。
>最近、セッション以外のとき、瞑想しても、マインドがうるさく、静まらず、真我に意識を向けてエネルギーを感じるときもあり、感じないときもあるという、一進一退の状態でした。
>あまり進歩を感じられず、「こんな状態で私は悟れるんだろうか、いつになったら悟れるんだろうか」と思って沈むこともしばしばでした。
>  これに対して無空さんが言われたのは、「それこそマインドの仕業。自己否定したり否定的になったり色々考えるのはマインドで、マインドとはそういうものだと、まず理解すること。 そしてそれについて考えたり否定するのではなく、その状態を受け入れる。」
>  これがマインドの妨害か。言われてみれば分かりますが、落ち込んでいるときは、まさに巻き込まれているので、泥沼にはまってしまっていました。「マインドの罠にはまっている」ことにすら気づかずに。
> 敢えて聞いて良かったです。自分の状態を客観化できました。

一つの気づき、一つの理解があるかないかで、そこから先がまったく変わってきますね。
また、真実を知ってる者の言葉は、無知を払う力、幻想を破壊する力があります。
プロセスの中で、マインドの罠があることは知っていても、巻き込まれると中々一人では抜け出せず、停滞してしまう方、道を断念してしまう方も多いのではないかと思います。
ラマナ・マハルシが、師が必要だと言ってるゆえんですね。

ラマナ・マハルシ「あるがままに ラマナ・マハルシの教え」より

真我の永久的自覚を求めて努力している者たちのほとんどにとってグルが必要であることは、シュリー・ラマナの教えの中でも基本的な見解となっている。
霊的進展におけるグルの触媒的役割は、それゆえ決定的なものである。
非常にまれな例を除いて、真我への無知はたいへん深く根づいており、個人である探求者にとって自らの努力でそれから逃れることはきわめてむずかしい。

フーマン「恩寵の扉が開くまでⅡ」より

カルマは非常に強い。
マーヤ(幻想)は、とてもパワフルだ。
あなたは、その事に気づきもしない。

と、フーマンも言ってますね。

次回に続きます。

【個人セッションに関してはこちらです。】
【お問い合わせ等はこちらからどうぞ。】

ランキングに参加しています。
よろしければ、クリック応援をお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
精神世界ラ
ンキング 人気ブログランキングへ
写真素材 PIXTA
(c) あらさん写真素材 PIXTA


今回は、セッションを受けられているSさんから頂いたセッションの感想等(セッションの書き起こし等)を、参考までにご紹介させて頂きます。(その2)

前回の続きです。

無:「じゃぁ、共鳴に入っていきましょうか」

S:はい

S:・・・・(長い間)

無:「どうですか今日は」

S:やっぱり、疲れてたというか、初めは身体がすーーって、すーから結構強く

無:「疲れている人の場合はまず身体が楽になります。」

S:いつもみたいじゃなく、まず身体が重いなぁって状態だったから、まぁ楽になるっていうか、本当にほっと、本当に息が付ける状態ってところに、、なりますねぇ(笑)

無:「そうですね」

S:はぁぁぁ~

無:「究極のリフレッシュの場をね。最近は奥さんは認識すらないところに行かれてるんで、ちょっとその感じをやってみようかなと(笑)。あとは、自然にどう流れるかわかりませんけどね。うん。」

S:ええ。・・はぁぁ~

無:「何も無いも、それすらないというね」

S:ええ。

S:・・・(長い間)

S:すごい今静かな・・

無:「ええ」

S:・・・・(いままでにないくらい長い間。時折静かにため息)

無:「どうですか」

S:(笑)

S:なんていえばいいんだろう・・。こう、もうその・・ただただ、もう・・。あってないその、どこでもないけど、身体が耐えきれないというか、まだ身体と感情と・・感情というか心の??

無:「ある意味、認識も理解も気付きも味わいも届かないところの。絶対無の感じをちらっとね」

S:ああ、そうですね。だから、身体は身体で耐えきれない、処理しきれない。心は心で、なんか泣きたいような、けどもうそんなでもなくて、超えちゃってるからどうしていいかわからないっていうか(笑)

無:「どうしょうもない。すべてが降参しないと(笑)」

S:あはは。みたいな感じと、意識の方はもう・・(笑)ただただ、うん・・なんとも言えない、もう・・うん。ただただ・・なところ(笑)。ほんと、どこだか、本当にないし、なんにも

無:「何もない。わからないっていうか、無知の、右も左も上も下もね自分の居場所もね、どこにいるのか、すべてわからない。で、そのわからないのすら消えていくというのもあるわけですね。わからないのか、どうなのかという思いすら、すべて消えていく。」

S:ああ~

無:「そういうのが、ここ3回くらいね、奥さんは。うん、だんだん結構強くなってきてて。だからもうそこは記憶が無くてね。そこから、でも起きてきてね、気付きた時、ぱっと気付いた時にみえる世界すべてが新鮮でね。」

S:ああ~すごいっすねぇ

無:「リフレッシュというか、生まれ変わったというか、初めてこの世界に生まれてこの世界を見たようなね」

S:そういう感じなんですね。

無:「まぁそんな感じを最近(笑)」

S:すごいなぁ。

無:「ひょっとしてわかっとくと、少し話題にもなるかなと」

S:そうですね。

次回に続きます。

【個人セッションに関してはこちらです。】
【お問い合わせ等はこちらからどうぞ。】

ランキングに参加しています。
よろしければ、クリック応援をお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
精神世界ラ
ンキング 人気ブログランキングへ
写真素材 PIXTA
(c) KEN写真素材 PIXTA


今回はセッションを受けられているN.Kさんから頂いた感想と無空の返信を、参考までにご紹介させて頂きます。(その1)

N.K様

感想ありがとうございました。


> 無空様
>
> N.Kです
> セッション一回目、二回目有り難うございました。
>
> セッションの感想です。
>
> 一回目の無料セッションでは、無空さんの言葉の共鳴を強く感じました。

言葉の共鳴を感じる方は、すでに内側にその感覚がかなり開かれている方が多いですね。
また、共鳴中であるからこそ、言葉のエネルギーがそのまま深くまで響いていくという点もあります。

> 最初の内は、マインドの動きに気を盗られてしまい中々集中出来ずにいる事を無空さんに伝えると、『それは浄化の現れ』と教えてもらいかなり気が楽になりました。

光が当たるとほこりがよく見えるように、空(静けさ)に触れると、深くに潜んでいたマインドが浮上してくることがあります。
マインドは静けさに耐えられません。
マインドが起こってきているときは、あわてず、それを問題視せず、ただほおっておけば自然に消えていきます。

> 次に、「真実、愛、本当の自分、喜び」等を言葉にしてもらうと、自分(真我)から喜びの花がふんわりと咲く様なそんな心地の良い感覚に包まれました。

N.Kさんの場合は、すでに空(真実・純粋意識)の体験をされていますから、様々な言葉で空を刺激することにより、その側面がどんどん開いていきましたね。
真実のエネルギーを持つ言葉は、それを聞く者に、それ自体を体験させる力があります。

> 最後の方は、あれだけ忙しかったマインドも落ち着いて、真我を見つめていられたように思います。

初めてのセッションで、かなりトータルに真我(空・愛)を感じられていましたね。
素晴らしかったです。

次回に続きます。

【個人セッションに関してはこちらです。】
【お問い合わせ等はこちらからどうぞ。】

ランキングに参加しています。
よろしければ、クリック応援をお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
精神世界ラ
ンキング 人気ブログランキングへ
写真素材 PIXTA
(c) 竹振り小僧写真素材 PIXTA


今回は、セッションを受けられているNさんから頂いた感想と無空の返信を、参考までにご紹介させて頂きます。(その15)

前回の続きで、感想を頂いた段階で、ニサルガダッタ・マハラジの本から、Nさんに参考となりそうな部分を抜粋して返信させて頂いたところのご紹介の続きです。

○もしあなたの注意深さが深く、揺るぎなく、つねに源を向いているなら、それは徐々に上昇し、突然それが源となるのだ。マインドではなく、気づきに仕事をまかせなさい。マインドはこの仕事に適した道具ではないのだ。永遠は永遠によってのみ到達できる。あなたの身体とマインドはともに時間に支配されている。ただ気づきだけが時間を超えている。それは今でさえ超えている。気づきのなかで、あなたは事実に直面する。実在は事実を好むのだ。

無空:意識を向けていたそのものに、突然なるということを言ってますが、Nさんに真我に意識を向けようとしている意識に気づくようにお伝えしているのは、その部分をさらに言葉で説明し、意識的に行って頂いてる状態です。
それから、ここにある、「気づきに仕事をまかせる。」というのもいいですね。
自分(個人・エゴ・マインド)が行うのではなく、ただ気づきにまかせてみる、というのもよかったら試してみてください。気づきに任せてみたら、気づきはどのように働くか、あるいはまったく動かずただ在るだけか、どう在るか・・・。
気づき、それは絶対的に信頼のおける、すべてをまかせるに値する存在です。

次回に続きます。

【個人セッションに関してはこちらです。】
【お問い合わせ等はこちらからどうぞ。】

ランキングに参加しています。
よろしければ、クリック応援をお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
精神世界ラ
ンキング 人気ブログランキングへ
写真素材 PIXTA
(c) kuem写真素材 PIXTA


今回は、セッションを受けられているSさんから頂いたセッションの感想等(セッションの書き起こし等)を、参考までにご紹介させて頂きます。(その1)

昨日はありがとうございました。
15回目の書きおこしが終わりましたので、送ります。

あと、ブログのことですが、
結局、アメブロの方でなんとなく毎日書く事にし始めちゃったので(笑)、とりあえずこのままアメブロに日課として書いていこうかなと思います。
自分のための日課としてのことなので、洗練されたものではないかと思いますが、書く時は「それ」にフォーカスしようとはするので、自分にとっては良い時間になっています。
「ワンネスのぬくもり」
http://ameblo.jp/wakuwaku4310/


■15回目(2010.10.15)   無:無空さん  S:S

無:「こんばんは」

S:こんばんは

無:「今日もよろしくおねがいしまーす。えーとあの、奥さまかな?おすすめコミュニティのご案内がありますとMIXYでメッセージを」

S:ああ、無空さんにまで(笑)。あのー、僕らでやってるイベントのコミュがあるんです。そこで色々、奥さんのチャネリングとか、友人のもろもろをイベントとかでやってるんですね、そこのコミュの案内かな。そこの一斉遠隔ヒーリングの案内ですかね。

無:「そうそうそう。ああ、それがマイミク全員に来るんですかね。」

S:そうなんですかね

無:「後で奥さまに聞いてみましょう(笑)。えー、先週からはどんな感じで」

S:まずその、身体がやっぱり、まだ不調な感じで

無:「ああ、(奥さんから)聞きましたね。」

S:なんか色々湿疹が出たり、なんか体が雰囲気がもう、全体的に不調感を出してるんですけど(笑)。

無:「ああそうですか(笑)」

S:まぁでも、前からの流れで、たぶんその調整というか

無:「まぁ、今他の方も結構来てるから、全体的にそうですね」

S:ええ、そんな感じで。奥さんも、今月はそんな感じなんじゃないかって言ってますね。

無:「ああ、10月はそういう月ですか(笑)」

S:今月はそういう調整をする流れを

無:「感じ取ってるんですかね」

S:たぶん。まぁ、いつもどこまで本当かは分からないんですが、いちおう、チャネリングという事で。

無:「ああ、でもね、そういうのもあらかじめ分かってれば、まぁ。その浄化の中でもね、素晴らしい体験とか気付きとかはどんどん起きてますので、うんうん」

S:最近の状態は、セッション中の状態までは無理ですけど、前のセッションで「目がある」というのをふと思い出して(ただすべてを見ている、見通しているという感じ。)、そっちから入ったらなんかすごく全部が全部を、例えば電灯をみたら、電灯が、電灯として現れている「それ」が「それ」を・・体験しているというか、自分が自分を体験してるんだなぁってのを、いろんなものに感じたんですよね。
なんかその日は、過去のネガティブな記憶が思い出されてきて、何だろうと思ってて、それに合わせて、全てがそれ自体を、自分で・・要は、見てるものであり見られているものであるという「それ」の感じが、なんか結構ダイレクトにわーと感じたんです。

無:「うんうん」

S:それで、過去のそのいろんな事も全部がそういうものだって感じてたのか、過去にため込んだ感情を感じてそれに気付いてたら、なんかもうすごい泣きだしちゃって(笑)。
それも仕事帰りに道を歩いてたんだけど(笑)。
それはなんか深く、ありましたね。
それが大きくぼんと、気付きというか、体験的に大きくて。すごくダイレクトに感じました、その日は。
後はそれっきりで、身体の不調感であまり。
あとは、前からたまにあったんですが、仕事の終わり頃になって、身体が原因不明に緊張するという

無:「なんか、起こってきてるんでしょうね、たぶんね。過去のものがね。それであとは抜けてくって感じでしょうね」

S:ああ~。それでか。なんか、何にも無いのに、緊張する事が控えているみたいな。身体がそういう緊張感を出すんです。手が震えるくらいの感じに(笑)。なんだこれはって。
2.3時間くらい続いたりするんですよね。そのあとは自然におさまるんですが

無:「へーそうですか。やっぱ、深いところにため込んできたのが浮き上がってきてる感じでしょうね。2.3時間して抜けていけばもうその分は消えたと、終了という感じですけど、うん」

S:ああ、なかなかほっとけないというか

無:「ああ(笑)」

S:身体自体が結構しんどい状態を続けてるから(笑)

無:「ああ、ひっぱられますかね。」

S:そうですね。それで、今日考えたんですが、「これはSという身体だ」と。
「自分だ」と言わないで、そういう名前のものだという言葉を繰り返すというのをしてみて。
そうすると良いかなと思って

無:「うん、そこから、距離を置くというかね」

S:マントラじゃないけど、結構使えるんじゃないかと思って。

無:「うんうん、良いと思いますよ。具体的にそのような言葉としてね、意識できるようにね」

S:まぁその時は、ちょっと(少しだけど共鳴中に感じたニュアンスとかに)なりますね。なんか、こうこれ(マインド)じゃないところの感じで、なんか光の放射みたいな感じがそこからばーと出てきて、こっちのマインドの自分の背後に、はっきりとしたイメージではないですが、感じがでたりとか。

無:「うん。まぁそれ自体は、気づきの光とかね、そういう感じですけどね。」

S:そんなですかね、

無:「そういうときは、あと、他の人だと、ラマナ・マハルシ的な問いかけで、「今、緊張してるのは誰か」とかね。

S:ああ~

無:「なんでもしっくりくるのがいいですけどね。仕事とか終わって「今疲れているのは誰か」とかね、そうすると必
要以上につかれない、なんかそんな感想がありましたけど。うん。」

S:なるほどな。いいですね。

無:「では今月は浄化月間ということで(笑)。」

S:あはは(笑)。そんな感じですかね

無:「今日、奥さんとのセッションでアセンションの話しが出ましたけどね。Sさんと奥さんでアセンションの話しをしてたとかって話しを聞きまして」

S:ああ、なんかしゃべったような気はしますが(笑)・・ああ、なんか、外からただ情報として入ってくる言葉って「それってなんなんだ」ってのがあったから、まぁアセンションって流行ってるから、なんかあるのかなぁて程度で、それって実感として無かったから。でも、ここんとこの共鳴で、そのもうぜんぜん次元が違うから

無:「まぁそうね、セッション受けてる人はみんなアセンション中という(笑)」

S:結構、こう深まっていく方向(それそのものの深み・味わいが深まっていく)に入っていくなら、もうアセンションの先というかね

無:「ああ、巷で言ってるアセンションレベルじゃないですよ(笑)。10人くらいの方がね、まぁ究極のところにいればね、地球とか宇宙全体がまぁ一個くらい上がるかなって感じ(笑)」

S:だから、まぁそういう、それがリアルに実感というか、ああこれなら、そういうのもあるのかもなって思ったんですよね(笑)。こんだけこんな感じになってるということは、何か起きても・・起きるというか意識のシフトなんでしょうけど。

無:「うん。まぁ可能性はね・・。みなさんが相当深まれば、かなり全体的にね、目覚めがなされる可能性は、ある、うん」

S:まぁ、でも、どっちでもいいというか(笑)

無:「まぁそういうことですね(笑)」

S:あはは、いずれにしても、在るは在り続けてますってことで(笑)。

無:「景色が変わるごとく、季節が変わるごとくね。まぁ」

S:そうですね。

次回に続きます。

【個人セッションに関してはこちらです。】
【お問い合わせ等はこちらからどうぞ。】

ランキングに参加しています。
よろしければ、クリック応援をお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
精神世界ラ
ンキング 人気ブログランキングへ