無空庵の個人セッションは、ゼロ(仏教では空)の場による心の浄化法、本当の自分を知る方法、心の平和・愛と幸せ・真我覚醒・真我実現を促す方法です。

●ゼロ意識共鳴で、真我・無限の愛である本当の自分に目覚め、本当の自分を実現する!

真我はただ在る。ただ自分自身(愛)である。シンプルな生き方。シンプルな在り方。
無空庵で「愛」(存在の愛)と「空」、そして「在る」こと(自分自身であること)の素晴らしさを知る。
悟り・覚醒・変わらない愛と幸せ・心の平安を実現!

無空庵では、スカイプで全国の方を対象に、ゼロ意識共鳴個人セッションを行っています。
個人セッションは、ゼロ(仏教では空)の意識の共鳴ワークであり、心の浄化法、本当の自分を知る方法、無限の愛と自由、心の平和、本当の幸せ、真我覚醒、真我実現を促す方法です。

ラマナ・マハルシ、ニサルガダッタ・マハラジ、フーマン、エックハルト・トール、ガンガジ等の言及する「悟り」「覚醒」「真我」「本当の自分」の実現をサポート!メッセージ1 メッセージ2

※多忙のため、セッションに関するお問い合わせの返信には、数日~1週間くらいかかることがあります。また、同様の理由により、読者の方からのご質問にはお答え致しかねます。ブログへのコメントにもお返しできないことが多いと思いますが、あわせてご了承願います。

公開・日々の小さな合同共鳴
※どなたでも、森羅万象あらゆる存在の意識参加自由。
毎日6時、10時、11時、11時40分、13時10分、16時15分、17時、18時、21時 2011・11・3~
(6時以外は、無空庵の基本セッション時間です。)。
各30分(その内何分でも構いません。ただそっと意識を向けてみてください。そして、できる方はご自身の存在感覚、在るという感覚、又は、気づいている意識に気づいていてください。)
※参加された方々の記事。
蓮さん①, wingさん①のびのびさんsatorinさん

公開・週一合同ゼロ意識共鳴
※どなたでも、森羅万象あらゆる存在の意識参加自由。
毎週木曜日21時と21時30分から各30分間。 2011・11・10~
※こちらの記事もご覧ください。合同ゼロ意識共鳴は、集合意識の変容を促す。+感想③
第1回感想①感想②
※参加された方々の記事 しみっちさんWingさん蓮さん




今回は、セッションを受けられているSさんから頂いた5回目のセッションの感想その2です。

共鳴が始まると
今回はまずは静けさを感じました。
だんだん、何にもなくなるような感じ、そして、なんにもないが全部ある感じへ。

(無空:無=在る。これがマインドを超えたところの真実。)

そうしていると、「破壊」の要素を感じました。

それを伝えると「すべてを無にする」と無空さん。

そう、そうです。
古来から破壊の神の描写などありますが、こういうところから来てるのかな。
破壊の極まりのような要素。ゆえにすべてを無にする。
感じたのは「無」‥

無空さん「すべてを飲み込んで行く、何も残らない、だからここだけが最後に残るある、ここから生まれて来る。」
、絶対なる無」

あ~あ~なるほどなぁ・・感じているので言われている事がわかります。

前に感じたときの無の感じとはまた違いそれは 深遠すぎて
初めに体験した無の感じを経てからまた感じるとさらに理解が深まります。

(無空:セッションを重ね、浄化が進むと、同じ無・愛などの体験でも、より深遠で、微細なものになっていきます。)

前回までの体験もすべて含んでいて、全部ある。
うあ~、なるほどぉと、感嘆の声しかでません。

あとは、ただただ、無の中にいて・・なが~い沈黙。
ただただ
全部すぎて
反応ができない‥

無空さんの状態とは
これを知ってる ということ。

これにどれだけのことが含まれるか
現れは素晴らしいが、このおまけのようなものであること。
「それを知ったら‥何をしようというのか‥」
これは捉え切れない、とらえられるわけがない
表面にでてるわけじゃなくそこに全部ある。
これは、前回までのがすっぽり‥どころじゃないです。
そう、感じている事をお伝えすると
これは無空さんの感覚とほぼ同じとのこと。

(無空:穏やかさ(意識)の中にすべてがあります。)

これは、これについてあれこれ考えてもしょうがないなぁ
どんなにどうこうしても
あるだけ
です。

(無空:この辺のニュアンスを読者の方にも感じ取って頂けるといいですね。)

しばらくしてから
いや~ありがたいっと、時間差で感動が来ました

すべてがここから生まれたんだなぁって。
いくらでもそこから。

「今もシンプルにこれがある」

まわりを見渡してみると、
ああ!あるだ、ある!
うわ~
こういう風にいつも見れたらすごいなぁ、と感動。
すごいの連呼
こうみえるんだ‥

(無空:皆さんにも、これが見えるようになっていただけたら嬉しいです。)

無空さん「これが愛でもあり」

わかる!
すべては愛でそれしかない、と言えるのがわかる。

(無空:私がよく言っている、「世界は愛に満ちている」、「すべては愛、存在するのは愛だけ」、「あなたは愛そのもの」というのは、この視点から来ています。)

無空さん「こういたら、何をそう力む必要があるのか」

今日初めに話した話も「どっちでもいい」 になるなぁそりゃ(笑)
いい感じで理解できました。

(無空:マインドを越えた愛の視点からみると、すべては同等に素晴らしいので。)

この体験は他に比べようがない
前回もものすごいと思ってたのに、それらがすっぽりでした(笑)
あとは、いかに そこに落ち着くか。

無空さん「1ミリの落ち着きの違いがどれだけの違いを生むか」
まさに。

【無空:マインドを超えた空・真我・愛・実在の領域には、計り知れないエネルギーが潜在しています。
(同時にとても自然で、普通でもありますが。)

それゆえ、そこへの落ち着きがわずかでも進むと、存在全体に大きな影響があります。】

~セッション後すぐに記録したこと(そのまま載せます)~

すべてビックバンとか
ひとつの宇宙が爆発して広がり続けているのは当然だなと。
無でゼロで
同時に極みまでの爆発というかぐわ~と取り出せる(現れる・生じる)。
無限とか限り無いもの
この世界も当然そこが生んでいるなぁ。

巷で言われている「多次元宇宙」とかもわかるなぁ、これを言いたいんだな。
次元とかで分ける必要もない広がり、すぺてがある
創造し続けてる
というか、すぺてがある‥はかりしれないレベルですが、
こういうことが、冷静にわかる感じ。

あとは日常でマインドが静かになってこれに成熟していくが一番ですね
というのも、これ以上のものはないので。
いかに地上でこうあるか
ゆっくり成熟させていきましょう
間違いない道です。

(無空:在るということ。存在の愛に間違いはありません。それは、無でもあり、空でもありますが、唯一のリアリティです。)





今回は、ブログでずっと6月初め頃のメールやりとりを紹介させて頂いていますA.Yさんから、近況報告メールを頂きましたので、無空の返信分とあわせてご紹介させて頂きます。

A.Yさん:

無空さん、こんにちは!

久々に、最近の状況など書き連ねてみます。

ここ1~2週間、今まで常に感じていた「しんどい」「つらい」「苦しい」という感じがほとんどありません。

抑圧は残ってますが、「死ぬとラクになる」という思いが、いつの間にかなくなったようです。

仕事でも、ストレスがかなり減っています。

あまり気にとめていなかったんですが、いつの間にか気が楽になっていた、という感じです。

これはセッションの成果なのでしょう。面白いものです。

今、一番しんどいのは、セッション中の浄化で抑圧が出てくるときかもしれません(笑)

楽になるというのは、やっぱりいいものです。しかし、これはあまりにも普通の状態なので、ともすればこの状態をおろそかにしかねません。

楽な状態が、当たり前になっちゃうわけです。

この普通の状態に在る素晴らしさを理解し、セッションを継続しようと思います。

以前は5年と言ってましたが、今は10年やるつもりです。どんどん長くなってますね(笑)

矛盾するようですが、最近、悟りへの思いが薄れています。

以前のような、ガッツクような気持ちで悟りを求めることがなくなってきたようです。

ガリガリ亡者でなくなってきたようです。(笑)
 
悟りをあまり意識しなくなってきたようです。

ただ、「そう思うのは何者か?」「そうするのは何者か?」に意識を向けると、自然に深いところへ導かれていきます。

たとえば、「目の前の景色を見ているのは、何者か?」と問うと、自分の奥の深淵に引き込まれていきます。

この意識の静まりの中でラマナ・マハルシを読むと、とってもいいですよ!

彼の言葉が、深くに染みわたるように受け取れます。

私から、すべてが生じていることを、直観します。

私というか、私の源というか。。。。

この私は、ハートです。

深淵のなかで、無上の至福に包まれます。

そのなかで私を思うと、ハートを感じます。

それは、静かな、繊細な、無上の至福です。

愛と言ってもいいでしょう。

思考が静まります。

とっても幸せなひとときです。

これを、瞑想というのでしょう。

以上のことは、セッションを受け続けるだけで理解し体験できました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

では、次のセッションを楽しみにしています。

A.Y

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
無空:

A.Yさん、こんばんは。

近況報告ありがとうございました。
わずか2ヶ月弱で素晴らしいところまで来ましたね。

純化し、落とすべきものではあったとはいえ、これはやはりA.Yさんの悟りへかける思いの強さがそうさせたのだと思います。

まだブログの方では、初めの頃のメールのやりとりを紹介中ですが、当時のメールの応酬(A.Yさんのマインドを変容、成熟へと導くために起こってきたもの)がもはや懐かしい感じですね(笑)。

30日のブログ記事について、補足説明の修正依頼を頂いたところは訂正しました。
ご連絡ありがとうございました。

私も以前は、自分の記事なども投稿後に読み直して、表現など訂正していたのですが、今は、セッションを受けられる方も大分増えてきて、読み返している時間がありません^^;
また、気づいたところなどあれば、ご連絡頂けると助かります。

では、頂いたメールにコメントを。


>無空さん、こんにちは!

>久々に、最近の状況など書き連ねてみます。

>ここ1~2週間、今まで常に感じていた「しんどい」「つらい」「苦しい」という感じがほとんどありません。

>抑圧は残ってますが、「死ぬとラクになる」という思いが、いつの間にかなくなったようです。

>仕事でも、ストレスがかなり減っています。

>あまり気にとめていなかったんですが、いつの間にか気が楽になっていた、という感じです。

>これはセッションの成果なのでしょう。面白いものです。

そうですね。
これが無空庵得意の「いつの間にか(問題が)なくなっていた。」「いつの間にか、楽になっていた。」「いつの間にか変わっていた」・・・というものですね(笑)。

多くの方が同じような体験をされています。


>今、一番しんどいのは、セッション中の浄化で抑圧が出てくるときかもしれません(笑)

>楽になるというのは、やっぱりいいものです。しかし、これはあまりにも普通の状態なので、ともすればこの状態をおろそかにしかねません。

>楽な状態が、当たり前になっちゃうわけです。

>この普通の状態に在る素晴らしさを理解し、セッションを継続しようと思います。

そこが一番大切ですね。
普通の状態に在る素晴らしさをどれだけ感じ取ることができるかは、より深い意識、深遠なるもの、微細なものを感じ取り、その価値に気づくことが出来る意識が必要です。

そして、マインドの成熟ですね。
マインドが成熟していないと、あまりの普通さ、当たり前さに、また外側へ何か別なものを探しに行ってしまうこともありますね(笑)。


>以前は5年と言ってましたが、今は10年やるつもりです。どんどん長くなってますね(笑)

その価値がどれだけ尊いものか、どれだけ稀有なものであるか、どれだけ計り知れない奥深さがあるのかが分ってくるとそうなってくるかもしれませんね。
これはもう依存とかそういう次元のものでは全くなく、絶対なるものに確立した上での、絶対なるもの自身の喜びです。
共鳴により、自らの内に在る、より深遠なる価値を新たに知り続けていくという無限の喜びです。


>矛盾するようですが、最近、悟りへの思いが薄れています。

それはどうしてか分りますか?


>以前のような、ガッツクような気持ちで悟りを求めることがなくなってきたようです。

>ガリガリ亡者でなくなってきたようです。(笑)
 
>悟りをあまり意識しなくなってきたようです。

それは、マインドが変容してきていて、個人であったA.Yさんが、悟りそのものへとシフトしてきているからです。

より求めるのは、まだそれが遠くあると感じている時です。
遠いと感じれていればいるほど、それはより強いかもしれませんね。

今は、それはとてもとても近くにありますし、それそのものであるときもかなりあるのではないでしょうか。


>ただ、「そう思うのは何者か?」「そうするのは何者か?」に意識を向けると、自然に深いところへ導かれていきます。

これは、とてもよい問いかけですね。
以前、ayaさんも、ラマナ・マハルシの本を読んでやってました。


>たとえば、「目の前の景色を見ているのは、何者か?」と問うと、自分の奥の深淵に引き込まれていきます。

>この意識の静まりの中でラマナ・マハルシを読むと、とってもいいですよ!

>彼の言葉が、深くに染みわたるように受け取れます。

それは、ラマナ・マハルシと同じところにいるからです。

もはや、ラマナ・マハルシは雲の上の人ではないんですよ。

ラマナ・マハルシと自分は、全く同じであると受けいれることはできますか?


そこにいれば、違いを見つけることはできないはずです。

それはただひとつのものですから。


これからは、マインドで違いを見つけることより、ハートで同じであることの方をより感じていきましょう。

その方が、マインドとハートの成熟も早いですよ。


>私から、すべてが生じていることを、直観します。

>私というか、私の源というか。。。。

>この私は、ハートです。

>深淵のなかで、無上の至福に包まれます。

>そのなかで私を思うと、ハートを感じます。

>それは、静かな、繊細な、無上の至福です。

>愛と言ってもいいでしょう。

>思考が静まります。

>とっても幸せなひとときです。

>これを、瞑想というのでしょう。


ここまで、私が口をはさむ余地全くなしです(笑)。


>以上のことは、セッションを受け続けるだけで理解し体験できました。

これがゼロ(空・真我・愛)との共鳴により起こることです。

それはただ起こります。


>では、次のセッションを楽しみにしています。

はい、ではまた月曜日に。

無空




今回は、先日、ご紹介させて頂きましたSさんの無料体験セッションの感想に対する無空の返信を、参考までにご紹介致します。
ポイントごとに分けて(17回)ご紹介していますが、今回は16回目です。


> 前と変わらず身体や感情は焦ったり緊張したりはしてるんですが
> それ自体がどうでもよい、どうにかする必要がないという思いが片隅にあるんです。

⇒これは素晴らしいですね。

ある意味、全くそのとおりです。

それが覚醒・悟り意識からの視点です。

それ(覚醒意識、悟り意識、空・真我)は、個人、世界をどうのこうのしようとは思っていません。

まったく何の意図もなく、ただ在るだけです。

でも、それ自体が最高の愛であり、それがすべての現れ(それ自身、自分自身でもあります)の世界を支え、見守り、包んでいるんですね。

何の意図もなく、ただ在る、という事の中にすべてが含まれています。

どうにかする必要が無い、という思いがあれば、逆に、ある意味、愛や全体との調和からはずれた思考や感情のパターンは変容して、落ちていきます。




今回は、Lさんからセッション(7/2)後に頂いたメールへの無空の返信をご承諾を得て、参考までにご紹介いたします。
4回に分けてご紹介していますが、今回が2回目です。
>
> でもまずは昨夜のことからなのですが、実はまた、何気ない、本当に他の方から見れば、
> 何でそんなことに怒るか?というようなことに、反応してしまいました。 
>
> そして、大いなる存在を感じつつもそれなりの怒りの表現=エゴの反応をとってしまい、
> 文句の殴り書きなどをして残そうとしたのです。 

パターンはすぐに全ては落ちず、ある程度の期間は残りますので、反応は起こってきますね。

> しかし、自分の寝る準備をしている間、本当に短い時間に、
>
> 『それはいくらお芝居とはいえ、あまりに意地悪だ』というように感じ始めたのです。 
>
> そうしたら、一気にそれもそうだ、意地悪だ。 宿敵にも哀れみをではないが、
> もうもっと寛大になるお芝居をしてみてもいいではないか?と、変化しました。 

空なるスペースによる気づきですね。
それがパターンを落としていきます。

これが空の力、純粋な気づきによる変容パワーですね。

> そして、そう、すべて何も本当に起きてはいないのだ。 何もないのだから。 と、ペースがすぐに変わっていきました。

この真実に戻ると、すべての問題は一瞬のうちに解決します。

おっしゃるとおり、本当は何も起こっていないのですから。

> まだ、正確には、少し引っかかりが残っているようなのですが、
> この変化の兆しは、やはりよい方向へ向かっていることの証拠と感じました。 

このような実体験を通して、さらにマインドの変容が進み、空・真我・大いなる存在・愛が確かなものとなっていきます。





今回は、Lさんからセッション後に頂いたメールへの無空の返信をご承諾を得て、参考までにご紹介いたします。
(4回に分けてご紹介いたします。)

L様

おはようございます。

先日、頂いたメール(直近の方)への返信です。
(参考までにという感じです。)

>無空 様

>今日もセッションをありがとうございました! 

>また、セッション中から体のほてり、熱を感じておりましたが、数時間経過した今も、特に背中と腕あたりに熱さを感じております。

>早くよりマインドの浄化、成熟が進み、個が落ちて、偉大なる愛の視点から全てを感じ、見ることができるようになりたいと思っております。 

⇒それはすべての源としての視点、全ての親としての視点でもありますね。

また、それは本当の自分自身に対する愛でもあります。

「在る」という中に凝縮され、また、「在るそのもの」でもある愛です。