無空庵の個人セッションは、ゼロ(仏教では空)の場による心の浄化法、本当の自分を知る方法、心の平和・愛と幸せ・真我覚醒・真我実現を促す方法です。

●ゼロ意識共鳴で、真我・無限の愛である本当の自分に目覚め、本当の自分を実現する!

真我はただ在る。ただ自分自身(愛)である。シンプルな生き方。シンプルな在り方。
無空庵で「愛」(存在の愛)と「空」、そして「在る」こと(自分自身であること)の素晴らしさを知る。
悟り・覚醒・変わらない愛と幸せ・心の平安を実現!

無空庵では、スカイプで全国の方を対象に、ゼロ意識共鳴個人セッションを行っています。
個人セッションは、ゼロ(仏教では空)の意識の共鳴ワークであり、心の浄化法、本当の自分を知る方法、無限の愛と自由、心の平和、本当の幸せ、真我覚醒、真我実現を促す方法です。

ラマナ・マハルシ、ニサルガダッタ・マハラジ、フーマン、エックハルト・トール、ガンガジ等の言及する「悟り」「覚醒」「真我」「本当の自分」の実現をサポート!メッセージ1 メッセージ2

※多忙のため、セッションに関するお問い合わせの返信には、数日~1週間くらいかかることがあります。また、同様の理由により、読者の方からのご質問にはお答え致しかねます。ブログへのコメントにもお返しできないことが多いと思いますが、あわせてご了承願います。

公開・日々の小さな合同共鳴
※どなたでも、森羅万象あらゆる存在の意識参加自由。
毎日6時、10時、11時、11時40分、13時10分、16時15分、17時、18時、21時 2011・11・3~
(6時以外は、無空庵の基本セッション時間です。)。
各30分(その内何分でも構いません。ただそっと意識を向けてみてください。そして、できる方はご自身の存在感覚、在るという感覚、又は、気づいている意識に気づいていてください。)
※参加された方々の記事。
蓮さん①, wingさん①のびのびさんsatorinさん

公開・週一合同ゼロ意識共鳴
※どなたでも、森羅万象あらゆる存在の意識参加自由。
毎週木曜日21時と21時30分から各30分間。 2011・11・10~
※こちらの記事もご覧ください。合同ゼロ意識共鳴は、集合意識の変容を促す。+感想③
第1回感想①感想②
※参加された方々の記事 しみっちさんWingさん蓮さん




今回は、セッションを受けられているSAさんから、セッション後に頂いたメールへの返信を参考までにご紹介させて頂きます。

SA さま

感想ありがとうございました。

> 無空さま
>
> セッションありがとうございました。
> 今回の共鳴中はすっきり軽く、ほがらかな感じがとてもよかったです。

本当にそうでしたね。
軽さ、明るさがとても強く感じとれました。

> 途中、体に、膨らんだ風船のような圧迫感がありましたが、徐々に緩み、どっしりとした「在る」を感じたり、やや軽い感じでふわふわとしたりしました。
> 今は、あの時の「在る」感じを思い出してなるべく軽い在るに意識を向けています。

「在る」はどっしりとして揺るぎない安定感があると同時に、とても柔軟で軽やかです。
軽やかさが増せば、同時にどっしりとした安定感も増していきます。
(マインドでは理解できない領域ですが。)

その時その時で、自分の好きな方(軽い在るの方など)に意識を向ければいいと思います。

> 思考に巻き込まれそうな時も思考のない感じのところに意識を向けてみたりしているといい感じでした。

思考のないスペース(空)に意識を向けるのはとてもいいですね。
そのことにより、空とつながることができます。

> セッションの時、ブログの他の方の感想を読んで、自分の感想と比べて凹んでいる話しをしました。
> それで無空さんは、ネガティブに考えるマインドのパターンと言うことで、ただ「ネガティブに考えているな~」と気づいていると言うことや、その他いろいろ励ましてくださり嬉しかったです。
> 無空さんが、いろいろと励まして褒めてくれるので私は少し安心して、また頑張ろうと思いました(笑)

ニサルガダッタ・マハラジの本にもあったと思いますが、師の役割のひとつは励ますことです。
すべての人は真我であり、それに目覚め、それを生きることが可能なのですが、その過程でマインドの罠にはまり、道を進む事をあきらめないよう、真実とその無限の可能性を示し続け、励まし続けるということですね。

一緒に頑張っていきましょう。

> やはり今まで私は私自身に厳しくしすぎて、やる気がなくなったりしてたのかなと思いました。

厳しさとやさしさの両方が必要とも言えますが、何事も「過ぎる」のはよくないですね。
ほどよいかげんが大事です。

> 共鳴中、私が「在る」を意識しながら無空さんに意識を向けている事を、無空さんがびっくりするほど、ものすごく褒めてくれたので、ちょっとばかし戸惑いつつも嬉しかったです。日常でも在るを意識しつつ現実にも意識を向けていくのを頑張ろうと思いました。

「在る」をキープしたまま、自然に外側のことにも対応できるのは素晴らしいことです。
書かれてあるように、日常でも無理のない範囲で行われてみるといいと思います。

ただ、内側と外側に意識が分裂しそうなときは無理しない方がいいですね。
あくまで無理なく快適に出来る範囲で、楽しく出来る感じがいいですね。

> 自分を褒めたり認める事の大事さは、本を読んだりして、知ってるのですが、なかなか自分を承認できなかったです。してもなんか虚しいというか。
>
自分のよさというのは、自分にとってはそれが当たり前なのでなかなか分りにくいです。
ほめられたら素直に受け取りましょう。

> やっぱり自分以外の人に褒められた方が気持ちがいいです(笑)

これが多様性の世界、関係性の世界のいいところでしょうか(笑)。

> 無空さんのように超前向きな言葉が自然にでるようになりたいです。

マインドが変容し、「在る」「今」「真我」にいられるようになると、自然にそうなると思います。
そこから出てくる言葉は、愛であり、自由であり、真実です。
SAさんの言葉で言えば、常に超前向きです。
>
> 私には愛は感じられないけど、今感じられる空の感じ透明な感じを受け入れていこうと思いました。

ひとつの感じがより深まり確かなものになっていくと、他の側面も開き、感じやすくなってきます。
SAさんの今考えている姿勢でよろしいと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・

> お金に関しては結構いろいろ悩む事が多い私ですが、
> 今日はダンナが、いきなりタンスを貰って帰ってきました(笑)ダンナは前からタンスが欲しいと言ってたので…。ナガシマスパーランドの無料券といい、なぜかいろいろと願いが叶ってきてます。
> 嬉しいです。

全体(大いなる全て・真我・在る)からのサポートがありますね。
引き続き、「在る」ようにしてください。
>
> では、次のセッションもよろしくお願いします(^o^)/

はい、こちらこそよろしくお願いします。

無空
【個人セッションに関してはこちらです。】
【お問い合わせ等はこちらからどうぞ。】

ランキングに参加しています。
よろしければ、クリック応援をお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
精神世界ラ
ンキング 人気ブログランキングへ

関連タグ : 本当の自分, 真我, 真我覚醒, 真我実現, 悟り, 個人セッション,




今回は、セッションを受けられているSさんから、5~7回目のセッションの感想を頂きましたので、ご承諾を得て、ご紹介させて頂きます。本日は5回目のセッションの感想その1です。

Sです。
遅くなりましたが、3回分の感想をまとめてお送りします。


■5回目のセッションの感想です。

まず、優柔不断だったり、いつも選べず迷う事が多いことを相談させていただきました。

無空さんの答えは「ある視点からいえば、まぁ・・どっちでもいい。どっちへ行っても間違いない」

あはは(笑) 思わず笑ってしまいました。マインドで考えてただけですね。

無空さんの状態を伺うと、

「そもそも迷わないようになる、より自然な方・・起きたほうに疑問を抱かずに・・全体で動いているので、ただほっとく、決まる時期が来たら決まる・・」など、なるほどなお話をうかがえました。

ただ、より個人が落ちれば、「自分が選んでるわけではない」「ただ起こる」ことがわかるということでした。

「自分が選んでる、自分の成果」というのはマインドの働き。

真我は「ある」こと。

そこから見れば何も失敗はないし・・つまりマインドによって「問題だと思える」、それに取り組んでなんぼなマインドなんでしょうね。

いずれにしても、じょじょにマインドが落ちていけば至るところなんでしょうね。

また、修行を必要とする道が必要かの話しから、悟りをも手放す話し、探求は無限に続くスピリチュアル物語りである話など伺いました。
結局、「ありかた」が一番ですね。




今回は、セッションを受けられているS.Kさんから、8月6日のセッションの感想とその後のご報告を頂きましたので、ご承諾を得て、ご紹介させて頂きます。

無空さま

先ほどはセッション、ありがとうございました。

8月6日(金)のセッションの感想と、
その後の報告をさせていただきます(^-^)

◎感想◎

前回のセッションが凄すぎて、
その反動で次のセッションまでが不安と孤独と恐怖のマインドだらけの1週間で、
友達の妊娠したメールのおかげで救われましたが、
今回のセッションはどうなんだろう?という想いの中で受けました。

無空さんと意識を合わせていると、だんだん気持ちが落ち着いてきました。

静かになったような、穏やかになったような、
いかにマインドが騒いでたことに気付きました(笑)。

「在る」という感じを求めていて、最初は分かりませんでしたが、
よく分からない何かが、だんだん落ち着いてきた感じがしました。

以前感じた「在る」と違う感じ、何かがカチッとはまったような、
あるべき位置におさまったような感じがしました。

以前よりも居心地が良くて、
この感じは知っているはずなのに、こんなに居心地が良かったっけ?と
不思議に思いました。

例えると、
カレーライスを美味しく食べて、その味に慣れたから、しばらく食べるのをやめて、
また食べた時に、この味は食べていたから知っているのに、
以前よりなんだか美味しく感じるような、
カラーライス自体は変わらないのに、
その美味しさを改めて認識できたような感じがしました。

無空さんが、
「悟りのプロセスで、いったん自分を見失って(ほんとはそれなんだけど)、
もう一度気付くと、見失う前の自分より(ほんとの自分より)、
さらに自分の良さが再認識できるというかね。」
とおっしゃったので、なるほどなぁと思いました。

以前は、今感じているこの居心地の良さが普通過ぎて、
物足りなく感じていたのに、
何かすごいものを求めていた自分に気付いて、恥ずかしくなりました(笑)。

こんなにいつもそばに在って、とても親しみがあって、
前回のあのすごい感じは越えないだろうと思っていましたが、
これはこれで、もうすごい!!!

今、感じている感じで前回の感じを振りかえると、
前回は絶対的ですごかったのですが、それが
特別な感じがして、
すご過ぎて近寄れない感じがあって、分離した感じがありました。

今の感じは、どこにでもあって、あったかくて、全部にあって、特別な感じがしなくて、
ほんとに居心地が良くて、

どこにでもあるけど、やすっぽくなくて、唯一無二なのに、どこにでもあって、
誰とでも分かち合えるような、とても近い感じがしました。

個々だけど、個々じゃなくて、お互いが補い合いながら、
ひとつのものを創っているような、
無くなっても変化しても、寂しくなくて、
個々の中に全部があるから、どれかがあってもなくても全部あるし、
自分が今感じていないものですらあって、

「在る」ものの中に、どれだけのものが「在る」のか。

距離感も時間もなくて、常に動いて変化しているのに、変わらない。

ただ起こっているだけで、どっちが良いとか悪いとかではなく、
どっちでもいいし、どっちでもない。

何をしていいか分からないから流れに任せるのではなく、
自分が流れの一部であり、流れそのものであり、
流れに自分の主導権があるけど、
でも、自分は全部の一部で、その全部が流れをつくっているような、
委ねるということがどのような事か、少し理解できました。


アイコンタクトをしたとき、とても泣きそうになりました(笑)。

さっきよりもカチッとしたフィット感があって、
何をしてもいいし、何もしなくてもいいし、全てがそのままで、許されている感じで、
一部なのに全部で、区切りがないのに、個々が存在して、
完璧なのに型にはまっていなくて、動きがあるのに臨機応変で、でも静かで、
同じもの(同じ体験)は、ないんだなぁと思いました。

改めて、体験自体を追い求めても仕方がないんだなぁと思いました(笑)。


◎報告◎

セッション後、1週間の内容を報告させていただきます。

最近、友達に「2人(Sくんと私)、似てきたね。」と言われるようになりました。
何がどう似てきたのか、本人たちは分かりませんが(^-^;)

8月6日(金)

セッションが終わった後、とても穏やかな気持ちになりました。
前回の体験があったから今があるんだなぁと思うと、
素晴らしいマインドの体験ができたことを有り難く思いました。


8月7日(土)

朝起きたら、いつも瞑想していましたが、瞑想することにこだわらなくなりました。
瞑想しなくても感じられるんだと思えるようになりました。

久し振りの休日だったので、花火でも観に行こうかという話になり、
行く準備をしていたのですが、
Sくんが友達との電話をきっかけに落ち込み始めました(笑)。
ウジウジしていて、花火も行く・行かないと言い始めました。

以前なら、Sくんのはっきりしない態度にイライラしたり、怒ったりしていましたが、
私の感情は特に反応することもなく、「どっちでもいい」という感じでした。
だからと言って、Sくんを突き放したりしていた訳じゃなく、
話を聞いたりしていました。

それでもウジウジしているので、
「私のマインドがそろそろ怒るぞ~。」と言うと、
Sくんは自分のマインドに気付いたらしく、「ハッ!」として、
花火大会に行く事にしました。

すごい人混みも、気にならず、遅れて行ったにも関わらず、
「いい場所で観たい!」と言うより、
「観れたらいいかぁ♪」ぐらいの気持ちで歩いていたら、
とてもいい場所を見つけることができ、花火を堪能することができました。


8月8日(日)

今通っているヨガのスタジオで、
お手伝い(会員さんの簡単な指導)をしているのですが、
Sくんと指導者になることを勧められて、色々な理由で最初は躊躇していましたが、

ヨガの特別トレーニングの内容自体は素晴らしいので、
指導者になろうと決心したものの、ヨガの組織の内部事情を知るにつれ、
だんだん指導者になることに対する想いが分からなくなり、
指導者になる方がいいのかどうか、悩み始めました。

頭では、流れに任せようと思っていても、どうしても悩んでしまうので、
Sくんがカードリーディングをしたら、

『有利な結果:懸念していた状況はいつの間にか、
極めて公平に解決していきます。
今の時点で解決法は見えないかもしれませんが、
すでにしかるべきところに納まっていると信じて下さい。
あなたが手放し、神に委ねれば委ねるほど、
ますます早く有利な結果が出るでしょう。』

無空さんがセッションでお話されていたことがそのままカードに出たような(笑)、
悩んでいても仕方がないので、もう委ねようと思えるようになりました。


8月9日(月)

家族に対してずっと引っ掛かっていることがありましたが、
それが何か分かりませんでした。

母が7月に入院して間もない頃、母が何か興味を持てるものはないかと考え、
姉がホームヘルパーの資格を持っているので、
母に介護士やホームヘルパーを提案したところ、
母は乗り気で、姉の持っている本を借りると言ったので、
私は嬉しくなりました。

ところが先日、兄と電話した時に、
実は母は20年も前からホスピスに興味を持っていて、
介護士やホームヘルパーより、ホスピスを勉強したいと言って、
兄にホスピスの本を買ってきてもらっていたことを聞きました。

私は母からではなく兄から聞いたことに、すごいショックでした。

思い返せば、私は家族に言いたいことがあれば、相手にそのまま言うのですが、
我が家では言いたいことは直接本人に言わず、誰かを介して言うことが常で、
それが私にとって、隠し事をされているようで、その事がすごく嫌で、
そのことがずっと引っ掛かっていて、それがトラウマになっていることに気付き、

その事をSくんに話すと、「同じ事してるよ。」と言われ、
具体的な私の行動の話を聞いて初めて、
私も家族と同じようなことをしていることに気付き、

家族に対して、私は言いたいことを言うだけで、
思いやりを持って接してなかったことに申し訳ない気持ちになり、
言わせないようにしていたのは私に原因があったんだなぁと反省し、

今日、母に介護士やホームヘルパーを勧めたことを謝ろうと思い電話したら、
なんと、母の方から「実は20年前からホスピスに興味があったけど、
言い出せなくて。」って言ってくれて、びっくりしました!

母に介護士やホームヘルパーを勧めたことを謝って、
ホスピス良かったねと伝えると、
母も後ろめたさがなくなったのかスッキリしたみたいで、
「話せて良かった。」と言ってくれました。

家族に対するわだかまりが無くなって、ラクに話せるようになりました。

私は家族に対して、何でも話していたと思っていましたが、
それは言いたいこと言っていただけなんだと気付き、
言いたい事を言うのと気持ちを伝える事は違うことに気付きました。

(無空:誰がそれを言いたがっているのか、エゴか愛か、ということですね。)


8月10日(火)

朝、顔を洗ったときに、肌がきれいになった感じがしました。
改めて意識して顔を洗うと、肌に触れる手の感覚がなめらかになっていて、
化粧のノリも良くなったように思います(^-^)

(無空:共鳴により、肌がきれいになった体験談は以前もご紹介しました。
セッション時間中にも、どんどん変化していく場合もあります。)


8月11日(水)

私はずっと「結婚式を挙げること」にこだわっていて、
ウェディングドレスを着たり、みんなに祝福されたいという想いが
とても強くありました。

Sくんは「一時的な現象にとらわれるな!」といつも言っていて、
お金があれば、結婚式を挙げたい私と、
お金があれば、もっとセッションを受けたいSくんと、
いつもこの話をするとケンカをしていました。

お金があってもなくても、結婚式も挙げない事がすごく悲しかったのですが、

友達が9月にウェディングパーティしようと提案してくれて、
そのことがすごく嬉しくて、
仲の良い友達(美容師さん・元お花屋さん)がヘアスタイルを考えてくれたり、
ブーケを考えてくれたりして、とても幸せな気持ちになりました。

これでこんなに幸せなら、パーティ当日はどれほど幸せなんだろう?と
想像するだけでも幸せになりました。

しかし経済的に、パーティでウェディングドレスも着れないし、
指輪も買えないので、
パーティで格好がつかないし、嬉しいけど、不安と悲しさと悔しさで、
複雑な気持ちでした。

9日(月)の夜に、パーティを提案してくれた友達が数日前に倒れて、
1ケ月は絶対安静!と言う連絡を受けて、10日(火)の朝にパーティを中止しました。

悲しさや悔しさや怒りや安堵や、いろんな感情が湧き上がって、
本当に辛かったです。

そこで思い切ってSくんに、
「現象にこだわっているのは重々解っているけど、
どうしても結婚式を挙げたいから、
一生のお願いだから、いつか絶対に結婚式を挙げたい!」
と訴えたら、

Sくんは、「そうやね。いつかできたらいいね。」
と言ってくれて、絶対反対すると思っていたので、

その言葉を聞いて、ストンと何かが落ちました。

私は結婚式を挙げたいことよりも、結婚式を挙げたいという想いを、
Sくんに理解して欲しかったことに気付きました。

意見が正反対だっただけに、Sくんの言葉で、理解してもらえた嬉しさで、
結婚式を挙げることが、どうでもよくなりました(笑)。

結婚式を挙げたい気持ちが全くなくなった訳ではありませんが、
いつかできたらいいかなぁと思えるようになりました(^-^*)


8月12日(木)

半年前から参加したいと思っていたヨガの特別トレーニングがあったのですが、
いつも日程が合わず諦めていて、すっかり忘れていたのですが、
9月にその特別トレーニングがあり、その日はウェディングパーティの日で、
パーティが中止になったことで、その特別トレーニングに参加することになりました。

今週末に予定していた用事が、今日の夜になくなり、何をしようかと考えていたら、
しばらく連絡を取っていなかった友人から、
「今週末だから、ダメ元で連絡しました♪」
と、メールが届きました。
それは、私が前から参加したかったパステル画の教室のお誘いで、
即、参加の返事をしました(^-^)


8月6日に無空さんのセッションを受けてからの1週間の内容を
報告させていただきました。

いろんなことに気付くことで、家族がどんどん変化したり、肌もきれいになったり(笑)、
なんだか繋がっているんだなぁと思いました。

予定が中止したりなくなっても、次の用事がきたりして、
上手く出来ているというか、
よく分からない目には見えない流れが確かにあるんだなぁと思いました。

以前ほど迷わなくなって、迷ってもすぐに答えを出さなくなりました。
あまり焦らなくなったように思います。


今回もずいぶん長くなりましたが、最後まで読んでいただきありがとうございます(^-^)


S.K
【個人セッションに関してはこちらです。】
【お問い合わせ等はこちらからどうぞ。】

ランキングに参加しています。
よろしければ、クリック応援をお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
精神世界ラ
ンキング 人気ブログランキングへ

関連タグ : 本当の自分, 意識共鳴, 真我, 本当の幸せ, 個人セッション,




今回は、セッションを受けられているA.Yさんから第1回セッション後に頂いたメール(6/19)を、ご承諾を得て、紹介させて頂きます。

A.Yさん:

体験談掲載、ありがとうございます。

まだまだひよっこの僕ですが、お役にたてればそれはそれで嬉しいです。

ただ、余計なことを言いますが、僕は正直、悟りを人に伝えるとかにはあまり興味がないんです。

まったくないわけではないですが、人に伝えるよりも自分をひたすら無くしていきたいんです。

自分が完全になくなれば理想的です。

その時、もちろん悟りを自覚している者はいないでしょう。

だから、僕自身には何のメリットもありません(笑)

僕が消えうせるんですから。

でも、それでいいんです。

それが僕の望みなんですよ。


では、メールに返事していきます。

> あまり言葉にとらわれずに、その奥に在るエネルギーを受け取っていただくと理想的です。

⇒そうですね!それを意識していきます。


> (空のエネルギーに)圧倒されていたのは誰か?
>
> 立ち上がれなかったのは誰か?
>
>
> という問いかけも、いい確認になりますね。

⇒こう問いかけると、ふーっと力が抜けていきます。気付きに入ったときと同じですね!

> まだ、個人にとっても、体にとっても強く感じるエネルギーかもしれませんが(なんと言ってもまだ2回目ですからね(笑))、
> どんどんマインドも体も浄化され、個人が透明になり、空を受け入れていく、あるいは、個人を手放し、空に引き込まれる、
> 呑み込まれていくことによって、より自然なものになっていきます。

⇒よく分かりました。そういうものなんでしょうね。ラマナも、初期は激しかったですが、次第に落ち着いた感じになりましたからね。


> また、日常の状況をお伺いしながら、セッションをしていきますが、
>
> ちょっと強すぎるという感覚が本人の自覚としてあり、そのことが私の意識にも入れば、
> それなりに調整されたりします。(他の方でも一度、そういうことがありました。)

> 意識的に共鳴を短くするとか、軽めにすることも出来ます。
> (これすら、空の視点から見れば、ただ起こっていること、自動的に行われることですが)。

⇒僕は、強烈な方がいいです(笑)。バカな話ですが(笑)。

短くとか軽めとかじゃ面白くないですよ(笑)。

エネルギーにやられてどうしようもなかったのは、1時間ぐらいですから、セッションの後に予定を作らないようにしておけば大丈夫だと思います。

> いろいろな思い、自覚、感覚が出てくることもすべてはただ起こっていることですので、
> すべては起こるがまま、あるがままにということで進めていきましょう。

⇒無欲が一番なのかもしれませんね。


それから、ひとつ大切な質問をします。

この前のセッションのとき、僕は、「いつか、セッションを卒業したい」ということを言ってましたが、ここはとても大事な点なので、再度お聞きします。

無空さんは、「そのうち、月1回にするとか・・・・」とおっしゃっていましたが、それでは正直、中途半端だと思うんです。

何年かかってもいいから、やっぱり、「何の努力も何の行為も全く必要ない」というところに行ってこそ、本当の悟りだと思うんです。

これも落とすべき観念なのかもしれませんが、セッションも含めてなんらかの行為がないと空の自覚が薄れてしまうとしたら、それはやっぱり本物じゃない。

それは、空とは似て非なるものだと思うんです。

マインドは、きっと残るのでしょう。ラマナですらそうなのですから。

しかし、マインドのない世界にハッキリとたどり着いた者は、どんなにマインドが動いても全く動じないのでしょう。

空の自覚と空そのものが、完全に一致すれば、その自覚は決して失われないはずです。

そうなれば、もはやセッションも瞑想も必要ないはずです。

実際、プンジャジもガンガジも、「瞑想する必要はない」と言ってます。

師匠は必要かもしれませんが、それも最終的には必要ないはずです。

プンジャジは、だからラマナから離れましたよね!ラマナに諭されて。

僕の最終的な目的は、「師匠も行為も努力もなにもかも必要ない悟り」です。

しかし、それは現在の僕にはハードルが高すぎます。

どうしようもありません。

だから、無空さんのセッションを受けているわけです。

無空さん自身は、もちろんセッションを受ける必要がないわけですが、それが本物だと思います。

セッションが必要なあいだは、やはり「借り物」と言わざるを得ません。

きっと、無空さんは空の自覚がハッキリと定着しているから、空そのものにセッションを受けているんだと思います。

僕も、そうなりたいんです!!

セッションを続けていけば、そうなる可能性があると思いますか?

セッションの中でそうなるかもしれないし、セッションのもうひとつ先の道があるのかもしれないし、僕にはよく分かりません。

これは未来の話で、「今に在る」ではないですけどね(笑)

無空さんは、どう思われますか?

A.Y

無空:こちらのメールへの無空の返信はまた後日ご紹介させていただきます。




今回は、先日、ご紹介させて頂きましたSさんの無料体験セッションの感想に対する無空の返信を、参考までにご紹介致します。
ポイントごとに分けて(17回)ご紹介していますが、今回は13回目です。

> その後、日常の中で意識を向けたりしてましたが、
> まだひとりでは感じが薄れてしまって、どこか「求めて」しまう感じになりがちでした。
> まだ体験セッションだけですから当然でなんでしょうが、うまく意識を向けれず、感じようと「求めて」しまうことが多いです。
>
> 初めはよくわからないまま、どうすれば思い出せるのかなぁとか心が働きだして、でもそれにもなんか違和感を感じたので、「あ、なんか今自分は求めてることをしてるのかも」と気付いたんですが。

⇒この気づきがとても大切ですね。

求めると上手くいかない、ということを実体験として理解できたことはとても大きいです。

そして、それに気づけたのは、静かな意識(気づき)があって、マインドがよく見えてたからであり、

また、そういう見方ができるようになっていたから(マインドから離れて、マインドは本当の自分ではないという視点から見ること)、と言えますね。

> これってごちゃごちゃやりだすと、どんどん遠ざかるんでしょうね(^_^;)

⇒まったくそのとおりです。


> 今まで思考ぐせがあったので、それはもう避けたいところです。

⇒はい、避けてください(笑)。