無空庵の個人セッションは、ゼロ(仏教では空)の場による心の浄化法、本当の自分を知る方法、心の平和・愛と幸せ・真我覚醒・真我実現を促す方法です。

●ゼロ意識共鳴で、真我・無限の愛である本当の自分に目覚め、本当の自分を実現する!

真我はただ在る。ただ自分自身(愛)である。シンプルな生き方。シンプルな在り方。
無空庵で「愛」(存在の愛)と「空」、そして「在る」こと(自分自身であること)の素晴らしさを知る。
悟り・覚醒・変わらない愛と幸せ・心の平安を実現!

無空庵では、スカイプで全国の方を対象に、ゼロ意識共鳴個人セッションを行っています。
個人セッションは、ゼロ(仏教では空)の意識の共鳴ワークであり、心の浄化法、本当の自分を知る方法、無限の愛と自由、心の平和、本当の幸せ、真我覚醒、真我実現を促す方法です。

ラマナ・マハルシ、ニサルガダッタ・マハラジ、フーマン、エックハルト・トール、ガンガジ等の言及する「悟り」「覚醒」「真我」「本当の自分」の実現をサポート!メッセージ1 メッセージ2

※多忙のため、セッションに関するお問い合わせの返信には、数日~1週間くらいかかることがあります。また、同様の理由により、読者の方からのご質問にはお答え致しかねます。ブログへのコメントにもお返しできないことが多いと思いますが、あわせてご了承願います。

公開・日々の小さな合同共鳴
※どなたでも、森羅万象あらゆる存在の意識参加自由。
毎日6時、10時、11時、11時40分、13時10分、16時15分、17時、18時、21時 2011・11・3~
(6時以外は、無空庵の基本セッション時間です。)。
各30分(その内何分でも構いません。ただそっと意識を向けてみてください。そして、できる方はご自身の存在感覚、在るという感覚、又は、気づいている意識に気づいていてください。)
※参加された方々の記事。
蓮さん①, wingさん①のびのびさんsatorinさん

公開・週一合同ゼロ意識共鳴
※どなたでも、森羅万象あらゆる存在の意識参加自由。
毎週木曜日21時と21時30分から各30分間。 2011・11・10~
※こちらの記事もご覧ください。合同ゼロ意識共鳴は、集合意識の変容を促す。+感想③
第1回感想①感想②
※参加された方々の記事 しみっちさんWingさん蓮さん




今回は、先日(6/27)、ご紹介したA.Yさんのメールへの無空の返信を参考までにご紹介します。

長くなってますので分けてご紹介していますが、今回は3回目です。


それから、個人の視点からでも100%信頼できるもの、というのを考えていくと、それは、やはり「在る」ということですね。

個人のマインドや感情、年齢、風貌、体型などは変化していきますが、その人が「在る」ということは生きている限り変化しません。

さらに言えば、その「在る」という次元においては個人差はなく、また、それは肉体が滅んでも存在するものです。

それは形や属性などの多様性を超えて実在する、ただひとつのものです。


そしてそれをすべての人、全ての存在の中に見ることは可能です。

それは、「在る」という事実ですから。。。


その「在る」、「存在性」に焦点を当てるならば、100%の信頼は可能ですね。

でも、そうなると、もはや、誰を信頼して、誰を信頼しない、という話ではないですが(笑)。


どのような存在であっても、それは絶対的に信頼できるものです。

なぜなら、それは個人やマインド、多様性、時間という変化する領域を超えていて、絶対的に変わらないものだからです。

それは、個人の視点から焦点を当て始めることはできますが、その純粋にただ「在る」というところに意識が100%止まったとき、すでに個人は落ちています。

そこにあるとき(それで在るとき)、個人はどこにも存在していません。


マインドや感情は、個人差があり、大部分を信頼できる方もいれば、そうでない方もいます。
でも、「在る」という点では、全ての存在、すべての人を100%信頼することが出来ます。

思考や言葉、行為における信頼ではなく、存在における信頼です。

その次元で生きていくと、裏切られることはないですね(笑)。

存在の愛の領域、ワンネスの領域です。

そこは、マインドを超えていますので、裏切る、裏切らない、信頼する、しないの問題は生じません。

その「在る」という感覚、リアリティの世界にのみに安住するならば、そこに他の存在との違いは一切存在しないので、「誰もいない」、「ただひとつのそれのみが存在する」、という真実が開けてきます。

覚者がいるのはそこであり、そこから、「すべては同等で在る」。という感覚も起こってくるんですね。




今回はセッション10回目を受けられた方からメールを頂きましたので、ご承諾を得て、参考までにご紹介いたします。
6回に分けてご紹介いたしますが、今回は4回目です。

> それから、私は今まで背負ってきたものが多かったりする人だと思い、今までずいぶん、ヒーリングをしてきました。
>その中の大きな問題を思い浮かべた時、アレ?そういえばそんなことがあったなぁ~ぐらいになっていました。
>(知らないうちに問題が問題でなくなるような感じです)
>私には、大きな心の傷があって、それは一生持っていかなくてはならないことだと覚悟するような傷がありました。
>その傷もずいぶんと良くなっていたのに気付かされました。

体験談2の方のように、共鳴していきながら、いつの間にか深いトラウマが消えていくような場合もありますし、○○さんも深い共鳴が続いていたのと、大きな浄化もありましたからね。

そして、ブログで何度も書いてますように、問題はマインドの中、心の中(あるいは個人の中)にだけ存在していて、本当の自分というのは、心でも感情でも、個人でもありません。

そのことに今回、覚醒したのですから、今まで自分のものとして抱えてきた個人的なもの、心の傷、大きな問題から影響を受けなくなってきたということですね。
それを問題にしていたのは、客観的な事実、出来事に対して、個人的な観念をもとに、色づけした価値判断であり、その心です。

それが本当の自分ではなかったと気づいた時、そのことに覚醒したとき、それはもう問題ではなくなっています。




今回は、無料体験セッションの感想を送って頂きましたLさんへの無空の返信、分割でのご紹介、9回目です。

文章の流れの関係で一部、重複があります。

>状況が整い、 自分が本当に調子よい時でないと、そうなれなかった、軽やかで楽しい意欲(情熱とは違う感じ)が湧いてきて、
”ただ何かをする”ということに自然の楽しさのようなものを感じました。 

⇒情熱につきましては、セッション中のご質問で出てきましたね。

必要であればそれは起きてくる、というようなことをお話したかと思いますが、
早速、体験されてよかったですね。

そして、体験されたように、空から自然に起きてくるものは、個人で何とかしようとしている時の情熱とは質が違いますね。

前にも書きましたが、空は軽やかで、そして、喜びそのものですから、
ただそれで在るだけ、それ自身(自分自身)で在ることにより幸せなんですね。

自分と違う何かになろうとしたときに、そこから離れたり、または、反対のものを伴った相対的な楽しさ、幸せの領域に入っていくんですね。

でもそれは、本当は離れたのではなく、ただ見失っていただけ、忘れていただけです。

それはずっとそこにあり、実はそこから一歩も離れていなかった、という事に気づくのが、覚醒であり、悟りです。

それはLさんにとって、ずっと一番近くに在ったものです。

何と言っても、自分自身ですから。






今回は、先日(6/27)、ご紹介したA.Yさんのメールへの無空の返信を参考までにご紹介します。

長くなってますので、分けてご紹介しています。(2回目)


> 昨夜(6/22)は、阿部敏郎さんの「サレンダー」(降伏)という話に感化され、無空さんへのサレンダーについて、取っ組み合いしていました(笑)

> 結局、意識がついていけず、覚悟は定まりませんでした


⇒意識がついていけなかったとのことですが、エゴ・マインドは幻想であり、確かな基盤を持っていないので、常に変化しながらそれ自身を維持しようとする性質がありますし、それがこの宇宙を創造して続けているパワーでもありますから、それに抗うことは無理がありますね(笑)。

また、幻想である個人として、幻想を超えようとするのも不可能です。

例えて言えば、火で火を消そうとしているとも言えるかもしれません。

場合によっては、熱心な探求者の方は、マインドをよけいに強めて、火に油を注ぐ状態になっているかもしれません。


⇒「しよう」、「する」、は、「在る」、には至らない、とも言い換えられます。

(途中で気づいたり、最後に疲れ果てて、マインド、個人が落ちる、という場合はありますが。

あるいは、マインドを働かせないで、ただ「する」ということはいいですね。)


⇒また、信頼100%になったときは、すでに信頼という次元ではない、とも言えますね。

そこではすでに個人が落ちていて、信頼する者と信頼する対象という二元性、関係性が消滅しています。

残るのは、ただひとつの真実、あるいは、信頼そのものだけが、そこに在る、と言えます。





今回はセッション10回目を受けられた方からメールを頂きましたので、ご承諾を得て、参考までにご紹介いたします。
6回に分けてご紹介いたしますが、今回は3回目です。

>(覚醒しても)今までのパターンも残りますしね。
>もちろん同じパターンでも以前とは受け方はぜんぜん違っています。
>(どこかの本に書いてありましたが、扇風機をとめても余韻ではねが回っているのと同じで、覚醒後も以前より弱くパターンは出ています)

習慣として残り、すぐには消えませんが、いずれパターンは落ちていきます。

> それから、せっかく覚醒にお導きいただいたので、変な方向よりもより良い方に使っていきたいという気持も出ていました。
>変な方向も良い方向もないのかもしれませんが、今回言いたいのは、一般常識としてです。

セッションを続けていると、言葉の使い方が変わってくることで、今、どこにいるかが分ります。
こちらとあちら、真実と幻想、彼岸と此岸、源と現れ、愛とマインド(一般常識も含めて)、この違いの理解と認識、そして、同時に本当は同じものである、ただひとつのものしかないという理解を持った上で、状況に合わせ、言葉を使えるようになってきてますね。

変な方向もよい方向もない、というのはその通りです。
ただそれ(本当の自分)であれば、しかるべき方向へと進んでいきます。
そして、マインドがそれを使うというよりは、マインドはそれのサポートをする、という感じですね。(あるいはできるだけ邪魔をしない(笑)。)

単なる表現の問題ですが、それを使うという表現になると、エゴ・個人の方が主体となります。
(最初は分って使っていても、知らず知らずにうちにそれがまた習慣となり、主体の座をエゴに明け渡さないように注意は必要です。
エゴは、本人が気づかないうちに本当に巧妙に忍び寄ってきます。)

この世界では、マインドを使い、一般常識に合わせ、発言、行動していく必要は当然ありますが、主体は真我であり、愛です。
それで在ることで、いろんなことがうまくいく、必要な時に必要な言葉が出てくる、必要な行動が起きて来る、必要な出会いも起きてくる、そういう体験を重ねていくことにより、もっと自信がついてきて、マインドはさらにリラックスし、より個人を手放して、愛と平安の中に安住できるようになっていきます。

すでに目覚めは起きていますが、これまでの癖、習慣がまだありますので、そこをこれから変容させていくということですね。

今、主体となっているのは、個人か、個人を超えた愛か、そんな感じで確認してみるといいですね。
マインドを使っている時にも、ベースに愛があるかどうか、それを意識してみるといいと思います。




今回は、無料体験セッションの感想を送って頂きましたLさんへの無空の返信、分割でのご紹介、8回目です。

文の流れで一部、重複しています。

>状況が整い、 自分が本当に調子よい時でないと、そうなれなかった、軽やかで楽しい意欲(情熱とは違う感じ)が湧いてきて、
”ただ何かをする”ということに自然の楽しさのようなものを感じました。 

⇒情熱につきましては、セッション中のご質問で出てきましたね。

必要であれば起きてくる、というようなことをお話したかと思いますが、
早速、体験されてよかったですね。

そして、体験されたとおり、空から起きてくるものは、個人で何とかしようとしている時の情熱とは、質が違いますね。

空は、前にも書きましたが、軽やかで、そして、喜びそのものでもありますから、
それで在るだけ、ただ自分自身で在るだけで幸せなんですね。




今回は、昨日、ご紹介したA.Yさんのメールへの無空の返信を参考までにご紹介します。

長くなってますので、何回かに分けてご紹介します。

無空:

こんにちは。

メールありがとうございました。

今回は、ニサルガダッタ・マハラジも大事だといってる「信頼」というポイントがあったので、また長くなってしまいました。

ちょっとまとまってないかもしれませんが、これから整体の予約が入っているので、ここで送信します。

雰囲気を受けとってください。


> まだ、覚者の境地を垣間見るとはいきませんが、体験的な理解は着実に進んでいますね。

⇒その手ごたえ、実感が大切ですね。


> 仕事中はいつもと変わらないのに、終わったとたんに思考停止するのが面白いですね。

⇒必要な時はマインドが起こり、そうでないときは、空の静寂。

かなりいい状態です。

ずっと今にいて、過去を引きずっていないですね。過去は存在しません。


> 昨夜(6/22)は、阿部敏郎さんの「サレンダー」(降伏)という話に感化され、無空さんへのサレンダーについて、取っ組み合いしていました(笑)
>

> 結局、意識がついていけず、覚悟は定まりませんでした。

⇒私も阿部さんのブログを読ませて頂きましたが、とても分りやすいですね。

「サレンダー」に関しては、「そもそも誰に対してさえ100%信頼することなんてできない」というようなことを書かれていましたね。

A.Yさん個人として、私に向き合った場合は100%は無理と言うことですね。

サレンダーしようとしている個人(幻想)がいるうちは、100%にならない、ということです。

また、私は100%信頼できますという個人がいても、覚醒の視点からいくと、その個人自体が幻想で、変化し続ける不確かなものなので、それもやはり真実ではないですね。

メール後の補足:ただ、常時、個人でいるわけではないですから、逆に100%になっている時は、個人が落ちてるという理解も出来ますね。
最初のセッションで空を実感されたときに、「これは疑問をさしはさむ余地はないですねぇ」というようなことをおっしゃていましたが、その時は、その空に対して100%信頼状態ですよね。マインドの入り込む隙がない絶対的な状態です。





今回はセッション10回目を受けられた方からメールを頂きましたので、ご承諾を得て、参考までにご紹介いたします。
6回に分けてご紹介いたしますが、今回は2回目です。

>前回のメールでも書きましたが、覚醒したら全て解決とかいうわけではありません。

そのとおりです。
昔、私もそう思ってました(笑)。
悟ったら、全て自動的に何でも上手くいくようになると・・・。

でも、個人、マインドが完全に浄化され、純化されるまでは、すぐにそうはいきませんね(笑)。
そして、何がいい、何が悪い、どうなることが上手くいくことなのか、そうでないのか、ということも、すべて個人の視点でしかなく、それぞれ違いますからね。

その個人がどんどん浄化されていくに従って、より世界の中に愛が見つけられるようになり、その完璧さが見えるようになってきます。
そして、自分自身の中に、愛や自由、平和、美しさ、真実、幸せを見つけられるようになってきます。

今は、本当の意味で、そのプロセスのスタートラインに立ったという事です。

でも、もう何かを探しにどこかへ行くわけではなく、自分自身で在ること、幸せであること、ゴールに居ること、マイホーム、自分自身の場所、変わらない真実のスペースに在ること、それそのものとして、そこに寛いでいることによる修行ですね。

愛や幸せに焦点を合わせ、より愛を増していく、より幸せを感じていく、楽しい修行です^^。

これは個人を超えて、変わらない真実を見つけたものへのご褒美ですね。