無空庵の個人セッションは、ゼロ(仏教では空)の場による心の浄化法、本当の自分を知る方法、心の平和・愛と幸せ・真我覚醒・真我実現を促す方法です。

●ゼロ意識共鳴で、真我・無限の愛である本当の自分に目覚め、本当の自分を実現する!

真我はただ在る。ただ自分自身(愛)である。シンプルな生き方。シンプルな在り方。
無空庵で「愛」(存在の愛)と「空」、そして「在る」こと(自分自身であること)の素晴らしさを知る。
悟り・覚醒・変わらない愛と幸せ・心の平安を実現!

無空庵では、スカイプで全国の方を対象に、ゼロ意識共鳴個人セッションを行っています。
個人セッションは、ゼロ(仏教では空)の意識の共鳴ワークであり、心の浄化法、本当の自分を知る方法、無限の愛と自由、心の平和、本当の幸せ、真我覚醒、真我実現を促す方法です。

ラマナ・マハルシ、ニサルガダッタ・マハラジ、フーマン、エックハルト・トール、ガンガジ等の言及する「悟り」「覚醒」「真我」「本当の自分」の実現をサポート!メッセージ1 メッセージ2

※多忙のため、セッションに関するお問い合わせの返信には、数日~1週間くらいかかることがあります。また、同様の理由により、読者の方からのご質問にはお答え致しかねます。ブログへのコメントにもお返しできないことが多いと思いますが、あわせてご了承願います。

公開・日々の小さな合同共鳴
※どなたでも、森羅万象あらゆる存在の意識参加自由。
毎日6時、10時、11時、11時40分、13時10分、16時15分、17時、18時、21時 2011・11・3~
(6時以外は、無空庵の基本セッション時間です。)。
各30分(その内何分でも構いません。ただそっと意識を向けてみてください。そして、できる方はご自身の存在感覚、在るという感覚、又は、気づいている意識に気づいていてください。)
※参加された方々の記事。
蓮さん①, wingさん①のびのびさんsatorinさん

公開・週一合同ゼロ意識共鳴
※どなたでも、森羅万象あらゆる存在の意識参加自由。
毎週木曜日21時と21時30分から各30分間。 2011・11・10~
※こちらの記事もご覧ください。合同ゼロ意識共鳴は、集合意識の変容を促す。+感想③
第1回感想①感想②
※参加された方々の記事 しみっちさんWingさん蓮さん




では、今回は、ご承諾を得て、セッション9回目を受けられたの方から頂いたメールとその返信を、参考までにご紹介致します。
11回に分けてお伝えしていきますが、今回は7回目です。


> 以前は覚醒するとマインドもなくなり、全て解決、聖者になる(笑)と思っていました(そのような観念がありました)が、そうではありません。

そのとおりですね。
マインドがすぐなくなるわけでもありませんし、聖者になるわけでもありません。

覚醒したら、みんな聖者になる?

宇宙は、そういう表現、世界の創り方はしないでしょう(笑)。

この世界は、リーラ(神のあそび)とも言われてますから、みんな聖者だと面白くないのでは(笑)。

それにみんな聖者になったら、違いがなくなるので聖者はいなくなるとも言えますね。
(聖者じゃない人がいて、初めて聖者も存在するということ。相対的なことです。先生と生徒、師と弟子、親と子などもみんなそうですね。)

それぞれの役割、役柄があり、個々の表現のレベルでいけば、それぞれ違った表現になるのが自然ですよね。
それが表現、現われの世界です。

ただし、個であるのは、現われのレベルにおいてだけであり(五感、マインド等)、真実は、ただひとつ、全体が在るのみです。

形がなく、ただひとつであるもの、それ自身がすべてであるものが、自らを表現するときには、多様となって現れるということです。

神々の世界、天使の世界などは、みんなそれなりに波動が高く、その違いはより微細になるかもしれませんが、
それでも多様性があります。

そしてまた逆に、違いがあり、多様性があるということは、いくら高い世界とはいえ、それも幻想、物語ということです。

変わらない真実に到達するまでのお話であり、ラマナ・マハルシが言ってるように、限定的な真実、条件付き真実です。
変わらない真実に到達すれば、すべては自分だったと分るわけですね。

形に現れていない、変わらない真実としてはただひとつであり、現れとしては常に多様である、という理解が大切ですね。

覚醒した人を枠にはめたがる、定義したがるのはマインドの性質です(定義自体はひとつの目安にもなるので悪くはありませんが)。
覚醒しても、現れにおいては無限の表現があると理解されていた方がいいですね。
ただ、その人たちは、変わらない真実を知っていて、内面には、平和があり、愛があり、幸せであるということです。

(途中ですが、明日に続きます。)





覚者が言う原初の状態。

私という自覚がまだ形成される前の段階。

そこはまだ何ものでもなく、特定の誰にもなっていない純粋な領域。

限りなく自由な状態。

でも、けっして不安定なものではなく、絶対的に確かなもの。

リアリティ。

広大なる広がり。

無限の可能性に満ちた可能性そのもの。

それが実在。

それはいつもそこにある。

私という自意識が生まれるより少し前に遡ってみよう。

【個人セッションに関してはこちらです。】
【お問い合わせ等はこちらからどうぞ。】

ランキングに参加しています。
よろしければ、クリック応援をお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
精神世界ラ
ンキング 人気ブログランキングへ

関連タグ : 原初の意識, , 覚者, 聖者, 賢者, 見者, 無限の可能性, 実在, 絶対的な存在,