無空庵の個人セッションは、ゼロ(仏教では空)の場による心の浄化法、本当の自分を知る方法、心の平和・愛と幸せ・真我覚醒・真我実現を促す方法です。

●ゼロ意識共鳴で、真我・無限の愛である本当の自分に目覚め、本当の自分を実現する!

真我はただ在る。ただ自分自身(愛)である。シンプルな生き方。シンプルな在り方。
無空庵で「愛」(存在の愛)と「空」、そして「在る」こと(自分自身であること)の素晴らしさを知る。
悟り・覚醒・変わらない愛と幸せ・心の平安を実現!

無空庵では、スカイプで全国の方を対象に、ゼロ意識共鳴個人セッションを行っています。
個人セッションは、ゼロ(仏教では空)の意識の共鳴ワークであり、心の浄化法、本当の自分を知る方法、無限の愛と自由、心の平和、本当の幸せ、真我覚醒、真我実現を促す方法です。

ラマナ・マハルシ、ニサルガダッタ・マハラジ、フーマン、エックハルト・トール、ガンガジ等の言及する「悟り」「覚醒」「真我」「本当の自分」の実現をサポート!メッセージ1 メッセージ2

※多忙のため、セッションに関するお問い合わせの返信には、数日~1週間くらいかかることがあります。また、同様の理由により、読者の方からのご質問にはお答え致しかねます。ブログへのコメントにもお返しできないことが多いと思いますが、あわせてご了承願います。

公開・日々の小さな合同共鳴
※どなたでも、森羅万象あらゆる存在の意識参加自由。
毎日6時、10時、11時、11時40分、13時10分、16時15分、17時、18時、21時 2011・11・3~
(6時以外は、無空庵の基本セッション時間です。)。
各30分(その内何分でも構いません。ただそっと意識を向けてみてください。そして、できる方はご自身の存在感覚、在るという感覚、又は、気づいている意識に気づいていてください。)
※参加された方々の記事。
蓮さん①, wingさん①のびのびさんsatorinさん

公開・週一合同ゼロ意識共鳴
※どなたでも、森羅万象あらゆる存在の意識参加自由。
毎週木曜日21時と21時30分から各30分間。 2011・11・10~
※こちらの記事もご覧ください。合同ゼロ意識共鳴は、集合意識の変容を促す。+感想③
第1回感想①感想②
※参加された方々の記事 しみっちさんWingさん蓮さん




今回は、セッションを受けられているK.Mさんとのメールのやりとりをご紹介いたします。(その1)

K.Mさん

メールありがとうございました。

> 今日、三ヶ月程前に少しだけ話をした人にまた会ったのですが、顔を合わせた瞬間に、
> 「なんかまた雰囲気が変わりましたね。明るくなった。若くなった。」と言われました。
> 話をしてから「明るくなった」と言われたのではなく、顔を見た瞬間に言われたのが、嬉しかったです。
> 「明るくなった」「明るい」などと言われたのは、初めてのような気がします。
> 「在る」効果ですよね。

そうですね。
やはり、存在の根底から変容していますので、その現れの全ての部分に変化は現れてきます。

他の方も、透明感が出てきた、きれいになった、風格が出てきた、品がある、よくほめられるようになった、など。
いろいろ言われていらっしゃいます。

> あっ、そういえば、無料体験セッションの日の数日前には、
> 「K.Mさんは、希望に満ち溢れてる感じがする」とも言われました。
> なんだか、とっても嬉しいですね。

無料体験セッション前からすでに変容は始まってましたからね。
空の中は、いつも無限の可能性、希望に満ち溢れています。
また、空そのものが無限の可能性でもありますね。

...明日に続きます。

【個人セッションに関してはこちらです。】
【お問い合わせ等はこちらからどうぞ。】

ランキングに参加しています。
よろしければ、クリック応援をお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
精神世界ラ
ンキング 人気ブログランキングへ

関連タグ : 意識の変容, 無限の可能性, 空の悟り, 無・意識, 本当の自分, 真我,




今回は、先日、ご紹介させて頂きましたSさんの無料体験セッションの感想に対する無空の返信を、参考までにご紹介致します。
ポイントごとに分けて(17回)ご紹介していますが、今回は17回目です。

> これから3ヶ月の間でどんな風に変わっていくのか楽しみです。

⇒はい、お楽しみに。

絶対なるものは変わりませんが、景色は変わっていきますよ。





では、昨日のayaさんとのメールのやりとりの続きです。(6回目、無空返信分、流れの関係で、一部重複してます。)

ブログにも書いてあるように、空には、無限の価値があり、これ以上素晴らしいものはない、これ以外大切なものはない、と言えるものであると同時に、全く当たり前のもの、普通のものです。

絶対の領域では、他に比べるものがないので、計ることができないわけです。
この世界から見ると、または、この世界に現れたとき、それは自然、普通、当たり前という価値観から、無限に素晴らしいものという領域までのすべてを含んでいるものであると言うことができます。

この世界での経験を通し、空は、己の無限の領域、無限の広がり、無限の深さを知っていく、表現していくとも言えますね。
それに限界はなく、だから、創造も永遠に終わらないんですね。(同時に永遠に終わっているのですが)。

この永遠に終わらないと、永遠に終わっている、が全く同じもの(空)であるということが分りますか?

ayaさんなら、感じとれると思います。

それは、本当は何も起こっていない、すべてはただ起こっている、というのと同じです。

空の中には、完全な静寂と無限の躍動が同時にあります。
あるいは、静寂がその中に、無限の活動を含み、また、活動、動きの中に、静寂、沈黙が含まれている、ということでもありますね。

動中静あり。静中動あり。または、色即是空、空即是色でもあるわけです。

ひとつの中に、相対的にはまったく正反対のものが、矛盾なく同時に存在すること。
そして、その両極の広がりは無限であること。

すでに探求を終え、ただひとつのそれ自身として在り続けることにより、完全に安らぎながら、同時に無限に深め、広めていってる状態ですね。




覚者が言う原初の状態。

私という自覚がまだ形成される前の段階。

そこはまだ何ものでもなく、特定の誰にもなっていない純粋な領域。

限りなく自由な状態。

でも、けっして不安定なものではなく、絶対的に確かなもの。

リアリティ。

広大なる広がり。

無限の可能性に満ちた可能性そのもの。

それが実在。

それはいつもそこにある。

私という自意識が生まれるより少し前に遡ってみよう。

【個人セッションに関してはこちらです。】
【お問い合わせ等はこちらからどうぞ。】

ランキングに参加しています。
よろしければ、クリック応援をお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
精神世界ラ
ンキング 人気ブログランキングへ

関連タグ : 原初の意識, , 覚者, 聖者, 賢者, 見者, 無限の可能性, 実在, 絶対的な存在,




空っぽほど、豊かなものはない。
そこには、無限の自由がある。
そこは、無限の可能性で満ちている。
そこは、形なき愛と幸せでいっぱい。