無空庵の個人セッションは、ゼロ(仏教では空)の場による心の浄化法、本当の自分を知る方法、心の平和・愛と幸せ・真我覚醒・真我実現を促す方法です。

●ゼロ意識共鳴で、真我・無限の愛である本当の自分に目覚め、本当の自分を実現する!

真我はただ在る。ただ自分自身(愛)である。シンプルな生き方。シンプルな在り方。
無空庵で「愛」(存在の愛)と「空」、そして「在る」こと(自分自身であること)の素晴らしさを知る。
悟り・覚醒・変わらない愛と幸せ・心の平安を実現!

無空庵では、スカイプで全国の方を対象に、ゼロ意識共鳴個人セッションを行っています。
個人セッションは、ゼロ(仏教では空)の意識の共鳴ワークであり、心の浄化法、本当の自分を知る方法、無限の愛と自由、心の平和、本当の幸せ、真我覚醒、真我実現を促す方法です。

ラマナ・マハルシ、ニサルガダッタ・マハラジ、フーマン、エックハルト・トール、ガンガジ等の言及する「悟り」「覚醒」「真我」「本当の自分」の実現をサポート!メッセージ1 メッセージ2

※多忙のため、セッションに関するお問い合わせの返信には、数日~1週間くらいかかることがあります。また、同様の理由により、読者の方からのご質問にはお答え致しかねます。ブログへのコメントにもお返しできないことが多いと思いますが、あわせてご了承願います。

公開・日々の小さな合同共鳴
※どなたでも、森羅万象あらゆる存在の意識参加自由。
毎日6時、10時、11時、11時40分、13時10分、16時15分、17時、18時、21時 2011・11・3~
(6時以外は、無空庵の基本セッション時間です。)。
各30分(その内何分でも構いません。ただそっと意識を向けてみてください。そして、できる方はご自身の存在感覚、在るという感覚、又は、気づいている意識に気づいていてください。)
※参加された方々の記事。
蓮さん①, wingさん①のびのびさんsatorinさん

公開・週一合同ゼロ意識共鳴
※どなたでも、森羅万象あらゆる存在の意識参加自由。
毎週木曜日21時と21時30分から各30分間。 2011・11・10~
※こちらの記事もご覧ください。合同ゼロ意識共鳴は、集合意識の変容を促す。+感想③
第1回感想①感想②
※参加された方々の記事 しみっちさんWingさん蓮さん

こちらの記事は、無空庵第二ブログへ移設いたしました。

(場合によっては、移設記事がネット上に反映されるのに少し時間がかかるかもしれません。その際は、ご不便をおかけし申し訳ございませんが、少しお待ちいただきますようよろしくお願いいたします。)

第2ブログ案内1

(上記ご案内はリンクになっておりませんので、お手数をおかけいたしますが、URLを入力、あるいは、「無空庵第二ブログ」等で検索して頂きますようよろしくお願い致します。)

無空庵第二ブログ左サイドバーのカテゴリ■セッション体験談・他のEさんの体験談・他のところ、または、第二ブログ上部の全記事一覧、または、左サイドバー下部の月別アーカイブ等から、2015年12月17日の記事をご覧ください。



今回は、セッションを受けられているSさんから頂いた5回目のセッション後の報告を、ご承諾を得て、ご紹介します。

●5回目のセッション後の報告

仕事の休憩中はほぼ深い安らぎ感に入れるし、仕事中にも何気なく息抜きするとその深い安らぎに入ったりすることがありました。
何かあると波は立つんですが、特別何かなければ安らぎに入れる。
かと思えば一日入れなくなったりという日があったりという状態でした。

宙に浮いて「ある」感じとか、強烈なものではないですが、セッション中に感じた要素が少しずつ日常の中で出てくることがありました。

(無空:セッションを重ねていくと、Sさんのように、日常の中に徐々に、無・空・真我・愛・実在の要素が現れてきます。)

また、いつもは思考が入り、あせったり迷ったりする場面でも、身体に少し緊張の反応が出ても、同時に背後にある無の感じに意識を向けるとそのまま緊張が消え、あまり動じずにとてもいい感じに戻ることができました。

(無空:無は完全な寛ぎ、リラックス状態です。そして、何ものにも動じません。無がどうやったら動じるんでしょう(笑)。)

4回目のセッションで「それ」の「完璧さ」を知り、マインドの抵抗がなければそれが現象としても完璧さを現すことを知ったので、この宇宙に対する信頼のようなものを持ち始めているかもしれません。

(無空:「それ(無・空・真我・愛・実在)」に対する深い理解と受け入れによる絶対的信頼があると、とてつもない安定、落ち着き、穏やかさが生まれます。)

出来事が起きるとマインドに巻き込まれるが、前は気になること心配事があるとそこから何日も離れられなかったりさえない気分が続いたりでしたが、真我を知ってる分、感情がでながらもそれに気付い見てる、という事が出始めました。

これはマインドなんだなぁと、それ以上飲まれずにすむ感じ。

感情が出たときに、不快感があるからどうにかしよう、と格闘してしまうと長引くが、それそのものをほっとくんだ、と思い出すと抜け出ます。

(無空:思考、感情に巻き込まれなくなる、あるいは、長く引きずらなくなると、流れがとてもスムーズになってきます。
愛を感じる瞬間、そこに幸せがあることに気づく瞬間が増えてきます。)




今回は、セッションを受けられているSさんから、感想を頂きましたので、ご承諾を得て、紹介させて頂きます。

こんばんは Sです。

遅くなりましたが、第2回目のセッションの感想です。

1回目のセッションの翌日に屋久島に旅行に行き、帰ってきたその翌日に2回目のセッションでした。

屋久島の感想の話から始まりましたが、屋久島の杉がどんなに大きくとも、自分の方が大きい」、屋久島にいかずともそれはいつでもあることを知ったせいか、屋久島は思っていたほど凄くはなかった(笑)

ただ、原生林は「飲み込まれる」ような感じを受けたし、海は「生きている」と感じました。

そのことを言うと、「自然が一番それが素直に現れているんでね、それを感じやすいし、(ゼロ)意識に入りやすいし」と無空さんに言われて、「ああ、なるほど」と納得しました。
セッションを重ねていくうちにどこでも入れるようにはなるということですので、屋久島にそれほど驚きがなかったのもセッションの翌日だったからかもしれませんね(笑)

また、感情も思考と同じでとらわれないでいればいいという話から、家族との関係の話になりましたが、家族とは一番衝突も大きいことが多いのも「純粋な状態に戻るため」にしてくれていることであり、そう考えると有り難いことだと言う話もしていただきましたが、ゼロ意識を経験したこともあってか素直に納得することが出来ました。

ゼロ意識の体験自体は無限に深くなっていくが、深さを追うとマインドを強めるが、変わらないものはあり、そこにいて、あとは深まっていくことを楽しんでいくというお話しも、さらりと話されましたが大変重要な点なんだろうなと思います。

ゼロ意識共鳴をしていることが宇宙にとってとても大きな影響があることのお話しも、さらりとこれを体験させてもらっているので、意識にとどめて大切にしていきたいと思います。

意識共鳴に意識を向け始めると、今回は宙に浮いているような・・上下とかがなくて、目の前のものも自分も全部 ただある という風に感じられました。

「それそのもの 存在そのものとしての自分を実感する」 「個人がいないとそれ自体が目覚めてくる」と言っていただき、
「ある」・・前回言った「生命」・・どちらでもあるそれを感じていました。

今回は、とても冷静に?「ただただ」「ある」という感じを感じました。

「ある」

「これがひとつなんですね」

「全部が宙に浮いてる 全部あるの中に含まれてる あるの視点からみれば違いがないわけです」
全部 ただある わけですね。へーーーーーー

「これが愛でもあり、存在の愛。ゆえにすべてが愛に満ちているといえるわけです」

「具体的なものはここにおいては何もないですが、無や空と言われているものがあるわけです。」
「実在・存在感覚・リアリティー・生命・・・」

「ここにおいては、何も起こってない 存在のレベルで静か ただこれが永遠にあり 平和 一切矛盾もなく 争いもなく 」

アイコンタクトをすると、今回は
まず胸から熱の感じ、そして「繊細さ」と呼べるものを感じました。

「クリアだからこの繊細で精妙なものも感じれる、
そしてこれが浄化・変容・目覚めを促している
ひとつだからパーフェクトにこれをしている 自分自身を回復させるためにやってる」
身体もこれを反映できるようにバージョンアップしていく」

へーーなるほどでした。説明も的確でまた理解が深まりました。本当に勉強になります。

次にハートの共鳴もしていただきました。
初めはわーーと強烈な広がりの愛だったんですが、その後は凄い静かで暖かいような感じがじーーーとある状態でした。
「その中にいる」ような感じ
溶けるような感じもありました。

「ここにいるとケンカは起きないですね」とおっしゃられましたが、
ケンカなんてまず起きないですね、「起こりようがない」という感じでした。 

その後の状況ですが

執着がだんだん弱くなり始めているようです。
何をしていてもあまりかわらないんだなぁと思うことが増えてきて、「これじゃなきゃだめ!」「こうでないとヤダっ」ということが、「まぁどっちでもいいや、どっちも変わんないや」になっていることが増えてきました。
これを感じていると、ただただ、問題は外にはなくマインドがつくりだしてるだけなんだと、実感されます。

これを「続けよう」としていると、「無気力」「空虚感」が出てきたりすることがありますが、これもマインドだと教えていただいたので、そのようにみると、
マインドは空虚感をつくり、それゆえ空虚ではないようにするために何か取り掛かれる問題を作ってはどうにかしようとするというプロセスのドラマをやはりマインドが作っている・・というようにも思えてきました。

また、仕事中にお客さんと話していて、自分を超えたところに意識を置くと、自ずと調和のとれた話し方になっていたことに気付いた時がありました。


「自分」でいると自分のペースに相手を合わせさせようとしている自分がいました。
逆に相手に合わせようとするのもまたうまくいかないことが多かったと思うのです。
そのどちらでもなく、自分も相手も「同じ私(真我)の現れ」のように感じながら話しているような感じでした。
些細な違いなのですが、それが生む結果は大きく違いが出てくるんだろうなと。

また、「ある」「存在」「生命」という感じは、比較的すぐに感じれるようになってきたように思います。

ありがとうございました。また、明日第3回目のセッションよろしくおねがいします。




今回は、先日、ご紹介させて頂きましたSさんの無料体験セッションの感想に対する無空の返信を、参考までにご紹介致します。
ポイントごとに分けて(17回)ご紹介していますが、今回は14回目です。

> 無空さんのブログを読んでみて「リラックスしてなんとなく向ける」とあったので、それをすると一番感じを取り戻せるように思います。

⇒それ自身はいつもそこに在りますからね。

一度、体験してますし、静かにするだけで、感じやすくなると思いますよ。(探そうとしないことですね。)

探そうとしなくても、在りますから。

ある意味、全宇宙、全次元に遍在しているので、「探す」という言葉自体が合いません。

それはどこにでも在ります。

在りすぎて、逆に皆さん、見つけられません(笑)。

分る人にとっては、圧倒的、絶対的に在ります。(在り方は、自然で奥ゆかしくもありますが(笑)。)



今回は、先日、ご紹介させて頂きましたSさんの無料体験セッションの感想に対する無空の返信を、参考までにご紹介致します。
ポイントごとに分けて(17回)ご紹介していますが、今回は11回目です。

> マインド側の自分としては「すごく特別な体験ができて感動したい」はずなのに、なにしろそこですべてが完結してしまっていて、ただあって、ただそうで、「はい以上、終わり」って具合なもんだから、逆に涙も出ません(笑)。

>ただ「ああ‥そうか‥。」なのでした。
> 泣く意味がないというか、マインド側の自分(だと思っていたもの)に意味や価値を感じないのです。

⇒マインドを超えたところに在ると、マインドでつけていた意味や価値を感じることはありません。(記憶や習慣は残るので、普通に生活できますが(笑)。)

そのため、そこでは一切の問題が、一瞬にして消えていきます。
問題は全てマインドの中にあります。

また、その視点から見れば、すべては同等です。
違いがありません。
相対的な価値はありませんが、普遍的、絶対的な価値がそこにはあります。

それは、「在る」という価値です。

そして、それは、「変わらない愛」でもあります。