無空庵の個人セッションは、ゼロ(仏教では空)の場による心の浄化法、本当の自分を知る方法、心の平和・愛と幸せ・真我覚醒・真我実現を促す方法です。

●ゼロ意識共鳴で、真我・無限の愛である本当の自分に目覚め、本当の自分を実現する!

真我はただ在る。ただ自分自身(愛)である。シンプルな生き方。シンプルな在り方。
無空庵で「愛」(存在の愛)と「空」、そして「在る」こと(自分自身であること)の素晴らしさを知る。
悟り・覚醒・変わらない愛と幸せ・心の平安を実現!

無空庵では、スカイプで全国の方を対象に、ゼロ意識共鳴個人セッションを行っています。
個人セッションは、ゼロ(仏教では空)の意識の共鳴ワークであり、心の浄化法、本当の自分を知る方法、無限の愛と自由、心の平和、本当の幸せ、真我覚醒、真我実現を促す方法です。

ラマナ・マハルシ、ニサルガダッタ・マハラジ、フーマン、エックハルト・トール、ガンガジ等の言及する「悟り」「覚醒」「真我」「本当の自分」の実現をサポート!メッセージ1 メッセージ2

※多忙のため、セッションに関するお問い合わせの返信には、数日~1週間くらいかかることがあります。また、同様の理由により、読者の方からのご質問にはお答え致しかねます。ブログへのコメントにもお返しできないことが多いと思いますが、あわせてご了承願います。

公開・日々の小さな合同共鳴
※どなたでも、森羅万象あらゆる存在の意識参加自由。
毎日6時、10時、11時、11時40分、13時10分、16時15分、17時、18時、21時 2011・11・3~
(6時以外は、無空庵の基本セッション時間です。)。
各30分(その内何分でも構いません。ただそっと意識を向けてみてください。そして、できる方はご自身の存在感覚、在るという感覚、又は、気づいている意識に気づいていてください。)
※参加された方々の記事。
蓮さん①, wingさん①のびのびさんsatorinさん

公開・週一合同ゼロ意識共鳴
※どなたでも、森羅万象あらゆる存在の意識参加自由。
毎週木曜日21時と21時30分から各30分間。 2011・11・10~
※こちらの記事もご覧ください。合同ゼロ意識共鳴は、集合意識の変容を促す。+感想③
第1回感想①感想②
※参加された方々の記事 しみっちさんWingさん蓮さん




今回は、セッションを受けられているS.Kさんから3回目のセッションの感想とその後の報告のメールを頂きましたので、ご本人のご承諾を得て、ご紹介させて頂きます。

無空さま

7月30日(金)のセッション、ありがとうございました。

大変遅くなりましたが、7月23日(金)のセッションの感想と、
その後の報告をさせていただきます(^-^)

7月30日(金)分はすみませんが、別途メール致します。

◎感想◎
無空さんと意識を合わせていると、前回(7月16日)よりも穏やかで落ち着いた感じになり、「在る」感じになりました。

ワクワクして楽しいけど、落ち着いていて、
本来の感じがして懐かしいのに、やっと出会えたような嬉しさがあったりして、
矛盾した感じがありました。

少しすると前回と同様にめまいがして、次元が一瞬、変わったような感じがしました。

気を取り直して無空さん(パソコンの画面)を見たら、
周りの空気?に重量感というか質感というか、しっかりした感じがしました。

在るのに無いとか、無いのに在るとか、初めての感覚なのに懐かしいとか、
自分の中で矛盾したものが同時に存在していて、不思議で仕方がなかったのですが、
どうも違う感じがしてきました。

アイコンタクトをしたとき、何かが合致したような感覚になりました。

頭で理解しようとしたら、マインドが働くのか、言葉では制約されるのか、
表現しようとすると、矛盾していると思っていましたが、

ただ意識を合わせると、
今まで矛盾していたと思っていたものは、実は矛盾していなくて、
それは同時に存在するもので、
決して切り離せなくて、お互いに調和しているものだと感じました。

矛盾している感じや分離している感じがだんだん無くなってきて、
全部は「ひとつ」なんだなぁと、漠然と思っていました。

すると、自分の身体が溶けて、目の前にあるパソコンと融合した感じになりました。

「???」と思っていたら、

身体がどんどん床や机や椅子や部屋や、いろんなものに融合していって、

他のものも、他のものと融合し始めました。

全部がひとつになって、ひとつのものを形成していました。


私は私、パソコンはパソコン、机は机で、椅子は椅子だという風に、
さっきまで、それぞれが個々で存在していたのに、

名前は便宜上、個々に付けられて、あたかも個々に存在しているかのようだけど、
私はパソコンの一部であり、パソコンの全部であり、
私は机の一部でもあって全部でもあって、
私もパソコンも机も椅子もそれぞれが一部であって全部であって、

人間も動物も植物も、上下も左右もなくて、
物質全部が『ひとつ』をつくっているんだと、
全部の個々が全部をつくって、『ひとつ』なんだと感じました。

『ひとつ』なのに、でも私は存在していて、でも、存在しないけど、
それは矛盾していなくて、全てがそうなんだと。

胸を合わせた時、いろんなものが愛おしいと感じました。

全部が全部をつくっていて、そしてどれも自分で、自分でなくて、
しかもそれぞれが完璧で、
この感じがとても懐かしいのに、常に新鮮でフレッシュな感じで、
なんとも不思議でした。

(無空:一部であり、同時に全てである。一であり同時に多である、という在り方が、
真我・本当の自分・空・愛・純粋意識であるただひとつのものの在り方です。
それは一つであるまま多となって現れます。そのどの部分もそれそのものであり、
そのひとつひとつの中にすべてがあります。
一人一人、ひとつひとつの存在が、全体の一部でもあり、他には何も存在しないという
全体、ただひとつの大いなる存在そのものでもあります。

それを実感として知ることで、全ての存在に対して、自然に愛おしいという感覚も起こってきますね。)


◎報告◎

セッション後、1週間の内容を報告させていただきます。

7月23日(金)

セッションが終わった後、目に入ってくるもの全てが生きている感じがしました。
どれもこれもひとつだと思うと、愛おしいと思いました。
優しい気持ちになりました。


7月24日(土)

朝からひどい頭痛で、ずっと寝ていました。
この日は用事があったのですが、キャンセルしました。
体調が悪くなると、精神的にブルーになったり自己嫌悪に陥るのですが、
いつもほどブルーになったり、自己嫌悪になりませんでした。
昨日のセッションの感じを思い出すと、あまり気にならなくなりました。


7月25日(日)

頭痛もマシになったので、心理学講座を受けてきました。
自分が気付かずにしている嫌な発言や行動に気付き、
いつもなら自己嫌悪になるところが、客観的に受け止めることができ、
Sくんに対して聞いてもらうばかりで、
全然理解しようとしていなかったことを改めて反省し、素直に謝ることができました。


7月26日(月)

セッションをしましたが、自分の考えがない分、早くなった気がします。
ただただセッションをさせていただいているという感じで、
勝手に、お任せで、だけど、無責任ではなくて、
すでに知っていることを伝えている感じでした。

(無空:SKさんも個人セッションをされています。セッションの質が変わってきたようですね。)


7月27日(火)
今日もセッションをしましたが、迷いがなくなった気がします。
クライアントさんから色々質問されたら、
以前は自分の感情が反応して、メッセージを伝えた後も「どうかなぁ?」と思うことがありましたが、
メッセージを受け取っても、
そのメッセージを知っていて「うんうん!」と再認識している自分と、
初めて聞いて「なるほど~」と思っている自分がいて、
ちょっとおもしろかったです(笑)


7月28日(水)

電車に乗っていても、人混みがあまり気にならなくなりました。
とにかく穏やかで、気持ちに余裕があって、
特に26(月)~28(水)の3日間は、何があった訳でもなく、ただ幸せでした(^-^*)

(無空:真我・本当の自分・空・純粋意識は、至福意識でもありますので、
それで在ること、ただ自分自身で在ることで幸せです。
幸せの理由を内側にも外側にも探す必要がありません。)


7月29日(木)

物事に対して、迷うことが減ったような、選択することが減ったような気がします。
あまり考えなくなったというか、あれこれ思い悩むことが減ったような。
意思がなくなった訳ではありませんが、自然と選んでいる感じがします。

(無空:マインドが静かになってきて、S.Kさんを通して全体に必要なことが
ただ起こっているという感じですね。それは、S.Kさんにも、全体にも幸せを
もたらしてくれるものです。)


7月23日に無空さんのセッションを受けてからの1週間の内容を
報告させていただきました。

私は幼いころから他力本願で、自分から努力したりすることがあまりなくて、
人から羨ましがられたり、他人任せで自分の意思がないようで嫌でしたが、

なんとなくマインドの仕組みが分かってきて、
『ただ起こっている』ことに委ねたり任せたりすることは、
とってもラクだし、自然なことだなぁと思いました(^-^*)

(無空:幼い頃からの自分の感覚が正しかったことが分ってよかったですね。
小さい頃から、個人的なマインドよりも、大いなる存在、大いなる全てが、S.Kさんを通して働いていたんですね。(大いなる全ての働き方、起こり方は人それぞれです。個人を通して、外から見ると自力で努力しているように見える起こり方もあります。努力が自然に起こってきている、ということですね。)
そして、書かれてあるように、それが分ってくると、よりそれに委ねることができるようになり、また、セッションで体験されたように、個人であると同時に、委ねた大いなる存在そのものとしても在ることができるようになりますね。)


今回もずいぶん長くなりましたが、最後まで読んでいただきありがとうございます(^-^)


S.K

まだ、セッション3回目ですが、素晴らしい体験が続いていますね。
マインドを超えた世界がどのようなものであるのか、真実の視点から見ると世界はどう在るのか、読者の皆さんにもとても参考になるのではないかと思います。

流れが見えるのも参考になると思いますので、前回のセッションの感想の部分も再度、掲載させて頂きます。(一部に無空の補足を加えました。)

◎感想◎
無空さんと意識を合わせていると、前回(7月9日)よりも早く周りの景色が輪郭だけ残って透明になり、
ずっと遠くまで、どこまでも見える感じがしました。

輪郭として見えるものがプラスチックでできているような、
なんだか無意味というか、空虚というか幻想というか、
作られた世界のような、おもちゃの世界のように見えました。

「こんな世界に、今まで価値を持っていたのかなぁ?」と思ったり、
「自分がいる世界はここじゃないかも?」と思ったりしました。

(無空:これはマインドが決め付けていた、あるいは、社会、慣習等によって意味づけされた世界が、マインドが落ちることによって、すべての価値観、良い悪い、何が正しくて何が間違いとか、どれが重要でどれが重要でないとか、何が素晴らしくて何がそうでないとか、そういったものが一切なくなった状態ですね。)

そんなことを考えていると、めまいがして、頭が酔った感じになりました。

次元が一瞬、変わったような感じがして、
気を取り直して無空さん(パソコンの画面)を見たら、
自分の身体の周りが厚いものに覆われた感じになって、
「あれ?」と思っていたら、
自分の周りだけでなくて、全部が、この世界が覆われた感じになって、
それは、覆われていたのではなくて、ずっとそこに在ったもので、
どこにでも在って、絶対的なもので、
空気みたいに、あまりに当たり前過ぎて、
気付かないくらい当たり前に、いつでもどこでもどんな時もあって、
感動している自分と、懐かしいと思っている自分がいました。

アイコンタクトをしたとき、「あ。」と思いました。

微粒子みたいに小さくていっぱいあるような、でも、おっきくてひとつみたいな、
もう言葉で表現できないのですが、
自分の身体も輪郭だけになって、透けたような感じがしました。

ショックでした。

雷にうたれたような衝撃や、感動して胸がいっぱいになると思っていたのですが、
あまりに当たり前に在ったので拍子抜けしました。

ただ在る、ただ物事が起こっているんだなぁと思いました。

おもしろいことがあった訳ではないのに、
何かがスッキリしたような、思わず声を出して笑いそうになりました。

今までの状態に違和感が出てきて、
今のこのアイコンタクトで感じている状態がすごくラクで、
普段、肩や身体に力が入っていたことに気付きました。

肉体があることに窮屈さを感じました。

本当はとっても自由で制限がないことが解りました。

自分がいなくなる不安が浮かびましたが、
ラクな状態が心地良かったので、不思議な感じでした。





今回は、Lさんからセッション(7/2)後に頂いたメールへの無空の返信をご承諾を得て、参考までにご紹介いたします。
4回に分けてご紹介していますが、今回が2回目です。
>
> でもまずは昨夜のことからなのですが、実はまた、何気ない、本当に他の方から見れば、
> 何でそんなことに怒るか?というようなことに、反応してしまいました。 
>
> そして、大いなる存在を感じつつもそれなりの怒りの表現=エゴの反応をとってしまい、
> 文句の殴り書きなどをして残そうとしたのです。 

パターンはすぐに全ては落ちず、ある程度の期間は残りますので、反応は起こってきますね。

> しかし、自分の寝る準備をしている間、本当に短い時間に、
>
> 『それはいくらお芝居とはいえ、あまりに意地悪だ』というように感じ始めたのです。 
>
> そうしたら、一気にそれもそうだ、意地悪だ。 宿敵にも哀れみをではないが、
> もうもっと寛大になるお芝居をしてみてもいいではないか?と、変化しました。 

空なるスペースによる気づきですね。
それがパターンを落としていきます。

これが空の力、純粋な気づきによる変容パワーですね。

> そして、そう、すべて何も本当に起きてはいないのだ。 何もないのだから。 と、ペースがすぐに変わっていきました。

この真実に戻ると、すべての問題は一瞬のうちに解決します。

おっしゃるとおり、本当は何も起こっていないのですから。

> まだ、正確には、少し引っかかりが残っているようなのですが、
> この変化の兆しは、やはりよい方向へ向かっていることの証拠と感じました。 

このような実体験を通して、さらにマインドの変容が進み、空・真我・大いなる存在・愛が確かなものとなっていきます。





今回は、先日から無料体験セッションの感想を送って頂きましたLさんへの無空の返信を分割してご紹介していますが、その3回目です。

前日の記事「無空庵のセッションの特長」も参考にしてください。

>私の状態も的確に お伝え頂き、ああ本当なんだと、体を通しても感じました。 
>今までの瞑想体験の時 に、マインドを静めることはいくらかできていたかと思っていたのですが、
>本当にこの状態が真の大いなる自分の方なのだと的確に指摘頂いた事は初めてでした。

⇒その状態に在る中で、実際に指摘されることによって気づくことが出来ます。

(フーマン「恩寵の扉が開くまで」より:・マスターの役割とは、唯一「これ」がそれだと指摘する事にある、とフーマンは語っています。)

指摘がない場合、ずっと気づかない場合もあり(例えて言えば、東にあるのに、ずっと西を向いていたら、永遠に見つかりません。形がないものなのに、形を求めていてもダメです。それは未知であり、思いや観念で限定していると取り逃がす可能性があります。また、トータルでそれを知ることができないかもしれません。未知に自らを委ね、それに対して開いていることが大切です。)
境地(状態)のみを追い求めてしまう、という可能性があります。 

主体に気づく必要があります。





では、今回は、先日、無料体験セッションの感想を頂いた奈良県のA.Yさんから、3回目(無料体験含む)のセッションの体験と感想を頂きましたので、ご紹介いたします。(ご本人承諾済み)。


今夜は3回目のセッションだ。

1時間あまり、質問や雑談や感想など話し合った。

その後、1時間弱、セッションに入った。

前半は、不動でがっしりどっしりした感じがした。

エネルギーは、やはり強烈だった。

前回を知るだけに、このエネルギーを受けてどうなるかという恐怖はあったが、「どうなってもいい」と思っていた。

「どうなっても大丈夫」とも思っていた。

途中、自分が消えていきそうな感じはあったが、消えるとこまでは行かずに終わった。


何かがまだ、消えるのをブロックしているようにも感じた。

後半は、頭と胸の重たい障害物が感じられ、そしてすっきりとなくなっていった。

上ずるような、上昇するようなエネルギーを感じていた。やはり強烈だ。

すっきりすると、大きな、ゆったりとした、やわらかなものが、まーるく全身を覆っている感じになった。

充実していて、まろやかな感じ。

その悠然とした、そしてすっきりとした心地よさを感じていると、無空さんの回線が切れてストップとなった。

しかし、回線が切れても残念な感じではなく、その充実感に浸りきっていた。

再び回線がつながり、「これでまた、セッション何回分かになりましたね。」と言われ、終了。

直後は、やはり強烈さを感じていたものの、どうにか立ち上がれた。

部屋のなかを歩いて雑用をしていると、すごく充実したエネルギーを感じ、自分がどっしりと大きく、強くなった手ごたえを感じた。

翌朝は、思考が止まっていた。

やはり、充実しながら通勤した。

仕事場では、何人かの人に対して、小さくかわいらしく感じたり、弱くて物足りなく感じたりした。

自分が大きくなったからだろう。

仕事が終わると、また思考が止まった。

今も、思考は止まっている感じだ。

ただ、心のなかではまだ動いているようで、思考が鬱積する感じもある。

深いところまで思考が止まれば、本物の悟りなんだろうなあ、と思う。

前回と今回、これだけ体験が急速に進むと、やはりセッションに賭ける気持も高まる。


いつか、変化がほとんどなくなったとしても、3年間、週2回続けたいと思った。

いや、5年間続けようか、とも思う。

体験を熟成させ、成熟させたい。

それは、地道でゆっくりとした、しかし味わい深い道だろう。

やはり、熟成されたワインになりたいものだ(笑)。あのラマナの、晩年の表情のように。

思考が働かないというのは、自分の欲求がなくなっていく感じだ。

しかし、そのストップのなかで、なんともいえぬ至福を感じるのだ。

幸せを感じるのだ。




A.Y


無空:A.Yさん、体験談と感想をありがとうございました。

今回のセッションまでの状況をお伺いしたら、仕事をしていても、あるいは、いつもより睡眠時間が少なくても、疲れなくなったという事もおっしゃってしました。

エネルギーもかなり上がっていらっしゃるようです。

思考が停止し、今に在るようになると、エネルギーが高まり、以前より疲れにくくなったりします。

若返ったりすることもありますね。

今というのは、時間を超えていて、時間の流れの中にありません。

そして、そこからは無限のエネルギーの供給があります。

それは未知であり、いつも新鮮です。

そしてそれは、無限の可能性そのものであり、計り知れないエネルギーを秘めています。

またそれは、A.Yさんの体験にもあるように、至福そのものでもあります。

非常に堅固なものであると同時に、無限に柔軟であり、ものすごいエネルギーに満ちていながら、とても深い安らぎがそこにはあります。




こちらの記事は、無空庵第二ブログへ移設いたしました。

(場合によっては、移設記事がネット上に反映されるのに少し時間がかかるかもしれません。その際は、ご不便をおかけし申し訳ございませんが、少しお待ちいただきますようよろしくお願いいたします。)

第2ブログ案内1

(上記ご案内はリンクになっておりませんので、お手数をおかけいたしますが、URLを入力、あるいは、「無空庵第2ブログ」等で検索して頂きますようよろしくお願い致します。)

無空庵第二ブログ左サイドバーのカテゴリ■セッション体験談・他のLさんの体験談・他のところ、または、第二ブログ上部の全記事一覧、または、左サイドバー下部の月別アーカイブ等から、2015年11月27日の記事をご覧ください。