無空庵の個人セッションは、ゼロ(仏教では空)の場による心の浄化法、本当の自分を知る方法、心の平和・愛と幸せ・真我覚醒・真我実現を促す方法です。

●ゼロ意識共鳴で、真我・無限の愛である本当の自分に目覚め、本当の自分を実現する!

真我はただ在る。ただ自分自身(愛)である。シンプルな生き方。シンプルな在り方。
無空庵で「愛」(存在の愛)と「空」、そして「在る」こと(自分自身であること)の素晴らしさを知る。
悟り・覚醒・変わらない愛と幸せ・心の平安を実現!

無空庵では、スカイプで全国の方を対象に、ゼロ意識共鳴個人セッションを行っています。
個人セッションは、ゼロ(仏教では空)の意識の共鳴ワークであり、心の浄化法、本当の自分を知る方法、無限の愛と自由、心の平和、本当の幸せ、真我覚醒、真我実現を促す方法です。

ラマナ・マハルシ、ニサルガダッタ・マハラジ、フーマン、エックハルト・トール、ガンガジ等の言及する「悟り」「覚醒」「真我」「本当の自分」の実現をサポート!メッセージ1 メッセージ2

※多忙のため、セッションに関するお問い合わせの返信には、数日~1週間くらいかかることがあります。また、同様の理由により、読者の方からのご質問にはお答え致しかねます。ブログへのコメントにもお返しできないことが多いと思いますが、あわせてご了承願います。

公開・日々の小さな合同共鳴
※どなたでも、森羅万象あらゆる存在の意識参加自由。
毎日6時、10時、11時、11時40分、13時10分、16時15分、17時、18時、21時 2011・11・3~
(6時以外は、無空庵の基本セッション時間です。)。
各30分(その内何分でも構いません。ただそっと意識を向けてみてください。そして、できる方はご自身の存在感覚、在るという感覚、又は、気づいている意識に気づいていてください。)
※参加された方々の記事。
蓮さん①, wingさん①のびのびさんsatorinさん

公開・週一合同ゼロ意識共鳴
※どなたでも、森羅万象あらゆる存在の意識参加自由。
毎週木曜日21時と21時30分から各30分間。 2011・11・10~
※こちらの記事もご覧ください。合同ゼロ意識共鳴は、集合意識の変容を促す。+感想③
第1回感想①感想②
※参加された方々の記事 しみっちさんWingさん蓮さん




今に在るとき、初めて生命が在る。
それはリアリティ。
生命そのもの。
そして、それは純粋な気づき。

本当の自分で在る、自分自身で在るということは、真の寛ぎであると同時に、最も目覚めて生命が在る状態。

今とは、自分自身そのもの。
本当の自分とは、心でも、感情でも、体でもない。
今そのもの。

時間を超えたリアリティ、純粋な気づきが真の自分。

    



>それから、無空さんから前回いただいたメールについては、今後またセッションの時にシェアーさせていただきたいと思いますのでよろしくお願いします。

はい、どうぞ。

>セッション後の経過
>今回はとくに翌日反応もなく順調でした。

もう、大きなものも抜けてるので安定してますね。

>今週は、マインドがグルグルと出る時もありましたが、先週よりも静かで気づいた時に、今ここというか、深い意識に入っていく時が多かったです。

素晴らしいですね。
セッションを重ねていき、日常でも意識して頂くことで、自然にそうなってきます。
でも、完全に自然になるまでは、やはり、意識するということが大事ですね。

>そのときその意識に気づいて眺めている人は?と問い掛けるようにしました。

これが一番大事ですね。
覚醒のためのもっとも直接的な方法です。


外側に向いていた意識を戻し、自分自身に気づくということですね。
今は、その問いかけが効果的に行える段階にきましたね。
ちなみにそれは人ではありません(笑)。





心が止まり、時間が止まったとき、初めて今に在ることができる。

そのとき、本当の意味で寛ぐことができる。

なぜなら、そこがあなたのマイホームだから。
そこがあなたの本来の居場所だから。

今とはあなたそのもの。
あなたがあなたであるとき、初めて真の平安が訪れる。

今の中に、自分自身の中に安らぐことが出来る。




では、今回は、ご承諾を得て、セッション7回目を受けられたの方から頂いたメールとその返信を、参考までにご紹介致します。
6回くらいに分けてお伝えしていきますが、今回は5回目です。

>5月は新緑が美しい季節でもありますから、エックハルク・トールの本にもあった草花・木々を観察して、それらがいかに”大いなる存在”のなかでやすらいでいるか、どれほど深い平和をたたえているか、新緑を心から眺めてみたいと思います。自然の中にある静寂を感じてみたいと思います。

それはすばらしいことですね。
今の意識なら、以前よりもさらに奥深い生命の輝き、存在感、静寂を感じ取ることが出来ると思います。

セッションを受けてる他の方は、見ている草花が自分に迫ってくるようだ、そして、その生命の輝きは、目が痛いほどだと言ってました。




ゴールは今。
それ以外、どこにもない。
今以外、真に存在するものはないから。
過去、未来は心の中にだけある。

始まりは今。
すべてが始まるのは今しかない。
今以外、真に存在するものはないから。

始まりとゴールは同じところに在る。

与えることが、イコール受け取ること。
許すことが、許されること。
感謝することが、感謝されること。
愛することが、同時に愛されることになる。

すべては同時に起こっている。
なぜなら、すべてはひとつであり、在るのは今しかないから。

すべては、ただひとつの真実である今の中で起こっていること。

本当は、そこに行為者はいない。
そこには、すべてを見守る、今そのもの、そして、愛そのものであるあなたがただ在るだけ。

そこはカルマの法則を超えている。
運命を超えている。
時間が存在しない。
永遠の今。

スタートとゴールは、同じ場所に在る。
始まりと終わりは、同じ今の中に在る。

そこは常に始まり、常に終わっている。
そして、始まりと終わりの間、その過程もすべては今の中で展開されている。

あなたは、本当は一歩も動いていない。
ずっと今という同じ場所にいる。
すべては今という舞台の上で、心が動いているだけ。

そして、あなたは心ではない。
あなたは今そのもの。
すべては、今から立ち現れる心、マインドが展開され、創造されている世界。

だから、本当は何も起こっていない。
絶対に安心、安全、大丈夫。
すべては今というスクリーンの上で上映されている映像。

映像がスクリーンを傷つけることは出来ない。
今を壊すことができるものなど、どこにもいない。

すべては今の中で展開されている心の旅。学び。遊び。体験。

今とはまた、愛でもある。

今という愛から始まったものは、愛の中で展開され、愛に帰る。
愛以外何も存在しない。
すべては愛。

どんなに愛から離れてしまったように見えても、それは幻想。
愛そのものであるあなたが、愛から外れることはけっしてない。
同様に他のすべての存在も、愛からはずれることなど絶対に不可能。

そして、本当は誰もいない。

マインドが分離という幻想をつくり、どのように展開しようとも、
愛の法則が働き、すべての壁を溶かし、本当はすべてはひとつであったことを思い出させてくれる。

愛とはまた、ゼロでもあり、完璧なバランス。調和。
プラスにもマイナスにも偏っていない。
心が、誰かが、世界がどちらかに偏ったように見えても、ゼロの法則が働き、すべてをバランスさせ、調和の状態に戻してくれる。

すべてはただひとつのゼロの中で起こっていること。
ゼロは、中心でもあり、無限の広がりでもあり、そしてとても静か。
沈黙、静寂そのもの。
深遠なる奥深きもの。
すべての基盤。源。
ゼロからすべてが始まり、すべてがゼロへと帰っていく。

ゼロには無限の可能性がある。
その表現に限界はない。
+1~-1の間、+100~-100の間、+1,000,000~-1,000,000の間、無限大~無限大まで。
その中で、ゼロは自由に遊び、学び、表現し、戯れる。

でも、それ自体はゼロに留まったまま。
その表現から、一切の影響を受けない。
絶対安心、絶対安全の領域。

真実はゼロしかないから。
ゼロがゼロに影響を受けることはない。

ただ自分自身の中で、そのゆらぎを楽しむだけ。
ゼロが心の中で自分自身を分割し、色々な角度から自分自身を見ていただけ。

でも、本当は、ゼロを分割することは不可能。
愛も同じ、今も同じ、それを分けることは不可能。
ゼロは、愛は、今は、そこからすべてのものが立ち現れるただひとつのもの。

ゼロからの現れの個として体験、
ゼロからの現れの頂点に立つ創造主として体験、
そして、ゼロそのもの、すべてを支え、すべてを見守り、すべてを育むものであると同時に、それ以外何も存在しない、誰もいないという体験者なき体験。

どの立場を楽しむのも自由。
すべては同じ。
それは愛の視点。ゼロの視点。

分けるのは、マインド。
さらにそこに判断を加えるのが、エゴ。

愛の視点から見れば、すべては同じ。
真実はひとつ。

ゼロとは、愛であり、そして、今そのもの。
それがすべてであり、それが本当のあなた。




では、今回は、ご承諾を得て、セッション7回目を受けられたの方から頂いたメールとその返信を、参考までにご紹介致します。
6回くらいに分けてお伝えしていきますが、今回は4回目です。

>今回は、アイコンタクトをしていない時にも、深い意識に何度も入っていきましたね。

7回目のセッションですから、共鳴もかなりよくなってきましたね。

>この体験が日常の生活の中でも、時にひとりでに深い意識に入っていけるといいなぁーと思いました。

徐々にそうなっていきますので、お楽しみに^^

>あと先週ハートが開き始めたと思われる出来事をお話させていただきましたね。
>少しづつでもハートが開いていくといいですね。

これもセッションを重ねるに従って、どんどん開いていくと思います。
これまた、お楽しみに^^

大きな浄化のときはちょっと大変だったかもしれませんが、そこを超えると、あとは、愛と平和、自由と幸せの拡大、深まりのプロセスに入っていきますね。






覚者が言う原初の状態。

私という自覚がまだ形成される前の段階。

そこはまだ何ものでもなく、特定の誰にもなっていない純粋な領域。

限りなく自由な状態。

でも、けっして不安定なものではなく、絶対的に確かなもの。

リアリティ。

広大なる広がり。

無限の可能性に満ちた可能性そのもの。

それが実在。

それはいつもそこにある。

私という自意識が生まれるより少し前に遡ってみよう。

【個人セッションに関してはこちらです。】
【お問い合わせ等はこちらからどうぞ。】

ランキングに参加しています。
よろしければ、クリック応援をお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
精神世界ラ
ンキング 人気ブログランキングへ

関連タグ : 原初の意識, , 覚者, 聖者, 賢者, 見者, 無限の可能性, 実在, 絶対的な存在,




ラマナ・マハルシ 「あるがままに」より

グル(師)が沈黙していれば、弟子の心は自動的に浄化される。

無空:ゼロ(空)の意識共鳴により、心、マインドが浄化されていきます。
沈黙、ゼロ、静寂には、マインドを浄化する力があります。

沈黙はいたるところにあります。
自然はいつも沈黙しています。
日常の中にある沈黙に意識をあわせてみるのもいいですね。

そして、できる方は、意識そのもの、気づきそのものに焦点を合わせてください。
それは、絶対的に沈黙しています。