無空庵の個人セッションは、ゼロ(仏教では空)の場による心の浄化法、本当の自分を知る方法、心の平和・愛と幸せ・真我覚醒・真我実現を促す方法です。

●ゼロ意識共鳴で、真我・無限の愛である本当の自分に目覚め、本当の自分を実現する!

真我はただ在る。ただ自分自身(愛)である。シンプルな生き方。シンプルな在り方。
無空庵で「愛」(存在の愛)と「空」、そして「在る」こと(自分自身であること)の素晴らしさを知る。
悟り・覚醒・変わらない愛と幸せ・心の平安を実現!

無空庵では、スカイプで全国の方を対象に、ゼロ意識共鳴個人セッションを行っています。
個人セッションは、ゼロ(仏教では空)の意識の共鳴ワークであり、心の浄化法、本当の自分を知る方法、無限の愛と自由、心の平和、本当の幸せ、真我覚醒、真我実現を促す方法です。

ラマナ・マハルシ、ニサルガダッタ・マハラジ、フーマン、エックハルト・トール、ガンガジ等の言及する「悟り」「覚醒」「真我」「本当の自分」の実現をサポート!メッセージ1 メッセージ2

※多忙のため、セッションに関するお問い合わせの返信には、数日~1週間くらいかかることがあります。また、同様の理由により、読者の方からのご質問にはお答え致しかねます。ブログへのコメントにもお返しできないことが多いと思いますが、あわせてご了承願います。

公開・日々の小さな合同共鳴
※どなたでも、森羅万象あらゆる存在の意識参加自由。
毎日6時、10時、11時、11時40分、13時10分、16時15分、17時、18時、21時 2011・11・3~
(6時以外は、無空庵の基本セッション時間です。)。
各30分(その内何分でも構いません。ただそっと意識を向けてみてください。そして、できる方はご自身の存在感覚、在るという感覚、又は、気づいている意識に気づいていてください。)
※参加された方々の記事。
蓮さん①, wingさん①のびのびさんsatorinさん

公開・週一合同ゼロ意識共鳴
※どなたでも、森羅万象あらゆる存在の意識参加自由。
毎週木曜日21時と21時30分から各30分間。 2011・11・10~
※こちらの記事もご覧ください。合同ゼロ意識共鳴は、集合意識の変容を促す。+感想③
第1回感想①感想②
※参加された方々の記事 しみっちさんWingさん蓮さん

こちらの記事は、無空庵第二ブログへ移設いたしました。

(場合によっては、移設記事がネット上に反映されるのに少し時間がかかるかもしれません。その際は、ご不便をおかけし申し訳ございませんが、少しお待ちいただきますようよろしくお願いいたします。)

第2ブログ案内1

(上記ご案内はリンクになっておりませんので、お手数をおかけいたしますが、URLを入力、あるいは、「無空庵第2ブログ」等で検索して頂きますようよろしくお願い致します。)

無空庵第二ブログ左サイドバーのカテゴリ■セッション体験談・他のMさんの体験談・他のところ、または、第二ブログ上部の全記事一覧、または、左サイドバー下部の月別アーカイブ等から、2015年12月5日の記事をご覧ください。

りすの癒し



では、今回は、無空庵で伝えている空(ゼロ)、そして、セッションで起こっているゼロ共鳴に関して理解を深めていただく為に、昨日に引き続き、人気のホ・オポノポノの本から見ていきたいと思います。

「あなたを成功と富と健康に導く ハワイの秘法」からの抜粋させて頂き、コメントを加えていきたいと思います。

●ゼロからのサインを、もしも言葉に置き換えるとすれば、それは「love」だ。だから、「I love you」をノンストップで唱えれば、受信できる。

無空:
ゼロ=loveというのは、こちらの記事などにもありますね。
ゼロの場とは、個人を超えて、すべての存在が一つになっている場です。
そこはまた、存在の愛の場でもあり、「愛してる」と唱えることで、そこからのサインを受信できる、そこと繋がれるということですね。

何に意識を向けいてるか、どこに焦点を当てているかがとても大事です。

できる方は、個人を超えたゼロ(愛・本当の自分)で在ること。
それがなかなかまだ難しいという方は、愛や感謝を心の中で唱えたり、言葉に出したりするというのが有効ですね。
そうする事で、意識が他のものに向いてしまうのを防ぐことができ、ゼロ(愛・本当の自分)と繋がっていることができます。

そして、最終的には、自分自身が唱えていた愛そのもの・ゼロとひとつになっていくことです。
無空庵では、そのお手伝いをしています。




●空と海

空の青は透明で澄んでいて、海の青はどこまでも深い。

●ご飯

今日もご飯がおいしい。
幸せ。
当たり前に食事を頂けることに感謝。

●空っぽ

心を空っぽにすれば、あなたは無限の可能性で満たされる。

●抗菌・除菌

抗菌・除菌と、ちょっと行き過ぎのような気も。
でも、心の完全浄化はお勧めです。

●最後に残るのは

最後に残るのは、いつも愛。
なぜなら、本当は愛しかないから。
存在しているのは、愛だけ。
だから、いつも愛がいっぱい。幸せがいっぱい。

花と小鳥たち

青という真実
深い青の癒し

自分が自分に気づくときの距離はどのくらいあると思いますか?

自分から自分への距離は0(ゼロ)です。
あなたがゼロの場を自覚できた時、あなたには、本当の自分についての気づきが訪れるでしょう。

本当のあなたであるゼロ(愛・空)なる存在が、気づいていない状態、忘れている状態から、自分自身に気づく、また、さらに、より深く気づいていく、という過程、プロセスがあります。

このプロセス、時間をつくるのが、ゼロから生まれ、ゼロに備わっているマインドの作用です。
この作用から、個人、様々な存在、宇宙が生まれ、その中で物語、ドラマが展開していきます。
多くのことが起こり、たくさんの体験をしていきます。

でも、それは架空のものだということが分りますか?
自分から自分への距離はゼロであり、そのゼロという架空の時間・空間の中で、起こっていることなのです。

そして、その架空の出来事をつくっているマインドが一時的でも完全に落ちたときに、あるいはマインドを超えたときに、「実は何も起きていなった」ということが実感として分ります。

目の前の現象は続いています。
でも、それは強い力を持たず、内側には、何も起きていない、という圧倒的な実感があります。

それを知り、深く理解していくと、物事を軽く受け止められるようになっていきます。
それは変わらない真実ではなく、ただ、(宇宙的)マインドの作用として起きているだけなので。

逆に、いろんな物事、出来事、人間関係、それらをあるがままに楽しむことができるようになります。
全てを慈しむことができるようにもなります。
すべては自分自身が様々な姿で現れているものなので。

他者は存在しない。
それが、古代から真実を知り、真実を実現した人たちが言っていることです。

何も起きていない、というところに意識を向けると、騒がしかった心は静かになっていきませんか?

全ては自分なので、絶対に安全なのです。

自分が存在するすべてなんです。

何者も本当のあなたを傷つけることは出来ません。


個であると思っているマインドは傷つくことがあるかもしれませんが、本当の自分に気づくことができれば、あなたは一度も、苦しんだことも、傷ついたこともなかったことが分るでしょう。

そして、また、何も起こっていない、ということを深く理解し、本当の自分に目覚め、絶対の安心、安全の中にあることを理解したあなたの平和は、周囲にその影響を与えていきます。

静寂のレベル、在る(ゼロ・愛)というレベルから、放たれるあなたの穏やかな愛と平和の波動は、近くにいる大切な人の心を静め、重苦しく抱えていた問題を軽くし、癒していきます。

そして、そればかりではなく、あなたがさらに深く自分自身を理解し、それを受け入れていくようになるたび、その影響はより強くなり、世界へ、そして、宇宙全体、多次元全体へと広がり、愛と平和をもたらしていきます。

周囲が平和になっていくとき、あなたの平和、あなたの幸せは増していくばかりです。
そして、すべてが平和になったとき、最高の幸せをこの世界で享受することができます。

完全な調和
本当の自分・欠けることのない完全な存在

では、今回は、無空庵で伝えている空(ゼロ)、そして、セッションで起こっていゼロ共鳴に関して理解を深めていただく為に、昨日に引き続き、人気のホ・オポノポノの本から見ていきたいと思います。

「あなたを成功と富と健康に導く ハワイの秘法」からの抜粋させて頂き、コメントを加えていきたいと思います。

●そこにゼロ・リミッツがある。とにかく、あるのだ。そこでは一切の混乱はない。すべてが透き通っている。

無空:
本当の自分とは、個人を超えています。
本当の自分とは、無であり、空であり、無限の愛、幸せそのものです。
個人はマインドの中にあり、マインドを超えたところに、ゼロ(無・空・愛・本当の自分)が在ります。
理屈、理性を超えて、とにかく在ります。
そこは一元性の場であり、完全な調和が実現されている世界です。
色としてもまだ顕現しておらず、透明で純粋な状態です。

このゼロに触れること、ゼロと共鳴することで、あなたの心・マインドの中にあるあらゆる問題は解消されていきます。
あなた自身の純粋性、調和、透明性を取り戻していきます。
本当の自分の素晴らしさ、美しさを思い出していきます。

一雫

●一雫

一滴の雫の中にも、愛があり、宇宙がある。

●音楽

心地よい音楽がハートに響いてくる。
幸せな時間が流れる。

●洗う

外から帰ったら、手を洗おう。
そして、一緒に心も洗って無になろう。

●自然

自然のあるところに行くと心が静まる。
自然はいつも沈黙の中で教えてくれている。

●始まり

この世界は、愛から生まれた。
あなたが始まった場所も愛。
そして、今でもずっとそこにいる。
一歩もそこから出ていない。
それを思い出せば、あなたはいつでも愛でいっぱい。幸せでいっぱい。

ばら


青という真実
深い青の癒し

「何も起こっていない」

私が始めてこのフレーズに出会ったのは、「パワーか、フォースか」という本で、

・・・そのエネルギーの「存在」が突然激増するにつれて、普通の知覚では別々に見えていたあらゆる人々や物が、すべてが時間の存在しない宇宙的な「存在」の中に溶けてしまいました。
止まっていた静寂さの中で、「出来事」も「物質」もまったく存在しないことを私は観たのです。
実際にはまったく何も「起こらない」ということです。
なぜなら過去も現在も未来も、知覚の産物に過ぎないことを私は知ったからです。

この文を読んで私の中の真実を知る部分が共鳴しました。
やはりそれが真実だ、と再確認したような感じでした。

少し違いますが似たような表現で、ラムサ「転生の神秘」という本には、

・・・・。ある朝、あなたが目覚め、その窓から見ると、そこには何もないのだ。
神のように力に満ちあふれている。

という表現もとても印象に残っています。

その後も、近年の聖者、ニサルガダッタ・マハラジやラマナ・マハルシの本を読んでも、本当は何も起こっていない、とありました。
フーマンもそうですね。本当は何もない。古くは、お釈迦様が空の教えを説かれています。

では、この空、何も起こっていない、ということを、何度か書いていますが、改めてまた見ていきましょう。
ただ、これはあくまでひとつの見方、表現であり、直線的な時間の流れでしか説明できませんので、参考、または例えというくらいの感覚で読んで頂けるとありがたいです。

究極の真実は、空(無・ゼロ・愛)が存在していて、それが唯一変わらないものだということです。
ただ在るという状態。
存在の愛の状態です。
そして、その他、具体的に現れているものすべては、一時的現象、幻想です。
(この変わらないものと変化し続けるもの、真実と幻想の区別、理解は非常に重要です。)

究極の存在である空(無・愛・本当の自分)が、はじめて自分自身に気づきます。(時間を超えた真実では、常に気づいている、気づき続けているという感じになりますが)。

そして、その気づきが、その自然本性により、さらに自分自身を知りたいと深く深く自分自身の内側へ潜っていく、と言ってもいいですし、あるいは、自分を外側へ投影し、自分に気づき、そしてまた外側へと、どんどん広がっていく、飛び出していく、と言ってもいいですが、それをくり返していきます。

その過程で、ゼロ(無・空)という一なる存在から、相対性、多様性、物理宇宙が生まれていき、様々な物語、ドラマが生まれます。
この地球、みなさんのご家庭、職場、学校、サークルなどでもそうですね。
たくさんのことが現実・現象として起こっていきます。

でも、本当は絶対は、絶対の外に出ることはできません。
それが、唯一の存在ですから。

絶対は絶対であることしかできません。
愛は愛であることしかできません。
それは幸せそのものでもありますが、幸せは幸せであることしかできません。

できるのは、それを一時的に忘れるということくらいです。
本当の自分は何ものであったか、ということを忘れるということですね。

存在は存在しなくなることができません。
それは、時間の流れの外にあるものなので、時間の変化にさらされません。

常に今で、古くなることがありません。
いつも新しく、色あせず、リアルです。

常に変わらずに在るもの、それが究極の真実です。

存在が、絶対が、自分自身を深く知る為、あるいは、表現するため、楽しむため、遊ぶために、その自身の中で揺らいでいるのです。
相互作用しているのです。

すべては自分の中で起こっていることであり、しかも、本当は自分から自分への距離はゼロなので、何も起こっていないのです。
だから、絶対に安心・安全なのです。

問題は何も存在せず、すべての存在がすでに救われています。


②に続きます。


りすも瞑想中。無の境地。

では、今回は、無空庵で伝えている空(ゼロ)、そして、セッションで起こっているゼロ共鳴に関して、理解を深めていただく為に、昨日に引き続き、人気のホ・オポノポノの本から見ていきたいと思います。

「あなたを成功と富と健康に導く ハワイの秘法」からの抜粋させて頂き、コメントを加えていきたいと思います。

●考えることは考えないことほど重要ではない

無空:
シンプルですが、とても深い言葉ですね。
より大事なのは、考えないこと。ゼロ(空・愛・本当の自分)である事ですね。

考えはそこ(ゼロ)から起こってきます。
そこはインスピレーションの源です。
考えに考え抜いて、最後にすべてを手放して、答えがゼロからやってきたりする場合もありますね。

また、何か具体的な結果を出す必要があるときなどは、もちろんマインドを使う必要がありますが、具体的とは、とても限定された状態でもあります。
考えない時、ゼロであるときは、まったく限定のない状態。無限に豊かな状態です。

はじめは、ただ静かな無かもしれませんが、心が浄化され、ハートが開いてくると、無・ゼロ・考えが浮かんできていないときの豊かさに気づく事が出来るようになってきます。
その深みを捉えることが出来るようになってきます。

ゼロとはまた、愛そのものでもあります。
わたしたちが普段感じる愛情というのは、感情がゼロ(無・空)に触れた時に起こるものとも言えるかもしれまえせん。

非常に凝縮された愛の状態、変わらない愛、無限の愛の状態です。
すべてを支え、すべてに浸透して、すべてを包んでいる愛です。

愛であるとき、私たちは幸せです。
幸せな時、愛を感じている時はあれこれ考たりしてません。


一日の中で、ゼロの時間、考えない時間をたくさん持てるようになると、その分、幸せも増してきます。

また、ゼロ(愛・本当の自分)に戻るのが、ほんのわずかな時間でも、そのパワーは無限ですので、一日の中に大きな影響を及ぼしていきます。
そこはすべての源ですので、具体的な世界をより豊かなものにしてくれます。

具体的で限定されたものを無限がいつも支えている状態ですね。
変わらぬ愛と幸せ、豊かさがいつも、そして何をしていても在る状態です。

そんな状態に興味がある方、目指したい方を無空庵ではサポートしています。