T.Sさん体験談・他

ここでは、「T.Sさん体験談・他」 に関する記事を紹介しています。

●ゼロ意識共鳴で、真我・無限の愛である本当の自分に目覚め、本当の自分を実現する!

真我はただ在る。ただ自分自身(愛)である。シンプルな生き方。シンプルな在り方。
無空庵で「愛」(存在の愛)と「空」、そして「在る」こと(自分自身であること)の素晴らしさを知る。
悟り・覚醒・変わらない愛と幸せ・心の平安を実現!

無空庵では、スカイプで全国の方を対象に、ゼロ意識共鳴個人セッションを行っています。
個人セッションは、ゼロ(仏教では空)の意識の共鳴ワークであり、心の浄化法、本当の自分を知る方法、無限の愛と自由、心の平和、本当の幸せ、真我覚醒、真我実現を促す方法です。

ラマナ・マハルシ、ニサルガダッタ・マハラジ、フーマン、エックハルト・トール、ガンガジ等の言及する「悟り」「覚醒」「真我」「本当の自分」の実現をサポート!メッセージ1 メッセージ2

※多忙のため、セッションに関するお問い合わせの返信には、数日~1週間くらいかかることがあります。また、同様の理由により、読者の方からのご質問にはお答え致しかねます。ブログへのコメントにもお返しできないことが多いと思いますが、あわせてご了承願います。

公開・日々の小さな合同共鳴
※どなたでも、森羅万象あらゆる存在の意識参加自由。
毎日6時、10時、11時、11時40分、13時10分、16時15分、17時、18時、21時 2011・11・3~
(6時以外は、無空庵の基本セッション時間です。)。
各30分(その内何分でも構いません。ただそっと意識を向けてみてください。そして、できる方はご自身の存在感覚、在るという感覚、又は、気づいている意識に気づいていてください。)
※参加された方々の記事。
蓮さん①, wingさん①のびのびさんsatorinさん

公開・週一合同ゼロ意識共鳴
※どなたでも、森羅万象あらゆる存在の意識参加自由。
毎週木曜日21時と21時30分から各30分間。 2011・11・10~
※こちらの記事もご覧ください。合同ゼロ意識共鳴は、集合意識の変容を促す。+感想③
第1回感想①感想②
※参加された方々の記事 しみっちさんWingさん蓮さん

こちらの記事は、無空庵第二ブログへ移設いたしました。

(場合によっては、移設記事がネット上に反映されるのに少し時間がかかるかもしれません。その際は、ご不便をおかけし申し訳ございませんが、少しお待ちいただきますようよろしくお願いいたします。)

第2ブログ案内1

(上記ご案内はリンクになっておりませんので、お手数をおかけいたしますが、URLを入力、あるいは、「無空庵第二ブログ」等で検索して頂きますようよろしくお願い致します。)

無空庵第二ブログ左サイドバーのカテゴリ■セッション体験談・他のT.Sさんの体験談・他のところ、または、第二ブログ上部の全記事一覧、または、左サイドバー下部の月別アーカイブ等から、2016年1月7日の記事をご覧ください。

【個人セッションに関してはこちらです。】
【お問い合わせ等はこちらからどうぞ。】

ランキングに参加しています。
よろしければ、クリック応援をお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
精神世界ラ
ンキング 人気ブログランキングへ
今回は、セッションを受けられているT.Sさんから頂いたメールと無空の返信を、参考までにご紹介させて頂きます。

T.Sさん

感想ありがとうございました。


> 無空さん こんばんは。先週もありがとうございました。以下感想です。
>
> 共鳴中に味わう柔らかさが一層ましていました。

無限の更新が続いていますね。

> 同時に喜びも一段と高まっていました。
>
> この両者の調和が見事でした。

全体性の視点ですね。

> 柔らかさと喜びの間には区切りを示すラインはなく
>
> 渾然一体となっていまして、この状態の中に想念が浮かぶスペースも無く
>
> 非常に静寂でした。たまらなく静寂が美しいものでした。

とても伝わってきます。

素晴らしく深くクリアに感じとられていますね。
>
>
>
> 日常では真我と活動が切り離されている感覚が増えています。
>
> 人と話たり、何処かへ出かけたり、何かを見聞きしたり、それら活動の領域では
>
> 以前より十全に対象に集中しています。
>
> 日増しに心は活動、現れの世界を余すことなく経験する幅が増えているようです。
>
> 知覚能力が大きく深くなっているとも言えるかもしれません。
>
> けれども、今もそうですが、この活発な生命の領域から影響を受けていないといえる
>
> 静寂な質が根付いています。
>
> 切り離されているようです。静寂と活動が。
>
> しかし両者は溶けきっているようです。
>
> この状態は永遠の真理の書といわれるバガヴァットギータにも
>
> 明確に書かれていて自分の状態の確認にも役立てています。

真理を体現されているということですね。

共鳴では、そのある意味ゴールとも言える状態を無限に深め、無限に更新していきます。

その無限の更新は、不動、不変の真我の未知なる行進でもあります。 

変わらないものが変わらないまま、動かざるものが動かないまま深まり、広がり、

それ自身を絶対安心の中でどこまでも推し進めていきます。

真我の両面、

「在る」(不動・静寂・源)と「なる」(変容・活動・現われ)が、

ひとつのものとしてより溶け合いながら、より自然に、

そして、同時にそれぞれの質がより明確に、より一層生き生きとしていきます。

その悦び、幸せはどこまでも深まり、どこまでも広がっていきます。

それは、すでに満ちているすべてのすべてをさらに満たし、無限の可能性を無限に花開かせていきます。
>
>
> 光が降りそそぐ南の島の浜辺を笑いながら、屈託の無い笑顔で走っていく子供。
>
> それを落ち着いて木陰から暖かく見守る大人。
>
> このような二つの質の違いを同時に味わっている時が日中あります。
>
> 自由闊達。けれども平安。
>
> このバランスは疲労が増しますとアンバランスになります。
>
> このことは皆さんに知ってもらいたいところです。
>
> 活動、休息のバランスが大事ですね。

そうですね。

何事も過ぎるのはよろしくありません。

在ると自然にバランスされますが、それまでの習慣や環境の影響も受けますので、

ほどよく活動し、しっかりと心を体を休めるということも認識されておかれるといいですね。

それが、そのまま真我の静寂と活動の両面をバランスさせ、さらに生き生きとさせていきます。
>
>
>
>
> 有意義な日々をお陰さまで過ごしています。
>
> 以上です。またよろしくお願いします。

こちらこそよろしくお願いします。

ありがとうございました。

無空

【個人セッションに関してはこちらです。】
【お問い合わせ等はこちらからどうぞ。】

ランキングに参加しています。
よろしければ、クリック応援をお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
精神世界ラ
ンキング 人気ブログランキングへ
今回は、セッションを受けられているT.Sさんから頂いたメールと無空の返信を、参考までにご紹介させて頂きます。

T.Sさん

メールありがとうございました。


> 無空さん こんばんは。先週もありがとうございました。
>
> 柔らかな光に包まれた共鳴でした。とてもくつろぎに満ちたひとときでした。
>
> 共鳴前から、くつろぎ、共鳴中はくつろぎの深度が増し、その後もくつろいで過ごしています。
>
> 大きな安らぎとも言えるこのくつろだ状態。とてもいいものです。

そうですね。

在るは、くつろぎそのものでもあります。
>
>
> 今もとてもくつろいだ状態でこのメールを書いています。

はい、とても伝わってきます。
>
> 先日は美女と一対一でランチを一緒にする事がありました。
> (片山さん あたりが喜びそうな話題ですね^^)
>
> きっと以前の私でしたら、食事の味もよく分からず、ちょっと不自然な状態のまま話をし
>
> それでもなんとか笑顔を作り、心の中では早く時間が過ぎないかなぁなんて思ったかもしれません。
>
> しかしまったくもって共鳴のお陰でくつろぎはそのままで自然な時を過ごせました。
>
> 個としての未熟な部分も隠すことなく、居れたのはこのくつろぎの質のお陰でした。

くつろぎさまさまですね^^

それはもうT.Sさんにとっては自然なものとなっていますね。
>
>
> また 仕事中、怒りを爆発させた男性がいました。様々な事象にたいして烈火のごとく怒り出し
>
> 怒髪天を衝くような状況でした。
>
> そして最終的に矛先は私にも向かいました。何故こんなに熱いのにクーラーをつけないのか?と。
>
> ほぼ没論理的理由で感情をあらわにしたのです。
>
> 私は表面では一瞬ゆらっと動きましたが、くつろぎの質は切っても切れないものと
>
> ここでも理解がありました。大丈夫でした。個としての私も彼もこのくつろぎの質で救われました。
>
> その後翌日、恥ずかしそうに来た彼に特別、親しみを抱いたのは言うまでもありません。

起こったことは収まるところに収まっていきますが、何かが起こることにより、深まっていくものがありますね。
>
>
> 以上、真我のくつろぎを脅かす状況にも負けなかった^^事を書きました。日常での真我の定着は
>
> このように大変ありがたいものです。

それは存在全体のベース、あるいは核に在るもので、その恩恵は日常のあらゆるところに及びますね。

怒りが来ても、美女が来ても大丈夫です^^

>
> またよろしくお願いします。

こちらこそよろしくお願いします。

無空


【個人セッションに関してはこちらです。】
【お問い合わせ等はこちらからどうぞ。】

ランキングに参加しています。
よろしければ、クリック応援をお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
精神世界ラ
ンキング 人気ブログランキングへ
今回は、セッションを受けられているT.Sさんから頂いたメールと無空の返信を、参考までにご紹介させて頂きます。

T.Sさん

感想ありがとうございました。

> 無空さん こんばんは。以下 先週の報告です。
>
> 柔らかさから始まり、柔らかさが溢れ、柔らかさが残った共鳴でした。
>
> クリーミー、ホワイティー、ミルキー。そんな形容詞も当てはまるような柔らかさ。
>
> まるでお菓子かスイーツの描写をしているようですが、楽しげな柔らかさが溢れた
>
> 共鳴でした。

この柔かさという質はとても大事ですね。

無空庵の中でも、T.Sさんを筆頭に、柔かさの質が活性化してきています。
>
> 内なる非具象の真我も柔らかく、日常で経験する様々なものも柔らかく感じて
>
> 日々を過ごしています。

非具象も具象もすべては、それですね。

> 触れば堅い電柱もアスファルトも柔らかく感じます。

そうですね。

それは触れる方の在り方次第です。

> ですので、ここで言う柔らかさとは「触覚的」柔らかさとは違うものです。
>
> 幾分、言いかえますと、優しい気持ちでいると何もかもが柔らかく感じるようです。

上に書いたとおりですね。

どう在るかで、感じる世界、体験する世界は変わってきます。

緊張していれば、世界も緊張します。

柔かく在れば、世界もまた柔かくなります。

> くつろいで、平和で、満ちたりていていると、とても大きな生命感が生物、無生物
>
> に関わらず全てに行き渡っているように感じ、この「行き渡っている」が柔らかさです。

そうですね。

そして、その柔かさは愛でもありますね。

> ここにも、そこにも、どこにも。
>
> 胸中から浮かび想念も非常に柔らかです。
>
> どこにもぶつからず、故に早く想念は目的を成就するようです。
>
> それを観察し、知る「私」も柔らかです。
>
> 柔らかな想念。これは優柔不断さとは違うものです。
>
> 優柔不断は心の中で二つ以上の堅い想念がぶつかった結果ですね^^
>
>
> 話が脱線しました。

堅い想念、柔かい想念という識別もいいですね。

不自然な堅さがあるところにはエゴがあり、柔かさがあるところには愛がありますね。
>
> 今、本当に頭の中もクリーミーな感じで気づいたら、共鳴の話から
>
> 大筋でも話が脱線していました。

別の意味で、シフトですね^^
>
> これからコンビニで買った杏仁豆腐を食べますので、あんにんでカンニンしてください、
> なんて浮かんだ想念も柔らかです。

柔かさが行き渡っていますね。

> 以上です。
>
> またどうぞよろしく お願いします。

こちらこそよろしくお願いします。

無空

【個人セッションに関してはこちらです。】
【お問い合わせ等はこちらからどうぞ。】

ランキングに参加しています。
よろしければ、クリック応援をお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
精神世界ラ
ンキング 人気ブログランキングへ
今回は、セッションを受けられているT.Sさんから頂いたメールと無空の返信を、参考までにご紹介させて頂きます。

T.Sさん

メールありがとうございました。


> 無空さん おはようございます。先週もありがとうございました。以下 最近日常で
>
> 感じることを書いてみました。
>
>
> 私はシンプルに全体性であるという感覚が日常で高まっています。

素晴らしいですね。
>
> 私は一つの波であり同時に全体としての海であるという感覚で
>
> 過ごす時間が増えてきています。
>
> 「私や他の人」としての個々の波がありますが、その下ではなんの違いもない海として一つである感じがあります。
>
> 隣の波、少しは離れた波、もっともっと遥か離れた波。現れの世界はこのような様相ですが、
>
> けれどシンプルに全体性であると、日常出会う人が私とまるで違う容姿、そして違う考えや感情を抱いているとしても
>
> 同一の生として同じである事が頭の理解ではなく、生きた現実として分かっていて
>
> 非常に親しみを覚えます。皆形は違えど同じ海水の成分としてあるような感じです。
>
> なんの違いもない、分離していないという感覚です。
>
> 知らない人と会っても、あえて親しくなろうという感覚はどこにもなく、
>
> すでに親しいという感覚があります。親しいという言葉ももしかしたら適切ではないようです。

親しいと同じくらいの位置にあり、これも適切ではないかもしれませんが、

以前、近しいという言葉が起こってきたことはあります。
>
>
> 人だけではなく、妙な事に横断歩道の白線や、電柱にも親しみを感じ見とれてしまう
>
> 時もありますが、このあたりはまた別の機会に書ければと思います。

楽しみにしています。

すべてはそれ(真我・在る)ですから、全体性の感覚、理解が進むと、

すべてに親しみ、近しさ、愛おしさ、一体感などを感じることは

自然なことでもありますね。
>
> 日常、幸せや、静けさ他様々な味わいがありますが、今日は親しみの質について
>
> シンプルに書いてみました。
>
> 以上です。またよろしくお願いします。

こちらこそよろしくお願いします。
ありがとうございました。

無空

【個人セッションに関してはこちらです。】
【お問い合わせ等はこちらからどうぞ。】

ランキングに参加しています。
よろしければ、クリック応援をお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
精神世界ラ
ンキング 人気ブログランキングへ