Rさん体験談・他

ここでは、「Rさん体験談・他」 に関する記事を紹介しています。

●ゼロ意識共鳴で、真我・無限の愛である本当の自分に目覚め、本当の自分を実現する!

真我はただ在る。ただ自分自身(愛)である。シンプルな生き方。シンプルな在り方。
無空庵で「愛」(存在の愛)と「空」、そして「在る」こと(自分自身であること)の素晴らしさを知る。
悟り・覚醒・変わらない愛と幸せ・心の平安を実現!

無空庵では、スカイプで全国の方を対象に、ゼロ意識共鳴個人セッションを行っています。
個人セッションは、ゼロ(仏教では空)の意識の共鳴ワークであり、心の浄化法、本当の自分を知る方法、無限の愛と自由、心の平和、本当の幸せ、真我覚醒、真我実現を促す方法です。

ラマナ・マハルシ、ニサルガダッタ・マハラジ、フーマン、エックハルト・トール、ガンガジ等の言及する「悟り」「覚醒」「真我」「本当の自分」の実現をサポート!メッセージ1 メッセージ2

※多忙のため、セッションに関するお問い合わせの返信には、数日~1週間くらいかかることがあります。また、同様の理由により、読者の方からのご質問にはお答え致しかねます。ブログへのコメントにもお返しできないことが多いと思いますが、あわせてご了承願います。

公開・日々の小さな合同共鳴
※どなたでも、森羅万象あらゆる存在の意識参加自由。
毎日6時、10時、11時、11時40分、13時10分、16時15分、17時、18時、21時 2011・11・3~
(6時以外は、無空庵の基本セッション時間です。)。
各30分(その内何分でも構いません。ただそっと意識を向けてみてください。そして、できる方はご自身の存在感覚、在るという感覚、又は、気づいている意識に気づいていてください。)
※参加された方々の記事。
蓮さん①, wingさん①のびのびさんsatorinさん

公開・週一合同ゼロ意識共鳴
※どなたでも、森羅万象あらゆる存在の意識参加自由。
毎週木曜日21時と21時30分から各30分間。 2011・11・10~
※こちらの記事もご覧ください。合同ゼロ意識共鳴は、集合意識の変容を促す。+感想③
第1回感想①感想②
※参加された方々の記事 しみっちさんWingさん蓮さん

こちらの記事は、無空庵第二ブログへ移設いたしました。

(場合によっては、移設記事がネット上に反映されるのに少し時間がかかるかもしれません。その際は、ご不便をおかけし申し訳ございませんが、少しお待ちいただきますようよろしくお願いいたします。)

第2ブログ案内1

(上記ご案内はリンクになっておりませんので、お手数をおかけいたしますが、URLを入力、あるいは、「無空庵第二ブログ」等で検索して頂きますようよろしくお願い致します。)

無空庵第二ブログ左サイドバーのカテゴリ■セッション体験談・他のRさんの体験談・他のところ、または、第二ブログ上部の全記事一覧、または、左サイドバー下部の月別アーカイブ等から、2016年1月2日の記事をご覧ください。

【個人セッションに関してはこちらです。】
【お問い合わせ等はこちらからどうぞ。】

ランキングに参加しています。
よろしければ、クリック応援をお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
精神世界ラ
ンキング 人気ブログランキングへ
今回は、セッションを受けられているRさんから頂いた感想と無空の返信を、参考までにご紹介させて頂きます。

Rさん

感想ありがとうございました。

> 無空さんへ
>
>
>
> Rです。
>
>
>
>
>
> 45回目のセッション感想です。
>
>
>
>
>
> 【共鳴前のおしゃべり】
>
>
>
> 「私は」とか「私が」とか話し出す時って
>
> 自分のこと、自分が考えていること、自分の過去のことが
>
> 後に続いていきますが、
>
> それが、なんだか無意味に感じるという話をしました。

真の自己、真の「私」、もう少し丁寧に書けば、「私」という認識

が起こる前の純粋な気づき、覚醒そのもの、純粋な主観性、

純粋な存在性である在る・真我を実感、体験を伴って知り、

その体験を重ね、理解が深まってくることにより、全体そのもの、

今そのものでもある在る・真我の方のリアリティ、重要性が自然に増し、

部分的で移ろいやすく、不安定な個人、

今(全体)の上、今(全体)の中を流れていく、記憶等を元に創られ、

それを基盤に生きている個人、

瞬間、瞬間、起こっては消えていく個人の方は、

より軽やかに感じられるようになって来ますね。

様々なことを価値判断し、優劣をつけたり、個人(部分)を

中心にしたマインド物語、マインド劇場をつくっているのは、

すべてに意味をつけたがるマインド(個人)ですから、

(それも、存在の自然なプロセスであり、貴重で素晴らしい体験の

ひとつです。)

マインドに巻き込まれず、真我・在るの立ち位置に在れば、

それが無意味に思われることもありますね。

>
>
>
> 「私」って一体誰のことだろう?と。
>
>
>
> 私は一体、何についての話をしようとしているのだろう、と。
>
>
>
>
>
> 何かを証明したり、認めてもらうためだったり、
>
> 守るために「私は」と言っている気がして、

それが、移ろいやすく、自らが起こっては消えていくものであることを

知っている個人(マインド)の本性から来るものですね。

不確かなものだから、その存在を保とうと、一生懸命証明しようとし、

認めてもらおうと思い、

また、他と比較して、優越感を持ったり、劣等感を持ったり、

誰かを責めたり、自己嫌悪に陥ったりしながら、自らの存在を

確かにあると感じ続け、その存在を継続してあり続けるものと

しておこうとし続けるんですね。
>
>
>
> 実態がないもの、儚いものを
>
> 良くみせようとしたり、守ろうとしたり、
>
> している気がして、なんだか変なことをしているな、と。

目覚めた意識からは、自然にそのように見えますね。

ただ、その前の個人(マインド・「私」)に巻き込まれていたときの

経験があるので、同じように巻き込まれている人のことを

理解できますし、

また、関係性を含む、日常生活、社会生活を送って行く上でも、

それまでの個人としての記憶と個人習慣は有効に働いてくれます。
>
>
>
>
>
> 何も語らず、主張することもなく
>
> 存在そのもので語っている方達を目の当たりにして、
>
>
>
> 「それ」は全てを育んでいて、いつでも学びとることが出来る所にあって、
>
> 静かに、愛や叡智を発しているのですね。

よく感じ取り、よく見えていますね。

同じものを知り、同じ立ち位置に立っているから、「それ」が分かるんですね。

>
>
>
>
>
> 【共鳴】
>
>
>
> スッと入っていき、自然に広がり、
>
> 個人がいなくなっていって、質が増していきました。
>
>
>
> 家で1人で瞑想しているときと、
>
> RGKで共鳴しているときと、
>
> 無空さんと共鳴しているときは、
>
> それぞれで違いはありますが、
>
>
>
> 背景にあるものが同じであることを感じました。

それが、すべてに共通するただひとつの本質です。

けっして分けることのできない、ただひとつの変わらない真実です。

それは、「私」以前、「私」という認識が起こる前、

「私」に先立ち、すべての現れ、すべての認識に先立ち在るもの。

最初に来る認識、あるいは、永遠として在る認識そのもの。

日常生活の中でも、常に背景にあるもの

現われすべての背景にあるもの

あるいは、認識する主体であるそれ自身からもっとも近くに在るもの、

それ自身から距離ゼロ、認識時間ゼロの中にあるもの、

森羅万象・すべてものとして現われもするもの、

すべてのすべて、

それが、真我・在る(全体・純粋意識・無・空)です。

それが、愛です。
>
>
>
>
>
> 前回のセッションの感想は以上です。



ありがとうございました。

無空


【個人セッションに関してはこちらです。】
【お問い合わせ等はこちらからどうぞ。】

ランキングに参加しています。
よろしければ、クリック応援をお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
精神世界ラ
ンキング 人気ブログランキングへ
今回は、セッションを受けられているRさんから頂いた感想と無空の返信を、参考までにご紹介させて頂きます。

Rさん

感想ありがとうございました。

> 無空さんへ
>
>
>
> こんにちは、Rです。
>
>
>
>
>
> 44回目のセッション感想です。
>
>
>
> だいぶ日数が経ちましたが、
> 前回のセッションでは「自分自身が、在るそのもの」というのを
>
> 意識して見てみたり、感じてみたりしていました。

これは、真の自己、本当の自分が在る(真我・愛・全体)であるという
自己理解と受け容れを進め、深めていくという点でとても大事なことですね。
また、真我(真実・全体)を知ってる個人(幻想・部分)から、
個人(幻想・部分)を知っている真我(真実・全体)へと主体をシフトさせる
という点でもとても大事ですね。
>
>
>
> その状態でいるとき、無空さんから
>
> 「意識が自分自身へ(内側へ)向いているんだなということが
>
> こちらからも、わかりましたよ」
>
>
>
> というお返事をいただき、
>
> へぇ~ 無空さんには分かっちゃうんだ~(゜0゜)
>
>
>
> と驚いたのを覚えています。

目を見ると大体分かります。
けっして特別な能力などではありません(笑)
>
>
>
>
>
> そして、先日RGKが行われたのですが
>
> 対面での共鳴をしていたときに、お相手の方が
>
> 目を閉じて共鳴をし始めたので、
>
> 私はその様子を見ながら、引き続き共鳴をしていたのですが、
>
>
>
> お相手の方が、目を開けている時と
>
> 目を閉じている時とでは、
>
> 明らかに何かが違うことが分かりました。
>
>
>
> お相手の方が目を開けている時は、私に向かって
>
> (というか、世界に向かって)
>
> なにかが発信されていくような、広がっていくような
>
> そのようなエネルギー?を感じるのですが、
>
>
>
> 目を閉じて共鳴をされている時は、
>
> 私に向かってくるエネルギーがピタッと止み、
>
> 目の前に誰もいないかのようになるのです。
>
> そして、その方が自分自身に向かって
>
> 意識が向いているんだな、ということが
>
> はっきりとわかったのです。
>
>
>
> もしかして、無空さんが言っていたのは
>
> こういう感じのことなのかな、と思ったのでした。


そうですね。
そして、その感じが分かれば、目を開けながらでも自分自身に
焦点を当てていることは可能です。
外側にも気づいていながら(真我の視点からは、すべてはそれであり、
内も外もないのすが、ここでは便宜上、肉体を基準として外側と表現します。)、
変わらない在る(純粋な気づき、純粋な意識)を自覚していることも
十分に可能です。
無空庵でいう真我実現とは、日常で真我が自然に生きられるように
なった状態をさしています。
日常生活とは、目を開けての生活です。

(日常で、真我が自然に生きられるようになった段階では、
真我が本当の自分であるという自己理解と受け容れが進み、
もはや、それに焦点を当てる、意識的に自覚するという感じではなく、
ただそれであることが自然に実現されている状態、意識せずとも、
心臓が的確に動き続けているように、呼吸が自然に行われているように、
理解の力が自動的に働き、それであることが実現されている状態です。
また、本当の自分に気づくという真我の覚醒から、いわゆる悟後の
修行を経て、そのようになっていきます。前述の真我を知っている
個人から、個人を知っている真我へと主体がシフトしていくということ
もその中に含まれます。)
>
>
> -----------------------
>
>
>
> 最近の近況としては、お仕事で大きな失敗をしてしまい、
>
>
>
> 自分の未熟さや、愚かさに
>
> あらためて気づかされた、という感じでした。
>
>
>
> 大変失礼なことをしてしまったし、
>
> ご迷惑をおかけしてしまったので、
>
>
>
> ただひたすらショックでした。
>
>
>
>
>
> でも、ひたすらショックであるのと同時に
>
> どこか冷静である自分もいました。

在る(真我・愛・全体)ですね。
>
>
>
> 「この方の怒りも、私のショックも、
>
> いつか消え去っていくものだ」というフレーズが頭をよぎったり、
>
>
>
> ショックで悲しいのに、
>
> 穏やかで平和な電車の車内に心が和んでしまったり、
>
>
>
> 障子に映る木々の影や、外の鳥の声に
>
> 平和を感じてしまったりするのです。

変わらない真我は、変化していく現われ(これを現れた真我と見ることも
できます。)に影響を受けることはありません。
それは、平和そのもの、穏やかさそのもの、冷静そのもの、あたたかさ
そのものです。

そして、源である変わらない真我と、その現れが共存するのは自然なことです。
悲しみは、変わらない平和(真我・愛・全体)のひとつのバリエーションです。
ただひとつの源があり、そこから様々な感情、思考、その他森羅万象、
すべての現われが現れていきます。
同じ平和でも、現われであり変化する相対的平和と、源であり変わることのない
絶対的平和があります。
Rさんは、すでに在る(真我・愛・全体)を知っており、Rさんが感じて
いるのは、在る・真我・愛・全体・純粋な意識・純粋な気づき・無・空そのもの
である絶対的な平和の方ですね。
源と現われについての理解、そして、それ(真我・在る・愛・全体)そのもの
であることの実感、体験を重ね、深めていくことにより、自然にトータルな理解
が深まっていき、安定感が増していきます。
普段でも、また、日常的ではない様々な場面でも、自分自身の在り方、態度、
姿勢、言動に対する疑問(これでいいのか)や葛藤などが少なくなっていき、
調和的でバランスがとれ、存在としてよりトータルに自己肯定(これでいい)的で
在れるようになっていきます。
(ここでいう自己肯定の自己とは、源である真我とその現われも含んでいます。)

これでいいのか、から、これでいい、にシフトしていきます。

在る(真我・愛・全体)は、常に、全肯定、絶対肯定、全受容、絶対受容の「これでいい」です。

(ここでも、相対的な「これでいいのか」と「これでいい」、そして、絶対的な「これでいい」が在ります。
現われの世界では、相対的な「これでいいのか」も状況により必要です。
相対的な「これでいいのか」は、絶対的な「これでいい」のひとつのバリエーションです。)
>
>
>
>
>
> そして、世界は
>
>
>
> 美しさ・穏やかさと共に
>
>
>
> 悲しみや悔しさ、稚拙さも
>
>
>
> すべてを包み込んで、
>
>
>
> すべての重みに耐えてくれているんだと
>
>
>
> 気づいてしまうのです。


素晴らしいですね。

気づこうとしてそうなるのではなく、すでにそうであるから、自然に気づいてしまうわけですね。
>
>
>
>
> もし、世界がすべての重みに耐えてくれていなければ、
>
>
>
> 私は押し潰されて、存在出来ていないでしょう。
>
>
>
> もし、世界が悲しみや悔しさ、辛さの存在を許さず、
>
>
>
> 感じることも、味わうことも許してくれていなければ、
>
>
>
> 私は、存在することを許されていないでしょう。
>
>
>
>
>
> 世界は(真我は)、全ての存在を許していて
>
>
>
> その存在すべてに、余すところなく愛を注ぎ込んでくれている。
>
>
>
> それが、どれだけありがたいことか。
>
>
>
>
>
> 私はその時、悲しんでいいのやら喜んでいいのやら、
>
>
>
> わからなくなりました(^0^;)

その立ち位置が真我を知っている個人です。
(本当のRさんは、世界全体として現れている真我の方、
すべての重みに耐え、すべての存在を許し,
すべての存在に愛を注ぎ込んでいる方ですね。)
もちろん、その立ち位置での感じ方を感じることができること、
その立ち位置ではどのように感じるのかということを理解できることは
とても大切です。
そして、主たる在り方、一番核となる在り方として、真我が主体となっている
「個人(幻想・部分・現われ)を知っている真我(真実・全体・源)」として
在れるようになるとさらにいいですね。
トータルな在り方とは、真我が主体となっている在り方が核として在り、
その他すべての在り方、視点を同時に持ち、感じることができ、
理解し、すべてを(絶対的な意味での)肯定、受容、包括できる在り方を
言います。

そして、そのようによりトータルな在り方ができるようになるには、
今回のような一つ一つの立ち位置による体験のすべてがとても大切です。
すべての基盤、核となり、また全体を包括する在る(真我・愛・全体)を知り、
そして、様々な立ち位置においての実体験を重ね、それぞれの立ち位置による
感じ方、見え方を理解していくことにより、存在としてよりトータルに在れるように
なっていきます。
それは、絶対の真我、変わらない真我・愛・全体の成長とも言えます。

源である真我が現われの世界を通してより真我になる。

より自分自身を知っていき、

愛がより愛になり、

全体は全体であることは変わらないまま、さらに全体になっていきます。

少しずつ成長していきましょう。

理解し、肯定し、受容し、包括できる範囲を少しずつ広げ、深めていきましょう。

やがては、その存在のすべてで、宇宙全体、そして、未だ現れていない未知そのもの、
無限の可能性そのもの、そのすべてを包括することができるようになるでしょう。

そしてそのときは、真の自己、本当の自分が、愛そのものであることをより深く、より強く、
より確かに実感、理解できるようになっているでしょう。

愛(全体)は、愛(源と現われ)を通して、愛(全体)をより知っていきます。

> なので、「悲しみの涙」と「喜びの涙」を同時に流しました(笑)

それがすべてである自然であり、全体性ですね。
>
>
>
>
>
> 私は、私自身を許して、
>
>
>
> 未熟な部分はこれから少しずつ成長していくしかないと思って、
>
> 次に進んでいくしか無いわけですが、
>
>
>
> でも、果たしてそれでいいのかわからなくなってしまいました。
>
>
>
>
>
> 私は、こんなにあっさりと
>
> 気分を変えてしまっていいのだろうか?と疑問になりました。

マインドのとまどいですね。
>
>
>
> もっと、人間らしく(長期間?)苦しまなければ
>
> ご迷惑をかけてしまった方に対して失礼な気がして、
>
>
>
> 「あんた、本当に反省しているの?」って
>
>
>
> 思われてしまうのかも(・ω・;)?と思ってしまい、
>
>
>
> せめて、2~3日はこの件で苦しんで、猛烈に反省しているという
>
> 姿勢を、見せなくてはいけない気がしてきました^^;

そのような思いがただ起こってきたということですね。
>
>
>
> (もちろん、誰にも見られていない訳ですが
>
> 見られていないからといって、飄々と生きていていいものなのか?と思ってしまいました。)
>
>
>
>
>
> なので、2~3日は
>
>
>
> 問題をぶり返してまた傷ついてみたり、悔んでみたり、
>
> 色々とやってみたのですが、
>
>
>
> 最終的にお腹が(胃が?)痛くなって来てしまい(^0^;)、
>
> 自分の身体が可哀そうになって来てしまい、
>
>
>
> 自分を責め続けたり、必要以上に責め過ぎたりすると、
>
> やっぱり精神的にも肉体的にも悪いんだな、と思ったので止めました(^^;)

それは体験してはじめて分かること、あるいは、より深く再認識できることで
そのことにより、マインドの成熟と理解もさらに進みますね。

>
>
>
>
>
> 今回の件は、自分のふだんの状態管理が
>
> 不十分だったことも、原因のひとつだなと感じたので、
>
>
>
> いつも、より自然でいられるように、
>
> より愛でいられるように、
>
>
>
> 1日のスケジュールの中に、「瞑想時間」を組み込むことにしました。
>
>
>
>
>
> 前々から、やろうやろうと思いつつ、出来なかったのですが
>
> 今回のことを通して、
>
>
>
> 自分のコンディション(体調だけでなく、意識とか心のコンディション)も
>
> 日頃から整えていく必要があると感じで、
>
>
>
> ようやく、「瞑想時間」を組み込むことに決めました(^^)

それはよいですね。

1日の中のどこかにひとつしっかりした時間があると、1日全体が整っていくのに役立ちます。

そして、それと同時に、あるいはそれ以上に大事なのが、その決まった瞑想時間だけでなく、

一日の中で、いつでも気づいたら在るに戻ること、在るを意識すること、在るそのもので在ることを自覚すること、認識することです。

ついつい瞑想の時間だけ、在るに意識を向けることをONにし、それ以外はOFFにしてしまいがちですが(はじめはそうでなくても、知らず知らずのうちにそうなっていくことがあります。)、認識としては、リラックスしながらも1日中ONのままにしておくこと。もちろん、仕事中は仕事に集中していただいて、1日のうち、起きている間にチャンスがあればいつでも戻るという感じがいいですね。寝るときもすっかり忘れていただいていいです。)

>
>
>
> ----------------------------------
>
>
>
> あと、こっそり書いているFC2ブログについてですが、
>
>
>
> 本当に公開しても、いい代物でしょうか(^0^;)?

はい、こっそり紹介しますので、大丈夫です(笑)
>
>
>
> たまにしか書けませんが、それでも良かったら
>
> 無空さんのリンク集の下の方に、こっそりと貼らせてください(笑)

はい、誰にも気づかれずにこっそりリンクしておきます(笑)
>
>
>
> どうぞよろしくお願いいたしますm( _ _ )m
>
>
>
> 「真我とお友達(・ω・*)♪」
>
>
>
>
>
> それでは、次回のセッションも
>
>
>
> どうぞよろしくお願いいたします^^
>
>
>
>
>
>
>
> R

こちらこそよろしくお願いいたします。

無空

【個人セッションに関してはこちらです。】
【お問い合わせ等はこちらからどうぞ。】

ランキングに参加しています。
よろしければ、クリック応援をお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
精神世界ラ
ンキング 人気ブログランキングへ
今回は、セッションを受けられているRさんから頂いた感想と無空の返信を、参考までにご紹介させて頂きます。

Rさん


感想ありがとうございました。

> 無空さんへ
>
>
>
> Rです。
>
>
>
>
>
> 前回のセッションで印象に残っているのは、
>
>
>
> 「自分自身も在るであると感じますか?」
>
>
>
> という無空さんのご指摘でした。
>
>
>
>
>
> 外側から感じる「在る」は、よく感じ取れるのですが
>
>
>
> そういえば、自分自身そのものが「在る」という感じは
>
>
>
> 意識してみてから「あぁ、在るな」と気づけるもので、
>
>
>
> それだけ、私の(私たちの)意識は
>
>
>
> 外に注意を払うことが普通(習慣)になってるんだなと思いました。

そうですね。
通常は、意識は外側のものに注意が向くのが習慣になっています。
その意識がどこにも向かわず、その場に在り、それ自身に気づいたとき、
それ自身にトータルに気づき、それが腑に落ちたとき、それが覚醒と言ってもいいですね。

Rさんの場合は、すでに、それ自身である「在る」については気づき、知っています。
今回のように、意識してみればいつでも戻れる、それそのもので在れるという状態ですね。

そして、これからは、それそのものに何度も戻り、それそのものである体験を重ね、
個人が主体である視点から、より真我(在る)が主体である視点へとシフトしていける
ようになるといいですね。
(外に注意が向いているときでも大事なのは、その注意を向けている主体が、
個人であるか、真我(在る)であるか、ということです。)
本当の自分は、真我(在る)であるという自己理解(自己認識)と受け入れを深めていきましょう。
個人との統合をさらに進めていきましょう。


> 昨日、都内でHP制作の打ち合わせがあり
>
>
>
> HPの内容を作るにあたって、
>
>
>
> 自分がやりたいことを具現化、文章化する
>
>
>
> お手伝い(セッション)をしてきました。
>
>
>
>
>
>
>
> とりあえず、質問集みたいなものを作って
>
>
>
> 準備はしていたのですが、
>
>
>
> 前日になっても、「本当にこの資料でいいんだろうか(・ω・;)」と不安で
>
>
>
> でもこの質問集を使う以外に方法が見つからず、
>
>
>
> これはもう、心配してもどうしようもない、
>
>
>
> あとは当日のアドリブでセッションするしかないと感じました。
>
>
>
>
>
> 当日の朝、起きてみたら
>
>
>
> 真我が向こうからやって来て、私はやさしさに包まれました。

準備ができると、悟りの方からやってくるという言葉がありますね。
>
>
>
> 出来るだけの準備はしたし、あとは流れに任せようといった心境でした。

必要なときには、自然によい状態になれるようになってきてますね。

そこまで真我に馴染み、真我と親密になれているということでもありますね。

>
>
>
>
>
> 電車に乗っている間も、待ち合わせの喫茶店で待っているときも、
>
>
>
> やさしさに包まれていて、平穏な時間が流れていました。
>
>
>
>
>
> 依頼されたクライアントさんとは、以前も一度打ち合わせをしたことがあり
>
>
>
> お話をしたことがあるのですが、
>
>
>
> 以前は、会話が噛み合わなかったり
>
>
>
> 落ち着きがなさそうだったり、あまり打ち溶けてくれていない印象だったのですが、
>
>
>
> 今回の打ち合わせでは、穏やかで話もよく噛み合うし
>
>
>
> 自分のお仕事を楽しそうにお話されてて、
>
>
>
> 逆に元気をもらいました^^

よかったですね。

どう在るかで、出来事や、そこから感じるものが違ってきますね。

>
>
>
>
>
> 質問集は、結局使う場面がなかったのですが、
>
>
>
> HPの中身はほとんど出来あがったので丸く収まりました(^0^)

丸く収まる体験を重ねていくと、ますます真我への信頼は高まり、よりひとつになっていけますね。
>
>
>
>
>
> 日常の中で、少しずつ変化が出て来ているような気がします。
>
>
>
> 最近の出来事としては、そんな感じです。

とてもよい感じですね。
>
>
>
>
>
> では、また次回のセッションもよろしくお願いします^^

> R

こちらこそよろしくお願いします。
ありがとうございました。

無空




【個人セッションに関してはこちらです。】
【お問い合わせ等はこちらからどうぞ。】

ランキングに参加しています。
よろしければ、クリック応援をお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
精神世界ラ
ンキング 人気ブログランキングへ
今回は、セッションを受けられているRさんから頂いた感想と無空の返信を、参考までにご紹介させて頂きます。

Rさん


感想ありがとうございました。

> 無空さんへ
>
>
>
> Rです。
>
>
>
>
>
> 42回目のセッション感想です。
>
>
>
>
>
> 東京でのRGKの感想も含めて
>
> 無空さんに感想を送ろうかなと思っていましたが、
>
>
>
> 最近はRGKでの感想も
>
> 「・・・(^0^)にこっ」で終わってしまうことが多く(笑)
>
>
>
> 一体どうしたらいいんだろう~(どうにもならないのですが(^0^;))
>
> という感じです。

「・・・(^0^)にこっ」の中にすべてが含まれています。

真実はシンプルで、そして、その中にすべてのよきものを内包しています。

>
>
>
>
>
> マインド的な考え方、書き方になってしまいますが
>
>
>
> 私は一体どこへ向かっているのだろう?という
>
>
>
> ぽわーっとした迷子みたいな感覚です。

在るはどこへも向かいません。

そして、書かれてあるとおり、?は、マインドです。

迷子になるのもマインドです。

在るは、すべてがそれなので、迷子になることはありません。

>
>
>
>
>
> つまり、この共鳴セッションでさえ
>
>
>
> 最初は「こうなりたい、ああなりたい」という想いで、
>
>
>
> それを知るため、その状態になるため、
>
>
>
> 自分が理想とする「ゴール」に辿り着くために
>
>
>
> セッションを申し込むという行動に至り、
>
>
>
> セッションを受けることになったのですが、

はじめはほとんどの方がそうだと思います。
>
>
>
>
>
> ある程度のところまで歩いて、見えて来た風景とは
>
>
>
> ただ「在る」でしかなく、
>
>
>
> 「在る」の様々な側面を味わい、そこに「在る」がたしかにあることを感じ、
>
>
>
> 「在る」と共に(意識的に)あるという
>
>
>
> とてもシンプルな風景が目の前に広がっています。
>
>
>
>
>
> そこには「ゴール」も「目的」もなく、
>
>
>
> 「在るにあるだけ」というシンプルな在り方しか存在していません。


マインドでのゴール、目的設定、達成という直線的時間の流れ、

ある意味、水平的の生き方から、垂直的な生き方・在り方に
(垂直的な深まりと同時に全体への広がりもありますが)

変わっていくのが、真我覚醒・真我実現のための共鳴セッションです。

マインド主体(部分)から、在る(真我・愛・全体)主体へと変わっていくのです。

>
>
>
>
>
> えぇ~? いつのまに、「ゴールを目指す旅」から
>
> 「ただ”在る”を実践していく日々」に変わっちゃったわけ~(゜0゜)?
>
>
>
> 「在るにある」を、ただ淡々とやって行くだけなんて
>
> やってられないわ( ノ゜Д゜)ノ!
>
>
>
> 今私は、色々と混乱しているんですよ、もうっ( ノ゜Д゜)ノ!
>
> というようなことを、
>
>
>
> この後に綴っていこうと思っていたのですが、
>
>
>
> メールを書いていると、
>
> どうしても真我が向こうからやって来て、
>
>
>
> 私を温かく包み込み、
>
> 「全部大丈夫なんだヨー(´▽`*)」という
>
>
>
> 何の問題も無いかのような、爽やかな顔でやって来るので
>
>
>
> このぉ~(T▽T。)!
>
>
>
> という感じです(笑)
>
>
>
>
>
> 複雑で混乱した文章をたんまり書こうと思っていたのに、
>
>
>
> 真我が向こうからやって来ちゃったため、
>
>
>
> そうはさせてくれません( ノД`。)

それだけもう真我(真の自己・本当の自分)と親しくなっているということですね。
>
>
>
>
>
> 複雑、混乱は
>
>
>
> 真我の前では、あっさりと流れていってしまいます。

真実の前では、幻想は無に等しいですね。
>
>
>
> あぁ、私の複雑と混乱が水の泡に・・・(T▽T。)
>
>
>
>
>
> 私の完敗ですm(_ _)m

潔くていいですね。

それは成熟したマインドです。

>
>
>
>
>
> また、何も言えなくなってしまいました。
>
>
>
> 仕方ないので、大人しく沈黙させていただきたいと思います( _ _ )

それはとても美しい在り方ですね。

沈黙はとても美しいです。

>
>
>
>
>
> では、また月曜日に。
>
>
>
> R

はい、月曜日に。

無空

【個人セッションに関してはこちらです。】
【お問い合わせ等はこちらからどうぞ。】

ランキングに参加しています。
よろしければ、クリック応援をお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
精神世界ラ
ンキング 人気ブログランキングへ