MN(Wing)さん体験談・他

ここでは、「MN(Wing)さん体験談・他」 に関する記事を紹介しています。

●ゼロ意識共鳴で、真我・無限の愛である本当の自分に目覚め、本当の自分を実現する!

真我はただ在る。ただ自分自身(愛)である。シンプルな生き方。シンプルな在り方。
無空庵で「愛」(存在の愛)と「空」、そして「在る」こと(自分自身であること)の素晴らしさを知る。
悟り・覚醒・変わらない愛と幸せ・心の平安を実現!

無空庵では、スカイプで全国の方を対象に、ゼロ意識共鳴個人セッションを行っています。
個人セッションは、ゼロ(仏教では空)の意識の共鳴ワークであり、心の浄化法、本当の自分を知る方法、無限の愛と自由、心の平和、本当の幸せ、真我覚醒、真我実現を促す方法です。

ラマナ・マハルシ、ニサルガダッタ・マハラジ、フーマン、エックハルト・トール、ガンガジ等の言及する「悟り」「覚醒」「真我」「本当の自分」の実現をサポート!メッセージ1 メッセージ2

※多忙のため、セッションに関するお問い合わせの返信には、数日~1週間くらいかかることがあります。また、同様の理由により、読者の方からのご質問にはお答え致しかねます。ブログへのコメントにもお返しできないことが多いと思いますが、あわせてご了承願います。

公開・日々の小さな合同共鳴
※どなたでも、森羅万象あらゆる存在の意識参加自由。
毎日6時、10時、11時、11時40分、13時10分、16時15分、17時、18時、21時 2011・11・3~
(6時以外は、無空庵の基本セッション時間です。)。
各30分(その内何分でも構いません。ただそっと意識を向けてみてください。そして、できる方はご自身の存在感覚、在るという感覚、又は、気づいている意識に気づいていてください。)
※参加された方々の記事。
蓮さん①, wingさん①のびのびさんsatorinさん

公開・週一合同ゼロ意識共鳴
※どなたでも、森羅万象あらゆる存在の意識参加自由。
毎週木曜日21時と21時30分から各30分間。 2011・11・10~
※こちらの記事もご覧ください。合同ゼロ意識共鳴は、集合意識の変容を促す。+感想③
第1回感想①感想②
※参加された方々の記事 しみっちさんWingさん蓮さん

こちらの記事は、無空庵第二ブログへ移設いたしました。

(場合によっては、移設記事がネット上に反映されるのに少し時間がかかるかもしれません。その際は、ご不便をおかけし申し訳ございませんが、少しお待ちいただきますようよろしくお願いいたします。)

第2ブログ案内1

(上記ご案内はリンクになっておりませんので、お手数をおかけいたしますが、URLを入力、あるいは、「無空庵第二ブログ」等で検索して頂きますようよろしくお願い致します。)

無空庵第二ブログ左サイドバーのカテゴリ■セッション体験談・他のMNさんの体験談・他のところ、または、第二ブログ上部の全記事一覧、または、左サイドバー下部の月別アーカイブ等から2015年12月27日の記事をご覧ください。

【個人セッションに関してはこちらです。】
【お問い合わせ等はこちらからどうぞ。】

ランキングに参加しています。
よろしければ、クリック応援をお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
精神世界ラ
ンキング 人気ブログランキングへ
今回はWing(MN)さんから頂いたメールと無空の返信を、参考までにご紹介させて頂きます。

Wingさん

メールありがとうございました。

> 無空さん

> こんにちは^^

> いつもありがとうございます

> 今日は最近の気づきを報告させて頂きます


> 在るは既に全てに開かれていますね



> 私達が花を見ます
> 花には在るの全てが既に開かれています
> それを美しいと感じた時
> 花を通した在るの無限の中の一側面の美しい が
> 花を見た者の中にある在るの一側面と一致した時
> (波が合った時)そこに 美しい が感受されるのですね

> それを美しくないと感じた時
> 花の在るの無限の中の美しくないという波と
> 見る者の美しくないという波が一致し(一体化し)
> そこに美しくない が顕れる(感じられる)のですね

> それは顕れの世界の全てにおいて起こる完全性で
> 全ての存在に在るの無限性は既にあります

> 何かの対象物を通して感じられる全てのことは
> 対象物と それを観るものとの波の一致による現象でもありますね

> それゆえ 同じものを見ていても私達は全て違うものを見ています
> 異なる世界を生きています
> 自らの波動圏を常に感じているのですね

> 自らの性格的傾向 習慣的な想い(波動圏)の外に出ない限り
> 輪廻(生まれ変わりに限らない)は繰り返されるのでしょう

> 私達は今このままで天地を貫く存在であるにも関わらず
> 想いの習慣 独自の波(世界)以外に世界があるとは知りません

> それに気づいた時 それを知った時
> その理解に応じた在るの無限性が開かれ
> その素晴らしさを 自らの素晴らしさを知っていきます
> そしてそれを知っているということは
> それとして全で在りながら在るの表現の無限の素晴らしさを味わい楽しめるということでもあります

> まさしく在るが在るを知ってゆく・・・
> それを知る機会は常に目の前にあると思うのです
> それぞれの人生に起きている現象を通して
> 善悪という顕れの現象を超えて・・・

> さらに飛躍的に知る為には天地に貫かれた空がなければ知りえませんね
> 空とともに在る時
> 独自の波動圏に亀裂が生じ天地を貫く光の柱が立つのでしょう
> (在るが開かれます)
> 無空さん 無空庵のみなさん 在るを確立された多くの方々の大いなる働きが
> そこにありますね

> 素晴らしい限りですね


 > Wing

素晴らしい気づきのシェアをありがとうございました。
今回のWingさんの気づきで、在るがそれ自身に対してよりクリアに、そしてより豊かになりましたね。
まさに、在るそのものであるWingさんの、在るによる在るのための更新です。

在るの奇跡は起こり続けます。

美しく、素晴らしく、そして、何よりも尊く。

それは永遠です。

未知を含めた在るのすべては、既に開かれています。

それぞれの存在のそれぞれ波動圏、そして、社会的集合的波動圏を貫き、その波動圏をより開いていくのが全体に浸透し、全体を貫く、ゼロのレベルからの共鳴であり、そしてまた、在るに確立された多くの方々の開かれた意識です。

開かれた者(意識・在る)は、ただ在ること、ただそれで在ることで、さらに自らであるすべて(全体)を開いていきます。

ありがとうございました。

無空

【個人セッションに関してはこちらです。】
【お問い合わせ等はこちらからどうぞ。】

ランキングに参加しています。
よろしければ、クリック応援をお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
精神世界ラ
ンキング 人気ブログランキングへ
今回はWing(MN)さんから頂いたメールと無空の返信を、参考までにご紹介させて頂きます。


Wingさん

こんにちは^^
メールありがとうございました。



> 無空さん

> こんにちは^^


> いつもありがとうございます

> 先日あまりの喜びに無空さんに報告しようとメールを書いたのですが
> 急な用事が入ってしまい送らず終いになってしまいました^^;

> ですが その気づきは新たに更新されてしまいましたので
> 送らずにおしまいです^^

更新度も加速していますね^^
そして、捉われがなく、軽やかでいいですね。


> ところで 最近は無空庵以外のブログはほとんど見ないです

> 必要性を感じません

> ですが在るの意識は精神世界に広がりつつあることがうかがえますね

> たまに見るブログで よく真の自己は宇宙大に広がった意識であるという書き方を目にすることがあるのですが

> ちょっとひっかかるんですね

> それも一つの視点であることに違いはないのですが

> どうしても在るをこの顕れの世界の観念 概念で捉えている感じがしてしまうのです

そうですね。
その表現だと顕れを超えている感じがありませんね。
まだ、在るを知らない方へのひとつの入り口、ナビゲートするための顕れを使ったひとつの表現、方便としてなら分りますが、真に在るを知るWingさんがそのブログを読んでそのように感じられているのなら、やはり、観念、概念経由かもしれませんね。

空間という言い方も時々聞かれますね。

宇宙、宇宙空間、それは顕れですね。

在るは、過去、現在、未来という時間を超えており、こことあそこという距離のある空間を超えています。

それはゼロ時間、ゼロ距離です。

そのとき、すべてがそれです。

すべてが直接にそのままそれです。

それ以外何も存在しません。

宇宙は、無限の可能性そのものでもある在るのほんの一部が顕れたものに過ぎません。

空間というなら、スペース。

スペースよりも場。

私は、ニサルガダッタ・マハラジも使っているように、広大な広がりそのもの

「広がり」、「大きい」、「大きなもの」という質でその側面を現わすことはあります。

(より正確には、「極大よりも大きく、極小よりも小さい」、というような表現もありますね。)

在るが顕れの源という認識、理解が深ければ、あえて、何か意図して使わない限りは、
宇宙大に広がった意識、あるいは空間というような表現は出てこないのではないかと思います。
あるいは、その表現と同時に、それを超えたもの、と付け加えるでしょうね。

宇宙大に広がった意識、空間として顕れているものでもあり、同時にそれを超えたもの、
あるいは、それ以前のものである。という感じですね。

今、在る位置、そして、理解の深さにより、出て来る言葉が違ってきます。
逆を言えば、出て来る言葉から、今在る位置、理解の深さが伺えるとも言えますね。
(方便として使っている場合は別です。方便として使っているかどうかは、分る人には何となく分りますね。)

私もセッションを受けられている方の今在る位置、意識の開かれ度合い、その方向、
観念の落ち具合、これまでの経過などを見ながら、しばらくその認識(宇宙大に広がった意識や空間という認識)を容認していた方が今開いてる流れを止めずによいと感じた場合や、タイミングを見て指摘した方がより深い認識、理解となるだろうと感じた場合は、そのまましばらく見守っている場合もありますし、言葉が出て来るたびに何度か続けて指摘する場合等もあります。
ここはやはりケースバイケースです。
(そういう意味で、感想への返信なども、相手の方に合わせた言葉の使い方をする場合はあります。)

在る(真の自己)の直接体験があったとしても、理解がまだ深まっていない場合、Wingさんがいうとおり、それを既存の観念、概念を通して捉えてしまう場合もあるかもしれません。
また、意識が宇宙大に広がった体験などがあれば、その素晴らしい体験を究極の真実として捉え、そこに固執してしまったり、留まってしまうこともあるかもしれませんね。
(その体験を経由して顕れを超えた真実を知った場合には、方便としてそれを使うことはあるかもしれません。)

顕れを超えた在るは、形なき実在です。
それは原初の原初。
無形態の形態。
無限の可能性そのもの。
すべての顕れの源。
未だ顕れざる未知そのものです。

顕れの中にも、それと同質のものを対象として見、感じることはできますが、
それそのものとしてそれを自覚したとき、
それ自身の深奥(中心の中心、核の核)へと意識が向いたとき、
深奥そのものであるとき、
その強烈性、圧倒性、濃密度、濃縮度は、顕れたそれの比ではありません。 

そこには、顕れたそれの無限倍の素晴らしさ、無限倍のエネルギーがあります。

それは宇宙として開かれ、顕れる前の未だ顕れざる 極限を超え、凝縮、圧縮された無限の高(幸)エネルギー、高(幸)密度そのもの。

至福とも呼ばれ、悦びとも言わるもの。

愛のかたまり。

かたまりでありながら、無境界、果て無き均質の圧縮状態そのものです。

(それそのもので在れば、それもまた普通、自然でも在ります。
そしてまた、極限を超えた圧縮状態でもありながら、同時に、とても軽やかで、のびやかで、しなやかで、やわらかく、清々しく、涼しげでさえあります。)

それは顕れるが、同時に秘められているもの。

すべてとして顕れながらも秘められたる深奥に留まり、すべてを支え、すべてを育み、すべてを包んでいるもの。

極秘、神秘、秘中の秘、密度の高い秘である秘密事項。

それは、特定、限定することのできない 未知なる可能性のすべてを含んだ 何か。

けっして、明かし切られることのない、感じ切られることのない無限の深奥。

すべての味わいを可能にするけっして明かされることのない隠し味。

それは、未知そのものとして、秘められたるものとして、可能性そのものとして、永遠に、絶対的にその位置に留まり、在り続けます。

それが、顕れながら顕れざる実在、

宇宙以前、

私以前、

すべてに先立ち、

すべての手前に

ただひとつ

何の原因、何の理由も必要とせず、

それのみで在れるもの。

第一のもの。

在る。

愛です。

> 宇宙は意識 想念の反映 投影にすぎません

> いわば この顕れの世界は空間的には無限であるにも関わらず
> 時空を超えたいまにおいては
> まるで私達の掌の上のビー玉のようなものでもありますね

そのとおりです。

> 波を変えてしまえば一瞬に消えてしまう世界でもあるわけです

そこが、現象、幻想、夢、物語とも言われるゆえんでもありますね。

それは、気づきひとつ、理解ひとつで

本当に一瞬で消え去ってしまいます。

そして、未知、真の自由、変わらない幸せ、無限の愛への開放が起こります。

> 現に私たちは毎晩眠りに就くことでこの世界を超えています

みんな超えていますね。

> 真の私たちはこの顕れの世界を超えています

> が 正確な表現なのですが

> ちょっと抽象的になってしまいますので

> この世界の外に在ります

> が いまは しっくりきます

マハラジが、世界を改善するためには、世界から出なければならないと言ってますね。
また、目覚め、覚醒とは、夢から出ること、物語の外に出ること、
映画館で、スクリーン上のストーリーに巻き込まれていた状態から、すでにそうであった客席へと意識が戻ること、客席に座っていたことに気づくこと、とも言えますね。

本当に意識がどこに在るか、だけの違いです。

> 時空を超えたところに在るもの

> この世界の外に在るのが私達


> そして 意識の投影としてここにきている


> その感覚がとても強く感じられます

深い理解と実感が統合され、すべてが包括されていますね。


> ここにいて ここにいない

> ただあらわれのままに

> そのままに

> 何も問題はない  です

そうですね。



> 愛と感謝をこめて・・・



>  Wing

素晴らしい愛をありがとうございました。

無空

************************


圧倒的な在るそのものを 深い愛をありがとうございました

Wing

*************************

返信後のWingさんのブログ 「~日だまりの中で~」 より

「在るの力」

【個人セッションに関してはこちらです。】
【お問い合わせ等はこちらからどうぞ。】

ランキングに参加しています。
よろしければ、クリック応援をお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
精神世界ラ
ンキング 人気ブログランキングへ
今回はWingさん(MNさん)から頂いたメールと無空の返信を、参考までにご紹介させて頂きます。

Wingさん

メールありがとうございました。



> 親愛なる無空さん
>
>
> こんにちは
>
>
> 今 無空さんに意識を向けましたら
>
>
> あははは^^
>
>
>
> その圧倒的な愛に満たされました
>
>
>
> 今日は在るの素晴らしさをひとしお感じていました
>
>
> ここに全てがあるんです
>
> 限りない美しさも
> 優しさも
> 幸せも
> ぬくもりも
> 全ての その素晴らしきものが ここに在ります
>
> わたしの内に いつもこうしてあるのです
>
> この目に映る素晴らしい景色も 肌で感じる素晴らしい感触も 芳しい匂いも 素晴らしい音の旋律もそれらの全てはそのエッセンスとして私の内にあるのです
>
>
> それが世界に投影されて私自身の素晴らしさを感じていることを知っています
>
>
> 在るが全てですね
>
> 外に求めるものは何もありません
>
> いつも ここに幸せが在ります
>
> 歓びがあります
>
> その素晴らしき全てがこうしてあります
>
> 全ての時を全ての空間を在るは その眼差しで見守ってきました
>
>
> いつも変わらぬもの
>
> それが在るです
>
> 愛です
>
>
> 永遠のいまです
>
>
> 素晴らしい限りですね
>
>
> 無限の感謝を込めて…
>
>
>
>
> Wing


語らぬ在るが 、Wingさんとしてそれ自身を語っていますね。

愛ですね。

それは、愛ですね。

ありがとうございます。

無空

******************

このメールを頂いた前後のWingさんとの意識共鳴(スカイプではなく)の様子が、Wingさんのブログにアップされています。

「無空さん」

「~ありがとう…~」

その他、昨年頂いたメールへの返信後にアップされた記事もひとつご紹介させて頂きます。

「感無量」

Wingさんは、非常に共鳴力、共鳴度、受け取る力(与える力も)、感受性、感応する力が高いですね。

在るを知る者同士は、意識を向けるだけ、メール等(ブログなども含めて)で意識がつながるだけで、非常に強力な共鳴が起こります。

セッションを受けられる前から、Wingさんが非常に共鳴力が高かったことが伺われるWingさんから頂いたブログへのコメントがありますので、そちらもあわせてご紹介させて頂きます。

**************

無空さん

こんにちは^^

○○です
ブログのHNはWingです

早速のお返事ありがとうございます
まさか連絡頂けるなんて思っていませんでしたので感激いたしました
本当にありがとうございました
こんなにうれしいことはありません

僕はまだ存在を体感するに至っていませんが今年はいろいろ大きな気づきが何度も起こり、(僕の場合はエゴが強いせいか それは必ず絶望とセットでやってきます(汗)
ここまでたどり着かせて頂きました

実は僕もエックハルトさんの本は好きで 彼の本だけはずっと今まで処分することなく何度も何度も読み返してはいました
そしてさらにうれしいことは僕はラムサも大好きなんですね^^
ラムサの教えを読んでいますとエックハルトさんもそうですが本当にそうなんだと納得する自分がいます
ですから本当にそうなんだなぁと感じているのです
人の真実は人それぞれです
ですが僕は無空さんが記事に書かれておられることにすごく共感できるのです 読んでるだけで嬉しくなってしまうのです それを体験してるしていないに関わらず 真の自分は知っている 感じてる そんな感じです
ですから僕の真実 生きる道だと思っています

さらにうれしいことに無空さんは詩人でおられるのですね
無空さんのフォトと詩にはすごく感じるものがあります
そして僕を深いところに誘ってくれてるようです 
僕もワンネスを目指す共同ブログと個人ブログを行っています
そこで、一般記事と詩画を掲載しています
さらにうれしいことは僕も1965年生まれということです^^

(無空補足:無空庵の中では、しまださんも1965年生まれです。)

やっとたどり着いた存在の道
これからはこれ一本で自分に磨きをかけていきます
そして自分の気づきを親愛なる全ての人々と分かち合いたい・・・
それが僕の生き甲斐です
燃えています
今後ともどうぞご指導のほどよろしくお願いいたします

昨年の無空さんの記事に 何時でもいまここで待っていますと書かれていました
ですから僕は静寂に入る前に無空さん(存在としての自分)を意識して
入っていくようにしています
いつでもどこでもそれはできることなんですね^^
なぜなら常にそうだから・・・

実は先日初めてメッセージしてしばらくしてから急に自分の中の意識ががらっと変わってしまったのを体験しました
その時 あっ いま無空さんがメッセージを読んでくれたのかな
繋がったのかもと感じました

これからも時々メッセージさせて頂きます
どうぞよろしくお願いします

            Wing



【個人セッションに関してはこちらです。】
【お問い合わせ等はこちらからどうぞ。】

ランキングに参加しています。
よろしければ、クリック応援をお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
精神世界ラ
ンキング 人気ブログランキングへ
今回はMNさんから頂いたメールと無空の返信を、参考までにご紹介させて頂きます。

MNさん

メールありがとうございました。

> 無空さん
>
> こんにちは~
>
> いつもありがとうございます
>
>
> 最近は益々私がなくなりました
>
> というよりは初めからいませんでした^^
>
> 時として必要に応じて個人が起こるだけです
>
> ここに在るのは普遍性 永遠のみですね
>
> どこにいても 何をしていようとも変わらぬそれ
>
> 不変不動のそれ
>
> 永遠の生命
>
> 在りて在るもの
>
> それがただ在るのです
>
> 全くの自由がここに在ります
>
>
> 私は何者でもありません
>
> ここには何もないのです
>
> ただ在るという充溢以外は…


満ちているそれ。

満ち満ちて、満ち溢れて在る実在。

在る。

それだけが在りますね。

はじめから・・・

無空

【個人セッションに関してはこちらです。】
【お問い合わせ等はこちらからどうぞ。】

ランキングに参加しています。
よろしければ、クリック応援をお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
精神世界ラ
ンキング 人気ブログランキングへ