K.Iさん体験談・他

ここでは、「K.Iさん体験談・他」 に関する記事を紹介しています。

●ゼロ意識共鳴で、真我・無限の愛である本当の自分に目覚め、本当の自分を実現する!

真我はただ在る。ただ自分自身(愛)である。シンプルな生き方。シンプルな在り方。
無空庵で「愛」(存在の愛)と「空」、そして「在る」こと(自分自身であること)の素晴らしさを知る。
悟り・覚醒・変わらない愛と幸せ・心の平安を実現!

無空庵では、スカイプで全国の方を対象に、ゼロ意識共鳴個人セッションを行っています。
個人セッションは、ゼロ(仏教では空)の意識の共鳴ワークであり、心の浄化法、本当の自分を知る方法、無限の愛と自由、心の平和、本当の幸せ、真我覚醒、真我実現を促す方法です。

ラマナ・マハルシ、ニサルガダッタ・マハラジ、フーマン、エックハルト・トール、ガンガジ等の言及する「悟り」「覚醒」「真我」「本当の自分」の実現をサポート!メッセージ1 メッセージ2

※多忙のため、セッションに関するお問い合わせの返信には、数日~1週間くらいかかることがあります。また、同様の理由により、読者の方からのご質問にはお答え致しかねます。ブログへのコメントにもお返しできないことが多いと思いますが、あわせてご了承願います。

公開・日々の小さな合同共鳴
※どなたでも、森羅万象あらゆる存在の意識参加自由。
毎日6時、10時、11時、11時40分、13時10分、16時15分、17時、18時、21時 2011・11・3~
(6時以外は、無空庵の基本セッション時間です。)。
各30分(その内何分でも構いません。ただそっと意識を向けてみてください。そして、できる方はご自身の存在感覚、在るという感覚、又は、気づいている意識に気づいていてください。)
※参加された方々の記事。
蓮さん①, wingさん①のびのびさんsatorinさん

公開・週一合同ゼロ意識共鳴
※どなたでも、森羅万象あらゆる存在の意識参加自由。
毎週木曜日21時と21時30分から各30分間。 2011・11・10~
※こちらの記事もご覧ください。合同ゼロ意識共鳴は、集合意識の変容を促す。+感想③
第1回感想①感想②
※参加された方々の記事 しみっちさんWingさん蓮さん

こちらの記事は、無空庵第二ブログへ移設いたしました。

(場合によっては、移設記事がネット上に反映されるのに少し時間がかかるかもしれません。その際は、ご不便をおかけし申し訳ございませんが、少しお待ちいただきますようよろしくお願いいたします。)

第2ブログ案内1

(上記ご案内はリンクになっておりませんので、お手数をおかけいたしますが、URLを入力、あるいは、「無空庵第二ブログ」等で検索して頂きますようよろしくお願い致します。)

無空庵第二ブログ左サイドバーのカテゴリ■セッション体験談・他のK.Iさんの体験談・他のところ、または、第二ブログ上部の全記事一覧、または、左サイドバー下部の月別アーカイブ等から、2015年12月24日の記事をご覧ください。

【個人セッションに関してはこちらです。】
【お問い合わせ等はこちらからどうぞ。】

ランキングに参加しています。
よろしければ、クリック応援をお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
精神世界ラ
ンキング 人気ブログランキングへ
今回は、セッションを受けられているK.Iさんから頂いた感想と無空の返信を、参考までにご紹介させて頂きます。(その2)

前回の続きです。

> セッション以外の時、例えば今でもそうですが、内側に意識を向けると、平安や喜びといった心地よさを感じます。

すでにそれ(真我)とのつながりは開いているという事ですね。

> そして、セッションのときにも言われていたように、内側に意識を向けようとしているその意識自体に気づいてきたような気がします。(前からあったものなのですが。)

それはいいですね。
そして、おっしゃるとおりそれは前からあったものです。
いつも変わらないものを見つけたいわけですから、前からあったものでなければ話になりません。
それは突然出現してくるものではありません。
覚醒前も覚醒後も変わらずに在るものです。
それが何が起こっても(覚醒が起こっても)変化しない絶対的な存在です。

ニサルガダッタ・マハラジも言ってますが、大きく変わるのはマインドの方です。
絶対的に変わらないものに気づき、そこに何度も焦点を当て、そしてそれそのものとしてそこに留まり(ただ在り)、それを深く体験・理解し、そしてそれが本当の自分であるということを深く受け入れていく、思考、感情、観念、記憶等でつくられた個人から、けっしてつくられること、消え去ることのない普遍的な存在へとシフトしていくということが大切です。

マインド(個人・記憶・観念)から解放されたとき、すべての問題は消え去ります。
何が問題だったのか思い出すことすら難しくなります。
はじめから何も問題は存在していなかったことに気づきます。

> そのときは、「ああ、これだ!」といった強烈な感じは全くなく、むしろ、「もしかしたら、これのことだったのかな」、といった感じです。

気づき方は様々です。
落ち着いた感じの気づきの方がより自然でいいですね。
(それだけセッションで成熟が進んでいるとも言えます。)
あまり強烈なのは、その後のアップダウンが激しく、バランスを崩して大変だったりすることもありますので。

> 非常に表現が難しいのですが、今はそういった感じです。
> これが徐々に腑に落ちてわかってくるのかもしれませんね。

そうですね。
気づき自体は、劇的な感じはなかったかもしれませんが、とてつもなく大きな一歩です。
>
> また、よろしくお願いします。

今回、気づいたものを大切に育てていきましょう。

無空

【個人セッションに関してはこちらです。】
【お問い合わせ等はこちらからどうぞ。】

ランキングに参加しています。
よろしければ、クリック応援をお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
精神世界ラ
ンキング 人気ブログランキングへ
今回は、セッションを受けられているK.Iさんから頂いた感想と無空の返信を、参考までにご紹介させて頂きます。(その1)

K.Iさま

感想ありがとうございました。


> 無空さま
>
> K.Iです。
>
> 第13回目のセッションの感想です。
>
> いつも通り共鳴を始めると心に喜びや平安、静けさといった感覚を感じることができました。
> 以前の数回目のセッションのときとは違って、頭の後頭部下側から胸の辺りにかけて甘い汁が滴り落ちるような心地よい感じや、意識が中を浮くような強烈な変化は最近感じませんが、今はとても微細で落ち着いた感覚を感じます。

体験は進むにしたがって変化していきます。
より微細で落ち着いた感じになってきているというのはいいですね。
そして、その様々に変化していく体験の中で、唯一まったく変わらないものがあります。
それは様々な体験をしている自分自身です。
誰かがK.Iさんの代わりに体験してくれて、それを教えてくれているわけではありません。
全ての体験の中心に、体験の主体としてのいつも同じ自分がいます。
そして、そのいつも変わらない自分とは、様々な体験をよい悪いと判断したりする思考や観念ではなく、また、それぞれに体験に一喜一憂し、喜んだり落ち込んだりする感情でもありません。
それらは起こっては消えていくもので、変わらないものではありません。
今、自分と思っている自分(個人)から、思考や感情、その他肉体なども含め、すべての変わっていくものを落としてもなお残るものがあります。
それが、本当の自分です。
それがすべての体験に気づいている純粋な意識(気づきそのもの・真我・純粋な存在・個人ではない普遍的な存在・至福そのもの)です。

次回に続きます。

【個人セッションに関してはこちらです。】
【お問い合わせ等はこちらからどうぞ。】

ランキングに参加しています。
よろしければ、クリック応援をお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
精神世界ラ
ンキング 人気ブログランキングへ
今回は、セッションを受けられているK.Iさんから頂いた感想と無空の返信を、参考までにご紹介させて頂きます。

K.Iさま

感想ありがとうございました。

> 無空さま
>
> 第12回目のセッションありがとうございました。
>
> 以前に比べて、共鳴を始めた途端に体にエネルギーみたいなもの感じることはなくなりましたが、体の内側に微細な平安や喜びといった感覚が生じているのを感じているのがわかりました。

共鳴での感じ方も、進んでいくとより微細なものに変化していきます。

> 今は、日常においても意識を意図的に内側に向けるようにすると、微細な喜びや平安の感覚を感じることができます。
> これが「真我」と呼ばれる状態なのでしょうか?

それ(真我)とつながっているとき、あるいは、それそのもので在るとき、喜びや平安の感覚があります。
(感覚はその時々で変わることもあります。)
真我の一つの側面の体験と言えるでしょうね。
(同時にそれは喜びそのもの、平安そのものでもありますが。)

真我にはたくさんの側面があります。
より普遍的な側面で言えば、それは(純粋な)意識であるということです。
様々な側面がありますので、体験を重ね、それをトータルに捉え、理解し、それが本当の自分であるという受け入れを進めていく、あるいは、個人から真我へとシフトしていくということが大切です。

K.Iさんの次のステップとしては、さらに体験を重ね、それが真我であると、腑に落ちた理解が起こるというところですね。

> ただ、一度日常の雑念に巻き込まれていると、そちらの方に意識が向いてしまい、喜びや平安といった感覚がなくなるので、もう少しセッションを続けて「真我」を確立してシフトしていきたいです。

そうですね。

> 世の中は正直生きづらいと感じる面が多いですが、「真我」の状態を確立し、何があっても体の内側に変わらぬ喜びや平安を自然にもっている状態になりたいです。

そうですね。
真我に確立していくと、生きづらいと感じているマインド・個人も徐々に落ちていきます。
また、「真我」であるときの状態というのはありますが、真我そのものは状態というより事実(実在)です。
そしてその状態を安定させるためには、やはり腑に落ちた理解が必要です。
また、逆説的ではありますが、喜びや平安にも捉われないということも大切です。
その辺のポイントも覚えておかれるとよいと思います。
>
> 短いですが、今回の感想とさせていただきます。
> 今後ともよろしくお願いします。

こちらこそよろしくお願い致します。

無空


【個人セッションに関してはこちらです。】
【お問い合わせ等はこちらからどうぞ。】

ランキングに参加しています。
よろしければ、クリック応援をお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
精神世界ラ
ンキング 人気ブログランキングへ
写真素材 PIXTA
(c) 写真素材 PIXTA


今回は、セッションを受けられているK.Iさんから頂いた感想と無空の返信を、参考までにご紹介させて頂きます。

K.Iさま

感想ありがとうございました。


> 無空さま
>
> K.Iです。
>
> 第11回目セッションの感想を送らせていただきます。
>
> 海外に行っていたため約2週間のブランクがあり、正直、その間は「在る」に意識を向けることをほとんどしていなかったせいか、今回のセッションでは前回ほどスムーズに共鳴の状態に入ることが出来ませんでした。

まだ時差ボケも残っていたようでしたら、少し時間がかかりましたね。

> 共鳴、アイコンタクト、瞑想、ハートの共鳴、と進めていくうちにだんだん以前の感覚を取り戻すことが出来ました。
>ただ、前回ほど強烈ではなく、寧ろ微細な平安や喜びを感じることが出来ました。

感じ方はその時によって違います。
強烈に感じることもあれば、とても微細な時もあります。
またクリアになっていけばいくほど、微細なものを感じ取ることできるようになっていきますので、その点では着実に進んでいるということが言えますね。
共鳴のエネルギーも、その時その時に必要なエネルギーが起こりますので、その辺も理解されているとよいと思います。

> 今回の例を考えると、まだまだ真我を確立する段階まで達していないな、と感じています。

そうですね。
これまでの長い間のパターンがありますので、多くの場合はそれなりの時間がかかります。

> これから日本で普段どおりの生活に戻るので、また「在る」の状態、すなわち、平安や喜びに意識を向けながら生活をしていこうと思います。
> また、セッションのない日でもなるべく毎日瞑想の時間を確保して、「在る」状態をもっと自分でつかめるようになりたいと思います。

ぜひそのように意識して、実践されてください。

> 一応次回で最後の12回目のセッションになりますが、それ以降もセッションを継続させていただくかもしれませんので、忙しいとは思いますが、よろしくお願いします。

はい、K.Iさんが望む状態になれるよう、最大限のサポートをさせて頂きたいと思います。
継続をご希望の場合は、いつもの時間を確保しておきますので大丈夫です。

ではまた、土曜日に。

無空

【個人セッションに関してはこちらです。】
【お問い合わせ等はこちらからどうぞ。】

ランキングに参加しています。
よろしければ、クリック応援をお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
精神世界ラ
ンキング 人気ブログランキングへ