I(ヒロ)さん体験談・他

ここでは、「I(ヒロ)さん体験談・他」 に関する記事を紹介しています。

●ゼロ意識共鳴で、真我・無限の愛である本当の自分に目覚め、本当の自分を実現する!

真我はただ在る。ただ自分自身(愛)である。シンプルな生き方。シンプルな在り方。
無空庵で「愛」(存在の愛)と「空」、そして「在る」こと(自分自身であること)の素晴らしさを知る。
悟り・覚醒・変わらない愛と幸せ・心の平安を実現!

無空庵では、スカイプで全国の方を対象に、ゼロ意識共鳴個人セッションを行っています。
個人セッションは、ゼロ(仏教では空)の意識の共鳴ワークであり、心の浄化法、本当の自分を知る方法、無限の愛と自由、心の平和、本当の幸せ、真我覚醒、真我実現を促す方法です。

ラマナ・マハルシ、ニサルガダッタ・マハラジ、フーマン、エックハルト・トール、ガンガジ等の言及する「悟り」「覚醒」「真我」「本当の自分」の実現をサポート!メッセージ1 メッセージ2

※多忙のため、セッションに関するお問い合わせの返信には、数日~1週間くらいかかることがあります。また、同様の理由により、読者の方からのご質問にはお答え致しかねます。ブログへのコメントにもお返しできないことが多いと思いますが、あわせてご了承願います。

公開・日々の小さな合同共鳴
※どなたでも、森羅万象あらゆる存在の意識参加自由。
毎日6時、10時、11時、11時40分、13時10分、16時15分、17時、18時、21時 2011・11・3~
(6時以外は、無空庵の基本セッション時間です。)。
各30分(その内何分でも構いません。ただそっと意識を向けてみてください。そして、できる方はご自身の存在感覚、在るという感覚、又は、気づいている意識に気づいていてください。)
※参加された方々の記事。
蓮さん①, wingさん①のびのびさんsatorinさん

公開・週一合同ゼロ意識共鳴
※どなたでも、森羅万象あらゆる存在の意識参加自由。
毎週木曜日21時と21時30分から各30分間。 2011・11・10~
※こちらの記事もご覧ください。合同ゼロ意識共鳴は、集合意識の変容を促す。+感想③
第1回感想①感想②
※参加された方々の記事 しみっちさんWingさん蓮さん

今回は、セッションを受けられているヒロさんから頂いた感想とお知らせです。

無空さま

こんにちは、ヒロです。
いつもお世話になります。

昨日はセッションをありがとうございました。

今も意識がクリアに落ち着いて穏やかに在ります。

今回もシンプルにそのものとしてただ在る意識に、
自然に向けることができた素晴らしい共鳴でした。


最初の共鳴では、マインドが動いていましたが、
それを客観的に見ている、気づいている状態で、
その気づいているそれ自体はマインドを超えていました。

時間という感覚や顕れにおいてこの場所にいるという、
時間と空間の感覚さえも超えていたように感じられます。

アイコンタクトでは、どこまでも拡がって限りがなく、
果てのない無限(無)という側面を感じられました。

広大無辺で永遠なる感覚です。

ハートの共鳴では、透明で真っさらな何もない空で、
神聖さが全体を覆い尽くしていたように感じられます。

立場を変えての共鳴では、神聖さを感じながら、
そのものが穏やかに安らいでいました。

ニュートラルの共鳴では、自然体であるがままのそれ、
それしかないものにシンプルに在れたと思います。


最近は奈良への引越しをはじめ顕れの変化は著しいですが、
それそのものは顕れの出来事に影響を受けることなく、
平安のまま揺るぎなく淡々と在り続けているのを感じます。

今月の28日(日)には、早速ならまちの家の和室で、
リアル合同共鳴(共鳴&瞑想会)を行わせていただきます。

現段階でお申し込みいただいた方の殆どは初対面になり、
主催する立ち位置としても初めてなので多少緊張しますが、
東京で参加させていただいたリアル合同共鳴の経験を活かしながら、
起こるがままの自然な流れを楽しんでいきたいと思います♪

いつもアドバイスをありがとうございます。

また次回報告させていただきます!

どうもありがとうございました。

ヒロ
【個人セッションに関してはこちらです。】
【お問い合わせ等はこちらからどうぞ。】

ランキングに参加しています。
よろしければ、クリック応援をお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
精神世界ラ
ンキング 人気ブログランキングへ
今回のタイトルに関してですが、師というのは、何人かの方がそのように言われているだけで、通常、私は、皆さんと共に歩んでいるという認識でおります。
ですが、今回は、少し経験が多い者として、ヒロさんから頂いたメールに、師という立ち位置にも立たせて頂き、書かせていただいた返信と、その後、ヒロさんから頂いたメール、そして、無空のコメントを、参考までにご紹介させて頂きます。

ヒロさま

メールありがとうございました。

> 無空さま
>
> こんにちは。ヒロです。
> いつもお世話になります。
>
> 先日はセッションありがとうございました。
>
> お話しをさせて頂きながらでも、
> 共鳴中でも在るしかありませんでした。
>
> マインドが起ころうと起こるまいと関係なく、
> いつでも揺るぎなく、絶対的に在ります。
>
> 無いことは一瞬もありえません。
>
> いつも在るだけですね。

そうですね。
どのようなマインドが起こってこようと、在るだけです。

> ここまで在るを深められたのは無空さんのお陰様です。
>
> いつもありがとうございます。
>
>
> ところで、一般合同共鳴を本日からスタートします。
>
> 先日はアンケートの告知をありがとうございました。
>
> アンケートに答えて頂いた方は31名です。
>
>
> アンケートの内容を考慮しながらも、
> satorinさんとしみっちさんと虹子さんとは、
> 何回もミーティングを重ねてきました。
>
> 昨年末の頃から、無空さんからもお話しがあり、
> 遅ればせながらも、それがとうとう実現しようとしております。
>
> ゼロとの共鳴の場がより全体に広がろうとする、
> 真我がより表舞台に立つ喜ばしい一歩とも言えますね。

この文章に関してですが、これまでのヒロさんを見ていて
(ヒロさんのセッションを受けられた方からの話も含めて)、
そして、特に最近の無空庵全体の意識の高まり、
その純度の高まり等から、この文章には、どうしても違和感を感じていました。

(同じ文章でも、書く人の在り方によって、質がまったく違ってきます。)

(全体の光が増してきて、気づいていながらも成長の段階を見守ってきた部分が、そうはいかなくなってきました。)

ヒロさんの場合、セッションでの共鳴、そして、メールフォロー等は本当に素晴らしいですが、その他の部分では、マインドが多分に混ざっているときがあります。(真我ベースであればいいですが。)
意識は間違いなく本物ですし、その素晴らしさは十分に知っていることと思いますが、
まだ、個人がそれを使っているパターンになることがあるのではないかと思います。
本当に誠実に、一生懸命取り組んでいるのは知っています。
その一生懸命の中に、知らず知らずにうちにマインドのパターンが入り込んで来ていると思います。
今回のように、全体の光が増してきて、「一生懸命」の中に潜んでいたようなマインドパターンがあぶりだされてきたときに、そこを指摘し、気づいて頂くのが一番です。

昨年は、まだセッションをしている人の人数も少なく、また、無空庵ではもう定員いっぱいになっていたこともあり、セッションをしたいという思いが起こっている方で、真我を知っている人、そして、人柄等も勘案し、本来であれば、成熟し、真我にしっかり立脚してからその位置に立つべきところを、時代の流れ、そして、セッションをすることで成熟がより促されること、また、無空庵のセッションを継続して受けて頂くことで、フォローができることなどからまずは、無料セッションからスタートして頂くということでOKを出しました。

真我の素晴らしさを伝えたいという思い、また強い情熱を持ってスタートされ、上にある文章を読んでも分りますが、今も、自分(個人)が知った素晴らしいものを伝えたい、素晴らしいものを広げたいという思いと期待でいっぱいだと思います。

でも、これは、焦点がどこにあるか分りますか?

「在る」ではなく、「する」というところ。
そして、「現れ」のレベルです。

そして、基盤となっているのが、真我ではなく、(不安定な)個人です。

個人が素晴らしいものを知ったので、現れの領域に焦点を当てて、そこで行為を“しよう”としているところです。

他の方もそうでしたが、真我を知ったとしても、セッションを受ける前のマインドのパターン、現れの領域、行動領域のパターンが、本人がそれとは気づかないうちにそのまま働いています。

セッションをしながら、それが徐々に落ちていけばよかったのですが、サポートする立場に立ったことで、「在る」も深くなっていますが、「する」というパターンもなかなかなしぶとく残っているようです。

これはお相手の方とのタイプの関係性もあると思いますが、ヒロさんのセッションを受けた方から、伝えたい、伝えたいというのが(マインドが)すごかった。
でも、共鳴のときは違った。それは本物だった。でも、また話になると、すぐにマインドに戻った。共鳴以外はマインドだったと、昨年聞きました。

情熱を持った一生懸命なマインドだったと思います。

もちろん、全員がそのような印象を持たれているものではないのは知っています。
メールのフォローは、私だけではなく、誰もが認めるくらい丁寧で素晴らしいです。
ほとんどの方は、素晴らしい安定感のある共鳴と、親切で丁寧な説明のあるセッションに満足されていると思います。
ヒロさんのセッションがとてもよいということで続けていらっしゃる皆さんが着実に進まれているのも知っています。

ただ傾向として、今回頂いたメール全体の表現からも、時に個人が主体となり、真我を使っている、焦点が現れの領域での成果、結果の方により向いていると感じます。
それが、最近の全体の純度の高まりにより、よく見えるようになってきました。

無空庵では、現われの領域に焦点を当てているのではないのです。
本質、真実、真我、在るに焦点を当てています。
(その結果、現れの領域に変容が起こっていくのは知っていますが。)

ポイントは、ヒロさんが何をするか、どれだけのことをするか、真我、そして、ゼロ意識共鳴が現れの世界にどれだけ広がっていくかではないのです(結果、広がるかもしれませんし、広がないかもしれませんが、それはまったく問題ではありません。)


どう在るか

それだけです。

素晴らしいものを知った、だから、まだそれを知らない方、知らないでまだ悩んでいる方、迷っている方、求めている方を助けたい、真実を伝えて行きたいというのは素晴らしいです。

素晴らしいですが、それは素晴らしいマインドです。

先日の、H.Kさんの記事は読まれましたか?

「人に真実を伝えたい などのよいマインド(よいエゴ)が落ち、在る、の熟成がはじまりました。」

そのマインドも落ちる必要があります。

そして、「在る」が熟成してはじめて、その存在から、自然に溢れ出してくるものがあります。
ただ在るだけで、相手の方の深くに、静かに、本質が浸透していくようになります。

ただ、それは結果であって、それが問題ではありません。

焦点を当てるのは世界ではなく、自分自身です。

そして、深く「在る」に確立することです。

それがただ世界に反映されるだけです。

昨年末頃に、ヒロさんと合同共鳴のお話をしていたときには、少しでもヒロさんのセッション人数等が増えればという、ある意味親心もありましたが、

無空庵でセッションを受けられている方の純度がどんどん高まってきて、

「伝えたい」が落ちてはじめて、本質が深く伝わっていく、ということがより明確になってきました。

セッションの方はもうすっかり自信もつき、実績も十分だと思いますが、また新たなことを始めようとする時に、個人が真我を使っている状態では、とても心もとないものになってしまいます。

そういう意味でも、今回は、ayaさんとしみっちさんと一緒に行うという形になり、真我からのサポートがあったと思います。

ただ、そればかりを期待して、未知なることは真我がなんとかやってくれるだろうではだめです。

自分自身が真我そのものとしてしっかりと在り、未知なるものへと対応できるようになってください。

セッションをされている他の方も、内容は違いますが、無空庵の基本スタンスとの違いから、セッション、メールでのやり取りを重ね、経験の中から真実を知って頂くということで、そのスタイルを容認し、見守っていました。
そしてまもなく、やはり懸念していた状況が起こってきて、本当のところがお分かりになり、それまでのパターンから大きく変容され、今はさらに素晴らしい状態になられ、セッションを続けられています。

今回は、ヒロさんにとって大きな変容のチャンスです。
ただ、焦点が当たるところがちょっとずれているだけです。
真我自体は深まってきていますし、体験も微細で、すでに素晴らしくトータルです。
人柄の素晴らしさは、その真面目さ、誠実さ、フォローの丁寧さなど、無空庵の皆さん、また、ブログ読者の皆さん、周知のとおりです。
この部分は、もともとの資質の部分もあり、また経験の中で培ってきたものでもあると思いますので、すでに素晴らしいものを持っています。
そして、真我も、上にも書いたように、セッションで共鳴していても分りますし、合同共鳴の感想などを見ても、
すでにそれは素晴らしく深く、広く、トータルに開かれています。

あとは、時にいつのまにかそうなってしまうマインドパターンに気づき、焦点を「現れ」から「源」へ、「する」から「在る」へとまた戻すだけです。

もう一度、初心に帰り、本質を見つめ直しましょう。
「伝えたい」、「広めたい」が起こる前の状態に戻り、あるいは、そこを超えて、しっかり真我を土台として在りましょう。

個人セッションの方も、これからさらに素晴らしいものになっていくと思います。

私にとって大切なのは、真我が広がっていくことでもなく、より極端に言えば、ヒロさんのセッション人数が増えることでもありません。
それは現れの領域、夢の中の出来事です。

私にとって大切なのは、今、目の前にいるたったひとり。
ヒロさんが、マインドのパターンから解放され、真実に確立し、真の安定、真の幸せ、真の喜びの中に在ることです。

そうすれば、現れの世界でもそれが自然に反映されるようになっていきます。

今回の合同共鳴の流れは、ヒロさんにとっての大きな学びの機会です。
最近になって、そのような視点が強く見えてきました。

ですから、私としては、個別にフォローできない合同共鳴において、理解が伴わないことから起こってくる様々なリスクを受け入れ、極端に言えば、たとえ、ゼロ意識共鳴という名が世界から抹消されようと、それを容認しているという側面があります。

大事なのは、ヒロさんが今回の学びを経て、真実、真の幸せに確立することです。

たったひとりのために、ひとつの時代が使われています。

ひとつの世界が用意されています。

全存在がそのために在ります。

すべてはそのように在ります。

それだけの愛を持って、ひとりひとりが愛されています。

たったひとりと、森羅万象はイコールです。

同じ重さ、同じ価値があります。

真我は、そのようにひとりひとりに向き合っています。

それが真我の愛です。


真我は、すべての存在が、幻想ではなく、真実に開かれ、そこに確立することに焦点を当てています。

一時的に消え去るものではなく、永遠であるもの、もっとも大切なものに焦点を当てています。


> 3月4日(日)からそれぞれのブログ記事で
> ご紹介させて頂いておりますが、
> 無空さんのブログでは一言もご紹介頂けないのは、
> 一体何故でしょうか?

私も皆さんの記事公開を待っていましたが、当初の聞いていた予定よりかなり遅れての公開(日曜日の夕方)で、
通常でも、セッションの問い合わせ等には1週間は見ていただいてる状況の中、さらに、今回は別様(セッションやメールのフォローの時間を今後確保するため、借りていた整体院の引き上げによる引越しを現在行っています。)も加わってきたので、いただいている感想メールもたくさんたまり、いつもの合同共鳴の記事すら、当日のいつもアップ時間の直前まで忘れていた状態でした。

> 日々お忙しいところ恐縮ではありますが、
> もし何かご紹介できない理由がおありなのであれば、
> 何なりと仰って頂けましたら幸いです。

上に書いた理由のとおりですが、

一般合同共鳴の記事が出た翌日の朝に、

ちょうど他の方からも、以下のようなメールを頂きました。


【一般の方への、スカイプでの合同共鳴ですが、

このゼロ意識共鳴は、自己理解(マインドでの)と浄化(ヴァーサナーの浄化)が伴ってこそ、開かれるように思います。
一般の方に、広げると、それがどうなるでしょうか。。何がおこるか、わかりませんが。


フーマンも、「井戸を掘るなら、水が出るまで深く掘り続けなさい」ということだと言っています。

ゼロ意識共鳴の、純粋性が保たれればよいな、と願っています。】


もう、相当クリアな方で、真我、そして、ゼロ意識共鳴に関して、よく理解されている方から頂いた内容です。

これは、私の方でも、ヒロさんにお伝えしていたことですね。

それが記事を書けなかった理由ではもちろんありませんが、前回のセッションでもお伝えしたように、可能な限り、皆さんをフォローできるような形を考えられるとよろしいと思います。


> 無空さんのブログでは一言も述べられていないのを見て、
> 一般の方々の心境を察知すると普通に迷われると思います。

それはどうでしょうか。
ゼロ意識共鳴拡大運動をしているわけではありません。
それはヒロさんの中の物語です。

個人セッションをしていて、そこからの自然な流れ、あるいは、フォローとして、日々の合同共鳴や、週一のスカイプでの合同共鳴が起こってきたという感じです。

今回は、ヒロさんが以前から考えられていたことでもあり、真我に触れて頂くひとつのきっかけとして、セッションを受けていない方にもスカイプでの合同共鳴をということだったと思います。

私は容認という形で見守っています。
もちろん、他の方のセッションを受けている方々にとっては、核である個人セッションに、スカイプによる合同共鳴が加わることで、大きなサポートになると思います。

> また、合同共鳴の件で、無空さんとのお話の中で、
> 準備ができていない一般の方々が参加されると、
> 純粋なエネルギーの場が薄まることの懸念ですが、
> 真我にとってそれが関係あるのかどうか疑問です。

真我は何が起きてもびくともしません。
ただ、ヒロさんのセッションを受けている方の中であったように、本当に大切な真我を軽視してしまうケースが出て来る可能性があるということです。

(もちろん、これは、私を含め、誰のセッションでも、受けている方の成熟度合い、準備がどのくらいできているか、また、タイプ等により、起こってくる可能性があります。)

(また、合同共鳴のエネルギー場が薄まるということではなく、理解に関しての適切なサポートがないままどんどん広がっていくと、受け取られる方に対して濃い形では伝わって行きにくくなるということです。そこを認識しておいて頂きたかったということです。)

それ(理解の浅さ等による真我の軽視)により、逆にそこ(本質・真実)から遠ざかる可能性もありますし、また、そのような見方、さらには、(浄化等のプロセスの理解が不十分であることなどから起こる可能性のある)否定的な見方が広まれば、他の方が、真我へと意識を向けることの妨げになる可能性もあります。
そしてまたそれは、ヒロさんだけでなく、他のセッションをしている方々にも影響してきますよね。

そのような可能性も一度しっかりと認識した上で(そしてそこには焦点を当てず)、注意深く行ってください、ということです。

> もちろん、それぞれに意識的な在り方の段階や
> 成熟過程の違いは十分にあると思いますが、
> 一般の方だろうと、成熟された方だろうと、
> もともとの存在に違いはなく、
> 全ての存在は既に真我ですし同等です。
>
> 普遍的であり、何も誰も特別なことはなく、
> 全ては普通のまま、そのままで真我ですよね。
>
> そして、〇〇瞑想のお話しはありましたが、
> 純粋性を保っていくことを考慮にいれても、
> 一般の方に対して、意識的になりながらも、
> 厳粛にしていく必要性があるのかどうかということです。

上に書いたとおりです。

> 以前から、無空さんの反応からは、どうしても、
> 無空庵の個人セッションを受けられている方々だけは、
> (日々の共鳴や週一の合同共鳴を含めて、)
> しっかり深めていければいいということが感じられます。

これは、「伝えたい」、「広めたい」という思いが強いヒロさんのマインドを通した感じられ方です。

(無空補足:このメールのやりとりの後のセッションでは、「広めたい」は今は落ちているとのことでした。)

無空庵のスタンスは、ブログに何度も書いています。

ひとりひとりに、深く、濃く、そして、受けられている方が望まれるのではあれば、どこまでも無限にそれをサポートしていくというスタンスです。

人数よりも、一人一人の意識の深さに焦点を当てています。

以前に書いた記事をひとつあげておきます。
在る=知っている。深い意識と理解が全体へ与える影響。
参考になるかと思います。
(無空庵のスタンスを理解するための内容も入っていますので、再度、熟読してください。)

一人が全体であることを、私は知っています。
その一人の深さが、現れのレベルの全領域、全存在に深く、そして自然な影響を与えていくことをよく知っています。

全体に対するゼロ意識共鳴セッションのアプローチは、そのようなアプローチです。

世界全体にゼロ意識共鳴が広まる必要はありません。(自然にそうなったら、それはそれでいいですが、今は素晴らしい方々がたくさんいらっしゃいますし、これからも出て来るでしょう。それぞれの方々が、それぞれの自然で適切な範囲で在ればよいと思います。)

ゼロ意識共鳴は広まらずとも、ゼロ意識の場は活性化し、世界全体に影響を与えます。
一人一人の目覚めを促していきます。
世界にはたくさんの方がいて、それぞれタイプもありますし、今在るステージも皆違います。
そして、それぞれの方に合った方法、ご縁のある方々がいて、それらの方々を通し、目覚めが促されていくのが、自然ですし、ベストです。
ゼロ意識共鳴の個人セッションと合同共鳴は、参加されている方への影響と同時に、それら全体をゼロの場からサポートすることでもあります。

そして、もちろんこれはゼロ意識共鳴だけが行っていることではなく、すべての覚者、覚醒を伝えている方々全員がそうです。
みんな、ゼロ(真我・空)の場ではひとつであり、そしてそこから、現れのレベルのそれぞれを互いにサポートし合っています。(たとえ、一見、矛盾したり、相容れないように見えるものでも。)

そしてまた、さらには、伝える側だけでなく、これから目覚めようとしている方々、また、目覚めた後、安定し、確立しようとしている方々も同じです。

単に立ち位置が違うだけで、本当はひとつです。

(立場を変えての共鳴を行っているのは、それを知っていただくためでもあります。)

このメールのやりとりもそうですね。

本当は誰もいません。
(そして、すべての人がいます。)

全体がひとつとして進んでいます。


> もちろんとても大切であることは承知しておりますが、
> 真我とはそんなに限定的なのかどうかの懸念が出てきます。

真我は、誰にとっても開かれています。
ただそれが、本当に受け取れる適切なタイミングというものがそれぞれの人にはあります。
本当に価値があり、大切なものを、大切にして頂きたいために、大切に扱って頂きたいということです。

マインドは一律で、そして、粗雑です。
真我は、精妙できめ細やかです。

また、以前の記事にも書きましたが、ゼロ意識共鳴の個人セッションは、ひとりひとりに直接手渡しというスタイルです。
その性質上、物理的には限界があります。
私が昨年5月に多忙のため体調を崩したのは覚えていらっしゃると思いますが、それでもできるだけ皆さんのご要望にお応えしようと、今回の整体院の引き上げもそうですが、何度か体制を整え直し、その都度新たに時間をつくりながら、そして体調にも気をつけ、一人一人に濃く、深くというスタンスを貫きながら、現在は、昨年以上の人数のセッションを、ある意味、ぎりぎりの状態で行っています。

> また、プロセスの流れの中で浄化が起こったりして、
> ゼロ意識共鳴に対して悲観的な声が出てきたとしても、
> それも必要に応じて自然に起こってくるものだと思います。

そうとも言えますね。
ただ、それを言う主体が、マインドベースではないことが大切です。
それは、個人が真我(の知識)を使っている状態です。
真我主体で在ってください。

また、上にも書きましたが、行うにあたってはできるだけの配慮をして行ってください。

> たとえ未熟で悲観的な方が参加されたとしても、
> それも真我からの表現であり、+-な波動も含めて、
> 全体のプロセスの流れの中で調整しながら、
> ゼロ調和していくような感じもいたします。

今は、ひとつである愛のエネルギー、目覚めのエネルギーが活性化していますので、それは大いに考えられます。
また、ゼロ意識共鳴のエネルギーに合う方が来て、合う方が残っていくでしょう。
そして、それぞれの自然で適切な立ち位置に、快適な形で在るようになるでしょう。

ただ、ひとりひとりにとって、本人がどのくらい自覚しているかどうかにかかわらず、本当の意味で何よりも大切なものであるがゆえに、それは慎重に、大切に扱われるべきものであるということを理解して頂き、できるだけの配慮をして頂きたいということです。

もうひとつは、何度も書きますが、提供する側として、マインド混じりの状態ではないことが大切です。
主体がマインドで、真我がなんとかしてくれるだろうではだめです。
それは委ねるとは違います。
それでは、真我と離れています。
真我と共に在ること、あるいは、そこに溶け込むことです。
できるならば、提供する側は真我そのものとして、起こることすべてに責任を持って在りたいところですね。
(同時に、真我は起こることからまったく自由でもありますが。)

> 真我は全ての相対を超えて愛しかありませんが、
> この顕れにおいては相対的であり、
> ポジティブやネガティブ、プラスやマイナス、
> 良いも悪いもあって当然だと思います。
>
> ポジティブ、プラス、良いことだけは、逆に不自然です。
>
> どんな状況が起こってきたとしても、
> 真我は信頼できるものだと感じております。

真我を信頼しているようではまだ弱いです。
それは、絶対です。
そうだと、絶対的に“知っている”というところまで、それを高めてください。

そして、個人の都合で真我を信頼するのもだめです。
真我(全体)の愛は、無限で、計り知れません。
その、本質は永遠で不滅であるというところからの視点は、深遠で奥深く、人智を超えています。
その起こり方、現れ方は、必ずしも個人の希望、思惑、都合どおりにいくとは限りません。

今回の件(私が多忙で、週一の合同共鳴の定期記事の中で、一般の合同共鳴に触れられなかったこと。)などもそうですね。
そこに、マインドによる期待、思い込み等がなければ、今回のようなメールの表現にはならないわけです。

> この疑問や懸念は僕の未熟なマインドだと思いますが、
> マインドにしっかりと気づきながら認識しております。
>
> 疑問と懸念の表現をさせて頂く流れの中で、
> もし不愉快に感じてしまわれましたらお許しください。

正直に書いていただいてありがとうございます。
上の文章は、さすが、セッションのフォローとして、ひとりひとりに時間をかけて丁寧にコメントしているヒロさんという感じです。
知識として完結しています。

ただ、今回はそれをマインドが使っています。
「マインドにしっかり気づきながら認識しております」とありますので、それが消えるのであればいいですが、それをそのまま書けば、それはマインドにパワーを与えてしまうこともあります。

(気づいているのは素晴らしいですが、書いた文章のすぐ後に、「・・・・ というマインドが起こっています。」というくらいに離れた感じで書けるようだといいですね。)

真我を知り、そして、知識もしっかりしているので、そこにはパワーがあります。
そして、それをマインドが使った場合、本質からずれていってしまう可能性があります。

真我を知った者、そして、さらには、それを提供しようとする者は影響力がありますから、より繊細で微細な注意が必要です。

ニサルガダッタ・マハラジも、完全に成熟したジニャーニ(賢者)だけが、己に完全な自発性の発揮を許すことができるのだ。と言っていますね。

ですから、「伝えたい」、「広めたい」も落ちて、「在る」を熟成させる必要があるわけです。

今回もかなり注意深く書かれていますが、完全に成熟するまでは、引き続き、できるだけ注意深く在ってください。

もちろん、疑問や懸念が起こってきて、それが消えないときには、それを正直に伝えてください。
そうすることにより、本質がさらにクリアになっていきます。

> お忙しいと思いますので、
> お返事は次回のセッション時で結構です。
>
>
> お話しは変わりますが、先日のセッションで
> 一般合同共鳴のゲスト参加頂けるとお伺いさせて頂きましたが、
> 本日の21時からはいかがでしょうか?
> (ちなみに本日は僕が進行役を努めさせて頂きます。)

ここは、即返信させて頂きましたが、上記のような状況でしたので、無理でした。
(まだ、引越しの最中です。自分の部屋なども片付けながら、整体院で使っていた荷物を整理していますので。)
私の方で余裕があるとき、ということでお話しましたので、そのときはこちらからご連絡します。

> 一般合同共鳴用のスカイプIDを作成いたしましたので、
> お手数ですが、コンタクト認証して頂けましたら幸いです。

これは先日させて頂きました。
>
> どうぞよろしくお願いいたします。
>
> ヒロ


真我実現をサポートする者の焦点は、現れ(幻想)のレベルではなく、源である真我(本質・変わらない真実)に当たっています。

皆さんが、マインドの夢から目覚め、束縛、幻想から解放されることに焦点が当たっています。

ニサルガダッタ・マハラジも

夢の人生において一定の成果をあげる必要はないのだ。
あるいは、それを高尚なものにしたり、幸福で美しいものにしたりする必要もない。
あなたに必要なことはただ、夢を見ているということを自覚することなのだ。

と言っていますね。

私が、無空庵でセッションを受けられている皆さんと共に在るのは、

夢をよりよいものにするためではありません。

(真我に確立していくにしたがって、現れの世界にも、真我の素晴らしさが反映されていくのは知っていますが。)

この時代、この世界を舞台として、真我を使った物語をつくるためでもありません。

焦点は、皆さんが夢から目覚めること、マインドの束縛から解放されることにあります。

皆さんが、真実、真の幸せ、真の自由、真の平和、無限の愛に開かれていくこと、それを実現すること、そして、それをどこまでも深め、広げていくことに焦点が当たっています。

それが望みを持たない真我の望み(自然本性・愛)です。


物語なら、これまでずっとつくってきたと思います。

夢なら何度も見続けてきたと思います。

真我を使い、夢を見る必要はありません。

物語づくりはいりません。

真の愛、真の幸せ、リアリティの中に、共に在りましょう。

それが真実の集い、真の仲間、本当のサットサンガです。

無空

********************

無空さま

こんにちは。ヒロです。
いつもお世話になっております。

お忙しいところご丁寧に
貴重なご指摘を頂きありがとうございました。

無空さんの仰るとおり、マインドのパターン、現れの領域、
行動領域のパターンが、特に共鳴中以外では、
在ること以上にフォーカスを当ててしまったところがあったことを自覚します。

先日、無空さんにメールをさせて頂いた後からも、
自分で何か違和感を感じていたところがありました。

真我を使って個人が現象面にフォーカスを当てた、
マインドの未熟な一面が出ていたと思います。

お忙しい中にもかかわらず、無空さんに
多大なエネルギーと貴重なお時間を使わせてしまい、
本当に反省しております。

無空さんから頂いたお言葉のエネルギーで、
久しぶりに深いところから浄化が起こったようです。

それと同時に、とても純粋でパワフルな、
絶対的に揺るぎない波動を感じられました。

伝える立場として改めて気を引き締め直しながらも、
伝えたいという思いが起こる初心に戻り、
本質、真実、真我、在るに焦点を向けていきます。

頂いたメールやご紹介頂いた記事などは、
これから何度も読み直していきます。

いつもありがとうございます。


ちなみにですが、昨日、T.Sさん、かたやまさん、しみっちさんご夫妻、
タユタさん、RISAさん、MANANAさんの8名とリアル共鳴を行いました。

無空さんから頂いたメールの最後に、
「真実の集い、真の仲間、本当のサットサンガ」とありましたが、
それはこういうことなのかと、よりリアルに体験することができました。

とても貴重な機会を頂けたと思います。

それでは後程のセッションの際に、
またお話しさせて頂きたいと思います。

どうぞよろしくお願いいたします。

ヒロ

**********************

無空コメント:今回のヒロさんのように新しいことをはじめるときに、行動領域に意識が向くのは自然なことです。
上にも書きましたが、最近は無空庵全体の光、純度の高まりがさらに増してきて、その中からあぶりだされてきたかのような微細なマインドを、今回はちょうどよい機会でしたので、通常は、当たり前、当然とも言えるような自然な範囲内の反応を通して指摘し、エネルギー的に働きかけました。

上記にありますように、本人も、メール後、違和感を感じていたとのことで、また、私からの返信メール後に深い浄化が起こり、在るがさらに確かでゆるぎないものになったようです。

また、今回のセッションでは、もっと個として現われている真我の部分を出していいのではないかというお話がヒロさんからありました。
昨年、5月からセッションをスタートされたヒロさんですが、セッションを受ける前までは、本もそうですし、真我等に関するセミナーやセッション等もまったく受けられたことがなく、カウンセリングやヒーリング等のお仕事をしていたわけでもありませんでした。
そのため、ブログ開始当初は、普通に個人を通して書くと本質からかなりずれてしまう箇所も結構ありましたので、添削指導をし、まず基礎をしっかり身につけていただく必要がありました。

本人もしばらくの間は、個人を出すと本質からずれてしまうという感覚を実感していたようですが、セッションスタートから一年近く経ち、今は、在るもさらに深まり、そして、個人も統合されてきています。
本人も、今はもう個人を通した文章でも、ぶれることはないと言えるようになっています。
他の方からも、その現われた真我である個の部分の素晴らしさを指摘されたり、さらにその部分を出したほうがよいのではないかというアドバイスも頂いているとのことでした。
また、ヒロさんのセッションをずっと継続されている方の中でも、ヒロさんの真我の安定感や説明、フォロー等の丁寧さだけでなく、ヒロさんの現われた真我である個の部分にひかれ、セッションを継続し、真我を深めていっていらっしゃる方もいるとのことです。

これまでは、ブログにも、個の部分を出すと、本質からずれる可能性があるとのことで、注意深く本質だけを丁寧に書いていたとのことですが、基礎固めを1年近く行い、今はもう大丈夫なようです。

これから、ヒロさんのブログでは、普遍的な真我の本質そのもの素晴らしさと、そして、その素晴らしい本質がヒロさんという個を通して現われた、無限の多様性の中でたったひとつしかない独特の味わい、色合い、その素晴らしさ、美しさが徐々に表現されていくことと思います。

ヒロさんは、1年近くかけ、在るとその理解を深め、基礎をしっかり身につけてこられました。
どんな嵐が来てもゆらがないよう大地にしっかりと根をはることができました。
これから、それが現われた真我であるヒロさんとして、花開いていきます。

大地の中に根をしっかりはればはるほど、現れである茎や、葉っぱ、そして花も素晴らしいものになっていきます。
弓を後ろにしっかり引き絞れば引き絞るほど、それは前方へ、より力強く、そして遠くまで飛んでいくことができます。
在るとその理解が深まれば深まれるほど、その現れはより美しく、素晴らしいものになっていきます。
透明になればなるほど、同時にその独特の色合い、味わいは増して行きます。
個人が無くなればなくなる程、その全体性の中で、個性はより生き生きと輝きだします。

それは、存在の不思議です。

それがただひとつであるものの自然本性であり、それが、真我の ただそうである という在り方です。

タユタさんのブログ記事「リアル合同共鳴」 でも、ヒロさんの在るの確かさ、強さが述べられていますので、タユタさんに、問答無用の無断で(笑)ご紹介させて頂きます。

【ヒロさん は何とも言えない、圧倒的な存在感。お会いした瞬間から、すごい「在る」を感じていましたが、対面共鳴させていただいて、大地のような安心感、存在の確かさ、強さ、すべてを許しつつみこむ愛を感じました。】

ちょうど私がヒロさんから頂いたメールに返信をした日がリアル合同共鳴の日で、返信後、数時間後に行われたリアル合同共鳴の中の対面共鳴でのタユタさんの感想です。

これからは、真我の絶対的な安定感を基盤に、より自由で、生き生きとしたヒロさんが、ブログ上から、そして、またセッションで見れるのではないかと思います。

流れで弟子という表現をさせて頂きますが、弟子が成長し、花開いていくこと、無限に、どこまでも、何度でも、新しく、より深く、より広く、花開き続けていくことは、師の一番の喜びです。


すごくうれしいです!!

ありがとう。

無空

*************************************

追加記事:その後、ヒロさんのブログにアップされた記事もご参考までにどうぞ。

真我を伝えたいと働いていたマインド(個人)が、 ガラガラと崩れ去っていったような感覚です。


【個人セッションに関してはこちらです。】
【お問い合わせ等はこちらからどうぞ。】

ランキングに参加しています。
よろしければ、クリック応援をお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
精神世界ラ
ンキング 人気ブログランキングへ
こちらの記事は、無空庵第二ブログへ移設いたしました。

(場合によっては、移設記事がネット上に反映されるのに少し時間がかかるかもしれません。その際は、ご不便をおかけし申し訳ございませんが、少しお待ちいただきますようよろしくお願いいたします。)

第2ブログ案内1

(上記ご案内はリンクになっておりませんので、お手数をおかけいたしますが、URLを入力、あるいは、「無空庵第二ブログ」等で検索して頂きますようよろしくお願い致します。)

無空庵第二ブログ左サイドバーのカテゴリ■セッション体験談・他のIさんの体験談・他のところ、または、第二ブログ上部の全記事一覧、または、左サイドバー下部の月別アーカイブ等から、2015年12月16日の記事をご覧ください。

【個人セッションに関してはこちらです。】
【お問い合わせ等はこちらからどうぞ。】

ランキングに参加しています。
よろしければ、クリック応援をお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
精神世界ラ
ンキング 人気ブログランキングへ
今回は、セッションを受けられているヒロさんから頂いた感想と無空の返信を、参考までにご紹介させて頂きます。

ヒロさま

感想ありがとうございました。



> 無空さま
>
> こんにちは。ヒロです。
>
> いつもお世話になります。
>
> 先日はセッションして頂きありがとうございました。
>
> 無空さんとのセッションの音声を振り返りながら
> いつも感想を書かせて頂いているのですが、
> その時の共鳴の感覚を思い出すことができますし、
> より理解の深まりと新たな気づきや発見が得られます。
>
>
> 共鳴の感想です。
>
> 最初の共鳴では、静止した不動の揺るぎない在るのまま、
> どんどんとクリアな透明度が増してくるのが分かりました。
>
> アイコンタクトでは、静寂の中からビックバンのような、
> 毎瞬更新されていく新鮮さと躍動感に満ち溢れていき、
> 静から起こる動の瞬間的なエネルギーを感じておりました。
>
> 瞑想では、個人(身体とマインド)と世界との分離は無く、
> 全てと一体(ひとつ)になり、起こることは起こる中で、
> 全体的な自然の流れに乗っているような軽やかさでした。
>
> ハートの共鳴では、広大であり微細でもある美しさと、
> 無限の愛の源泉から溢れる未知なる恩寵を感じられ、
> 制限のない心地良い寛ぎと至福に包まれておりました。
>
> 立場を変えての共鳴では、全体に行き渡っている
> エネルギーの大きなうねりのような感覚がありました。
>
> ニュートラルの共鳴では、全ての起こる体験と、
> それを直知している気づきそのものは変わらずに、
> シンプルにただ在るという状態でした。

感じとり方もさらに進んでいますね。

> いつも貴重なセッションをありがとうございます。
>
> また次回もよろしくお願いいたします。
>
> ヒロ

ありがとうございました。

無空
>
>
> P.S
>
> 先日、合同共鳴についてsatorinさんとしみっちさんに
> お話しとご相談をさせて頂き、その時に
> ある程度まとまった概要を後程お送りさせて頂きます。
>
> よろしくお願いいたします。

はい。
見させていただきます。


【個人セッションに関してはこちらです。】
【お問い合わせ等はこちらからどうぞ。】

ランキングに参加しています。
よろしければ、クリック応援をお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
精神世界ラ
ンキング 人気ブログランキングへ
今回は、セッションを受けられているヒロさんから頂いた感想と無空の返信を、参考までにご紹介させて頂きます。

ヒロ様

感想ありがとうございます。

> 無空様
>
> おはようございます。ヒロです。
> いつもお世話になります。
>
> 昨日はセッション及びアドバイスを頂き
> ありがとうございました。
>
> お陰さまで、合同共鳴の件につきましても、
> より具体的にすることができましたので、
> 詳細な概要をまとめさせて頂き次第、
> 改めてご報告させて頂きます。

はい、お願い致します。

> 共鳴の感想です。
>
> 最初の共鳴から、普遍的で揺るぎない在るに確立し、
> 在ることの力強さ、安定感、安らぎを感じられました。

いいですね。

> アイコンタクトでは、在るから起こる無限の多様性から、
> その多彩な表現の豊かさ、ユーモアさを感じておりました。

全体的視点に余裕が出てきて、ユーモアも感じれるようになってきましたね。

> ハートの共鳴では、その表現される豊かさの全ては、
> ひとつの愛から起こる、全ては底知れぬ愛の表現であり、
> 全存在、全世界に行き渡っていると感じられました。

そうですね。

> そして、今もこうして、全ての存在と繋がることの
> 喜びや感謝に溢れております。
>
> 立場を変えての共鳴では、成長過程における
> 未知なる恩寵の扉を開いていく好奇心がありました。

未知への好奇心は、まさに真我から起こるものと言えますね。

> ニュートラルの共鳴では、全てと一体になりながら、
> 神聖さに満ちた、純粋な透明感に溢れておりました。

神聖さの感覚もさらに活性化しているようですね。

> これからも、真我をお伝えさせて頂く立場として、
> 伝えたいという気持ちが表面に出過ぎてしまうと、
> マインドが表面化してしまうことがありますので、
> 無空さんからアドバイス頂きましたように、
> この純粋さを意識しながら、それを忘れずに
> 純粋なまま伝えていけるように心掛けていきます。

常に、起こっている、という理解でいると、
自分自身も、そして起こっていることも純粋なままにしておくことができます。

そして、基本は、伝えるではなく、“在る”ことで、自然に “伝わる” です。
これもいつも忘れないようにしてください。

無空庵でセッションを受けている方々からも、
合同共鳴の際などのヒロさんの誠実で愛のあるメールフォローは
とても好評です。

さらに自信を持ち、同時に、謙虚であることを常に忘れず、精進してください。

> いつも貴重なセッションをして頂き
> ありがとうございます。
>
> また次回もよろしくお願いいたします。
>
> ヒロ

こちらこそよろしくお願い致します。

無空

【個人セッションに関してはこちらです。】
【お問い合わせ等はこちらからどうぞ。】

ランキングに参加しています。
よろしければ、クリック応援をお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
精神世界ラ
ンキング 人気ブログランキングへ