Y.Kさん体験談・他

ここでは、「Y.Kさん体験談・他」 に関する記事を紹介しています。

●ゼロ意識共鳴で、真我・無限の愛である本当の自分に目覚め、本当の自分を実現する!

真我はただ在る。ただ自分自身(愛)である。シンプルな生き方。シンプルな在り方。
無空庵で「愛」(存在の愛)と「空」、そして「在る」こと(自分自身であること)の素晴らしさを知る。
悟り・覚醒・変わらない愛と幸せ・心の平安を実現!

無空庵では、スカイプで全国の方を対象に、ゼロ意識共鳴個人セッションを行っています。
個人セッションは、ゼロ(仏教では空)の意識の共鳴ワークであり、心の浄化法、本当の自分を知る方法、無限の愛と自由、心の平和、本当の幸せ、真我覚醒、真我実現を促す方法です。

ラマナ・マハルシ、ニサルガダッタ・マハラジ、フーマン、エックハルト・トール、ガンガジ等の言及する「悟り」「覚醒」「真我」「本当の自分」の実現をサポート!メッセージ1 メッセージ2

※多忙のため、セッションに関するお問い合わせの返信には、数日~1週間くらいかかることがあります。また、同様の理由により、読者の方からのご質問にはお答え致しかねます。ブログへのコメントにもお返しできないことが多いと思いますが、あわせてご了承願います。

公開・日々の小さな合同共鳴
※どなたでも、森羅万象あらゆる存在の意識参加自由。
毎日6時、10時、11時、11時40分、13時10分、16時15分、17時、18時、21時 2011・11・3~
(6時以外は、無空庵の基本セッション時間です。)。
各30分(その内何分でも構いません。ただそっと意識を向けてみてください。そして、できる方はご自身の存在感覚、在るという感覚、又は、気づいている意識に気づいていてください。)
※参加された方々の記事。
蓮さん①, wingさん①のびのびさんsatorinさん

公開・週一合同ゼロ意識共鳴
※どなたでも、森羅万象あらゆる存在の意識参加自由。
毎週木曜日21時と21時30分から各30分間。 2011・11・10~
※こちらの記事もご覧ください。合同ゼロ意識共鳴は、集合意識の変容を促す。+感想③
第1回感想①感想②
※参加された方々の記事 しみっちさんWingさん蓮さん

こちらの記事は、無空庵第二ブログへ移設いたしました。

(場合によっては、移設記事がネット上に反映されるのに少し時間がかかるかもしれません。その際は、ご不便をおかけし申し訳ございませんが、少しお待ちいただきますようよろしくお願いいたします。)

第2ブログ案内1

(上記ご案内はリンクになっておりませんので、お手数をおかけいたしますが、URLを入力、あるいは、「無空庵第2ブログ」等で検索して頂きますようよろしくお願い致します。)

無空庵第二ブログ左サイドバーのカテゴリ■セッション体験談・他のY.Kさんの体験談・他のところ、または、第二ブログ上部の全記事一覧、または、左サイドバー下部の月別アーカイブ等から、2015年12月14日の記事をご覧ください。
【個人セッションに関してはこちらです。】
【お問い合わせ等はこちらからどうぞ。】

ランキングに参加しています。
よろしければ、クリック応援をお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
精神世界ラ
ンキング 人気ブログランキングへ
写真素材 PIXTA
(c) Dw1写真素材 PIXTA


今回は、セッションを受けられているY.Kさんから頂いた感想と無空の返信を、参考までにご紹介させて頂きます。

こんばんは。

ご報告ありがとうございました。

> おはようございます。
>
> いつもセッションをありがとうございます。
>
> セッションのご報告です。
>
> ここ数回のセッションのご報告をまとめて行ないます。
>
> セッションを行っていただく毎に安定感は増し、純粋意識に意識を向けることに違和感や迷いはなく、ごく自然な当たり前の感覚を覚えるようになりました。

それ(真我)で在ることが自然なものとなること、それ(真我)が自然に生きられるようになることが真我実現ですので、それ(真我・純粋意識)に意識を向けることが自然で当たり前になってこられたということはとてもいいですね。
>
>
>
> 喜びなどのポジティブな感覚も覚えることがありますが、それに巻き込まれることもなく、その喜びなどのポジティブな感覚を静かにただ眺める意識を感じるようになりました。

それが、真我(純粋意識・本当の自分)です。
>
> 最近は「静寂」や「不動」といった感覚を覚えることが多いです。

素晴らしいですね。
>
> 日常での変化は、日常でちょっとしたマインドの動きも確実に捉えることができるようになり、そのマインドの動きの背景にある観念にも意識が向きます。

静かでクリア、そして微細になればなるほど、小さなマインドの動き、あるいはマインドの初動を捉える事ができるようになってきます。
観念も見えていらっしゃるようですので、かなりクリアな状態ですね。

> そして、その観念をもジャッジすることはなく、ただありのままを眺める、観察するといったことが容易になりつつあります。
>
> これまでもいろんなことを学んでまいりましたので、ただ観念を観察するようにすればいいことは理屈では理解していたつもりですが、実際の人とのかかわりの中では、ややもすれば、マインドの動きに飲み込まれる場面もありましたが、最近はそんな場面でも、ただ観察することができます。

かなり存在に確立されてこられているようですね。
>
>
>
> 今は真我に意識を向けることをもっと深め、味わい尽くすようにしたいと思っております。
>
> おそらく終わりはないように感じておりますので、より深い境地へ向う旅を続けることになりそうです。

それ(真我)の無限性を感じられるようになりますと、終わりはないと感じられるようになりますね。
このステージにこられた方は幸いです。
真我の深み、味わいは、本当に素晴らしいものがあります。
>
> 今後ともご指導のほど、よろしくお願い申し上げます。

こちらこそよろしくお願い致します。

無空


【個人セッションに関してはこちらです。】
【お問い合わせ等はこちらからどうぞ。】

ランキングに参加しています。
よろしければ、クリック応援をお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
精神世界ラ
ンキング 人気ブログランキングへ

(c) .foto project


今回は、セッションを受けられているY.Kさんから頂いた感想と無空の返信を、参考までにご紹介させて頂きます。(その2)

前回の続きです。

> セッション中、私としては「真我」をちゃんと捉えた状態で、無空さんと対話しているといった感覚でしたので、終了後、その点に関し質問してみました。
>
> すると無空さんのお答えも私が捉えていたものは、「間違いなく真我」だということでした。
>
> ただ、正直に言うと、そのときの状態には多少の物足りなさを感じておりました。

そう感じるのはマインドですね。
>
> というのは、クリアな状態でのリラックス感は、心地いいものではありましたが、他の方の無空さんのブログにあるような「大きな喜び」を感じるほどのものではなかったからです。

それぞれの方で体験も違いますし、また同じ方でもいつも同じ体験とは限りません。
Y.Kさんの体験、感じ方もこれからさらに深まっていきます。
>
> 無空さんのブログでは、セッション中の方が「これ以上のものはない」などと大感動している様子や至福にも近いような感覚を覚えておられる方の記述をこれまで見てきました。
>
> これらの記述から比べると「自分はまだまだなのだろう」という自己否定や焦燥感に近い感覚を覚えることがあります。

マインドの自然な反応ですが、それはマインドであり、本当の自分ではないと気づいていて、そこから離れていてください。
>
> 決して「嫉妬」を感じることはありませんが、「いいなあ」という「羨望」は感じてしまいます。
>
>
> 無空さんは、私の状態を「まだ、腑には落ちていない」と表現しておられましたが、おそらく私はまだまだしっかりと捉えることができていないため、喜びを感じることができないのだろうと思っておりましたところ、

しっかりと捉えることができている段階にはあると思います。
これからそれ(真我)にもっとそれに馴染み、また、ご自身がより微細になっていくことにより、そこにある微細な喜びを感じとることができるようになっていきます。

02/04(金)の「個人は、真我から起こってきている現象」というタイトルの記事を拝見いたしました。
> http://mukuuan.blog9.fc2.com/blog-entry-1108.html>
> そこには「無空庵は、個人セッションのスタイルではありますが、受けてる方々全体としてグループで進んでいるという側面もあります。」
> 「ひとりの気づきが、グループ全体に大きな影響を及ぼします。」
> 「自分の中に、気づき、変容が起こったら、セッションを受けてる皆さんに感謝される習慣をつけられるといいですね。」
> 「すべてはありがたいわけです。」
>
> という記述がありました。
>
> これまで、私にはグループで進んでいるという感覚はありませんでしたが、たとえ左脳的であるにせよ「グループ全体に大きな影響を及ぼしている」と認識しておれば、他の方の進みを歓迎することができるかもしれません。
>
> この記事を今後の励みにしたいと思っております。

ブログを熱心に読んで頂いているようでありがとうございます。
一人一人の気づきが全体を養っています。
また、真我、愛のレベルには、自分も他人も分け隔てるものは何もありません。
他の方の喜びは自分の喜びであり、他の方は気づきは自分の気づきです。
無空庵はそのようにして進んでいます。
>
> ありがとうございます。

こちらこそありがとうございます。

無空

【個人セッションに関してはこちらです。】
【お問い合わせ等はこちらからどうぞ。】

ランキングに参加しています。
よろしければ、クリック応援をお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
精神世界ラ
ンキング 人気ブログランキングへ
写真素材 PIXTA
(c) Ric-Anderson写真素材 PIXTA


今回は、セッションを受けられているY.Kさんから頂いた感想と無空の返信を、参考までにご紹介させて頂きます。(その1)

ご報告ありがとうございました。

> いつもセッションをありがとうございます。
> いつもなら、週に一度のセッションが、今回は、ひと月ぶりでした。
>
> 今年の年明けから、激しい腰痛やノロウィルスに感染するなど、多くの身体的アクシデントに見舞われ、セッション直前でのキャンセルを余儀なくされました。
> お許しください。

大きな浄化が続きましたね。
起こることはすでに許されているから起こります。
キャンセルの件もただ起こっていることですので、大丈夫です。
>
> さて、久々のセッションでしたので、どのような状態になるのか、ちょっと不安もありましたが、セッションを始めるとすぐにこれまでどおりのいい状態に入り込むことができました。

もうかなり安定して穏やかな状態になられていましたから、ブランクを感じさせない状態でしたね。
また、大きな浄化のあとは、よりクリアになっていますので、スムーズによい状態に入ることが出来たとも言えます。
>
> 言葉で言い表すと「深いリラックス」としか言えませんが、ちゃんと意識がはっきりとしている状態で、深くリラックスしているのはなんとも心地いいものです。

純粋な意識として在るときの心地よさ、本当の自分で在るときの心地よさとも言えますね。

次回に続きます。

【個人セッションに関してはこちらです。】
【お問い合わせ等はこちらからどうぞ。】

ランキングに参加しています。
よろしければ、クリック応援をお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
精神世界ラ
ンキング 人気ブログランキングへ

Swan Mountain Range / Bitterroot


今回は、セッションを受けられているY.Kさんから頂いた感想と無空の返信を、参考までにご紹介させて頂きます。(その2)

前回の続きです。

> さて、今回のセッションは、いつものように穏やかさから始まりました。
> 目を閉じての瞑想では、今回も相当深いところに入り込めたのではないかと思っております。
> ここまでは、これまでも似たような感覚がありましたので、特筆すべき用なことではありません。

ある意味、いつも穏やかで深い意識に入れていること自体がすごいことですね。
それだけクリアで安定されているということです。
>
> さて、立場を変えての共鳴のときのことです。
> 無空さんが私の意識状態に共鳴するといった役割交代ですね。
> 私が主体にならなければ、と思い、純粋意識状態に意識を向けようとしました。
> すると突然ネガティブなマインドがうるさく主張し始めます。
> それは「まだ、私はわかっていない」「いつになったら、純粋意識状態に意識を向けられるようになるんだろう」という嘆きにも近い、ちょっと悲しみの感情を伴った思いでした。
> すると次の瞬間「あるじゃないか」という声が聞こえてきたような気がしました。
> 正確には、声が聞こえてきたわけではなく、そんな思いが言葉として湧き上がったという感じでしょうか。

そうですね。
純粋意識・真我は沈黙そのものでもありますから、それが話すということはないのですが、その「在る」という気づきが言葉に翻訳されて、そのように聞こえたという感じかもしれませんね。

> すると、かすかではありますが、不動のものを感じます。
> それは、揺るぎなく、これまでも存在していたけれど、単に意識が向けられるのを黙って待っていた存在といってもいいでしょうか。

全くそのとおりです。
それは沈黙し、不動のまま、ずっと存在していた全ての存在の基盤にある存在性そのものです。

> ただ、この感じは強烈なものではなく、ほんとうに微細な感覚であり、ややもすれば簡単に他に意識が向けられてしまうものという感じがしました。


そうです。それはずっとある感覚で、あまりにも当たり前過ぎて、普段、純粋にそれだけに焦点を当てるということはななかなかない感覚です。
また、その感覚を知っていたとしても、マインド、そしてこの行動・変化・成長・達成(何かをする。何かになる。何かを成し遂げる。)の世界ではそれを重要視しないため、それに焦点を当てて続け、それを純粋な状態でさらに深く感じ、理解し、不動の真の自分として受けていくということはほとんどありません。

> もしかすると「真我」の一片をつかみかけたのかな、と思いましたが、この私の判断が適切なのかどうかは、よくわかりません。

その理解でよろしいです。
そのかすかな感覚の不動の存在、「あるじゃないか」とその存在自体が語っている沈黙の存在に、意識を向けていきましょう。

それは、書かれてあるように、沈黙したまま、ただ気づいてくれるのをずっと待っていました。
それが本当の自分です。

無空

【個人セッションに関してはこちらです。】
【お問い合わせ等はこちらからどうぞ。】

ランキングに参加しています。
よろしければ、クリック応援をお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
精神世界ラ
ンキング 人気ブログランキングへ