S(しみっち)さん体験談・他

ここでは、「S(しみっち)さん体験談・他」 に関する記事を紹介しています。

●ゼロ意識共鳴で、真我・無限の愛である本当の自分に目覚め、本当の自分を実現する!

真我はただ在る。ただ自分自身(愛)である。シンプルな生き方。シンプルな在り方。
無空庵で「愛」(存在の愛)と「空」、そして「在る」こと(自分自身であること)の素晴らしさを知る。
悟り・覚醒・変わらない愛と幸せ・心の平安を実現!

無空庵では、スカイプで全国の方を対象に、ゼロ意識共鳴個人セッションを行っています。
個人セッションは、ゼロ(仏教では空)の意識の共鳴ワークであり、心の浄化法、本当の自分を知る方法、無限の愛と自由、心の平和、本当の幸せ、真我覚醒、真我実現を促す方法です。

ラマナ・マハルシ、ニサルガダッタ・マハラジ、フーマン、エックハルト・トール、ガンガジ等の言及する「悟り」「覚醒」「真我」「本当の自分」の実現をサポート!メッセージ1 メッセージ2

※多忙のため、セッションに関するお問い合わせの返信には、数日~1週間くらいかかることがあります。また、同様の理由により、読者の方からのご質問にはお答え致しかねます。ブログへのコメントにもお返しできないことが多いと思いますが、あわせてご了承願います。

公開・日々の小さな合同共鳴
※どなたでも、森羅万象あらゆる存在の意識参加自由。
毎日6時、10時、11時、11時40分、13時10分、16時15分、17時、18時、21時 2011・11・3~
(6時以外は、無空庵の基本セッション時間です。)。
各30分(その内何分でも構いません。ただそっと意識を向けてみてください。そして、できる方はご自身の存在感覚、在るという感覚、又は、気づいている意識に気づいていてください。)
※参加された方々の記事。
蓮さん①, wingさん①のびのびさんsatorinさん

公開・週一合同ゼロ意識共鳴
※どなたでも、森羅万象あらゆる存在の意識参加自由。
毎週木曜日21時と21時30分から各30分間。 2011・11・10~
※こちらの記事もご覧ください。合同ゼロ意識共鳴は、集合意識の変容を促す。+感想③
第1回感想①感想②
※参加された方々の記事 しみっちさんWingさん蓮さん

今回は、セッションを受けられているしみっちさんから頂いた感想とお知らせをご紹介させて頂きます。

今日もセッションありがとうございました。

先日ゆらき舎での『あるがままの集い』に参加させていただきました。
そこで分けていただいた在るがままの自然という「胞子」を、以前蓮さんとひそやかに行いました共鳴会の土壌へと持ち帰り、
今月から関東でも、実際にお会いしての共鳴会『あるがままの集い』という形で芽吹くことになりました。
これはゼロ意識共鳴の個人セッションを受けている皆様のサポートとなるようにという思いと共に起こってきました。

参加いただける対象の方は
・現在、無空庵で個人セッションを受けている皆様
・現在、「satorinさん、蓮さん、ヒロさん、かまらさん、NORIKOさん、しみっち」の個人セッションを受けている皆様

以上の方なら、全国からどなたでも参加いただけます。

『あるがままの集い』関東 第1回目は、12月23日11時から起こります。
昨日からこちら↓の記事で参加申し込みの募集を始めました。
http://ameblo.jp/wakuwaku4310/entry-11423364202.html

無空庵のブログでもご紹介いただけたら幸いですm(_ _)m



では、今日のセッションの感想です。

相変わらず、言葉になりませんが、徒然と。


在るの正す力、トータルかつニュートラルであることの必然。

どこまでも深く深く、深さが深さを超え不動なる確かな深みとして在る。

完全に見ていないといえるほどに見を超えた見、熟睡した目覚めと呼べる無が、至福として完全に揺るがずに安らいでおります。

そして、それは限りなく「普通」です。

ありません、無いも在るもありません

というほどに、

純粋・・

いや、純粋ですら無いほどに

ただ・・


でした。



ただそうであるままにあり、それを静寂と呼ぶことが許されるなら

せわしない顕れがどこまでもはっきりと、限りなく見事に余さず浮き彫りにされ、輝き、同時に見事に消えている。

そのさりげなき偉業 が なおさりげなく 無限のさりげなさ 自然 に 

ここで誰もおらず立ち会っています。


そして、やはりここに書いたものすべて消え、ただ在るとしか言えません。





今回も、本当にありがとうございました。



しみっち


【個人セッションに関してはこちらです。】
【お問い合わせ等はこちらからどうぞ。】

ランキングに参加しています。
よろしければ、クリック応援をお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
精神世界ラ
ンキング 人気ブログランキングへ
今回は、セッションを受けられているS(しみっち)さんから頂いた感想をご紹介させて頂きます。

(いつもは、ご自身のブログの方に、セッション後の感想等を書かれています。「ゼロ意識共鳴セッションにて。


無空さんへ



しみっちです。
先ほどはありがとうございました

ひさびさになりますが、直接感想をお送りしたくなり、メールいたしました。



初めの共鳴

無 在る 消えるほど柔らかく圧倒的に



アイコンタクト

ただ真実

真実存在とでもいいましょうか

その真実存在から真実という光が放たれて真実が真実のまま顕現している

真実が在る



瞑想

無限なる広がり そして不動なる無



ハート

ただ意識の海



立場を変えて

在ることの喜び
存在の神聖さ、偉大さ、至福を超えた至福、素晴らしさ



立ち場なし

ああ





これを知る、なにものにも代えがたき尽くしがたい至高なる感謝があります。

かけがえのないこの機会をいただけていること

あらゆることを超えて、本当にありがとうございます


無空さんへ、この感謝を沈黙に乗せて。






しみっち
【個人セッションに関してはこちらです。】
【お問い合わせ等はこちらからどうぞ。】

ランキングに参加しています。
よろしければ、クリック応援をお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
精神世界ラ
ンキング 人気ブログランキングへ
今回は、セッションを受けられているSさんから頂いたメールと無空の返信を、参考までにご紹介させて頂きます。

Sさん

感想ありがとうございました。


> 無空さんこんばんは
>
> セッション後の記録を元に感想をお送りします。

> 55回(8・12)
> 連休っだったので先週感じたもので在ったのですが、仕事が始まるとマインド活発になり、まぁ見ていようとしていたわけですが、久々に真我の感じ?がわからなくなっていた(あれ、どうだったんだっけ?という。)状態で、少し気分的に落ちて、フラストレーションもあるくらいになっていたのですが、今日はとにかく仕事中に存在に意識を向けておりました。
>そうすると問題はそこになく、存在だけがあるので。

そうですね。

> ちょうどWINGさんのブログで仕事中も在る様が書かれていて(こちらです→http://hikariwing.jugem.jp/?day=20110811)、それが非常にタイミングよく入ってきました。

セッションを受けられている方々は、みんなで共鳴し合い、刺激し合い、サポートし合いながら進んでいますね。

> 「反応がおきるうちは起きるし、起きなくなったら起きなくなっただし、まぁ在るは反応が起きようが起きまいが関係ないですけどね(笑)」という無空さんの軽やかさと共に共鳴に入りました。

> で、落ち気味だった状態から、共鳴に入るとあっという間にぐーーっと場が変わり、不動の状態になる、それがはっきり・深く・強くなっていき、あらためて共鳴ってすごいなって、当時「これだけは続けよう」って言ってたのを感じ直したようでした。

> そして、無空さんの「洗練された普通さ」、その在り方、その洗練された普通度合い(笑)、こんな普通さが出せるんだ(在れるんだ)っていうものでした。

普通さ、自然さも無限です(笑)。

> アイコンタクトでは、理解がぐわーと愛なんです。
>そこで無空さんがおっしゃった「自己理解」というのが的確で、「自身」の「わかっている」「愛」なんですが、それが広がりがあるという・宇宙というかそのような(的確ではないですが)感じで、すべてに浸透している愛、それがただ自己理解なんです。

理解のサポートになったようでよかったです。

> それで、まぁなんとも素晴らしいですよ。今ここで、理解が、愛が・・なんです。

そのとおりです。

> 瞑想では、想念はばーと出てきますが、その分それにまったく関与せずにただあるもの「無」、その無ゆえの観照意識と以前言ったところの微細な中に、愛とか理解、理解の愛があって、それが先にいった「洗練した普通さ・自然さ」、落ち着くべきところ、真に事実であるところのものですが、無の観照の在り方の中ゆえの理解と愛のその自然な広がり、みたいな感じ(?)。

> 愛、理解、観照意識等々と言っているそれが、その繊細な微細な普通な自然なその部分でひとつにトータルにわかるわけですね。まぁ、トータルな理解のひとつですね。

そうですね。

> で、ハートの共鳴では
> もう何にも考えられず、ただただもうそのままありのまま

> 立場をかえては、表現不能

> 立場なしでは、個が本当になくて、個を見失うというか、個に戻ってくるのに時間がかかるくらいでした。
> まぁ、トータルでありました。

よかったですね。
>
>
>
> また後日、56回目以降をお送りします。

ありがとうございました。

無空

【個人セッションに関してはこちらです。】
【お問い合わせ等はこちらからどうぞ。】

ランキングに参加しています。
よろしければ、クリック応援をお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
精神世界ラ
ンキング 人気ブログランキングへ
今回は、セッションを受けられているSさんから頂いたメールと無空の返信を、参考までにご紹介させて頂きます。

Sさん

感想ありがとうございました。


> 無空さんこんばんは
>
> セッション後の記録を元に感想をお送りします。
>
> 54回目(8/5)
>
> 今週は腹痛やら方の痛みなど身体に来ていたり、前回の気付きに連動したマインドの抵抗、あとは調べ物で忙しくしていたのもあって首の痛みが結構ありました。

> 共鳴では、そんな痛みがありながらも、「動かないところ」があることがわかり、また、「元に戻る・リフレッシュ・懐かしさ・暖かい・愛」という質がそこにあります。

> アイコンタクトでは、意識がだんだん遠のいていくというか、何も考えてられない状態というか、意識がなくなっていくような状態になりました。
>
>

いいですね。

> また、どこでもない中心がはっきり感じられ、それがどんどんそこに入って行く・強くなる・深くなる。

> 瞑想では、その延長で無の海の中にいる。夢を見ているように想念が出てくるのですが、出てきたままにその背後の海が深くはっきりとある。

いいですね。

> 立場を変えてでは、もう立場を変えることがなんなのか一瞬分からない、そのことを忘れていた状態で、意識を戻して、今度は前回わかった意識しかないということを、前回はどこか平面的(意識のスクリーンに現象が映っているので意識しかない)な捉え方をしていたようで(一瞬の理解だったのでそのように記憶に残してる)、今回は広がりの中で「意識の中に現象が映し出されている」といような感じで意識しかないというのがわかった感じでした。

理解が進みましたね。

>空間も空間を超えたものである意識の中にある。
>いきいきとしたその意識「それ」であるという感じになり、この個とか想念とかも全部がその意識の中に在る。。
>空間も意識であるわたしで、わたしの中に現れている。完全にみちあふれたわたし。

はい。

> 立場なしでは、その感じがもっと落ち着いて、深遠になり、ただそうで、ただそうだという静かな深い確信・味わいがある、わかってる、広がりある理解・・意識。
> とにかく非常にいい感じでした(笑)

そうですね。

> トータルにこなれてきたというか。個がなくてそれだということがより感じられるようになってきた。
> 存在=意識。

そうですね。

【個人セッションに関してはこちらです。】
【お問い合わせ等はこちらからどうぞ。】

ランキングに参加しています。
よろしければ、クリック応援をお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
精神世界ラ
ンキング 人気ブログランキングへ
今回は、セッションを受けられているSさんから頂いたメールと無空の返信を、参考までにご紹介させて頂きます。

Sさん

感想ありがとうございました。


> 無空さんこんばんは
>
> セッション後の記録を元に感想をお送りします。
>
>
> 53回目(7/29)
> アンマに会ってきた週でした。アンマはいい意味で「普通」でした。

本物は、普通です(笑)。

> あと、ここのところは感情反応があったり気付きが訪れたりをずーと繰り返しているのですが、起きている事に意味はないなってことを改めて感じました。

よい再認識ですね。

>無意識に習慣でマインドが「人生や起こってくる事には意味があるんだ」って思っていたので、無意識にそのように感じて出来事に反応していることに気付き、何かが抜けたようでした。

>また、身体的な痛みなどに引っぱられがちですが、短い間ですが観照意識に結構シフトしていると、それも関係なくなる、超えてあるんだなってことが起きたりしました。

よい体験と理解が起こりましたね。

> 観照意識
> 共鳴に入る事で、そこを感じていられる状態になりました。
> アイコンタクトの時に、画面が固まって無空さんが映っていない状態になったのですが、それでもその意識に留まっていたら、本当に「意識しかない」ということ、意識の上に全部が映っているというか、意識の上?中? 広がりも無く(無限の広がりでもあるのですが)、とにかく本当に意識しかなくて、自他とかないし自分と無空さんということではなくなっちゃって、意識だけがあってそこに映ってる映像があるだけっていう理解がおきました。

画面が固まったことに感謝ですね。
その画面が固まったことと、起こった理解はひとつです。 

> そこで無空さんが「起きてるように見えるけど、それだけなんです、シンプルですね」と言ったとおりなんです。

> そして、瞑想に入るんですが、無で空で対象でありえないものだからどうにも描写もできないし、どの側面でも無いんです。
>最近深まってきたいろんな描写、

>個がない感じとか、無とか、空とか、広がりであり唯一の一点であるのを、それを結構深く感じていても、
>それが本当にそれだけであるということがそういう側面にならざるを得ない、
>だから距離がない・主観性とか・無限の広がりとか、調和などなど、はそれしかないからそうなんだ、って、
>これ前にも言ってたけど、それが理解としてどんと入ってきました。

>だから側面として捉えられないものだという理解も逆に深く、捉えられないもの、けれども唯一何とも分離できないものである。常にずっと当然この現象全てもそれ(の中にというか)

> 笑っちゃうのが、 なんとなくわかってもいたしなんとなく感じていたし、なんとなく理解としてあったものが、
>本当にそうだったってのが衝撃でした。

>本当にそうだったんだっていう感じがありました。(これも深まるんだろうけど(笑))

> そういう意味では、マインドとのコラボと言ったけど、本当に無限であらざるを得ないものです。
>空とか無とかも。
>そうであらざるを得ないですね。

>それしかないので。

そのとおりです。

>この「それしかないので」も事実。
> 覚者の言っていた「自分を洞察しろ(?)」というのもわかる、それしかないということだからなんだけど、意識が。

> 超えているところ、改めて思ったけど、現象の自分を改善していこうという取り組みではもうまるでないわけで、それがどうであろうと身体思考感情がどうであろうと、もうそれ

> それであるととらわれない影響を受けないところにいれば、(現象の自分は)ないようなものになっているという感じ。

>だから、現象に「どれだけ飲み込まれるか」ということが個であること。それであるというのが、本当にそうなんだなぁということ、それであれた・・・

> 身体ものめり込んだ(意識の同一化した)もの。
> 「これ」を確立していく、そっちにシフトしていくと。

> だからけっこう、共鳴の色々な体験の中で、 その気付いてるものに向ける、その本体だっていうところ、は在ると思います。
>そこから全部の質がでてる。だからある程度その質にのめり込んだ時に大きく体験する、身体にのめり込んで身体をがっつり感じる・リアルに感じるように、質もその質のところに入ればその質がぶわーと大きくなるし、これが意識を向けたところが大きくなる(繁栄する/展開する)、意識を向けたところがって言われている所以なのかもな。

> そんな風に分かってきます。それしかないからね(笑) わかるしかないんです。ということでした。

はい。

> あと、ハートの共鳴、上記の理解があるうえでのハート
> 立ち場なし その理解の上でなんともいいがたい 
>個がなくおきている現れ、これが「現れていない」ということで・・・それは理解だなぁ。
>その状態はもう消えるしかないので。
>この現象としてこうしてる間は理解というしかないかなあという感じです。

そうですか。
現れていても、絶対的に現れていないという実感は起こります。
目の前に何か映っていても、何も存在しない。誰もいない。という感覚も起こります。
最近のSさんだと、時間については、現象は起こって、流れ、動きがあっても時間は無い、という状態で在れた、ということでしたから、ある意味、それと同じということもできますね。(視点はいろいろですが。)

【個人セッションに関してはこちらです。】
【お問い合わせ等はこちらからどうぞ。】

ランキングに参加しています。
よろしければ、クリック応援をお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
精神世界ラ
ンキング 人気ブログランキングへ