無空庵の個人セッションは、ゼロ(仏教では空)の場による心の浄化法、本当の自分を知る方法、心の平和・愛と幸せ・真我覚醒・真我実現を促す方法です。

●ゼロ意識共鳴で、真我・無限の愛である本当の自分に目覚め、本当の自分を実現する!

真我はただ在る。ただ自分自身(愛)である。シンプルな生き方。シンプルな在り方。
無空庵で「愛」(存在の愛)と「空」、そして「在る」こと(自分自身であること)の素晴らしさを知る。
悟り・覚醒・変わらない愛と幸せ・心の平安を実現!

無空庵では、スカイプで全国の方を対象に、ゼロ意識共鳴個人セッションを行っています。
個人セッションは、ゼロ(仏教では空)の意識の共鳴ワークであり、心の浄化法、本当の自分を知る方法、無限の愛と自由、心の平和、本当の幸せ、真我覚醒、真我実現を促す方法です。

ラマナ・マハルシ、ニサルガダッタ・マハラジ、フーマン、エックハルト・トール、ガンガジ等の言及する「悟り」「覚醒」「真我」「本当の自分」の実現をサポート!メッセージ1 メッセージ2

※多忙のため、セッションに関するお問い合わせの返信には、数日~1週間くらいかかることがあります。また、同様の理由により、読者の方からのご質問にはお答え致しかねます。ブログへのコメントにもお返しできないことが多いと思いますが、あわせてご了承願います。

公開・日々の小さな合同共鳴
※どなたでも、森羅万象あらゆる存在の意識参加自由。
毎日6時、10時、11時、11時40分、13時10分、16時15分、17時、18時、21時 2011・11・3~
(6時以外は、無空庵の基本セッション時間です。)。
各30分(その内何分でも構いません。ただそっと意識を向けてみてください。そして、できる方はご自身の存在感覚、在るという感覚、又は、気づいている意識に気づいていてください。)
※参加された方々の記事。
蓮さん①, wingさん①のびのびさんsatorinさん

公開・週一合同ゼロ意識共鳴
※どなたでも、森羅万象あらゆる存在の意識参加自由。
毎週木曜日21時と21時30分から各30分間。 2011・11・10~
※こちらの記事もご覧ください。合同ゼロ意識共鳴は、集合意識の変容を促す。+感想③
第1回感想①感想②
※参加された方々の記事 しみっちさんWingさん蓮さん




今回は、先日、ご紹介させて頂きましたA.Yさんからセッション後に頂いたメールへの無空の返信をご紹介いたします。
5回に分けてご紹介していますが、今回が5回目です。


A.Yさんなら、素晴らしい教師、マスターになれると思います。

セッションを受けながら、できるだけ多くのものを私から吸収してください。

共鳴による覚醒サポートは、最も強力で、かつとても優しいです。

私自身、今の個人セッションスタイルでサポートできるのは、せいぜい20~40人くらいではないかと思っています。(時間を短くすれば、もうちょっといけるかもしれませんが。)

必要が生じれば、また、別のスタイルも起こってくるかもしれませんが(例えば、20人、100人と同時に行っていったり・・・)、一人一人に十分な時間をとり、たくさんの言葉をかけ、またメールのやりとりをするのは人数限定ですね。(メールの返信はそろそろ限界ですね(笑)。)

その中から、A.Yさんのように、ご縁のある方へ、真の悟り・覚醒・愛などを伝えていって頂ける方が出てくればという思いは昔から持っていました。(悟り・覚醒を伝えていくことのできるリーダーを育てる、ということですね。)

意識の高い方、志の高い方へ伝え、そこからさらに広がっていく、という感じですね。

(現在は、その思いも手放していましたが、忘れた頃、手放した頃に実現するというやつでしょうか(笑)。)

私自身は、家のことなどやることもありますので、これをフルにというわけにはいきません。

でも、求めている人は全国にたくさんいらっしゃいます。

そのような方に真実が届くよう、A.Yさんのような方が出てきてくれるのは、ほんとうに嬉しい限りです。


それから、思考停止、至福体験の報告もありがとうございます。

またまた、素晴らしい体験をされましたね。

体験を重ね、理解を深めていきましょう。

では、またセッションで。

無空

【個人セッションに関してはこちらです。】
【お問い合わせ等はこちらからどうぞ。】

ランキングに参加しています。
よろしければ、クリック応援をお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
精神世界ラ
ンキング 人気ブログランキングへ

関連タグ : マスター, 真我・教師, 覚醒・指導者, 目覚め・指導者, 導師,




今回から、無料体験セッションから急速に変容を遂げ続けられているA.Yさん(無料体験セッション体験談。3回目セッション体験談参照)からの無料体験セッション前のメール、そして、無空とのやりとりをご本人のご承諾を得て、ご紹介いていきます。

今回は第1回目です。

A.Yさん

・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・
彼は「見性した」というのですが、覚者からの学びをした僕から見ると、「境地がある人」「境地を手放す気持がない人」「悟りを握っている人」に見えるんです。

でも、○○さんのおかげで僕自身がよく分かりました。僕は、「静寂・安らぎ・至福・自由・解放・平和」という境地を求めていたんです。
だから、○○さんの悟り(?)に心奪われたんです。
こういうものすべてを超えていくことが悟りなんだなあ、と思いました。「なにもない」ってやつですかね??

僕は今、理屈の学びはだいたい終わったなあ、と感じています。だから、体験したいんです。
もちろん、「あらゆる体験に執着しない」「あらゆる体験を超えていく」ということがキーポイントであることは、覚者から学んでいます。
でもそれは、体験あってのものでしょう。
体験あってこそ、「体験を超える」という言葉にリアリティーが生まれるんだと思います。
今の僕では、ホントのところはなんにも分からないわけです。

だからこそ、無空さんのセッションを受けたいのです。
セッションだけで最後まで行けるとは思ってませんが、まずは「空」ってやつを体験したい。
そして、それに成り切りたい。
空とひとつになりたい。
僕の強く握っている思考を全部、空へと手放して、溶かしたい。
そして、自分というものを徹底的に、消し去りたい。
自分というしんどいものが全部、きれいになくなること。跡形もなく、消え去ること。
それが僕の希望です。
背負ってきた重荷を全部、空へと預けてしまいたいです。
(無空:3、4回のセッションで大きなこだわりが落ちました。)

今では、かつての「全人類の永遠の幸福」「全人類の悟り」は、どこかへ消えていってしまいました。
巷でうわさのアセンションとやらも、かつては興味いっぱいでしたが、今ではほとんどまったく興味を失ってしまいました。
今の僕の関心は、もっぱら自己消滅にあります。
空だか何かに向かって消滅してゆく、のかな??

さて、ここでひとつ、正直に告白しなければなりません。
無空さんのいる場所について、僕はこう思っています。
「無空さんはほぼ確実に、ひとつになって何もない世界をハッキリ知っている。
しかし、ひとつへと落ち着くことができた人かどうかはよく分からない。
そしてまた、ひとつになった自分(悟り)をも手放した人かどうかについては、正直、疑問符がある。」

しかし、こうも思っています。
「無空さんが仮に、最後まで行った人でなかったとしても、無空さんの見ている方向は、僕が学び、望んでいる道と一緒だろう。だから、無空さんは信頼できる方だと思う」

そして、こうも思います。
「無空さんは確実に、僕を空の境地へと誘ってくれるだろう。無空さんが完璧に悟ったかどうかよりも、僕自身がまず、空を体験することだ。そして、僕自身の体験を基礎にして、さらなる歩みを進めるのが悟りへの道だろう」

なんだか硬くなってしまいましたが(笑)、要は、「無空さんではなく、自分をベースにしよう」ってことです。僕自身を中心にすえる!(笑)そうすれば、色んなものが大切なものになる。僕自身の歩みへの力になってくれるものはみな、素晴らしいわけです(笑)

だから、無空さんにゆだねます。
現在の無空さんのそのままを受け取りたいのです。
無空さんに乗っ取られてしまいたいのです。
僕なんて、いらないんです!僕を中心にすれば、そうせざるをえないでしょう!

こんなに長くなってしまってごめんなさい。これが、無空さんのセッションを受ける動機と目的、その背景です。

瞑想は、こんな僕のために役立つなら、やりたいです。
役に立たないなら、やる気はないです。というか、やる気が失せてしまうでしょう(笑)だから、何がなんでも瞑想だ!と思ってるわけではないです。


当たり前かもしれませんね(笑)

以上、よろしくお願いいたします。

無空返信:

・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・
セミナーに通いながら、仕事で整体をしていましたが、そこで、週一回いらっしゃる方の内面の変容をアイコンタクトなどをしながらサポートしていました。
共鳴状態の中で導きながら行っていましたが、フーマンの本と出会い、フーマンも同じようなスタイルでやっているというのを知りました。
そして、これでいいんだということをますます確信し、その後、スカイプでも覚醒のサポートが出来たので、今に到っています。

私の理解は、フーマン、ニサルガダッタ・マハラジ、ラマナ・マハルシとほぼ同じと思っていただいてよろしいと思います。
ただ、頂いたメールにも書いていただきましたが、私は、まだ個人の部分を持っています。

(無空補足:今は、個人の意識も、覚醒意識、悟り意識も特に意識してない感じですね。普通です。でも、セッションでは皆さん、変容され、真我に気づかれ、覚醒者(単なる一時的体験でなく)も続出しています。)

24時間、真我そのものとなっているわけではありません。
常に背景にはそれが在りますが、日常活動の中では、結構、個人の領域に出張してる感じです(笑)。
(無空補足:これも自然にという感じですね。)

必要な時はいつでもそうなれる(真我)。意識的にも、自然にも。という感じです。
個人の部分はいつ落ちても構わないという意識はありますが、
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
個人の部分が残っている事も特に気にしてません。(特に邪魔にならないので)
完全に消えるときは消える、落ちるときは落ちる、という感じです。

ただ、このところ、もう少し真我の方にいる時間を長くしようという意識は起こってきました。

(無空補足:その頃はそのような思いも少しおきてきたのですが、今はないですね。起こってくることはやはり変化します(笑)。この時の言葉は、個人からより離れ、深く広がった意識の状態でもう少し長くいようかな、という思いが起こってきた、というような意味です。
そうでないときも、また、個人であるときも、ある視点から見れば、すべては真我です。)

全体の必要性がそうさせているのかもしれませんが、私にとっては、すべてはただ起こる、という理解です。(全く、一瞬も巻き込まれないというわけではもちろんありませんが)
個人が完全に落ちた状態が、完全な悟りというのであれば、まだ完全とはいえませんが、すでに探求する心は終わっていて、どこも目指してはいません。
ただ在るということが最も自然でベスト、という理解(悟り)の中にいます。

悟りを手放しているかどうか、ということにつきましては、悟りをつかんでいるものがいるうちはまだ悟りではないですね。
ただ、他の方のためにと言う声もあり、サイトを立ち上げましたので、伝えていく上では、いろんな表現をしていく必要がありますので、つかんでいるというふうに読み取れるようなところも出てくると思います。
実際、個人もまだ残っているので(個人の感覚も残っている)、そういう部分も文章にも出てくるところもあると思います。

でも、大切なのは、A.Yさんが書かれてあるとおり、A.Yさんご自身がどう変わるかということです。
一番大切なポイントをしっかりと理解されていらっしゃいますね。
送って頂いたメールを読ませていただいて、もう、準備万端という感じがします。
本当に素晴らしいです。

私はただの触媒に過ぎません。

あまりに普通すぎて、拍子抜けするかもしれませんが、
でも、セッションでは皆さん、変容されていきます。

私の方も頂いたメールに呼応し、長くなってしまいました。
これから、また仕事ですので、書いた文章はまとまってないかもしれませんが、軽く読み流して頂ければと思います。

第2回に続きます。

こちらの記事は、無空庵第二ブログへ移設いたしました。

(場合によっては、移設記事がネット上に反映されるのに少し時間がかかるかもしれません。その際は、ご不便をおかけし申し訳ございませんが、少しお待ちいただきますようよろしくお願いいたします。)

第2ブログ案内1

(上記ご案内はリンクになっておりませんので、お手数をおかけいたしますが、URLを入力、あるいは、「無空庵第2ブログ」等で検索して頂きますようよろしくお願い致します。)

無空庵第二ブログ左サイドバーのカテゴリ■セッション体験談・他のMIさんの体験談・他のところ、または、第二ブログ上部の全記事一覧、または、左サイドバー下部の月別アーカイブ等から、2015年12月7日の記事をご覧ください。




では、今回は、ご承諾を得て、セッション9回目を受けられたの方から頂いたメールとその返信を、参考までにご紹介致します。
11回に分けてお伝えしていきますが、今回は7回目です。


> 以前は覚醒するとマインドもなくなり、全て解決、聖者になる(笑)と思っていました(そのような観念がありました)が、そうではありません。

そのとおりですね。
マインドがすぐなくなるわけでもありませんし、聖者になるわけでもありません。

覚醒したら、みんな聖者になる?

宇宙は、そういう表現、世界の創り方はしないでしょう(笑)。

この世界は、リーラ(神のあそび)とも言われてますから、みんな聖者だと面白くないのでは(笑)。

それにみんな聖者になったら、違いがなくなるので聖者はいなくなるとも言えますね。
(聖者じゃない人がいて、初めて聖者も存在するということ。相対的なことです。先生と生徒、師と弟子、親と子などもみんなそうですね。)

それぞれの役割、役柄があり、個々の表現のレベルでいけば、それぞれ違った表現になるのが自然ですよね。
それが表現、現われの世界です。

ただし、個であるのは、現われのレベルにおいてだけであり(五感、マインド等)、真実は、ただひとつ、全体が在るのみです。

形がなく、ただひとつであるもの、それ自身がすべてであるものが、自らを表現するときには、多様となって現れるということです。

神々の世界、天使の世界などは、みんなそれなりに波動が高く、その違いはより微細になるかもしれませんが、
それでも多様性があります。

そしてまた逆に、違いがあり、多様性があるということは、いくら高い世界とはいえ、それも幻想、物語ということです。

変わらない真実に到達するまでのお話であり、ラマナ・マハルシが言ってるように、限定的な真実、条件付き真実です。
変わらない真実に到達すれば、すべては自分だったと分るわけですね。

形に現れていない、変わらない真実としてはただひとつであり、現れとしては常に多様である、という理解が大切ですね。

覚醒した人を枠にはめたがる、定義したがるのはマインドの性質です(定義自体はひとつの目安にもなるので悪くはありませんが)。
覚醒しても、現れにおいては無限の表現があると理解されていた方がいいですね。
ただ、その人たちは、変わらない真実を知っていて、内面には、平和があり、愛があり、幸せであるということです。

(途中ですが、明日に続きます。)


目覚め

今回は、ラムサ ガンダルフの戦い マスターについて書かれた真実より

マスターの数はそれほど多くない。
ほとんどの人間は自らの人間性を超えられなかったからだ。
マジシャンはたくさんいた。
利口な人間もたくさんいた。
パワフルな人間もたくさんいた。
だが、知ってのとおり、マスターはそれほど多くなく、最近の歴史の中では、我々はほんの少しのマスターしかしらない。
・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・
彼らがひとつの村に歩み入れば、その村全体が、彼らがいるだけで祝福されるのだ。

無空:
人間性を超えたマスター、覚者の影響力は、ただそこにいるだけで多くの祝福、恩恵をもたらします。
一人の存在が目覚めること、そして、それを実現していくことは、計り知れない価値があります。