無空庵の個人セッションは、ゼロ(仏教では空)の場による心の浄化法、本当の自分を知る方法、心の平和・愛と幸せ・真我覚醒・真我実現を促す方法です。

●ゼロ意識共鳴で、真我・無限の愛である本当の自分に目覚め、本当の自分を実現する!

真我はただ在る。ただ自分自身(愛)である。シンプルな生き方。シンプルな在り方。
無空庵で「愛」(存在の愛)と「空」、そして「在る」こと(自分自身であること)の素晴らしさを知る。
悟り・覚醒・変わらない愛と幸せ・心の平安を実現!

無空庵では、スカイプで全国の方を対象に、ゼロ意識共鳴個人セッションを行っています。
個人セッションは、ゼロ(仏教では空)の意識の共鳴ワークであり、心の浄化法、本当の自分を知る方法、無限の愛と自由、心の平和、本当の幸せ、真我覚醒、真我実現を促す方法です。

ラマナ・マハルシ、ニサルガダッタ・マハラジ、フーマン、エックハルト・トール、ガンガジ等の言及する「悟り」「覚醒」「真我」「本当の自分」の実現をサポート!メッセージ1 メッセージ2

※多忙のため、セッションに関するお問い合わせの返信には、数日~1週間くらいかかることがあります。また、同様の理由により、読者の方からのご質問にはお答え致しかねます。ブログへのコメントにもお返しできないことが多いと思いますが、あわせてご了承願います。

公開・日々の小さな合同共鳴
※どなたでも、森羅万象あらゆる存在の意識参加自由。
毎日6時、10時、11時、11時40分、13時10分、16時15分、17時、18時、21時 2011・11・3~
(6時以外は、無空庵の基本セッション時間です。)。
各30分(その内何分でも構いません。ただそっと意識を向けてみてください。そして、できる方はご自身の存在感覚、在るという感覚、又は、気づいている意識に気づいていてください。)
※参加された方々の記事。
蓮さん①, wingさん①のびのびさんsatorinさん

公開・週一合同ゼロ意識共鳴
※どなたでも、森羅万象あらゆる存在の意識参加自由。
毎週木曜日21時と21時30分から各30分間。 2011・11・10~
※こちらの記事もご覧ください。合同ゼロ意識共鳴は、集合意識の変容を促す。+感想③
第1回感想①感想②
※参加された方々の記事 しみっちさんWingさん蓮さん




今回は、先日、無料体験の感想メールで送って頂いたLさんへ、その後、改めて返信させて頂いた内容を参考までにご紹介いたします。

頂いた文章に対して、細かくコメントしており、13回に分けてご紹介いたします。
(ブログ掲載に際し、伝えたいポイントが一文の中にいくつもあるところもあり、重複もあります。)


>今まで、色々な先生方の指導を仰いできましたが、スカイプ技術の利用もあり、
>物理的にとても楽に、こんなに軽やかに、セッションを受けられることは、本当に素晴しいことと感謝しております。  

⇒この「軽やか」、というのが、ひとつ空の特長でもありますね。

真実はとても貴重で、尊いものですが、重たく粘っこいものではありません。
空(から)っとしていて、澄んでいて、とても軽やかです。

【個人セッションに関してはこちらです。】
【お問い合わせ等はこちらからどうぞ。】

ランキングに参加しています。
よろしければ、クリック応援をお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
精神世界ラ
ンキング 人気ブログランキングへ

関連タグ : 真実, 空の悟り, 空・覚醒, 空に目覚める, 無・空, 空の実現, 意識覚醒, 真我, 悟り,




では、今回は、昨日、体験談をご紹介させて頂いたA.Yさんとの2回目セッション(無料体験含む)後のメールのやりとりを参考までにご紹介いたします。

無空:

A.Yさん 早速、体験談を送っていただきましてありがとうございました。

とてもリアルに伝わってきて、読者の方にすごく響くのではないかと思います。
ありがとうございます。

今日は、また内容が濃かったですね。

通常の3~5回分くらいに相当するかもしれません(笑)。

わたしもちょっと、週1回でもいいんじゃないかと思いました。

とりあえず、6月受けて見られて、また、状況を見ながら、臨機応変に行きましょう。

起こることはただ起こりますので(笑)。

セッション後は、完全に空にのみこまれて、空に支配されていたんですね(笑)。
(あるいは、空に抱かれていた、空に溶けていた)

「それでいいじゃないですか」という言葉からその境地がよく伝わってきます。

いつくかのサイトで、バカボン(バガヴァーン)のパパの「これでいいのだ」というのが、
悟りの境地みたいなことが書かれてあったのを読んだことがありますが、同じですね。

では、引き続き、空の中でおくつろぎ下さい(笑)。

無空

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

A.Yさん:

こちらこそ、ありがとうございました。

僕も、こんなに濃い内容になるとは思ってもみませんでした。

セッション直後の状況は、呑みこまれていたという感じですね。

圧倒されていたし、とにかく強烈なエネルギーで、立ち上がれる状況ではなかったです。



くつろぐとか溶けるとかのソフトな感覚ではないです。

とにかく強烈でした(笑)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

7月も週2回で行こうと思ってますが、あまりに強烈過ぎて日常生活に支障が出るなら、週1回にします。

週1でも週2でも、とにかく3年です。安定してきたら、徐々にセッションを減らしていくつもりです。

が、これもどうなるか全くわかりませんね!(笑)

では、次回21日のセッションを楽しみにしています!

A.Y
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

無空:

ご連絡ありがとうございました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

無空庵全体が、セッションを受けて頂いてる皆さんのおかげで、かなりエネルギーが高まっています。

ブログの記事は、それぞれの方に対して、その時その時の言葉でコメントしていたりします。
単独記事も、ゆるめに大雑把に書くときもあれば、それなりに深く、時には詩的な表現、絵画的な表現になることもあります。

頭(マインド)で突っ込もうと思ったら、突っ込みどころ満載だったりしますが(笑)。
あまり言葉にとらわれずに、その奥に在るエネルギーを受け取っていただくとありがたいです。

では、頂いたメールに一部返信です。


> セッション直後の状況は、呑みこまれていたという感じですね。
>
> 圧倒されていたし、とにかく強烈なエネルギーで、立ち上がれる状況ではなかったです。


圧倒されていたのは誰か?

立ち上がれなかったのは誰か?


という問いかけも、いい確認になりますね。


空(存在・実在の愛)の圧倒的なパワーにより、個人は小さくなり、かなり浄化、変容が進んだかもしれませんね。

今回の場合は、空に呑み込まれ、個人の輪郭だけが残っていたという感じかもしれませんね。

まだ、個人にとっても、体にとっても強く感じるエネルギーかもしれませんが(なんと言ってもまだ2回目ですからね(笑))、
どんどんマインドも体も浄化され、個人が透明になり、空を受け入れていく、あるいは、個人を手放し、空に引き込まれる、
呑み込まれていくことによって、より自然なものになっていきます。

また、日常の状況をお伺いしながら、セッションをしていきますが、

ちょっと強すぎるという感覚が本人の自覚としてあり、そのことが私の意識にも入れば、
それなりに調整されたりします。(他の方でも一度、そういうことがありました。)

意識的に共鳴を短くするとか、軽めにすることも出来ます。
(これすら、空の視点から見れば、ただ起こっていること、自動的に行われることですが)。

いろいろな思い、自覚、感覚が出てくることもすべてはただ起こっていることですので、
すべては起こるがまま、あるがままにということで進めていきましょう。

無空





では、今回は、ご承諾を得て、セッション9回目を受けられたの方から頂いたメールとその返信を、参考までにご紹介致します。
11回に分けてお伝えしていきますが、今回は6回目です。

> そして今週は、午前中から夜遅くまで仕事や予定があり多忙な1週間を過ごしております。マインドも活発です(笑)

インドのような風土なら、行動レベルでも静かにしていることも許されるかもしれませんが、ここは日本ですからね(笑)。
社会で仕事をしているときは、マインドを使うことは必要です。
マインド活発、大いに結構です(笑)。

でも、昨日のセッションでもおっしゃっていたように、いつでもゼロ(空・真我・愛・本当の自分)に戻れる、あるいは、自然に戻るパターンが出来ている(道を歩く時など)ということですので、それでOKです。
さらに、より自然に日常でもそれでいられるよう、またセッションをしていきましょう。




では、今回は、ご承諾を得て、セッション7回目を受けられた方から頂いたメールとその返信を、参考までにご紹介致します。
6回くらいに分けてお伝えしていきますが、今回は2回目です。

>密度の濃い空と申しますか、中身が詰まった空というか、それもなんとなくつかめてきました。

そうです。
空は、けっして空虚なものではありません。
その中に無限の可能性がつまっています。
空に馴染んでくると、徐々に捉えられるようになってきますね。

そこにすべてが在る。
あるいは、それがすべてで在る。

という感じですね。

本当に大切なのは、それしかありません。
そこが全ての源ですから、そこに在ることにより、現れであるこの現象世界の全ての側面によい影響が現れてきます。

どちらも別のものではないので当たり前ですね(笑)。




今回は、セッション6回目を受けられた方からメールを頂きましたので、それに対する無空の返信と合わせて、ご承諾を得て、参考までにご紹介させて頂きます。
今回は8回目で、3回目の

>静寂、空、愛、平和、ゼロ、至福は同じ状態を指す言葉と受け取っていますが、静寂、ゼロ、空は今までのセッションで感じをつかんでいますが、愛、平和、至福は感覚的につかんでいません。

についての返信の続きです。

3回目からの流れで空について書いていますが、以前の記事、そして4回目からの記事にも書いていますように、真実を言葉で表すのは、本来、不可能です。
今回書いたことも、4回目からの記事同様、ひとつの例え、無限に例える事の出来るその中のひとつであり、マインドの成熟を促す為のひとつの方便というふうにとらえて頂ければと幸いです。

4回目には、空の中にすべてがあるということを、透明な空が、意識のプリズムを通す事により、赤、青、緑、黄色など様々な色として現れているという例えを使ってお話させて頂きました。

今回は、もうひとつ、空が何もないものではなく、とても凝縮されたものであるということについて、木の種の例えを使ってみましょう。

木の種の中には、これから、根を張り、芽が出て、幹が伸びていき、枝も伸びてきて、そこに葉っぱがたくさん生い茂り、立派な木に成長していくという木のすべての要素、そして、木の一生全てが含まれています。
また、その種になる前の木の記憶、経験もすべて含まれています。
その種(今)の中に、空(無・ゼロ)の形で、過去の全てと未来のすべてが含まれている状態ですね。

(逆の見方をすれば、過去も未来も時間の中にあるものは、すべて空、無、幻想であるということにもなります。色即是空ですね。)

種を見ても、根や芽、幹、枝、葉っぱはまだはっきりとその姿を現わしてはいません。
五感、マインドでとらえられる領域を超えています。

空の中を、既存の愛や平和という観念で探しに行ってもピンとこない可能性もありますね。

空により馴染み、深まっていく事、または、それそのものとして在ることで、知ることが出来るレベルです。

直知するという感じですが、多くの場合は、サポートが必要かもしれませんね。

それにすでに開いている者との共鳴の中のなかで、捉えていくのが早いです。

そして、本当の自分という事に関しても、共鳴の中で、それがそうですよ、とお伝えしないと取り逃がしてしまう可能性もあります。

そして、それがそうであると自分で理解して受け容れていくことが大切です。

腑に落ちた理解が持てれば、それはいつでもどこでも感じ取ることが出来るようになります。

空の状態、静かな状態のとき、自然に意図せずとも、至福感等がわき起こってくることもありますし、また、空の状態にいるときに、それを意識することで、愛や平和や真実の側面が活性化されて、感じられるということもあります。