■愛・ハート・幸せ

ここでは、「■愛・ハート・幸せ」 に関する記事を紹介しています。

●ゼロ意識共鳴で、真我・無限の愛である本当の自分に目覚め、本当の自分を実現する!

真我はただ在る。ただ自分自身(愛)である。シンプルな生き方。シンプルな在り方。
無空庵で「愛」(存在の愛)と「空」、そして「在る」こと(自分自身であること)の素晴らしさを知る。
悟り・覚醒・変わらない愛と幸せ・心の平安を実現!

無空庵では、スカイプで全国の方を対象に、ゼロ意識共鳴個人セッションを行っています。
個人セッションは、ゼロ(仏教では空)の意識の共鳴ワークであり、心の浄化法、本当の自分を知る方法、無限の愛と自由、心の平和、本当の幸せ、真我覚醒、真我実現を促す方法です。

ラマナ・マハルシ、ニサルガダッタ・マハラジ、フーマン、エックハルト・トール、ガンガジ等の言及する「悟り」「覚醒」「真我」「本当の自分」の実現をサポート!メッセージ1 メッセージ2

※多忙のため、セッションに関するお問い合わせの返信には、数日~1週間くらいかかることがあります。また、同様の理由により、読者の方からのご質問にはお答え致しかねます。ブログへのコメントにもお返しできないことが多いと思いますが、あわせてご了承願います。

公開・日々の小さな合同共鳴
※どなたでも、森羅万象あらゆる存在の意識参加自由。
毎日6時、10時、11時、11時40分、13時10分、16時15分、17時、18時、21時 2011・11・3~
(6時以外は、無空庵の基本セッション時間です。)。
各30分(その内何分でも構いません。ただそっと意識を向けてみてください。そして、できる方はご自身の存在感覚、在るという感覚、又は、気づいている意識に気づいていてください。)
※参加された方々の記事。
蓮さん①, wingさん①のびのびさんsatorinさん

公開・週一合同ゼロ意識共鳴
※どなたでも、森羅万象あらゆる存在の意識参加自由。
毎週木曜日21時と21時30分から各30分間。 2011・11・10~
※こちらの記事もご覧ください。合同ゼロ意識共鳴は、集合意識の変容を促す。+感想③
第1回感想①感想②
※参加された方々の記事 しみっちさんWingさん蓮さん




最近、セッションを受けられている方々の体験のシンクロが多くなってきました。

同じような浄化が起きたり、完全に思考がストップし、体も動かない、という言葉がお二人から出たり、
一人の方が深遠な静寂の体験をすれば、他の方も同じような体験をしたり、

完全に時が凍りついたような停止状態、そして、純度200%くらいの空の体験をされ、マインドでの恐れが出てこられた方がいたあと、同じような体験、そして、恐れも出てきて、それを受けいれ、寛ぎの中へと入っていかれた方、

直近では、空と同じであるとも言えますし、また、空のより深い側面とも言える存在の愛(根源の愛)を感じ取れるようになってきている方が続出しています。

ラマナ・マハルシもサハスラーラ(頭頂のチャクラ)から最後は、ハートにくる、というようなことを言ってたと思いますし、
フーマンも「ハートの深奥」というようなことを言っていたと思います。

空の体験、空の悟りも素晴らしいですが、そのより深い側面とも言える愛に覚醒することは、さらに素晴らしいですね。
最近は、ただ在るという共鳴から、意識的に愛を伝授しようという思いもセッション中に起こってきていて、それがしっかりと伝わっていっています。

(それもただ在る状態から、ただ起こってきていると言えるのですが)

受ける方の準備ができてきているのと、無空庵全体として愛と空の覚醒エネルギーが高まってきているのを感じています。

現在、素晴らしい皆さんがセッションを受けられていて、シンクロ、相乗効果が起こっていて、変容のスピードが加速しています。
(ただでさえ、早いのですが(笑)。)

この流れに参加されたい方は、お気軽にお問い合わせ頂き、まず無料体験セッションからお試し下さい。

黄色いバラ

もっとも偉大な奇跡、恩恵はあなたが在るということです。

これは、あなたが頼んだのでもなく、誰かが頼んでくれたわけでもありません。

在るということは、永遠普遍に存在しています。

その在るというところに幸せを見つけることができた人は、幸いです。

それは常にそこにあり、変わることのない幸せです。

この当たり前で普通で、最も偉大な奇跡、恩恵にあなたは気づくことができるでしょうか。


青という愛
深い青の癒し

昨日は、究極の幸せは、ただ在る状態、皆さんが個人でないとき、個人を意識していない時、マインドが静かで、存在そのものの状態になっている時に実現されているというお話をしました。

(それを感じとるには、マインドの浄化と本当の自分に対する知的理解と感覚的理解が必要ですが)

愛も同じです。

恐れなどの対極にあるものではありません。
愛、そして、幸せは常に存在しています。

マインドにより個人が想像され、制限、限界、区別、差別、分離、他との関係から価値判断が起きたとき、不幸、恐れが生まれ、それを覆い隠していまいます。

それらは雲のようなものです。
永遠のものではありません。

形を変え、時とともに移り変わり消えていきます。
一時的に、雲が太陽を覆い、見えなくなってしまうかもしれませんが、太陽自体がなくなったわけではありませんね。

それは以前として、そこに存在しています。
実在、存在のレベルにある愛や幸せも同じです。

それは相対的な世界に形を通して反映されますが、それ自体は存在の次元にとどまったままです。
ですから変わらないのです。

在るというところにそれを見出すことができた人は、絶対の幸せ、普遍の愛を知ることができます。
その中に安住することができます。

相対世界、現象の世界の変化に左右されない、それらに依存しない、幸せであり、本当の愛です。

真の愛とは存在の状態です。

それはすべてを支え、すべてを見守り、すべてを育み、すべてを許し、すべてを肯定し、すべてに浸透し、すべてを包んでいる愛です。

それが見える人は、世界が愛で満ちていることが分ります。

在る=愛です。

存在しているものはすべて愛です。


目に見えるもの、目に見えないものに関わらず、すべては愛です。

今、目の前、そして、周囲を見渡して、それが見えますでしょうか?

愛を感じとれますか?

マインドを働かせず、ハートで見てみてください。

存在するのはすべて愛だというハートの理解を持って見てみてください。

今、心は静かになっていませんか?

愛はとても静かです。

在るという、とても静かなところにあります。

心が浄化され、マインドが静かになったとき、いつでもそれを感じることができます。

変わらない幸せ、変わらないを愛を探すなら、それは存在の次元にあります。

どこかへ探しに行く必要はありません。

在ること、ただあなた自身である、というところにあります。

シンプル過ぎますでしょうか?

真実はいつもシンプルです。

マインドの入り込む隙はありません。

最もシンプルなのは、在る・ゼロ・無・空・静寂・今ですね。

ゼロ意識共鳴で、あなたも真実の愛を見つけてみませんか。




究極の幸せとはどのようなものでしょう。

究極は、幸せになりたい、幸せでいたい、というマインドがなくなることですね。
マインドが浄化され、個人でいないとき、あなたは幸せそのものになっています。

幸せそのものになっているとき、幸せになりたい、幸せでいたいとわざわざ思いません。
人間であるときに、人間になりたい、人間でいたいと思わないとの同じです。

健康なときに、それを意識しないように、幸せであることが自然な状態。
マインドが浄化され、成熟していないと、その平穏に絶えられず、またアップダウンの激しい幸と不幸が隣り合わせのドラマを創り出します。

普通であること、ただ在るということの中に、無限の価値を見出せるマインドとハートの成熟が必要です。

普通であること・ただ在るということ・無・ゼロの中に無限を見、また、無限の中に無・ゼロ・普通・ただ在ることを見るハート・真眼が育っていなければなりません。

本当の自分は何ものであるのか、または、本当は何ものでもない(個人ではなく、無・ゼロ・無限の可能性・愛・幸せそのもの)、という深い理解が根づいていなければなりません。

究極の幸せ状態は、熟睡中と同じで個人が存在していない状態。
存在そのものの状態です。

難しそうですか?

でも、皆さん、日中でもその状態にあります。
ずっと個人を意識しているわけではないですよね。

ただ、そこに焦点があってなかったり、マインドに覆われていたり・・・それであるけど理解が伴っていないのと、習慣によりそこに留まれない、外側の刺激の強いもの、色や形あるもの、五感を楽しませてくれるものにばかり感覚がなれているので、それをしっかり捉えられていないだけです。

ただ在る状態。
では、そこはなぜ幸せなのでしょうか。

幸せも、不幸も感じる個人がいない、判断するものがいないからなのでしょうか。
それもひとつかもしれませんが、なぜ、そうなのかは本当はわかりません。
ただ、そうであると言えるだけです。

そこに理由は存在しません。
なぜ?という質問が出てくるところ(マインドの中)にいては、そこには永遠に届きません。

それで在るときにはじめて理解できるものです。
それは、相対的な幸せではありません。
不幸の対極にあるものではありません。

絶対的な幸せ、変わらない幸せです。

それは、在るという状態の中にあります。
在る=幸せです。
存在の次元にある幸せです。

そこは、ゼロの場であり、無であり、空なる存在の場です。
最近、人気のホ・オポノポノでも、あらゆる問題が自然に解決される場、奇跡が起こる場、人生が自然に開けてくる場、神聖なる知能の場などと説明されているところです。

そこは、ゼロの意識との共鳴により、心を浄化し、潜在意識をクリーニングしていくこと、そして、そのゼロの意識への直接的な働きかけにより、理解が起き、それを受け入れることにより無理なく実現できます。

無空庵の個人セッションは、ゼロ意識・変わらない幸せ意識との共鳴です。
絶対的な幸せを覆っているものが浄化され、あなたの中の幸せ意識が目覚めます。

そうすれば、もうあなたから幸せが離れていくことはありません。




今回は、一昨日の「奇跡と思い通りの結果」の記事からの流れで、確認という意味も含めて書かせて頂きます。

この世界はマインドの世界で、得たい具体的な結果があるならば、マインドを使い、理にかなったことをするというのが大切です。

ただ、自分さえよければというエゴで行うと、不調和を起こすこともあります。

誰かの役に立つ、誰かの為になる、できればより多くの方の為になるものであれば、得られる結果もより大きなものになって来るでしょう。

そして、すべての存在、または、愛(ゼロ・全体)のために何かをするなら、最も大きな結果(愛)を得られるでしょう。

為す者が愛であれば、行動も愛となり、結果もまた愛です。
その時あなたは、幸せの中にあります。

さらに、意識が深まっていけば、すべては愛であることが分ります。