無空庵の個人セッションは、ゼロ(仏教では空)の場による心の浄化法、本当の自分を知る方法、心の平和・愛と幸せ・真我覚醒・真我実現を促す方法です。

●ゼロ意識共鳴で、真我・無限の愛である本当の自分に目覚め、本当の自分を実現する!

真我はただ在る。ただ自分自身(愛)である。シンプルな生き方。シンプルな在り方。
無空庵で「愛」(存在の愛)と「空」、そして「在る」こと(自分自身であること)の素晴らしさを知る。
悟り・覚醒・変わらない愛と幸せ・心の平安を実現!

無空庵では、スカイプで全国の方を対象に、ゼロ意識共鳴個人セッションを行っています。
個人セッションは、ゼロ(仏教では空)の意識の共鳴ワークであり、心の浄化法、本当の自分を知る方法、無限の愛と自由、心の平和、本当の幸せ、真我覚醒、真我実現を促す方法です。

ラマナ・マハルシ、ニサルガダッタ・マハラジ、フーマン、エックハルト・トール、ガンガジ等の言及する「悟り」「覚醒」「真我」「本当の自分」の実現をサポート!メッセージ1 メッセージ2

※多忙のため、セッションに関するお問い合わせの返信には、数日~1週間くらいかかることがあります。また、同様の理由により、読者の方からのご質問にはお答え致しかねます。ブログへのコメントにもお返しできないことが多いと思いますが、あわせてご了承願います。

公開・日々の小さな合同共鳴
※どなたでも、森羅万象あらゆる存在の意識参加自由。
毎日6時、10時、11時、11時40分、13時10分、16時15分、17時、18時、21時 2011・11・3~
(6時以外は、無空庵の基本セッション時間です。)。
各30分(その内何分でも構いません。ただそっと意識を向けてみてください。そして、できる方はご自身の存在感覚、在るという感覚、又は、気づいている意識に気づいていてください。)
※参加された方々の記事。
蓮さん①, wingさん①のびのびさんsatorinさん

公開・週一合同ゼロ意識共鳴
※どなたでも、森羅万象あらゆる存在の意識参加自由。
毎週木曜日21時と21時30分から各30分間。 2011・11・10~
※こちらの記事もご覧ください。合同ゼロ意識共鳴は、集合意識の変容を促す。+感想③
第1回感想①感想②
※参加された方々の記事 しみっちさんWingさん蓮さん




今回は、セッション受けられているayaさんとのメールのやりとり・ブログスタート前、昨年秋~編を、参考までにご紹介させて頂きます。

無空 様

こんばんわ。

フーマンの本を紹介していただいたおかげで、

色々なことが分かりました。

一番驚いたのは「This is it」ということばです。

無空さんとお会いした夜にマイケルジャクソンの映画を観に行き、

次の日に
恩寵の扉が開くまでをネットで呼んでいたのですが、

まさかその言葉がそこに出ているなんて!!と。

マイケルがインタビューか何かで、This is it!と叫んでいるを観た時から

とても印象に残っていたのすが、とくに意味を調べることもなく、数か月

過ぎ、まさかここにつながっているとは思いもしませんでした。

とてもつもなく腑に落ちた瞬間でした。

それから、KIYOTAKAさんに対し、休みなさいという言葉は、

昔から寝てばかりいる私にとって、とても心が安らぐ一言でした。

長期の休みに入ると、毎日3~5時間の昼寝をしていて、ある日とてつもなく

怒られた記憶がよみがえりました。確かに健康な女子高生が家で寝ているというのは、普通ではない状況だったかもしれません。

でも、もうおとといからは昼間も存分に寝て過ごし、夜も普通に眠れるのが不思議です(^_^;)

こう考えると、もともと認識していないだけで、とても普通に「これ」の要素を失わずに

きたのかなと思いました。魂的に、おしいところで命を落とし、生を受け、

現実と思われている世界にどっぷりハマり、○○に出会ったような気がします。

もともと知っていたとすれば、○○をすることにより、さらに逆をいく、たくさん求める

という作業をたくさん行ったうえで、納得して戻ってこれた感じ???

明日からの○○セミナーは前回より、無理なく、たくさんのことを伝える(いるだけで伝わる)

ということができるかもな~~と思います。

母曰く、セミナーも○○もやりたいわけじゃないのにやってるのに、

いつも人が来るというスタイルは小林正観さんと同じね~と言っていました。

収入面と、何をするか体系化できるまでは、○○を通して伝えていくことも

大いにありだと思い、2~3か月は続けてみることにしました。


心に残るような体験をして目覚めたわけではないので、

フーマンのように、自然に導くような書き方をしている文章が心にすんなり入ってくる

ような気がします。

ちゃんと読みたいので、あるがままに ラマナ・マハルシも含め、

購入したいと思います。

新しいブログ立ち上げました。
(左サイドのリンクにある「THIS IS IT. ~愛と気付き」です。)

こうあることが全て最高に幸せです。

いつも導いてくださりありがとうございます。

aya

・・・・・・・・・・・・・・・・

無空:

こんばんは。

メールありがとうございました。

そして、○○セミナー1日目お疲れ様でした。
いい感じだったようですね(安心感や穏やかさがあるときはうまくいってます)。

さて、「This is it」についてですが、
おもしろいですね~、やっぱり、大いなる存在(本当の自分)に導かれていたんですね。

それにしても、今回の「これ」の再認識の過程は、本当に穏やかでスムーズですよね。
これまでの歴史の中では、修行に修行を積んでとか、人生で本当に大変な目にあった後でとかがほとんどだったと思いますが、新しいタイプですね(私もあまり苦労してないので、似たようなタイプですが)。

覚醒した人は、自分の体験、経てきた道を通して伝えていきますから、ayaさんからは、存在の愛、ただ在ることの喜び、何もないことの幸せなどがとても自然にスムーズに伝わっていくのではないかと思います。
本当の自分を知る為に、問題を起こしたり、必要以上に苦しむことはありませんからね。

そして、これからは、修行などしてる特別な人だけでなく、普通の人達が覚醒していく時代だと思いますので、ayaさんのように普通に生活しながら、自然に穏やかに覚醒された方が愛を伝えていくということは、普通の方々にはとても受け入れやすいのではないかと思います。

私も自分で覚醒を伝えていこうと思った理由のひとつに、あまり苦労せず本当の自分についての理解を得た私が伝えることで、同じように楽に、本当の自分を思い出すお手伝いができるのではないかと思ったことがあります。(8月まで行ってたセミナーに来てる他の方々を見てると本当にそう思います。伝える方の通ってきたプロセス、観念がかなり影響しているように思えました。)

それから、長期のお休みのときの、毎日3~5時間の昼寝はすごいですね。

では、ラマナ・マハルシ「不滅の意識」から、眠りに関係する記述の部分をいくつか上げてみます。

深い眠りの中で、われわれはエゴ、想念、願望をすてています。もし、われわれが意識して終始この状態にいることができるならば、われわれは真我を実現するでしょう。

深い眠りの中であなたはエゴなしで存在します。
そのときあなたは疑念から解放されています。
目覚めの状態にある今はじめてエゴが生じ、あなたは疑念をもちます。
深い眠りの中であなたは幸福であり、目覚めた状態においてあなたは不幸です。
あなたが そこからやってきた深い眠りの状態とは何かを発見しなさい。

深い眠りは目覚めの状態においてさえいつもあるのです。
われわれがなすべきことは、「意識している眠り」を得る為に深い眠りを目覚めた状態の中にもたらすことなのです。
真我の実現は目覚めの状態においてだけ起こることができます。

眠りは幸福の自然な状態です。そこに不幸はありません。

ayaさんがおっしゃるように、よく寝たり、ボーっとしていたりすることで(マインドをあまり使わない)、とても普通に「これ」の感覚を維持されてきたのではないかと思います。
普通の人も背景には常に「これ」があるのですが、マインドが忙しく過ぎて、また意識が外側に向いている為、その感覚を味わうことがなかなかできません。

> でも、もうおとといからは昼間も存分に寝て過ごし、夜も普通に眠れるのが不思議です(^_^;)

ayaさんはもともと眠れるタイプだからかもしれませんが、覚醒後にやはり眠れて眠れて仕方がないというようなことが起きる事があります(私がサポートさせて頂いて一番はじめに覚醒した方もそうでした)。

> 収入面と、何をするか体系化できるまでは、○○を通して伝えていくことも
> 大いにありだと思い、2~3か月は続けてみることにしました。

「大いにあり」という表現から、かなり解き放たれた感じが伝わってきますね。

・・・・・・・・・明日に続きます。



では、今回は、セッション12回目を受けられた方から頂いたメールへの無空の返信を、ご承諾を得て、参考までにご紹介いたします。
5回目に分けてご紹介いたしますが、今回は3回目です。


>ただある意識にフォーカスしましたが、それすらも感じないとか?
>ただある意識が広がっているというか・・・。
>コメントするのが難しいです。(笑)

上にも書きましたが、ただの広がり、あるいは純粋な広がりですね。
とーっても、希薄な感じがしますね。
そこに落ち着き、それを受け入れる成熟が必要です。

フーマンは、「ここにすらいない」、という言い方もしてますね。
とても微細です。





今回は、セッション11回目を受けられた方から頂いたメールへの返信を、ご承諾を得て、参考までにご紹介いたします。
5回に分けてご紹介いたします。

○○さん、こんばんは。
昨日は、お疲れ様でした。

前回、「何もない」の体験をされましたが、昨日は、さらに微細な「何もない」(気づきすら捉えられないくらいの)でしたね。
前回よりも、より無の中に溶け込んだという感じでしょうか。

フーマンは、「ここにすらいない」、というような表現をしていたいと思います。

フーマンを今日、久しぶりに少し読みましたが、やはりいいですね。
セッションを受けられている方の基本書にしてもいいかもしれません。
余裕があったら、また読んでみてください。

では、昨日、頂いたメールへの返信です。(明日へ続きます。)





今回は、先日から無料体験セッションの感想を送って頂きましたLさんへの無空の返信を分割してご紹介していますが、その3回目です。

前日の記事「無空庵のセッションの特長」も参考にしてください。

>私の状態も的確に お伝え頂き、ああ本当なんだと、体を通しても感じました。 
>今までの瞑想体験の時 に、マインドを静めることはいくらかできていたかと思っていたのですが、
>本当にこの状態が真の大いなる自分の方なのだと的確に指摘頂いた事は初めてでした。

⇒その状態に在る中で、実際に指摘されることによって気づくことが出来ます。

(フーマン「恩寵の扉が開くまで」より:・マスターの役割とは、唯一「これ」がそれだと指摘する事にある、とフーマンは語っています。)

指摘がない場合、ずっと気づかない場合もあり(例えて言えば、東にあるのに、ずっと西を向いていたら、永遠に見つかりません。形がないものなのに、形を求めていてもダメです。それは未知であり、思いや観念で限定していると取り逃がす可能性があります。また、トータルでそれを知ることができないかもしれません。未知に自らを委ね、それに対して開いていることが大切です。)
境地(状態)のみを追い求めてしまう、という可能性があります。 

主体に気づく必要があります。


在る

これまでの覚者も、非常にまれな場合を除いて、1人で幻想の壁を超えていくのはなかなか難しいということを言っています。
無空庵のゼロ意識共鳴個人セッションは、1人ではなかなか超えられない幻想の壁を越えていくことを可能にします。

近年の覚者、ラマナ・マハルシ等の本から参考までに挙げさせて頂きます。

●ユング、ガンディーが敬慕した20世紀最大の覚者と言われているラマナ・マハルシの本から

・真我の永久的自覚を求めて努力している者たちのほとんどにとってグル(師)が必要であることは、シュリー・ラマナの教えの中でも基本的な見解となっている。
霊的進展におけるグル(師)の触媒的役割は、それゆえ決定的なものである。
非常にまれな例を除いて、真我への無知は大変深く根づいており、個人である探求者にとっては自らの努力でそれからの逃れることはきわめて難しい。

・あなたが自分を分離した身体であると考えているかぎり、外側の師は必要であり、彼は身体をもって現れるだろう。
身体との誤った同一視がやんだとき、師が真我以外の何ものでもなかったことを知るだろう。

・真我を見る人は、他の人たちが真我を見ることを助けるパワーを持っています。

・グル(師・教師)が沈黙していれば、弟子の心は自動的に浄化される。

・グルの眼差しには浄化作用がある。
その浄化作用を目で見ることはできない。
石炭を発火させるには長い時間が必要であり、木炭であれば短い時間ですむ。
火薬であれば発火は瞬時に起こるだろう。
マハートマのもとを訪れる人の段階もそれと同じである。
智慧の炎はすべての活動を燃やし尽くす。
賢者の交際(サットサン)、あるいは彼らとの精神的接触によって、智慧は培われるのである。

・沈黙の教えは真の教えである。
それは完全な教えである。
それは最も熟達した探求者にのみふさわしい。
他のものにとって、それから完全なインスピレーションを引き出すことは不可能だ。
それゆえ、彼らは真理を説明するための言葉を必要とするので在る。
だが、真理は言葉を超えている。
それは説明を許さない。
ただそれを指し示すだけである。

・質問者 
私は自分の力で集中することができません。
私を救ってくれる力を求めています。

マハルシ 
そうだ。それが恩寵と呼ばれるものである。
精神力が弱いため、個人としてのわれわれには集中は不可能だ。
それゆえ、恩寵が必要となる。
・・・・・・・・・・・・弱者が強者の庇護の中に入れるように、精神力の弱い者の心は精神力の強い賢者の臨在のなかで容易に制御される。
ただ恩寵のみが存在する。
それ以外に存在するものは何もないのである。

・まずサットサンとは、実際には、非顕現である真理(サット)あるいは絶対的存在との交際を意味している。
だが、それができるものは非常にまれなため、弟子は二番目に効果的な顕現された真理、つまりグルとの交際を選ばなければならない。
想念は執拗に起こり続けるため、賢者との交際はどうしても必要となる。
賢者はすでに心を克服し、平和の内に在る。
彼の臨在の内にあることは、この平和の状態を他者にもたらす助けになる。
さもなければ彼との交際を求める理由はない。
グルは誰に見られることもなく、このために必要とされる力を弟子に与える。

・賢者たちと親密に生活し、共鳴して接触している人々は、彼らから徐々にサマーディ(真我への吸収)の習慣を吸収します。

●「パワーかフォースか」より

・エネルギーフィールドが550か、それ以上で測定される指導者がそばにいることで、まだ悟りを開くに達していない弟子たちが崇高さを体験することはよくあります。
これは、パワフルなアトラクターフィールドが優先することによって起きる「同調化」のプロセスを通して現れます。

・精神の修行をする人たちは、師のエネルギーに自分を合わせることです。そして、レベルの高い師にただ焦点を合わせるだけで、自分の進歩を促すことができます。