無空庵の個人セッションは、ゼロ(仏教では空)の場による心の浄化法、本当の自分を知る方法、心の平和・愛と幸せ・真我覚醒・真我実現を促す方法です。

●ゼロ意識共鳴で、真我・無限の愛である本当の自分に目覚め、本当の自分を実現する!

真我はただ在る。ただ自分自身(愛)である。シンプルな生き方。シンプルな在り方。
無空庵で「愛」(存在の愛)と「空」、そして「在る」こと(自分自身であること)の素晴らしさを知る。
悟り・覚醒・変わらない愛と幸せ・心の平安を実現!

無空庵では、スカイプで全国の方を対象に、ゼロ意識共鳴個人セッションを行っています。
個人セッションは、ゼロ(仏教では空)の意識の共鳴ワークであり、心の浄化法、本当の自分を知る方法、無限の愛と自由、心の平和、本当の幸せ、真我覚醒、真我実現を促す方法です。

ラマナ・マハルシ、ニサルガダッタ・マハラジ、フーマン、エックハルト・トール、ガンガジ等の言及する「悟り」「覚醒」「真我」「本当の自分」の実現をサポート!メッセージ1 メッセージ2

※多忙のため、セッションに関するお問い合わせの返信には、数日~1週間くらいかかることがあります。また、同様の理由により、読者の方からのご質問にはお答え致しかねます。ブログへのコメントにもお返しできないことが多いと思いますが、あわせてご了承願います。

公開・日々の小さな合同共鳴
※どなたでも、森羅万象あらゆる存在の意識参加自由。
毎日6時、10時、11時、11時40分、13時10分、16時15分、17時、18時、21時 2011・11・3~
(6時以外は、無空庵の基本セッション時間です。)。
各30分(その内何分でも構いません。ただそっと意識を向けてみてください。そして、できる方はご自身の存在感覚、在るという感覚、又は、気づいている意識に気づいていてください。)
※参加された方々の記事。
蓮さん①, wingさん①のびのびさんsatorinさん

公開・週一合同ゼロ意識共鳴
※どなたでも、森羅万象あらゆる存在の意識参加自由。
毎週木曜日21時と21時30分から各30分間。 2011・11・10~
※こちらの記事もご覧ください。合同ゼロ意識共鳴は、集合意識の変容を促す。+感想③
第1回感想①感想②
※参加された方々の記事 しみっちさんWingさん蓮さん




では、今回は、セッション15回目を受けられたYUさんから頂いたメールへの無空返信分をご承諾を得て、参考までにご紹介いたします。

> 無空さん、こんばんは。
>
> 前回のセッション前から、以前の思考パターンが出ていて、久しぶりにきつくなっていましたが、セッションがはじまって消えていきました。

空のパワー、愛という真実の前には、すべての問題は消えていきます。

> 共鳴やアイコンタクトをして頂いている時は、特にあえて文章にするようなことではなく、スーと入って行くという感じですね。セッションを続けさせて頂いて、共鳴やアイコンタクトのエネルギーに慣れてきたのもあります。

即、共鳴という感じですね。

「一週間ぶりに(深い共鳴の場)帰って来た。」という言葉がよかったですね。

> 翌日、例の○○でしたが、いつも程の恐れがでなかったです。

真我がより確立されてきて、恐れを抱いていた個人が以前より落ちている、ということですね。

> それから、○○が日曜日にありましたが、人数は少ないものの、生徒さんに対して、今持ってる技術、知識、心を尽した空間を作り出しました。

私もブログの中のふわりんさんからのコメントのところで、「私にとっては、一人も1000人も同じ」というような事を書きましたが、どれだけ多くの人に教えたか、ということよりも、たった一人に対してでも、どれだけのものを伝えられたか、という質の方が、覚醒の視点からは大事ですね。(役割等の違いはありますが)。

逆にそこに焦点を当てていれば、自然に人は増えてくるのではないかと思います。
また、そのような場を持てていること自体に感謝できていると、よりよい状況が整ってくるかもしれませんね。

>生徒さんも非常にいい方で和やかな時間となりました。
>すごく嬉しいかったです。
>この先講座が継続できるかはわかりませんが、与えられたその時にいい仕事ができた感じです。

素晴らしいですね。
人生は、今をどう生きるか、今、どう在るか、ただそれだけ、その繰り返しです。

そのひとつひとつが、素晴らしいものであれば、人生全体が素晴らしいものになって行きます。

今の在り方により、人生全体のクオリティが違ってきますね。

上質を好み、違いの分るYUさんには、そのような在り方がお似合いですね(笑)。


> その後、今週は穏やかに過ごしています。

穏やか、というのは、ある意味、究極ですからね。
いい感じだと思います。

> 木曜日のセッションもよろしくお願いいたします。

はい、こちらこそ。

無空

水滴

昨日に続き、ラマナ・マハルシの本(不滅の意識)から

すべての(宗教的)教義は、大衆を真我の本当の真理に誘うための予備段階にすぎない。
諸宗教は、開祖の最高の表現と最高の知恵を必ずしも必要としない。
開祖は彼らが生きていた時代と人びとの精神的受容力を考慮せねばならなかった。

最高の知恵は、大多数の人びとの心にとってあまりにも微細であり、したがって、世界、神、身体、進化などの全体の構造は、人びとが一つの実在ー真我の単純な真理を信ずるよりもむしろ、これらのことを信じるほうがより容易であるらしいという理由で、公表されねばならなかったのである。

そのように、再生(輪廻)、アストラルのレベル、死後の生存などは本当であるが、しかし低い見地からのみ言われてきた。

すべては見地の問題である。

本当の真我の、最高の見地からすれば、すべてその他のものは架空のものとして消えうせ、実在だけが残る。

微細な、アストラルな身体が存在するのは本当だ。
なぜならば、夢の世界において機能するためには身体が世界にとって必要であり、しかしそれ自身のレベルにおいてのみ実在であり、一方われわれがそれに気づこうと気づくまいと、ひとつの真我は常に実在し、つねにそして永遠に存在するからだ。
それゆえそれを探求するほうがいいのだ。
なぜなら他の身体は条件付きでのみ実在するからだ。
 
普通のクリスチャンは、神はどこか遠く離れた天空にいて、われわれにはそこに到達する力が与えられておらず、キリストだけが神を知り、彼だけがわれわれを救済できる、と語られるときにはじめて満足する。
したがって天の王国は彼の内にあるという単純な真実が語られるとき、クリスチャンは満足せず、その言葉の中にいっそう信じがたい意味を読み取ろうとするだろう。
成熟した心だけがすべてのその赤裸々なことの中に単純な真理をしっかりとつかむことができるのだ。

無空:
最後の方は、「普通のクリスチャン」ということで例にあげられていますが、これはけっしてクリスチャンの方に限りませんね。
神を自分の外にあると思っている方、別の存在、自分より大きな存在だと思っている方全員へのメッセージです。

そして、はじめの方にあるように、世界、神、身体、進化などの全体の構造も、幻想の世界に合わせたお話、物語ですね。(この世界自体が物語ですが)
創造、幻想は起こり続けますので、その全体構造も理解した上で、すでに自分はゴールにいる、はじめからそこにいる、そこから一歩も動いていなった、自分自身が天の王国、神(無・空・愛)そのものだったとに気づくこと。

そして、その理解を持った後に起こってくる創造現象は、自分で何かをしている、自分が何かをしている、というものではありません。
その言葉通り、それは、(自分を通して)ただ起こってくる、というものです。
(さらには、それも無の戯れであり、本当はそれ以外何も存在しないので、実は何も起こっていない、ということになるのですが。)

観照者はいますが、そこに行為者はいません(自我・エゴである自分)。
もう、行動や幻想に巻き込まれていない状態ですね。

それらに巻き込まれず、ただ在るという状態、ただ愛であり、至福の中に在る、幸せそのものとして在るという状態です。
それがラマナ・マハルシ(マハリシ)やニサルダッタ・マハラジの意識状態ですね。


真理、真実とは本当にシンプルです。
常に動き回り、物事を複雑にし、そこに意味づけをし、達成感や納得が欲しいマインドには、あまりに単純すぎてなかなか理解出来ません。
それを知るには、マインドとハートの成熟が必要です。

そして、そのために、それぞれの人にそれぞれの今が与えられています。

過去を引きずらず、未来を憂わず、

今を生きること。
今に在ること。

それを続けて行くことが大事ですね(それしかないのですが)。

今は常に新しく、愛と生命と恩寵に満ち溢れています。





今回は、セッション6回目を受けられた方からメールを頂きましたので、それに対する無空の返信と合わせて、ご承諾を得て、参考までにご紹介させて頂きます。
今回は7回目で、3回目の

>静寂、空、愛、平和、ゼロ、至福は同じ状態を指す言葉と受け取っていますが、静寂、ゼロ、空は今までのセッションで感じをつかんでいますが、愛、平和、至福は感覚的につかんでいません。

についての返信の続きです。

3回目からの流れで空について書いていますが、以前の記事、そして4回目からの記事にも書いていますように、真実を言葉で表すのは、本来、不可能です。
今回書いたことも、4回目からの記事同様、ひとつの例え、無限に例える事の出来るその中のひとつであり、マインドの成熟を促す為のひとつの方便というふうにとらえて頂けばと思います。

前回は、真実はただひとつですが、幻想という微細なゆらぎが起こることにより、空(愛)という真実の中に、平和、至福、自由等様々な違った側面をよりはっきりと感じ、体験することが可能になるということをお話しました。

この世界は、表現、体験、そして、「生きる」ということを可能にする世界です。

それ(真実)そのものであるときは、「生きる」ではなく、「生命そのもの」の状態、または、「生きている」ではなく、「生命が在る」、あるいは「ただ在る」という状態です。

生きるという事は、ある意味、時間があり、幻想があるからこそ可能とも言えます。

そして、真実を知った者は、それを超えて、真実を生きていく、今を生きていくことが可能になるんですね。

(まあ、本人は生きているとは言わないかもしれませんが、私は生命であるとか、在りて在るものとか・・・・)。

不可能を可能にするのが、真実が形を変えた幻想の役割でもあり、その幻想の中で、真実を知ることができ、真実で在ること、真実を生きることが出来るんですね。

そういう意味では、幻想がある、常に創造が起こり続けているというのも愛であり、錯覚もありがたい愛であるわけです。

マインドが真実を知る障害にもなりますが、その同じマインドが、真実を理解する助けにもなります。

成熟し、静まったマインドがそれを理解します。
空とひとつになったマインドとも言えるかもしれません。

ただ、幻想の世界がすべてで、それだけが現実と思っていると、苦しみにつながっていく可能性があります。
真実を知り、初めて幻想をあるがままに楽しむことができます。
(その前にもそれなりの楽しみもありますが、あるがままではないですね。エゴの視点からの楽しみで、常に対極を伴った楽しみ、幸せです。)

存在のレベルに在る(在るというよりイコールなのですが)、愛や平和というのは、
多くの方が思い浮かべるような愛や、平和よりももっと深いものです。(別のものではありませんが)

心が賑やかな状態では捉えにくいですね。
それらの共通要素を探すといいかもしれませんね。

それはやはりまたもとに戻るようですが、在るということ。
リアリティ、存在性、存在感覚、そして、それは至福感でもあり、気づきでもあります。

静寂に慣れ親しんで、その中でいろいろお話しながら、ある意味、空の中を刺激していきますので、徐々に捉え、理解できるようになってくると思います。(無空解説:次のセッションで、早速、空の中の密度の濃さを感じとられるようになってこられています。中身がたくさん詰まっている感じとのこと。さらに次のセッションで覚醒されました。早すぎっ。でも、ある意味、そこからが本当のスタートとも言えます。)

1の中に、3見えるようになって来てたのが、さらに、5、10と見えるようになってきます。
そして、それらはやはりすべて1であるという理解を同時に深めていくことですね。

セッションが進み、ハートが開いてくると、また空の無限の深みを感じることが出来やすくなってきます。




本当に生きることができるのは今しかない。
そこから意識がずれていれば、あなたは幻想の中、マインドの物語の中。
今という生命が生き生きしてる場で、真実を生きよう。