無空庵の個人セッションは、ゼロ(仏教では空)の場による心の浄化法、本当の自分を知る方法、心の平和・愛と幸せ・真我覚醒・真我実現を促す方法です。

●ゼロ意識共鳴で、真我・無限の愛である本当の自分に目覚め、本当の自分を実現する!

真我はただ在る。ただ自分自身(愛)である。シンプルな生き方。シンプルな在り方。
無空庵で「愛」(存在の愛)と「空」、そして「在る」こと(自分自身であること)の素晴らしさを知る。
悟り・覚醒・変わらない愛と幸せ・心の平安を実現!

無空庵では、スカイプで全国の方を対象に、ゼロ意識共鳴個人セッションを行っています。
個人セッションは、ゼロ(仏教では空)の意識の共鳴ワークであり、心の浄化法、本当の自分を知る方法、無限の愛と自由、心の平和、本当の幸せ、真我覚醒、真我実現を促す方法です。

ラマナ・マハルシ、ニサルガダッタ・マハラジ、フーマン、エックハルト・トール、ガンガジ等の言及する「悟り」「覚醒」「真我」「本当の自分」の実現をサポート!メッセージ1 メッセージ2

※多忙のため、セッションに関するお問い合わせの返信には、数日~1週間くらいかかることがあります。また、同様の理由により、読者の方からのご質問にはお答え致しかねます。ブログへのコメントにもお返しできないことが多いと思いますが、あわせてご了承願います。

公開・日々の小さな合同共鳴
※どなたでも、森羅万象あらゆる存在の意識参加自由。
毎日6時、10時、11時、11時40分、13時10分、16時15分、17時、18時、21時 2011・11・3~
(6時以外は、無空庵の基本セッション時間です。)。
各30分(その内何分でも構いません。ただそっと意識を向けてみてください。そして、できる方はご自身の存在感覚、在るという感覚、又は、気づいている意識に気づいていてください。)
※参加された方々の記事。
蓮さん①, wingさん①のびのびさんsatorinさん

公開・週一合同ゼロ意識共鳴
※どなたでも、森羅万象あらゆる存在の意識参加自由。
毎週木曜日21時と21時30分から各30分間。 2011・11・10~
※こちらの記事もご覧ください。合同ゼロ意識共鳴は、集合意識の変容を促す。+感想③
第1回感想①感想②
※参加された方々の記事 しみっちさんWingさん蓮さん




今回は、セッション受けられているayaさんとのメールのやりとり・ブログスタート前、昨年秋~編を、参考までにご紹介させて頂きます。

無空 様

昨日は長い時間、ありがとうございました。

昨日と今日では感覚が全く違います。

安心感が増しました。

それが続くとやる気がない感じに陥る自分がいたのですが、

今日は、幸福感とちょっぴり楽しい感じも出てきています。

そして、最近、思考のドラマに巻き込まれ、トラブルが起こっていたのですが、

執着がなくなり、何かが変わったように思えます。

やはり目先のことや思考にとらわれていたなと新たな自分で振り替えることもできます。
天野清貴さんの記事もじっくり読んでみると、手順を追っているので、分かりやすいですね。

認識することでより理解が深まった気がします。

○○のセミナーへの申し込みが昨日だけで3件あったのですが、

今日になり、全てがスムーズにできそうな感じもします。

自分が○○をやめる、やめないに執着していただけということがよく分かりました。

○○をやっている私か、私そのものの何か(ヒーリングや気付き)

も垣根がなく、、、

自然の流れで進んでいけば、そこはなにもないんだなぁと。

全てが幻想であるというのが、ますます腑に落ち、思考度が確実に減りました!

無空さんには本当に感謝しています。

たくさんの気付きを与えてくださり、ありがとうございました。

aya

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
無空:

aya 様

メールありがとうございました。

また、昨日はとんでもなく早いスピードで「ただ在る」というステージに到達されたayaさんと、「ただ在る」ということを共有できてとても楽しかったです。

> 安心感が増しました。 それが続くとやる気がない感じに陥る自分がいたのですが、
> 今日は、幸福感とちょっぴり楽しい感じも出てきています。

「ただ在る」ということの理解が得られると、マインドがさらにリラックスし、そのことで、意識がまた深まります。
これでいいんだという受け容れも進むと、また「これ」とか「それ」と言われる本当の自分、真実の自己の他の側面、幸福感なども出てくるようになります。

インドでは、「これ」とか「それ」のことを、サット・チット・アーナンダと言って、存在・意識・至福の3つの側面があると言っています。
「これ」は、無限ですので、様々な味わいや香りがあります。
それをどんどん深め、楽しんでいきましょう。
そして、多くの方と分かち合っていきましょう。

> そして、最近、思考のドラマに巻き込まれ、トラブルが起こっていたのですが、
> 執着がなくなり、何かが変わったように思えます。

なにものにもとらわれないというのは、覚醒意識のひとつの特長ですね。
私の質の中で、ひとつ顕著なのが、この質だと思います。
なので、話してるだけで楽になったり、その後にも以前より物事に捉われなくなっていったりというふうに伝染がおきています。

ayaさんの「大安心」や「リラックス」など、ayaさんの中にあるよい質がお会いする方にも自然に伝わっていくと思います。

覚醒意識同士のふれ合い、共鳴は、それぞれの意識を刺激し、他の側面を呼び覚ましたり、もともとある側面を深めたりするだけでなく、目に見えないレベルで、周囲にも大きな影響を及ぼします。具体的なレベルでも何かが起こることもあります(内面が変わるので、当然と言えば当然ですが)。
昨日、セミナーの予約が3件も入ったのは、そういうことかもしれませんし(たまたまかもしれませんが)、私の方も今日は、ホ・オポノポノを実践されている方が来院されました(講演会やベーシックコースも受けられたとのこと)。

そのうち、スカイプをできるようにしたいと思いますので、また、あるがままでお話しできたらいいですね。

> 認識することでより理解が深まった気がします。

これ、とても大事ですね。

ということで、本当の自分、覚醒意識、悟り意識、純粋意識、空、あれ、それ、いろいろな呼び方はありますが、それをより認識し、理解を深めていく意味でも、昨日、お話しました参考になりそうな本のご案内です。

まずは、一番お勧めで、昨日お持ちした

「恩寵の扉が開くまでⅡ」 フーマン・エマミ 天野清貴 ㈱アルテ

(セッション形式になっていて、ひとつの流れがあるので、読んでいて、自分の意識もより深いところへ導かれる感じでとてもいいと思います。Ⅰもありますので、あわせて読むと流れもわかってさらにいいかもしれません。)

それから、近年のインドの2大聖者の本で、

「アイ・アム・ザット 私は在る ニサルガダッタ・マハラジとの対話」 ナチュラル・スピリット

(絶対的意識の位置からの言い切ってしまう発言は痛快で、とても好きです。また、覚醒意識には、このような深みもあるということを知るという点ではいいかもしれません。フーマンは同じくらいの深さがあり、ひとつの流れもあり、しかも読みやすいという点で、機の熟した方には一番のお勧めにしています。)

「あるがままに ラマナ・マハルシの教え」 ナチュラル・スピリット
「不滅の意識 ラマナ・マハルシとの会話」 ナチュラル・スピリット

こちらもニサルガダッタ・マハラジと双璧です。本の編集の仕方のせいか、または質の違いか、こちらの方が読んでて、一点により深く入っていくという感じがありました。

それから、一般の方も比較的入りやすいのではないかと思われる本で、

「さとりをひらくと人生はシンプルで楽になる」 エックハルト・トール 徳間書店
「世界でいちばん古くて大切なスピリチュアルな教え」 エックハルト・トール 徳間書店
(エックハルト・トールさんの本もう1冊、ニューアースという本も出てます。)

があります。
エゴの性質についても書いてあるので、参考になるかもしれません。

そのほかでは、

「キリストのヨーガ」 M・マクドナルド・ベイン 出帆新社
「ポケットの中のダイヤモンド あなたはすべてをもっている」 ガンガジ 徳間書店

などがあります。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


> 自分が○○をやめる、やめないに執着していただけということがよく分かりました。
> ○○をやっている私か、私そのものの何か(ヒーリングや気付き)
> も垣根がなく、、、
> 自然の流れで進んでいけば、そこはなにもないんだなぁと。
> 全てが幻想であるというのが、ますます腑に落ち、思考度が確実に減りました!

理解早すぎ、深すぎです!

ayaさんは、何者なんでしょうね~。

と言っておいて、特定の誰でもない、何者でもないというのがすべての人の答えなのですが・・・。

それにしても、やっぱり凄いです。
これからもっともっと理解と意識が深まり、なにもないことの素晴らしさが分ってくると思います。
(こうして、空は無限に自分自身の素晴らしさを深く深く知っていくのでしょうか)。

私の方は、先週、1ヶ月ぶりくらいにフーマンのⅡを読み、世界が落ちた感じを体感してからは、深海にいるような波ひとつない平和、揺るがない平和の中にいるという感覚。
そして、そこから徐々に、存在に立脚し、正しい位置にいるという感覚、また、その位置から思考なしに存在として動けば、いいとか悪いとか、結果がどうのこうのということを超えて、すべてがOKだという感覚が少しずつ出てきています。(これらすべてもただ起こっている、ということですが。)

この感じをもう少し深めてから、新しいコースづくりに取り掛かっていきたいと思っています。

今回紹介した本やその他の本の中で、気に入ったフレーズのところやayaさんに参考になるんじゃないかと直感で感じたところなど、また、メールでお伝えさせて頂ければと思っています。

それでは、これからも、いつも、どの瞬間も、今に在るということに満たされながら、さらに、何もないという自由、何もないという豊かさ、何もないという幸せを無限に深めていきましょう。

そして、それが本当の愛であるということ、すべては愛であり、愛以外何も存在しないということをそれそのものとして感じていきましょう。

無空

水滴

昨日に続き、ラマナ・マハルシの本(不滅の意識)から

すべての(宗教的)教義は、大衆を真我の本当の真理に誘うための予備段階にすぎない。
諸宗教は、開祖の最高の表現と最高の知恵を必ずしも必要としない。
開祖は彼らが生きていた時代と人びとの精神的受容力を考慮せねばならなかった。

最高の知恵は、大多数の人びとの心にとってあまりにも微細であり、したがって、世界、神、身体、進化などの全体の構造は、人びとが一つの実在ー真我の単純な真理を信ずるよりもむしろ、これらのことを信じるほうがより容易であるらしいという理由で、公表されねばならなかったのである。

そのように、再生(輪廻)、アストラルのレベル、死後の生存などは本当であるが、しかし低い見地からのみ言われてきた。

すべては見地の問題である。

本当の真我の、最高の見地からすれば、すべてその他のものは架空のものとして消えうせ、実在だけが残る。

微細な、アストラルな身体が存在するのは本当だ。
なぜならば、夢の世界において機能するためには身体が世界にとって必要であり、しかしそれ自身のレベルにおいてのみ実在であり、一方われわれがそれに気づこうと気づくまいと、ひとつの真我は常に実在し、つねにそして永遠に存在するからだ。
それゆえそれを探求するほうがいいのだ。
なぜなら他の身体は条件付きでのみ実在するからだ。
 
普通のクリスチャンは、神はどこか遠く離れた天空にいて、われわれにはそこに到達する力が与えられておらず、キリストだけが神を知り、彼だけがわれわれを救済できる、と語られるときにはじめて満足する。
したがって天の王国は彼の内にあるという単純な真実が語られるとき、クリスチャンは満足せず、その言葉の中にいっそう信じがたい意味を読み取ろうとするだろう。
成熟した心だけがすべてのその赤裸々なことの中に単純な真理をしっかりとつかむことができるのだ。

無空:
最後の方は、「普通のクリスチャン」ということで例にあげられていますが、これはけっしてクリスチャンの方に限りませんね。
神を自分の外にあると思っている方、別の存在、自分より大きな存在だと思っている方全員へのメッセージです。

そして、はじめの方にあるように、世界、神、身体、進化などの全体の構造も、幻想の世界に合わせたお話、物語ですね。(この世界自体が物語ですが)
創造、幻想は起こり続けますので、その全体構造も理解した上で、すでに自分はゴールにいる、はじめからそこにいる、そこから一歩も動いていなった、自分自身が天の王国、神(無・空・愛)そのものだったとに気づくこと。

そして、その理解を持った後に起こってくる創造現象は、自分で何かをしている、自分が何かをしている、というものではありません。
その言葉通り、それは、(自分を通して)ただ起こってくる、というものです。
(さらには、それも無の戯れであり、本当はそれ以外何も存在しないので、実は何も起こっていない、ということになるのですが。)

観照者はいますが、そこに行為者はいません(自我・エゴである自分)。
もう、行動や幻想に巻き込まれていない状態ですね。

それらに巻き込まれず、ただ在るという状態、ただ愛であり、至福の中に在る、幸せそのものとして在るという状態です。
それがラマナ・マハルシ(マハリシ)やニサルダッタ・マハラジの意識状態ですね。


真理、真実とは本当にシンプルです。
常に動き回り、物事を複雑にし、そこに意味づけをし、達成感や納得が欲しいマインドには、あまりに単純すぎてなかなか理解出来ません。
それを知るには、マインドとハートの成熟が必要です。

そして、そのために、それぞれの人にそれぞれの今が与えられています。

過去を引きずらず、未来を憂わず、

今を生きること。
今に在ること。

それを続けて行くことが大事ですね(それしかないのですが)。

今は常に新しく、愛と生命と恩寵に満ち溢れています。