無空庵の個人セッションは、ゼロ(仏教では空)の場による心の浄化法、本当の自分を知る方法、心の平和・愛と幸せ・真我覚醒・真我実現を促す方法です。

●ゼロ意識共鳴で、真我・無限の愛である本当の自分に目覚め、本当の自分を実現する!

真我はただ在る。ただ自分自身(愛)である。シンプルな生き方。シンプルな在り方。
無空庵で「愛」(存在の愛)と「空」、そして「在る」こと(自分自身であること)の素晴らしさを知る。
悟り・覚醒・変わらない愛と幸せ・心の平安を実現!

無空庵では、スカイプで全国の方を対象に、ゼロ意識共鳴個人セッションを行っています。
個人セッションは、ゼロ(仏教では空)の意識の共鳴ワークであり、心の浄化法、本当の自分を知る方法、無限の愛と自由、心の平和、本当の幸せ、真我覚醒、真我実現を促す方法です。

ラマナ・マハルシ、ニサルガダッタ・マハラジ、フーマン、エックハルト・トール、ガンガジ等の言及する「悟り」「覚醒」「真我」「本当の自分」の実現をサポート!メッセージ1 メッセージ2

※多忙のため、セッションに関するお問い合わせの返信には、数日~1週間くらいかかることがあります。また、同様の理由により、読者の方からのご質問にはお答え致しかねます。ブログへのコメントにもお返しできないことが多いと思いますが、あわせてご了承願います。

公開・日々の小さな合同共鳴
※どなたでも、森羅万象あらゆる存在の意識参加自由。
毎日6時、10時、11時、11時40分、13時10分、16時15分、17時、18時、21時 2011・11・3~
(6時以外は、無空庵の基本セッション時間です。)。
各30分(その内何分でも構いません。ただそっと意識を向けてみてください。そして、できる方はご自身の存在感覚、在るという感覚、又は、気づいている意識に気づいていてください。)
※参加された方々の記事。
蓮さん①, wingさん①のびのびさんsatorinさん

公開・週一合同ゼロ意識共鳴
※どなたでも、森羅万象あらゆる存在の意識参加自由。
毎週木曜日21時と21時30分から各30分間。 2011・11・10~
※こちらの記事もご覧ください。合同ゼロ意識共鳴は、集合意識の変容を促す。+感想③
第1回感想①感想②
※参加された方々の記事 しみっちさんWingさん蓮さん


青森‧奥入瀬渓流_54 / 柳雩


今回は、セッションを受けられているSさんから頂いた感想(セッション書き起こし)を、参考までにご紹介させて頂きます。(その1)

Sです。遅くなりました。書き起こしはもういつくか済んでますが、整えたものから順次送ります。
今回は11回目のセッションです。 
この頃はまだ、セッション中の「体験」が大きく出てる流れが残ってる頃でした。 
今(11/16)は、こういう大きな体験より、マインドに影響されない「それ」が感じられればもう充分という感じになってきてます。
一つ一つ体験するより、そこにあればもうすべてがあるから。ただただ、そうであるからという感じでしょうか。

無空:もう充分という、今に満足できているという状態は、マインドが成熟してきていることを表していますね。

■11回目(9/17)セッション (無:無空さん、S:Sさん)

無:「こんばんは」

S:こんばんは

無:「調子はいかがでしょうか?」

S:なんかが、安定・・というか、なんかすごい動かない部分が結構長くあるというか、成果が出てるなぁと言えるようになってきて、

無:「いいですねぇ。顔もどんどん変わってきてますからね。しっかりしてきた感じ。表情とかね、自信もついて落ち着きもあって、精悍な顔つきというかね。まぁ毎回あれだけの体験されてますからね(笑)、自ずとねそうなっていきますね。」

S:わずかながらあったものが、前回のでかな、結構分かってきた、というか、前回のハートの感じとか、あそこまでばーーとはなってないですけど、あれの落ち着いた感じがずーーとある、なんかこう感覚・印象で言うと、胸を中心としたまわりにずーとあるというか。
色々感情とか身体の痛みとか、これをこのままほっとこうっていうのをやれるようになってきたのか、だからいつでも感情とぜんぜん別でこっち側の平和が意識すればずっとあると言うか同時にあると言うか。

無:「すばらしいですね」

S:それが自分でも解ってきたというか、安定してきた。これはずっと変わらないしなぁっていう、のが出てきて

無:「いいですね、そうそう」

S:その感じだけがずっとあるからなんか不思議な。どうしようとかしてるわけじゃないんだけど、

無:「自然にね、努力とかいらない、してない、『ある』自体は努力なし、努力しても変わらない(笑)」

S:ある自体は何してても変わらない

無:「でも、感覚的にそういうのが出てきたってのは・・それはまたちょっと変化する可能性はありますね、いい意味でね。こういう感じがまた別の感じに」

S:そうですか。まだ印象としてそういう感じの側面だから。

無:「でも、いいですね、そういう変わらないもの、動かないものが出てきて、あと感情から離れて別のところにいられるってのはね」

S:あと、いろいろ日常でも、なにか体験があったように思うんです

無:「その感覚が出てくるとね、日常でもものすごい体験というか、わかる、次々とね」

S:そうですね、いろいろありました。
全部価値が無い(価値が並列)と見える状態とか、その状態の時は、あぁなってるなぁ、と思ってるんですけど、その状態じゃないと忘れちゃうんだけど(笑)、あはは、そういう側面が結構出てきて、

無:「次々と、気付きがあるわけですよね」

S:まぁまだまだですが、前は本当に「どこへやら」でしたが(笑)、

無:「それが回数重ねるとね」

S:結構内側で進行してるという

無:「そうです、外側から取ってつけるものじゃなくてね。だから、消え去るものではないわけですね、着実にこうやってね。まぁ育ててと言うかね、もともとあるんですけど、でも育てていくという。非常にいいですね。」

S:おかげさまで(笑)
あと、ブログに載ってた本を買ったり、色々借りたりしてまして、(ラマナ.マハルシ、ニサルガダッタ.マハラジ、「キリストのヨーガ」とか、ガンガジとか)色々読んでみようと思って、
同じものを扱ってるんだけど、なんだろうそれぞれ認識の度合いというか仕方というか、違いがありますね

無:「フーマン的にいえば、質と香りが違うっていうね。」

S:そうですね。でも、やっぱり、参考にするだけというか、表現するときの材料なんだなぁって

無:「そうそう。自分の確認にもなるし。ただ、Sさんの場合、本以上の理解に行ってるので(笑)。だから、他の人に伝える時とか、その人その人に合わせてとかね。そういう意味では、いろんな言葉とか表現を知ってた方がいいですよね。」
「『キリストのヨーガ』なんかも昔読んでて結構深い意識に入ったような時もありましたからね。出来ごとのところはさっと読んで、大事なとこだけしっかり読んで(笑)。ニサルガダッタ.マハラジは最初に読んだからかもしれないけど、私は結構あれが好きなんですよ。」

S:でも、確かに、ラマナ.マハルシ、ニサルガダッタ.マハラジの二人はぴぴっとくるというか、

無:「あの二人の方が深いですね。フーマンは同じくらいの深さで解りやすいですけどね。」

S:フーマンはわかりやすく、セッションの様子が描写されてるから(その感じている事の内容は書いてないけど)、その感じは一番伝わってくる。言葉で描写するときは、さっきの二人が、

無:「ニサルガダッタ.マハラジとかは、いろんな視点から、いろんな質問者の質問に合わせて答えるから、いろんな・・「空」とか「真実」の「真我」のと・・いろんな視点が見れるかなぁと言う感じがしますね。まぁ答えがやっぱすごいですね、答え方がね(笑)。知性がすばらしく働いてる感じですね。真我の『知性』の部分が。あとは態度が好きですね、わたし的には、絶対の位置から絶対に動かないという、そこから常に話す、その観点からね。いっさい妥協しない、マインドの質問にね(笑)」

S:あとは、先日流れで、○○カフェってのに行ってきました。
シスターさん達がメッセージをくれるんです。チャネリングと同じなんですが。

無:「だれからのメッセージとか決まってるんですか?」

S:それは、『主』です。

無:「主ですね」

S:そのへんの詳しいことはわからないんですが、キリスト教的な言葉は使うんですが、出てくる内容はキリスト教には関係ない普通のチャネリングの感じなんです。
そこでの表現で、主が『私があなたを創りました』とか、『あなたをすべて解っています』『私が計画しました』とか出てくるんですね、『それ』を人格化した表現ではあるけど、言ってることはすごく、そのとおり、というか、全部主(それ)が創ってるし、全部主が計画しているし、とか、それらの本当の意味がわかりながら聞けたんです。キリスト教での描写も、そこから来てたんだなぁって。
で、そこでの僕へのメッセージが、今この共鳴セッションを僕が体験してる事を把握してくれてる内容で、それを言葉化してくれてるんですが、「頭ではわかんなくても、あなたの霊の部分がちゃんと私(主・それ)をちゃんと受け取って暖めていますよ、無くなっていませんよ」とか、「私の事をあなたはもう知っています」とか。

無:「いまこの状態になって」

S:そうなんです。『もうすぐ迷いもなくなりますよ、自分で迷う事をしなります』とか、『わたしの事がわかります』とかそういう感じのメッセージだったので、ああ、このセッションのことだなとわかったので面白かったですね。

(実際の一部を載せますね→「私はあなたにすでに私の言葉、私の思いたくさんたくさん与えてきました。
あなたの中でそれは明確な光となってあなたの中に在りますよ、無くなっていませんよ。
あなたの中で神の言葉、神の思いは光輝いています。
そしてあなた自身は頭では認識できなくても、あなたの霊はそれを喜びそれによって暖められています。
ですから、わたしはあなたにすでに多くのものを与えてあなたはそれを受け取っているという事を信じて下さい。
何も足りないものは在りません。
前に進み続けて下さい。
トンネルから出ます、そしてあなたは私を知るようになります。」
「だから心配しないでください。私はあなたの事を知っています、そして導いています。
あなたも私を知っている、その事を私は解ってますよ。
ですから、安心して歩んで下さい。
わたしの範囲の中にあなたを置いています、囲いの中にあなたを置いています」)

でも、元は、そこを描写してたんだなぁって。キリスト教も、時代に合わせて『それ』を人格化して表現をとらざるを得なかったんでしょうけど、まぁそういう人格的な側面もあるんでしょうけど、でも、世界の歴史上の全部がいろんな表現で『それ』は描写されてるんだなぁと。

無:「そうですね。それぞれみんな、視点というか見方というかね、その人にはどのように見えたかによりますけどね。どう起こってきたかという観点もありますけどね。でも、『これ』が分かると全て同じだってことがわかりますよね。こう見るとこう見えるんだとか、こっちからだとこう見れるとかね。」

S:なるほど

無:「まぁさらによりしっかりわかってくるという感じですかね。ひじょうに素晴らしいですね。」

S:あとは、そういえば、前回、頭痛がしてたんですが、セッション受けてる時はすっかり無くなってました。

無:「やっぱり、身体の状態も、疲れてる人がうけて終わるころにはかなり疲れが取れてたり、あとは、かなりうつ状態の方がセッションを数分うけて、元気になったりとか。あとはあらゆる瞑想とか気功とかいろんな事をやった方が、脳の変化とかにもすごく敏感で、無料体験の段階で「目を開けながら瞑想と同じ状態になりますね」とかってね、あとは脳が開いてくる感じがします、と言ってらしてましたね。
初めは脳が変化していってるのが今は脳が整ってきたって言ってましたね。
共鳴中はだから脳がそれなりの状態になるんですね。
それが週一でやっていくと、脳の状態がある意味定着していく。
ブログでは生理状態が変わっていくという書き方にしてますが。だから、安定してくるわけですね。こういう感じが。」

S:なるほどなぁ

無:「たまたま私が整体しててね、体質改善するには週一のペースで3ケ月とか半年とかでするのがいいってのが分かってたし、あとは、整体受けながらアイコンタクトとかで共鳴してそれで覚醒されたので、これはやっぱり週一ペースがいいのかなというね。あとは、瞑想の教師をやってた時にも、意識状態に対応した生理状態とか脳の状態とかがあるっていうことを知識でも知ってたし、なので、この週一というペースがおすすめという感じでね。それで定着してくる、このペースがベストかなぁと。無理なく定着という。」

S:なるほど、そうなんだ。

無:「頭の状態が私の脳というか空の状態と同じに、共鳴だから。」

S:それに合わさっていくということですね。

無:「本当の自分は体ではないですけどね、でもやっぱりこの身体があることで、あれが安定するわけ、定着する訳ですね、ある意味ね。」

S:へぇぇぇ

無:「そういう意味では、面白いですね、肉体持ってね。まぁ肉体でなくてもいいかもしれないけどね、まぁあるレベルの体。でも肉体が一番ある意味密度が濃いって言う意味で、安定させるには一番いいのかもしれない、変わるのにも時間がかかるかもしれないけど。他のより波動の高いのは移ろいやすいですしね、ある意味ね。」

S:なるほどなぁ

無:「移ろいやすいし、まぁあと、精妙だから、同じくらいの波動のところに安定しちゃってね、そこからなかなか上がれないってのもあるかもしれないね。ここ(地球・この世)はいろんな人達が混ざってるから。よくそう言いますよね、亡くなると自分の波長の合うところに行くと。」

S:そういう意味では、ここは凄いところですね。

無:「この感覚と言うか、『ある』というのが共有できるとすばらしいですね。一人でも多くの方とね。」

省略(他の方の体の話しになり)

・・・明日に続きます。
初回投稿日2010年6月1日
最終更新日2015年2月7日

青空

悟り意識(ゼロ意識、純粋意識、無限の愛)は全ての人が持っています。
(本当は、ただひとつの悟り意識があり、その現れとして、私たち個人個人、そして世界があるのですが。)
それは、あらゆる問題から解放されていて、自由で、愛にあふれ、幸せそのものです。
必要なのは、その直接体験を重ね、それが本当の自分であることの理解を深めていくことです。
そのことにより、マインドを含め、存在全体が変容していきます。
心の平和、無限の愛と自由、変わることのない幸せが実現されていきます。

水滴

昨日に続き、ラマナ・マハルシの本(不滅の意識)から

すべての(宗教的)教義は、大衆を真我の本当の真理に誘うための予備段階にすぎない。
諸宗教は、開祖の最高の表現と最高の知恵を必ずしも必要としない。
開祖は彼らが生きていた時代と人びとの精神的受容力を考慮せねばならなかった。

最高の知恵は、大多数の人びとの心にとってあまりにも微細であり、したがって、世界、神、身体、進化などの全体の構造は、人びとが一つの実在ー真我の単純な真理を信ずるよりもむしろ、これらのことを信じるほうがより容易であるらしいという理由で、公表されねばならなかったのである。

そのように、再生(輪廻)、アストラルのレベル、死後の生存などは本当であるが、しかし低い見地からのみ言われてきた。

すべては見地の問題である。

本当の真我の、最高の見地からすれば、すべてその他のものは架空のものとして消えうせ、実在だけが残る。

微細な、アストラルな身体が存在するのは本当だ。
なぜならば、夢の世界において機能するためには身体が世界にとって必要であり、しかしそれ自身のレベルにおいてのみ実在であり、一方われわれがそれに気づこうと気づくまいと、ひとつの真我は常に実在し、つねにそして永遠に存在するからだ。
それゆえそれを探求するほうがいいのだ。
なぜなら他の身体は条件付きでのみ実在するからだ。
 
普通のクリスチャンは、神はどこか遠く離れた天空にいて、われわれにはそこに到達する力が与えられておらず、キリストだけが神を知り、彼だけがわれわれを救済できる、と語られるときにはじめて満足する。
したがって天の王国は彼の内にあるという単純な真実が語られるとき、クリスチャンは満足せず、その言葉の中にいっそう信じがたい意味を読み取ろうとするだろう。
成熟した心だけがすべてのその赤裸々なことの中に単純な真理をしっかりとつかむことができるのだ。

無空:
最後の方は、「普通のクリスチャン」ということで例にあげられていますが、これはけっしてクリスチャンの方に限りませんね。
神を自分の外にあると思っている方、別の存在、自分より大きな存在だと思っている方全員へのメッセージです。

そして、はじめの方にあるように、世界、神、身体、進化などの全体の構造も、幻想の世界に合わせたお話、物語ですね。(この世界自体が物語ですが)
創造、幻想は起こり続けますので、その全体構造も理解した上で、すでに自分はゴールにいる、はじめからそこにいる、そこから一歩も動いていなった、自分自身が天の王国、神(無・空・愛)そのものだったとに気づくこと。

そして、その理解を持った後に起こってくる創造現象は、自分で何かをしている、自分が何かをしている、というものではありません。
その言葉通り、それは、(自分を通して)ただ起こってくる、というものです。
(さらには、それも無の戯れであり、本当はそれ以外何も存在しないので、実は何も起こっていない、ということになるのですが。)

観照者はいますが、そこに行為者はいません(自我・エゴである自分)。
もう、行動や幻想に巻き込まれていない状態ですね。

それらに巻き込まれず、ただ在るという状態、ただ愛であり、至福の中に在る、幸せそのものとして在るという状態です。
それがラマナ・マハルシ(マハリシ)やニサルダッタ・マハラジの意識状態ですね。


真理、真実とは本当にシンプルです。
常に動き回り、物事を複雑にし、そこに意味づけをし、達成感や納得が欲しいマインドには、あまりに単純すぎてなかなか理解出来ません。
それを知るには、マインドとハートの成熟が必要です。

そして、そのために、それぞれの人にそれぞれの今が与えられています。

過去を引きずらず、未来を憂わず、

今を生きること。
今に在ること。

それを続けて行くことが大事ですね(それしかないのですが)。

今は常に新しく、愛と生命と恩寵に満ち溢れています。


こんばんは。無空です。
ご訪問ありがとうございます。
そして、いつもランキングクリックの応援、本当にありがとうございます。

今、あなたのハートは開いていますか?
ハートが開いていれば、そこに恩寵が降りてきます。

無限の愛と調和のエネルギーをお受け取り下さい。
本当のあなたからの祝福をお受け取り下さい。
愛と平安

この愛がいつもあなたを支えています。
いつも愛の中にいられたらいいですね。いつも愛を感じていられたら幸せですね。

そのためには、あなたが、一瞬一瞬、愛であるかどうか、
ただそれだけです。


では、0時を過ぎましたので、本日、1回目の投稿ということになります。

ブログをはじめて4日目、一昨日、はじめてコメントを頂きました。

すでに真理を知っていらっしゃて、その場所から、普遍のスタンスでずっと真理を伝え続けていらっしゃる方です。

恐縮ですが、同じ質と香り、そして、静寂を感じました。

投稿されたコメントに対しても、謙虚な姿勢で、愛ある的確なご指摘、導きをされていらっしゃいます。

「God is 聖霊とともに」 christさんです。

1月7日のコメントのところに、

christさんの書かれている言葉は、すごく深くすごく広い、またすごく優しいです。短い文章の中に、全てに帰る鍵が入っています。・・・とあります。

真実は、本来、言葉では表現しきれるものではなく、もっとも適切な表現は、沈黙、空白です。

でも、それではブログになりませんね(笑)。

christさんは、短い文章の中で端的にそれ(真理・真実)を、私たちに示し続けてこられています。

その深さ、広さ、やさしさを、みなさんも味わってみてください。


私の文章はいつも長めで申し訳ないんですが、真実はいろんな形をとって現われますから、同じ場所から発せたれた様々な表現と接することも、理解を深めていくひとつの方法になります。

私のところで感じたもの、christさんのところで味わったもの、そしてそれがあなたそのものですよ、とお伝えしていくこと。

christさんがこれまでされてきたことであり、これから、私や私の弟子(4番弟子ayaさん)が、ブログや個人セッションを通して、お伝えしていくことが、それです。

後の記事で紹介する本の中で、マスターの役割とは、唯一「これ」がそれだと指摘することにある、と書かれた部分があります。

昨日、christさんのブログにコメントのお返しをさせて頂いて、もったいないお言葉を頂きましたが、それは、すべての人がそうなのです。

これから、christさんが、私が、私の弟子が、そして、その他、多くの「それ(真我・本当の自分)」を知る方々が、それぞれご縁のある方々、準備のできた方々にお伝えしていくことです。

覚醒の輪が広がっています。

例外なく、すべての人は、真我であり、キリスト(意識・御霊)であり、愛そのものです。


お知らせ:現在、4人の内弟子がいますが、そのうち2人がブログを書いています。
     すでに自身でも弟子を持ち、個人セッションを行っているayaさんと、ゆったりマイ
     ペースのふわりんさんです。リンクのところにありますので、よかったらご覧にな
     ってみてください。
     詳しい紹介は、また後日。

【個人セッションに関してはこちらです。】
【お問い合わせ等はこちらからどうぞ。】

ランキングに参加しています。
よろしければ、クリック応援をお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
精神世界ラ
ンキング 人気ブログランキングへ

関連タグ : キリスト意識, , 聖霊, 真我実現,