ゼロ意識(空・無限の愛・本当の自分・真我)実現までの注意点・マインド

ここでは、「ゼロ意識(空・無限の愛・本当の自分・真我)実現までの注意点・マインド」 に関する記事を紹介しています。

●ゼロ意識共鳴で、真我・無限の愛である本当の自分に目覚め、本当の自分を実現する!

真我はただ在る。ただ自分自身(愛)である。シンプルな生き方。シンプルな在り方。
無空庵で「愛」(存在の愛)と「空」、そして「在る」こと(自分自身であること)の素晴らしさを知る。
悟り・覚醒・変わらない愛と幸せ・心の平安を実現!

無空庵では、スカイプで全国の方を対象に、ゼロ意識共鳴個人セッションを行っています。
個人セッションは、ゼロ(仏教では空)の意識の共鳴ワークであり、心の浄化法、本当の自分を知る方法、無限の愛と自由、心の平和、本当の幸せ、真我覚醒、真我実現を促す方法です。

ラマナ・マハルシ、ニサルガダッタ・マハラジ、フーマン、エックハルト・トール、ガンガジ等の言及する「悟り」「覚醒」「真我」「本当の自分」の実現をサポート!メッセージ1 メッセージ2

※多忙のため、セッションに関するお問い合わせの返信には、数日~1週間くらいかかることがあります。また、同様の理由により、読者の方からのご質問にはお答え致しかねます。ブログへのコメントにもお返しできないことが多いと思いますが、あわせてご了承願います。

公開・日々の小さな合同共鳴
※どなたでも、森羅万象あらゆる存在の意識参加自由。
毎日6時、10時、11時、11時40分、13時10分、16時15分、17時、18時、21時 2011・11・3~
(6時以外は、無空庵の基本セッション時間です。)。
各30分(その内何分でも構いません。ただそっと意識を向けてみてください。そして、できる方はご自身の存在感覚、在るという感覚、又は、気づいている意識に気づいていてください。)
※参加された方々の記事。
蓮さん①, wingさん①のびのびさんsatorinさん

公開・週一合同ゼロ意識共鳴
※どなたでも、森羅万象あらゆる存在の意識参加自由。
毎週木曜日21時と21時30分から各30分間。 2011・11・10~
※こちらの記事もご覧ください。合同ゼロ意識共鳴は、集合意識の変容を促す。+感想③
第1回感想①感想②
※参加された方々の記事 しみっちさんWingさん蓮さん

雲間からの光

フーマン 恩寵の扉が開くまで より

人々は何生にも渡って探求し続ける。
それが、サンサーラ(輪廻)の本性だ。
そしてそこで行き詰ったままだ。

カルマは非常に強い。
マーヤ(幻想)は、とてもパワフルだ。
あなたは、その事に気づきもしない。
あなたは自分がスピリチュアルな人間だ、と思っている。
そして瞑想に親しんで、とてもよくやっている、と思い込む。

しかし実際には、正しい方向へは行っていない。
物事が、あなたに相応しいようには起こらない。
それは、絶えず探求し続けているからだ。
探求する事で、マインドはさらに強化されてしまう。

無空:探求の罠、エゴの罠に、はまっていませんか?
エゴはとても巧妙、マーヤ(幻想)も強力ですので、なかなかそれに気づけません。
マインドが変容してきているかどうか、落ちてきているかどうか、
その辺を確認してみるといいですね。

価値判断、常に何かを求める心、とらわれ、~しなければならない、~であるべき、
時間の中にどれだけいるか(今にいないか)、個人である私(エゴ)がどれだけ残っているか、この世界にどれだけ巻き込まれているか、・・・・

自分自身を意識したとき、そこには何がありますか?
空ですか?
純粋な意識を感じることが出来ますか?
それとも、個人に焦点が当たっているでしょうか?

覚醒とは、私である個人を超え、世界を超え、マーヤ(幻想)から目覚めること。
解脱とは、個人である私から解放され、自由になること。

雲間からの光

今回は、フーマン「恩寵の扉が開くまで」より、ご紹介です。

・カルマはいつでも、自分が既に知っている所へとあなたを引き戻す。

・マインドとはコンピューターのようなもので、あなたは直ちにマインドへ戻る。
なぜならマインドは、あなたを通して生きているからだ。
それはウイルスのようで、あなたに寄生して生きている。
「あれをしろ」「これをしろ」と、あなたを絶えずせき立て行動に駆り立てる。

無空:
通常は、マインド・個人の方を自分だと思っています。
でも、それは真実ではありません。
マインド、個人という観念が完全に落ちても、あなたはそのまま存在します。

ゼロ・空・真我・本当の自分を実現するプロセスの中で、マインドについての理解はとても重要です。
マインド・エゴの性質については、エックハルト・トールさんの本などに詳しく載ってます。

マインドを理解することにより、マインドに巻き込まれにくくなりますし、巻き込まれても気づきやすくなり、また、そこから早く離れることができるようになってきます。

マインドについての深い理解は、真の自分、空であり、愛であり、喜び、幸せそのものである個人を超えた本当の自分を実現する助けとなります。


上級者の方は、できるだけ個人(マインド)でいないこと。

(別の言い方をすれば、ただ在ること、ただ愛で在ること。個人を超えた真我・本当の自分であること。幸せそのもの、喜びそのものであること)

ニサルガダッタ・マハラジも、個人でいることは眠っていることだと言ってますね。
(夢の中、マトリックスの中です。)

覚醒しているとは、空である本当の自分に目覚めていること。
愛である本当の自分で在ることです。

水滴

昨日に続き、ラマナ・マハルシの本(不滅の意識)から

すべての(宗教的)教義は、大衆を真我の本当の真理に誘うための予備段階にすぎない。
諸宗教は、開祖の最高の表現と最高の知恵を必ずしも必要としない。
開祖は彼らが生きていた時代と人びとの精神的受容力を考慮せねばならなかった。

最高の知恵は、大多数の人びとの心にとってあまりにも微細であり、したがって、世界、神、身体、進化などの全体の構造は、人びとが一つの実在ー真我の単純な真理を信ずるよりもむしろ、これらのことを信じるほうがより容易であるらしいという理由で、公表されねばならなかったのである。

そのように、再生(輪廻)、アストラルのレベル、死後の生存などは本当であるが、しかし低い見地からのみ言われてきた。

すべては見地の問題である。

本当の真我の、最高の見地からすれば、すべてその他のものは架空のものとして消えうせ、実在だけが残る。

微細な、アストラルな身体が存在するのは本当だ。
なぜならば、夢の世界において機能するためには身体が世界にとって必要であり、しかしそれ自身のレベルにおいてのみ実在であり、一方われわれがそれに気づこうと気づくまいと、ひとつの真我は常に実在し、つねにそして永遠に存在するからだ。
それゆえそれを探求するほうがいいのだ。
なぜなら他の身体は条件付きでのみ実在するからだ。
 
普通のクリスチャンは、神はどこか遠く離れた天空にいて、われわれにはそこに到達する力が与えられておらず、キリストだけが神を知り、彼だけがわれわれを救済できる、と語られるときにはじめて満足する。
したがって天の王国は彼の内にあるという単純な真実が語られるとき、クリスチャンは満足せず、その言葉の中にいっそう信じがたい意味を読み取ろうとするだろう。
成熟した心だけがすべてのその赤裸々なことの中に単純な真理をしっかりとつかむことができるのだ。

無空:
最後の方は、「普通のクリスチャン」ということで例にあげられていますが、これはけっしてクリスチャンの方に限りませんね。
神を自分の外にあると思っている方、別の存在、自分より大きな存在だと思っている方全員へのメッセージです。

そして、はじめの方にあるように、世界、神、身体、進化などの全体の構造も、幻想の世界に合わせたお話、物語ですね。(この世界自体が物語ですが)
創造、幻想は起こり続けますので、その全体構造も理解した上で、すでに自分はゴールにいる、はじめからそこにいる、そこから一歩も動いていなった、自分自身が天の王国、神(無・空・愛)そのものだったとに気づくこと。

そして、その理解を持った後に起こってくる創造現象は、自分で何かをしている、自分が何かをしている、というものではありません。
その言葉通り、それは、(自分を通して)ただ起こってくる、というものです。
(さらには、それも無の戯れであり、本当はそれ以外何も存在しないので、実は何も起こっていない、ということになるのですが。)

観照者はいますが、そこに行為者はいません(自我・エゴである自分)。
もう、行動や幻想に巻き込まれていない状態ですね。

それらに巻き込まれず、ただ在るという状態、ただ愛であり、至福の中に在る、幸せそのものとして在るという状態です。
それがラマナ・マハルシ(マハリシ)やニサルダッタ・マハラジの意識状態ですね。


真理、真実とは本当にシンプルです。
常に動き回り、物事を複雑にし、そこに意味づけをし、達成感や納得が欲しいマインドには、あまりに単純すぎてなかなか理解出来ません。
それを知るには、マインドとハートの成熟が必要です。

そして、そのために、それぞれの人にそれぞれの今が与えられています。

過去を引きずらず、未来を憂わず、

今を生きること。
今に在ること。

それを続けて行くことが大事ですね(それしかないのですが)。

今は常に新しく、愛と生命と恩寵に満ち溢れています。





私は光を見たり、声を聞いたり、神々に出会ったり、彼らと話をしたりという奇妙な体験を通り抜けてきた。
ひとたびグルが私に「あなたは至高の実在だ」と言ったとき以来、幻想や超越状態を体験することはなくなり、とても静かに、そしてシンプルになった。
私は欲望をもつことや知ろうとすることがだんだんなくなっていき、最後にはまったくの驚きとともに、「私は何も知らない。私は何も欲しくない」と言うまでに至ったのだ。

無空:個を越えた本当の自分を実現する過程で、上記のような日常の体験とはちょっと違った体験が起きてくる場合があります。(私はそのような体験はあまりないタイプですが。あるいはそのようなものにひっかからないタイプとも言えるかもしれません)。

それはとても美しく神々しい光だったり、声だったり、存在だったりするかもしれませんが、そのようなものにもとらわれないという事がとても大切です。
心が静かになっていくと、より精妙なレベル、波動の高いレベルとつながり、そのような体験が起きてくるかもしれませんが、それらはまだマインドで繋がっている幻想の中です。
最後は、そのような幻想を超え、本当に自然でシンプル、普通になります。
普通、シンプル、自然になること、本当の自分自身で在ることが最も偉大な達成です。
ゼロ(空・無限の愛・真我)の実現です。