無空庵の個人セッションは、ゼロ(仏教では空)の場による心の浄化法、本当の自分を知る方法、心の平和・愛と幸せ・真我覚醒・真我実現を促す方法です。

●ゼロ意識共鳴で、真我・無限の愛である本当の自分に目覚め、本当の自分を実現する!

真我はただ在る。ただ自分自身(愛)である。シンプルな生き方。シンプルな在り方。
無空庵で「愛」(存在の愛)と「空」、そして「在る」こと(自分自身であること)の素晴らしさを知る。
悟り・覚醒・変わらない愛と幸せ・心の平安を実現!

無空庵では、スカイプで全国の方を対象に、ゼロ意識共鳴個人セッションを行っています。
個人セッションは、ゼロ(仏教では空)の意識の共鳴ワークであり、心の浄化法、本当の自分を知る方法、無限の愛と自由、心の平和、本当の幸せ、真我覚醒、真我実現を促す方法です。

ラマナ・マハルシ、ニサルガダッタ・マハラジ、フーマン、エックハルト・トール、ガンガジ等の言及する「悟り」「覚醒」「真我」「本当の自分」の実現をサポート!メッセージ1 メッセージ2

※多忙のため、セッションに関するお問い合わせの返信には、数日~1週間くらいかかることがあります。また、同様の理由により、読者の方からのご質問にはお答え致しかねます。ブログへのコメントにもお返しできないことが多いと思いますが、あわせてご了承願います。

公開・日々の小さな合同共鳴
※どなたでも、森羅万象あらゆる存在の意識参加自由。
毎日6時、10時、11時、11時40分、13時10分、16時15分、17時、18時、21時 2011・11・3~
(6時以外は、無空庵の基本セッション時間です。)。
各30分(その内何分でも構いません。ただそっと意識を向けてみてください。そして、できる方はご自身の存在感覚、在るという感覚、又は、気づいている意識に気づいていてください。)
※参加された方々の記事。
蓮さん①, wingさん①のびのびさんsatorinさん

公開・週一合同ゼロ意識共鳴
※どなたでも、森羅万象あらゆる存在の意識参加自由。
毎週木曜日21時と21時30分から各30分間。 2011・11・10~
※こちらの記事もご覧ください。合同ゼロ意識共鳴は、集合意識の変容を促す。+感想③
第1回感想①感想②
※参加された方々の記事 しみっちさんWingさん蓮さん




今回はセッション10回目を受けられた方からメールを頂きましたので、ご承諾を得て、参考までにご紹介いたします。
6回に分けてご紹介いたしますが、今回は4回目です。

> それから、私は今まで背負ってきたものが多かったりする人だと思い、今までずいぶん、ヒーリングをしてきました。
>その中の大きな問題を思い浮かべた時、アレ?そういえばそんなことがあったなぁ~ぐらいになっていました。
>(知らないうちに問題が問題でなくなるような感じです)
>私には、大きな心の傷があって、それは一生持っていかなくてはならないことだと覚悟するような傷がありました。
>その傷もずいぶんと良くなっていたのに気付かされました。

体験談2の方のように、共鳴していきながら、いつの間にか深いトラウマが消えていくような場合もありますし、○○さんも深い共鳴が続いていたのと、大きな浄化もありましたからね。

そして、ブログで何度も書いてますように、問題はマインドの中、心の中(あるいは個人の中)にだけ存在していて、本当の自分というのは、心でも感情でも、個人でもありません。

そのことに今回、覚醒したのですから、今まで自分のものとして抱えてきた個人的なもの、心の傷、大きな問題から影響を受けなくなってきたということですね。
それを問題にしていたのは、客観的な事実、出来事に対して、個人的な観念をもとに、色づけした価値判断であり、その心です。

それが本当の自分ではなかったと気づいた時、そのことに覚醒したとき、それはもう問題ではなくなっています。




今回は、無料体験セッションの感想を送って頂きましたLさんへの無空の返信、分割でのご紹介、6回目です。

>昨日の夜、いえ朝まで、ずっとエゴの不快感がまとわり着いて離れなかったのですが、
>本当にマジックのよう、嘘のように焦点がそこから外れ、時間に焦ったり、苛立ちながら行っていたことにも強迫観念 がすべて消えて、
>落ち着いて、楽しく集中することができました。

⇒言葉が真実を語っていますね。

エゴ(の不快感)は、幻想、虚構、嘘です。

それに対し、空(存在の愛)は、実在、リアリティ、真実です。

真実に触れると、幻想はただ消えていきます。
実際に体験されると分りますね。(これまでセッションを受けられている方々も様々な形で体験されています。)




ラマナ・マハルシ 「あるがままに」より

グル(師)が沈黙していれば、弟子の心は自動的に浄化される。

無空:ゼロ(空)の意識共鳴により、心、マインドが浄化されていきます。
沈黙、ゼロ、静寂には、マインドを浄化する力があります。

沈黙はいたるところにあります。
自然はいつも沈黙しています。
日常の中にある沈黙に意識をあわせてみるのもいいですね。

そして、できる方は、意識そのもの、気づきそのものに焦点を合わせてください。
それは、絶対的に沈黙しています。





今回は、セッション6回目を受けられた方からメールを頂きましたので、それに対する無空の返信と合わせて、ご承諾を得て、参考までにご紹介させて頂きます。
今回は6回目で、3回目の

>静寂、空、愛、平和、ゼロ、至福は同じ状態を指す言葉と受け取っていますが、静寂、ゼロ、空は今までのセッションで感じをつかんでいますが、愛、平和、至福は感覚的につかんでいません。

についての返信の続きです。

3回目からの流れで空について書いていますが、以前の記事、そして4回目からの記事にも書いていますように、真実を言葉で表すのは、本来、不可能です。
今回書いたことも、4回目からの記事同様、ひとつの例え、無限に例える事の出来るその中のひとつであり、マインドの成熟を促す為のひとつの方便というふうにとらえて頂ければと思います。

前回は、空の中に、愛や平和、至福など、様々な質を感じることが出来るか、ということについて、空に馴染み、より意識を深めていくこと、また、ハートが開かれていくことにより、それを感じることができるようになること、そして、様々な側面を感じるには、微細なゆらぎ(ゆらぎとも言えないゆらぎですが)、微細な幻想も必要であるということをお話しました。

そして、もうひとつは、空そのものとなり、そこから出た時に、それは愛であり、平和であり、至福であると言うことができるというお話をしました。

前者の場合は、微細な状態ではありますが、体験者がまだ残っていて、真実と幻想の両方に足をかけている状態とも言えますね。

空(真実)の世界に右足、幻想(この現象の世界)の世界に左足とか(笑)。
または、体は真実に埋まっているが、頭だけ幻想世界に出てるとか(笑)。

こちらの方が、それそのものとして在るときよりは、体験としてはある意味、密度、濃度は薄まっていますが、いろいろな質を感じることができますね。
また、濃すぎてはっきり感じれなかったそれぞれの質が、よりはっきりと感じれるようになるとも言えます。

そういう意味では、この幻想の世界にいながらも、真実を生きることが可能だという事が言えます。

制限のある世界にいながら、無限を生きることが可能です。(ある意味、制限という感覚、記憶がなければ無限という感覚も感じれません。)

そして、真実と幻想に橋をかけるのは、やはり深い体験にもとづく理解ですね。
腑に落ちて、本当の自分は何者なのかを全く疑いなく、意識することもなく、自然に生きているとき、それは完全に実現されている状態です。

浄化され、成熟したマインドが理解をもたらし、真実と幻想の間に橋をかけます。

真実のみに焦点を当てれば、真実の中に没入することも出来ますし、幻想の世界に意識を開いていても、理解が深ければ真実はゆるがず、外側の世界を軽やかに楽しむことができます。

この言い方、真実と幻想とを分けて説明していること自体、マインドで理解することも考慮しての説明ですが、そうでないと、このブログはすべて白紙になってしまいますので(笑)(それが一番適切な表現ではありますが)。

真実はそれしかないのですが、幻想という微細なゆらぎが起こることにより、それが可能になります。
そういう意味で、この体験の世界、幻想の世界もありがたいということができますね。




今回は、セッション6回目を受けられた方からメールを頂きましたので、それに対する無空の返信と合わせて、ご承諾を得て、参考までにご紹介させて頂きます。13回に分けて掲載していきます。

>先日のセッションの時は先週までの大きなテーマの浄化がずいぶん落ち着いていました。

大分大きくて、深いものが浄化されて、抜けていきましたからね。
体の方はずっとこれまでそれを背負って抱えてきたわけで、(微細な体、アストラル体とか、メンタル体というレベルでいくと、何生にもわたって・・・前回、抜けて行ったのはそういうレベルのものでしたね)、それがわずかの期間で、一気に抜けていきましたから、少し力が抜けたような感覚になったのかもしれません。(例えば、ずっと100kgの重い荷物を抱えて生きてきていてそれが普通になっていたのを、一気に降ろしたような感覚)
でも、1週間くらいで安定して来られたようですね。(この速さと、穏やかさが無空庵のひとつの特長でもありますね)。

>今回は、フーマンの本の質疑応答の後、意識の共鳴をしていただきました。
>共鳴をしていただくと普段と違うエネルギーに満たされるのか、辺りが白くなっていきます。

これを以前行ってたセミナーでは、クンダリーニがサハスラーラ(頭上のチャクラ)に上がっている状態で、ニルビカルパ・サマーディ(三昧の一種)の状態と言ってました。

>スカイプの無空さんの顔も消えていくようです。”さようなら~”

はじめは、手を振られて何をおっしゃっているかと思いましたが、今回は何回も私が消えて行きましたね(笑)。
この世界は、まさにマジック、幻想の世界です。
そして、消えていくというのは、白い光の世界という現象界でもっとも精妙な世界も超えて、非現象世界、まだ個々の存在が別々に分化して現れていないすべてがひとつになってるところ、この絶えず変化する世界ではなく、その源である変わることのない真実の世界、空ですね。・・・無空なだけに消えやすい?(笑)。

明日に続きます。