無空庵の個人セッションは、ゼロ(仏教では空)の場による心の浄化法、本当の自分を知る方法、心の平和・愛と幸せ・真我覚醒・真我実現を促す方法です。

●ゼロ意識共鳴で、真我・無限の愛である本当の自分に目覚め、本当の自分を実現する!

真我はただ在る。ただ自分自身(愛)である。シンプルな生き方。シンプルな在り方。
無空庵で「愛」(存在の愛)と「空」、そして「在る」こと(自分自身であること)の素晴らしさを知る。
悟り・覚醒・変わらない愛と幸せ・心の平安を実現!

無空庵では、スカイプで全国の方を対象に、ゼロ意識共鳴個人セッションを行っています。
個人セッションは、ゼロ(仏教では空)の意識の共鳴ワークであり、心の浄化法、本当の自分を知る方法、無限の愛と自由、心の平和、本当の幸せ、真我覚醒、真我実現を促す方法です。

ラマナ・マハルシ、ニサルガダッタ・マハラジ、フーマン、エックハルト・トール、ガンガジ等の言及する「悟り」「覚醒」「真我」「本当の自分」の実現をサポート!メッセージ1 メッセージ2

※多忙のため、セッションに関するお問い合わせの返信には、数日~1週間くらいかかることがあります。また、同様の理由により、読者の方からのご質問にはお答え致しかねます。ブログへのコメントにもお返しできないことが多いと思いますが、あわせてご了承願います。

公開・日々の小さな合同共鳴
※どなたでも、森羅万象あらゆる存在の意識参加自由。
毎日6時、10時、11時、11時40分、13時10分、16時15分、17時、18時、21時 2011・11・3~
(6時以外は、無空庵の基本セッション時間です。)。
各30分(その内何分でも構いません。ただそっと意識を向けてみてください。そして、できる方はご自身の存在感覚、在るという感覚、又は、気づいている意識に気づいていてください。)
※参加された方々の記事。
蓮さん①, wingさん①のびのびさんsatorinさん

公開・週一合同ゼロ意識共鳴
※どなたでも、森羅万象あらゆる存在の意識参加自由。
毎週木曜日21時と21時30分から各30分間。 2011・11・10~
※こちらの記事もご覧ください。合同ゼロ意識共鳴は、集合意識の変容を促す。+感想③
第1回感想①感想②
※参加された方々の記事 しみっちさんWingさん蓮さん




今回は、セッション受けられているayaさんとのメールのやりとり・ブログスタート前、昨年秋~編を、参考までにご紹介させて頂きます。

無空 様

昨日は長い時間、ありがとうございました。

昨日と今日では感覚が全く違います。

安心感が増しました。

それが続くとやる気がない感じに陥る自分がいたのですが、

今日は、幸福感とちょっぴり楽しい感じも出てきています。

そして、最近、思考のドラマに巻き込まれ、トラブルが起こっていたのですが、

執着がなくなり、何かが変わったように思えます。

やはり目先のことや思考にとらわれていたなと新たな自分で振り替えることもできます。
天野清貴さんの記事もじっくり読んでみると、手順を追っているので、分かりやすいですね。

認識することでより理解が深まった気がします。

○○のセミナーへの申し込みが昨日だけで3件あったのですが、

今日になり、全てがスムーズにできそうな感じもします。

自分が○○をやめる、やめないに執着していただけということがよく分かりました。

○○をやっている私か、私そのものの何か(ヒーリングや気付き)

も垣根がなく、、、

自然の流れで進んでいけば、そこはなにもないんだなぁと。

全てが幻想であるというのが、ますます腑に落ち、思考度が確実に減りました!

無空さんには本当に感謝しています。

たくさんの気付きを与えてくださり、ありがとうございました。

aya

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
無空:

aya 様

メールありがとうございました。

また、昨日はとんでもなく早いスピードで「ただ在る」というステージに到達されたayaさんと、「ただ在る」ということを共有できてとても楽しかったです。

> 安心感が増しました。 それが続くとやる気がない感じに陥る自分がいたのですが、
> 今日は、幸福感とちょっぴり楽しい感じも出てきています。

「ただ在る」ということの理解が得られると、マインドがさらにリラックスし、そのことで、意識がまた深まります。
これでいいんだという受け容れも進むと、また「これ」とか「それ」と言われる本当の自分、真実の自己の他の側面、幸福感なども出てくるようになります。

インドでは、「これ」とか「それ」のことを、サット・チット・アーナンダと言って、存在・意識・至福の3つの側面があると言っています。
「これ」は、無限ですので、様々な味わいや香りがあります。
それをどんどん深め、楽しんでいきましょう。
そして、多くの方と分かち合っていきましょう。

> そして、最近、思考のドラマに巻き込まれ、トラブルが起こっていたのですが、
> 執着がなくなり、何かが変わったように思えます。

なにものにもとらわれないというのは、覚醒意識のひとつの特長ですね。
私の質の中で、ひとつ顕著なのが、この質だと思います。
なので、話してるだけで楽になったり、その後にも以前より物事に捉われなくなっていったりというふうに伝染がおきています。

ayaさんの「大安心」や「リラックス」など、ayaさんの中にあるよい質がお会いする方にも自然に伝わっていくと思います。

覚醒意識同士のふれ合い、共鳴は、それぞれの意識を刺激し、他の側面を呼び覚ましたり、もともとある側面を深めたりするだけでなく、目に見えないレベルで、周囲にも大きな影響を及ぼします。具体的なレベルでも何かが起こることもあります(内面が変わるので、当然と言えば当然ですが)。
昨日、セミナーの予約が3件も入ったのは、そういうことかもしれませんし(たまたまかもしれませんが)、私の方も今日は、ホ・オポノポノを実践されている方が来院されました(講演会やベーシックコースも受けられたとのこと)。

そのうち、スカイプをできるようにしたいと思いますので、また、あるがままでお話しできたらいいですね。

> 認識することでより理解が深まった気がします。

これ、とても大事ですね。

ということで、本当の自分、覚醒意識、悟り意識、純粋意識、空、あれ、それ、いろいろな呼び方はありますが、それをより認識し、理解を深めていく意味でも、昨日、お話しました参考になりそうな本のご案内です。

まずは、一番お勧めで、昨日お持ちした

「恩寵の扉が開くまでⅡ」 フーマン・エマミ 天野清貴 ㈱アルテ

(セッション形式になっていて、ひとつの流れがあるので、読んでいて、自分の意識もより深いところへ導かれる感じでとてもいいと思います。Ⅰもありますので、あわせて読むと流れもわかってさらにいいかもしれません。)

それから、近年のインドの2大聖者の本で、

「アイ・アム・ザット 私は在る ニサルガダッタ・マハラジとの対話」 ナチュラル・スピリット

(絶対的意識の位置からの言い切ってしまう発言は痛快で、とても好きです。また、覚醒意識には、このような深みもあるということを知るという点ではいいかもしれません。フーマンは同じくらいの深さがあり、ひとつの流れもあり、しかも読みやすいという点で、機の熟した方には一番のお勧めにしています。)

「あるがままに ラマナ・マハルシの教え」 ナチュラル・スピリット
「不滅の意識 ラマナ・マハルシとの会話」 ナチュラル・スピリット

こちらもニサルガダッタ・マハラジと双璧です。本の編集の仕方のせいか、または質の違いか、こちらの方が読んでて、一点により深く入っていくという感じがありました。

それから、一般の方も比較的入りやすいのではないかと思われる本で、

「さとりをひらくと人生はシンプルで楽になる」 エックハルト・トール 徳間書店
「世界でいちばん古くて大切なスピリチュアルな教え」 エックハルト・トール 徳間書店
(エックハルト・トールさんの本もう1冊、ニューアースという本も出てます。)

があります。
エゴの性質についても書いてあるので、参考になるかもしれません。

そのほかでは、

「キリストのヨーガ」 M・マクドナルド・ベイン 出帆新社
「ポケットの中のダイヤモンド あなたはすべてをもっている」 ガンガジ 徳間書店

などがあります。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


> 自分が○○をやめる、やめないに執着していただけということがよく分かりました。
> ○○をやっている私か、私そのものの何か(ヒーリングや気付き)
> も垣根がなく、、、
> 自然の流れで進んでいけば、そこはなにもないんだなぁと。
> 全てが幻想であるというのが、ますます腑に落ち、思考度が確実に減りました!

理解早すぎ、深すぎです!

ayaさんは、何者なんでしょうね~。

と言っておいて、特定の誰でもない、何者でもないというのがすべての人の答えなのですが・・・。

それにしても、やっぱり凄いです。
これからもっともっと理解と意識が深まり、なにもないことの素晴らしさが分ってくると思います。
(こうして、空は無限に自分自身の素晴らしさを深く深く知っていくのでしょうか)。

私の方は、先週、1ヶ月ぶりくらいにフーマンのⅡを読み、世界が落ちた感じを体感してからは、深海にいるような波ひとつない平和、揺るがない平和の中にいるという感覚。
そして、そこから徐々に、存在に立脚し、正しい位置にいるという感覚、また、その位置から思考なしに存在として動けば、いいとか悪いとか、結果がどうのこうのということを超えて、すべてがOKだという感覚が少しずつ出てきています。(これらすべてもただ起こっている、ということですが。)

この感じをもう少し深めてから、新しいコースづくりに取り掛かっていきたいと思っています。

今回紹介した本やその他の本の中で、気に入ったフレーズのところやayaさんに参考になるんじゃないかと直感で感じたところなど、また、メールでお伝えさせて頂ければと思っています。

それでは、これからも、いつも、どの瞬間も、今に在るということに満たされながら、さらに、何もないという自由、何もないという豊かさ、何もないという幸せを無限に深めていきましょう。

そして、それが本当の愛であるということ、すべては愛であり、愛以外何も存在しないということをそれそのものとして感じていきましょう。

無空




今回は、ayaさんから、セッション後の感想を頂いておりますので、ご紹介いたします。
(7月13日セッション分)

無空さん

こんばんわ。
先程と先日の日曜はセッションありがとうございました。

今日は、存在の根源を再認識することができました。

やはり、創造主よりも、存在の根源と言った方がしっくりきます。

そして、「存在の根源は何も言わない」という基本に戻ったと同時に

より理解が深まりました。

今日は共鳴の時には、あるがままにのラマナ・マハルシが登場しました!

あなたは私であり、

私はあなたである。

そして、すべてが一体で在る

という言葉を残し、消えていきました。(全てと一体となりました)

この本の題名の、「あるがままに」というのが全てを物語っていますね。

あるがままであることが私たちの源です。

それが愛であり、空でもあります。

その中で、在ることが、神の遊び。

存在が悦びであり幸せですね。

そこには行為者はおらず、存在そのものです。



深いレベルで、重みのある存在の愛を感じ、今も続いています。

ただ在り、静かで美しいです(*゜ω゜)

セッションやセミナーをする上でも、今まで以上に、より深いものができそうです。

眠くなってきたので(=私の場合、浄化が始まる)、

ここまでにします。

また来週よろしくお願いします。

aya





では、昨日のayaさんとのメールのやりとりの続きです。(3回目、無空返信分、流れの関係で、一部重複してます。)

ayaさんも、成熟が大分進んできて、絶対的に揺るがないある地点まで来たようですね。
(覚醒後は、すでにゴールに在りながらの成熟という感じですが。)

ひとつの参考ですが、十牛図(十牛禅図)というのがあります。
セッションを受けられていて、先日、覚醒したばかりの方へのメールにも添付した内容が以下です。

十牛図

ニサルガダッタ・マハラジの本には、ラマナ・マハルシも覚醒してから20年沈黙を守ったというようなことが書いてありましたね。

今、ニサルガダッタ・マハラジの本を読んでみると、質問者の話が前のように、マインドにひっかかるかどうか、
確認してみるといいかもしれませんね。

人は、かなりクリアになっても、微細な観念の中で、当たり前のように例外を作ってたりします。
そして、その例外に対しては、まったく気づかずにマインドと一体になっていたりしますので、その辺も確認してみるといいかもしれませんね。(あっても気づいていればとりあえずOKですかね(笑)。)

今回のように、出来事が起き、それを通して一つひとつ確認していくと、さらに空が確実なものになります。

空は空で同じですが、より成熟するというか、以前、私の中で浮かんできた言葉で表現すると、筋金入りの空(笑)になってきます。

それが、セッションの時に、沈黙で伝わる深さの違いとなって現れているのかもしれません。
共鳴で、セッションを受けられてる方が、早い段階で(時には無料体験の時から)深い意識状態に楽に入っていったり、変容したり、覚醒したり、ということが起きているところからみると、そのように考えることもできるかもしれません。

空に対する絶対的な信頼、理解の深さ、経験(今世だけでなく)、そういったものが、今までの悟りへの道の常識を超えたようなスピードでの変容を、セッションで可能にしているのではないかという思いも浮かんできますが・・・。
実際はよく分りません。
ただ、結果がそうなっているという事実があるだけです。

(空は計り知れないものなので、ニサルガダッタ・マハラジも言ってるように、意識がそれに自身に向いたときは、知らない、という感覚がひとつの真実ですね。
なんといっても空であり、ゼロですからね。
それを知ろう、分ろうとするのがマインドで、それがこの世界を創っているわけです。
だから切りがないというか、空は無限なので、創造は永遠に続き、また、同時にそれは空であり、ゼロなので、実際は何も起こっていない、ということになるわけですね。
すべてはマインドの探求、戯れであり、また、マインドを通した空の表現、実現でもありますね)。

結果として、セッションを受けて頂いた方が、よりスムーズで自然な覚醒ができればそれでいいわけですからね。
大きな苦しみやアップダウンを通り抜ける必要もなく。

上の十牛図で言えば、ひとつずつ進んでいるというよりは、同時に、例えば4~8などの要素を持っているという感じです。
これまでの悟りの常識からすると、ちょっと反則かもしれません(笑)。

でも、フーマンはそれをやってましたよね。
これまでのプロセスを一足飛びにし、直接、それを目覚めさせるセッションですね。

そしてそれは、時代全体が高まっている、あるいは時代がそれを必要としているということかもしれません。

これ(真我、悟り意識、悟りに導く力)自体は、時代を超えて在りますが、今、私の目の前でそのようなことが起きているということは、そういうことかもしれません。

在る

これまでの覚者も、非常にまれな場合を除いて、1人で幻想の壁を超えていくのはなかなか難しいということを言っています。
無空庵のゼロ意識共鳴個人セッションは、1人ではなかなか超えられない幻想の壁を越えていくことを可能にします。

近年の覚者、ラマナ・マハルシ等の本から参考までに挙げさせて頂きます。

●ユング、ガンディーが敬慕した20世紀最大の覚者と言われているラマナ・マハルシの本から

・真我の永久的自覚を求めて努力している者たちのほとんどにとってグル(師)が必要であることは、シュリー・ラマナの教えの中でも基本的な見解となっている。
霊的進展におけるグル(師)の触媒的役割は、それゆえ決定的なものである。
非常にまれな例を除いて、真我への無知は大変深く根づいており、個人である探求者にとっては自らの努力でそれからの逃れることはきわめて難しい。

・あなたが自分を分離した身体であると考えているかぎり、外側の師は必要であり、彼は身体をもって現れるだろう。
身体との誤った同一視がやんだとき、師が真我以外の何ものでもなかったことを知るだろう。

・真我を見る人は、他の人たちが真我を見ることを助けるパワーを持っています。

・グル(師・教師)が沈黙していれば、弟子の心は自動的に浄化される。

・グルの眼差しには浄化作用がある。
その浄化作用を目で見ることはできない。
石炭を発火させるには長い時間が必要であり、木炭であれば短い時間ですむ。
火薬であれば発火は瞬時に起こるだろう。
マハートマのもとを訪れる人の段階もそれと同じである。
智慧の炎はすべての活動を燃やし尽くす。
賢者の交際(サットサン)、あるいは彼らとの精神的接触によって、智慧は培われるのである。

・沈黙の教えは真の教えである。
それは完全な教えである。
それは最も熟達した探求者にのみふさわしい。
他のものにとって、それから完全なインスピレーションを引き出すことは不可能だ。
それゆえ、彼らは真理を説明するための言葉を必要とするので在る。
だが、真理は言葉を超えている。
それは説明を許さない。
ただそれを指し示すだけである。

・質問者 
私は自分の力で集中することができません。
私を救ってくれる力を求めています。

マハルシ 
そうだ。それが恩寵と呼ばれるものである。
精神力が弱いため、個人としてのわれわれには集中は不可能だ。
それゆえ、恩寵が必要となる。
・・・・・・・・・・・・弱者が強者の庇護の中に入れるように、精神力の弱い者の心は精神力の強い賢者の臨在のなかで容易に制御される。
ただ恩寵のみが存在する。
それ以外に存在するものは何もないのである。

・まずサットサンとは、実際には、非顕現である真理(サット)あるいは絶対的存在との交際を意味している。
だが、それができるものは非常にまれなため、弟子は二番目に効果的な顕現された真理、つまりグルとの交際を選ばなければならない。
想念は執拗に起こり続けるため、賢者との交際はどうしても必要となる。
賢者はすでに心を克服し、平和の内に在る。
彼の臨在の内にあることは、この平和の状態を他者にもたらす助けになる。
さもなければ彼との交際を求める理由はない。
グルは誰に見られることもなく、このために必要とされる力を弟子に与える。

・賢者たちと親密に生活し、共鳴して接触している人々は、彼らから徐々にサマーディ(真我への吸収)の習慣を吸収します。

●「パワーかフォースか」より

・エネルギーフィールドが550か、それ以上で測定される指導者がそばにいることで、まだ悟りを開くに達していない弟子たちが崇高さを体験することはよくあります。
これは、パワフルなアトラクターフィールドが優先することによって起きる「同調化」のプロセスを通して現れます。

・精神の修行をする人たちは、師のエネルギーに自分を合わせることです。そして、レベルの高い師にただ焦点を合わせるだけで、自分の進歩を促すことができます。