導師、教師の必要性

ここでは、「導師、教師の必要性」 に関する記事を紹介しています。

●ゼロ意識共鳴で、真我・無限の愛である本当の自分に目覚め、本当の自分を実現する!

真我はただ在る。ただ自分自身(愛)である。シンプルな生き方。シンプルな在り方。
無空庵で「愛」(存在の愛)と「空」、そして「在る」こと(自分自身であること)の素晴らしさを知る。
悟り・覚醒・変わらない愛と幸せ・心の平安を実現!

無空庵では、スカイプで全国の方を対象に、ゼロ意識共鳴個人セッションを行っています。
個人セッションは、ゼロ(仏教では空)の意識の共鳴ワークであり、心の浄化法、本当の自分を知る方法、無限の愛と自由、心の平和、本当の幸せ、真我覚醒、真我実現を促す方法です。

ラマナ・マハルシ、ニサルガダッタ・マハラジ、フーマン、エックハルト・トール、ガンガジ等の言及する「悟り」「覚醒」「真我」「本当の自分」の実現をサポート!メッセージ1 メッセージ2

※多忙のため、セッションに関するお問い合わせの返信には、数日~1週間くらいかかることがあります。また、同様の理由により、読者の方からのご質問にはお答え致しかねます。ブログへのコメントにもお返しできないことが多いと思いますが、あわせてご了承願います。

公開・日々の小さな合同共鳴
※どなたでも、森羅万象あらゆる存在の意識参加自由。
毎日6時、10時、11時、11時40分、13時10分、16時15分、17時、18時、21時 2011・11・3~
(6時以外は、無空庵の基本セッション時間です。)。
各30分(その内何分でも構いません。ただそっと意識を向けてみてください。そして、できる方はご自身の存在感覚、在るという感覚、又は、気づいている意識に気づいていてください。)
※参加された方々の記事。
蓮さん①, wingさん①のびのびさんsatorinさん

公開・週一合同ゼロ意識共鳴
※どなたでも、森羅万象あらゆる存在の意識参加自由。
毎週木曜日21時と21時30分から各30分間。 2011・11・10~
※こちらの記事もご覧ください。合同ゼロ意識共鳴は、集合意識の変容を促す。+感想③
第1回感想①感想②
※参加された方々の記事 しみっちさんWingさん蓮さん

在る

これまでの覚者も、非常にまれな場合を除いて、1人で幻想の壁を超えていくのはなかなか難しいということを言っています。
無空庵のゼロ意識共鳴個人セッションは、1人ではなかなか超えられない幻想の壁を越えていくことを可能にします。

近年の覚者、ラマナ・マハルシ等の本から参考までに挙げさせて頂きます。

●ユング、ガンディーが敬慕した20世紀最大の覚者と言われているラマナ・マハルシの本から

・真我の永久的自覚を求めて努力している者たちのほとんどにとってグル(師)が必要であることは、シュリー・ラマナの教えの中でも基本的な見解となっている。
霊的進展におけるグル(師)の触媒的役割は、それゆえ決定的なものである。
非常にまれな例を除いて、真我への無知は大変深く根づいており、個人である探求者にとっては自らの努力でそれからの逃れることはきわめて難しい。

・あなたが自分を分離した身体であると考えているかぎり、外側の師は必要であり、彼は身体をもって現れるだろう。
身体との誤った同一視がやんだとき、師が真我以外の何ものでもなかったことを知るだろう。

・真我を見る人は、他の人たちが真我を見ることを助けるパワーを持っています。

・グル(師・教師)が沈黙していれば、弟子の心は自動的に浄化される。

・グルの眼差しには浄化作用がある。
その浄化作用を目で見ることはできない。
石炭を発火させるには長い時間が必要であり、木炭であれば短い時間ですむ。
火薬であれば発火は瞬時に起こるだろう。
マハートマのもとを訪れる人の段階もそれと同じである。
智慧の炎はすべての活動を燃やし尽くす。
賢者の交際(サットサン)、あるいは彼らとの精神的接触によって、智慧は培われるのである。

・沈黙の教えは真の教えである。
それは完全な教えである。
それは最も熟達した探求者にのみふさわしい。
他のものにとって、それから完全なインスピレーションを引き出すことは不可能だ。
それゆえ、彼らは真理を説明するための言葉を必要とするので在る。
だが、真理は言葉を超えている。
それは説明を許さない。
ただそれを指し示すだけである。

・質問者 
私は自分の力で集中することができません。
私を救ってくれる力を求めています。

マハルシ 
そうだ。それが恩寵と呼ばれるものである。
精神力が弱いため、個人としてのわれわれには集中は不可能だ。
それゆえ、恩寵が必要となる。
・・・・・・・・・・・・弱者が強者の庇護の中に入れるように、精神力の弱い者の心は精神力の強い賢者の臨在のなかで容易に制御される。
ただ恩寵のみが存在する。
それ以外に存在するものは何もないのである。

・まずサットサンとは、実際には、非顕現である真理(サット)あるいは絶対的存在との交際を意味している。
だが、それができるものは非常にまれなため、弟子は二番目に効果的な顕現された真理、つまりグルとの交際を選ばなければならない。
想念は執拗に起こり続けるため、賢者との交際はどうしても必要となる。
賢者はすでに心を克服し、平和の内に在る。
彼の臨在の内にあることは、この平和の状態を他者にもたらす助けになる。
さもなければ彼との交際を求める理由はない。
グルは誰に見られることもなく、このために必要とされる力を弟子に与える。

・賢者たちと親密に生活し、共鳴して接触している人々は、彼らから徐々にサマーディ(真我への吸収)の習慣を吸収します。

●「パワーかフォースか」より

・エネルギーフィールドが550か、それ以上で測定される指導者がそばにいることで、まだ悟りを開くに達していない弟子たちが崇高さを体験することはよくあります。
これは、パワフルなアトラクターフィールドが優先することによって起きる「同調化」のプロセスを通して現れます。

・精神の修行をする人たちは、師のエネルギーに自分を合わせることです。そして、レベルの高い師にただ焦点を合わせるだけで、自分の進歩を促すことができます。




ラマナ・マハルシ 「あるがままに」より

グル(師)が沈黙していれば、弟子の心は自動的に浄化される。

無空:ゼロ(空)の意識共鳴により、心、マインドが浄化されていきます。
沈黙、ゼロ、静寂には、マインドを浄化する力があります。

沈黙はいたるところにあります。
自然はいつも沈黙しています。
日常の中にある沈黙に意識をあわせてみるのもいいですね。

そして、できる方は、意識そのもの、気づきそのものに焦点を合わせてください。
それは、絶対的に沈黙しています。





今回は、悟り・覚醒・意識の目覚めのための導師、教師に必要について
ラマナ・マハルシの「あるがままに」から 参考までに。

質問者:

私は自分の力で集中することができません。
私を救ってくれる力を求めています。

マハルシ: 

そうだ。それが恩寵と呼ばれるものである。
精神力が弱いため、個人としてのわれわれには集中は不可能だ。
それゆえ、恩寵が必要となる。
・・・・・・・・・・・・弱者が強者の庇護の中に入れるように、精神力の弱い者の心は精神力の強い賢者の臨在のなかで容易に制御される。
ただ恩寵のみが存在する。
それ以外に存在するものは何もないのである。

無空:
ゼロ意識共鳴により、ひとりではなかなか到れない深い意識状態へと導かれていきます。
そして、その中で、本当の自分に気づけるようにサポートしていきます。
とても自然に、とても穏やかに進んでいきます。




●エネルギーフィールドが550か、それ以上で測定される指導者がそばにいることで、まだ悟りを開くに達していない弟子たちが崇高さを体験することはよくあります。
これは、パワフルなアトラクターフィールドが優先することによって起きる「同調化」のプロセスを通して現れます。

無空:共鳴ということですね。共鳴することにより、深い静寂の意識状態に自然に導かれていきます。

弟子たちの意識がもっと高い状態に到着するまでは、この状態は指導者がもっているもっと高いエネルギーフィールド外で持続されることはないでしょう。

無空:自分自身で、高い意識状態をキープできるようになるまでは、定期的なセッションで教師のゼロ意識(空・無限の愛・真我・本当の自分)とつながり、浄化を続け、高い意識を定着させる必要があります。

●東洋思想における精神修行は、導師の助けがない探求者はあまり進歩しないと考えられています。

●精神の修行をする人たちは、師のエネルギーに自分を合わせることです。そして、レベルの高い師にただ焦点を合わせるだけで、自分の進歩を促すことができます。

無空:真剣さは必要ですが、力むのではなく、誠実に向き合うことが大切です。
そして、リラックスしてただ意識を向ける、合わせることで共鳴が起きてきます。
体験談のところにも出ていたかもしれませんが、セッションを受けられている方は、自分自身は何もしていないのにいつもまにか変わっていた。本当にありがたい、ということをおっしゃっています。

意識を合わせること、合わせ続けることで、自然に高い意識状態へ運ばれていきます。
教師は、あなたの真の姿を映し出すただの鏡です。
どうぞご自由にお使い下さい。




●真我の永久的自覚を求めて努力している者たちのほとんどにとってグル(師)が必要であることは、シュリー・ラマナの教えの中でも基本的な見解となっている。
霊的進展におけるグル(師)の触媒的役割は、それゆえ決定的なものである。
非常にまれな例を除いて、真我への無知はたいへん深く根づいており、個人である探求者にとって自らの努力でそれから逃れることはきわめてむずかしい。

無空:この幻想の世界はとてもパワフルです。
   多くの場合、その幻想から目覚める為には、教師のサポート、導きが必要です。

 シュリー・ラマナは、真我の実現を求める者たちにとってグル(師)が必要不可欠であると説いたが、真我の実現を精力的に求めない者に実現をもたらす力は、グル(師)にもないと指摘した。
もしある探求者が真我を発見するために真剣に試みているなら、グル(師)の恩寵と力は自動的に注がれるだろう。
そのような試みが為されていなければ、グル(師)は無力に等しい。

無空:
ここも非常に大切なポイントです。
真我(ゼロ意識・空・無限の愛・本当の自分)の影響、恩恵は常にあり、あとは、それを求める側の姿勢の問題ということです。
教師という媒体を通し、真我(ゼロ意識・空・無限の愛・本当の自分)に繋がるならば、その影響は自動的に流れますが、真剣に求める意識がその恩恵を最大に引き出します。

これまでどれだけ勉強してきたかとか、セミナーに通ったとか、修行してきたか、あるいはそういったことは何もしていない、ということにかかわらず、すべてはあなたがどれだけそれを求めているか、ということにかかっています。
それに応じて、変化が起きてきます。
変化がおきてくるスピードは人それぞれですが、正しい教師を見つけ、求める心さえ持ち続ければ、かならず報われるのがこの道です。
真実は必ずあなたに開かれます。