■心の問題解消、マインド・幻想

ここでは、「■心の問題解消、マインド・幻想」 に関する記事を紹介しています。

●ゼロ意識共鳴で、真我・無限の愛である本当の自分に目覚め、本当の自分を実現する!

真我はただ在る。ただ自分自身(愛)である。シンプルな生き方。シンプルな在り方。
無空庵で「愛」(存在の愛)と「空」、そして「在る」こと(自分自身であること)の素晴らしさを知る。
悟り・覚醒・変わらない愛と幸せ・心の平安を実現!

無空庵では、スカイプで全国の方を対象に、ゼロ意識共鳴個人セッションを行っています。
個人セッションは、ゼロ(仏教では空)の意識の共鳴ワークであり、心の浄化法、本当の自分を知る方法、無限の愛と自由、心の平和、本当の幸せ、真我覚醒、真我実現を促す方法です。

ラマナ・マハルシ、ニサルガダッタ・マハラジ、フーマン、エックハルト・トール、ガンガジ等の言及する「悟り」「覚醒」「真我」「本当の自分」の実現をサポート!メッセージ1 メッセージ2

※多忙のため、セッションに関するお問い合わせの返信には、数日~1週間くらいかかることがあります。また、同様の理由により、読者の方からのご質問にはお答え致しかねます。ブログへのコメントにもお返しできないことが多いと思いますが、あわせてご了承願います。

公開・日々の小さな合同共鳴
※どなたでも、森羅万象あらゆる存在の意識参加自由。
毎日6時、10時、11時、11時40分、13時10分、16時15分、17時、18時、21時 2011・11・3~
(6時以外は、無空庵の基本セッション時間です。)。
各30分(その内何分でも構いません。ただそっと意識を向けてみてください。そして、できる方はご自身の存在感覚、在るという感覚、又は、気づいている意識に気づいていてください。)
※参加された方々の記事。
蓮さん①, wingさん①のびのびさんsatorinさん

公開・週一合同ゼロ意識共鳴
※どなたでも、森羅万象あらゆる存在の意識参加自由。
毎週木曜日21時と21時30分から各30分間。 2011・11・10~
※こちらの記事もご覧ください。合同ゼロ意識共鳴は、集合意識の変容を促す。+感想③
第1回感想①感想②
※参加された方々の記事 しみっちさんWingさん蓮さん

セッションを受けられているマスター@濱田浩朱 さんが、ご自身のブログ「Re-mauna 悟り・静寂への帰還」で、真我に目覚め、それを実現していく過程で起こってくることがあるマインドの罠についてとてもよい記事を書かれていますので、セッションをはじめて間もない方や、悟り、覚醒にご興味のある読者の方は、是非ご覧になってみてください。

魔境のハナシ

関連した内容を、ラマナ・マハルシの本「あるがままに」から、2箇所ご紹介いたします。

真我の内に確立された人にとっては、一瞬でさえその没我状態から動いてはならないことが重要である。
真我の本性からそれると、彼は燦然と輝く光を見たり、霊妙な音を聞いたり、彼の内面、あるいは外面に現れる神々の幻想を実在だと見なしたりしてしまう。彼はけっしてこのようなことに惑わされて自己を見失ったりしてはならない。

シュリー・ラマナは彼の帰依者たちに、幻影や超能力を意図的に追及することを思いとどまらせた。
それらは心の産物にすぎず、真我の実現をうながすどころか、妨げになるからである。幻影が予期せず自然に起こった場合は、それが瞑想の進展の兆候であることを彼も認めたが、同時にそれらは心のなかの一時的な体験であること、真我実現より低い次元にものであることを指摘した。

そして、フーマンは、「恩寵の扉が開くまでⅡ フーマンからの贈り物」で、

「そうしたエネルギー体験はひとりでに来ては去っていくもので、それに焦点を当てる必要はまったくない。それらは、ただ通り過ぎるに任せなさい。究極的には、霊的な道において体験に関する事はそれほど重要ではなく、大切なことは自分自身で在るという事だ」

と言っていますね。


【個人セッションに関してはこちらです。】
【お問い合わせ等はこちらからどうぞ。】

ランキングに参加しています。
よろしければ、クリック応援をお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
精神世界ラ
ンキング 人気ブログランキングへ
アジサイ緑2

他の方が内面に悩み、苦しみ、悲しみを抱えているとき、その事実は受け止め、共感しながらも、真実の視点から、同時にそれは幻想であるという理解を持ち、慈愛の態度で共にいてあげることが大切です。

そのような態度でいるとき、あなたは真実の場、本当の自分(空・ゼロ・愛・純粋意識・真我)の場に立っていることになり、他の方の中にある悩み、苦しみ、悲しみが自然に消えていきます。

気づいたら、楽になっていた。
状況は変わってないのに苦しいという感情が起きてこない。
あんなに長く苦しんでいたものが、思い出そうとしても思い出せない。

というように、
真実を前をして、幻想は消えていきます。

これは、ただ在ることから自然に起きてくるヒーリングです。

ただ、自分が本当の自分であるとき、ゼロの場に立ち、愛そのものである時に自然に起こる現象です。

真実はすべてを正していく力があります。

問題が消えてしまった人は、えっ、どうして、なぜ?と不思議でしょうがありません。

それに驚く人、マジック、奇跡と呼ぶ人もいるかもしれませんが、真実の前には、幻想は無力です。

そこ(存在・空・ゼロ・愛・純粋意識・本当の自分)にいて、それを深く理解し、受け入れているときには、それは自然に起こります。

ただ起こります。

一つであることの中で起こる癒しです。

アジサイうす青3

他の方の幸せを自然に喜べる方も多いと思いますが、その喜びは一体・ひとつであるところから来ています。
区別をしないハートから来ています。

逆に他の方が幸せなときに、否定的な感情が出てくるときは、エゴ、マインド、分離というところからのものですね。

同じことが起きているのに、自分が愛であるか、そうでないかによって、起きてくる感情はまるっきり反対ですね。

人の幸せは自分の幸せのように喜び、
人の悲しみ、苦しみは・・・・・

もちろん、人の視点からそれを理解し、認識することも必要ですが、
もうひとつは、慈愛を持ち、真実の視点から、それは本当は存在しない、という深い理解を同時に持って、温かく見守る、
または、それが難しければ、それを乗り越える力をその方が持っている、
その苦しみ、悲しみは一時的なものであるという理解を持って見守る、

そういう態度を持てたら理想的ですね。

あなたがその苦しみ、悲しみを動かし難い現実のものとしてみることにより、それにますます力を与えてしまします。

これは、自分の内面で苦しみや悲しみが起きてる場合にも言えます。

それは現象として確かに感じられるかもしれませんが、永遠普遍のものではありません。

本当の自分(空・ゼロ・愛・純粋な意識・存在・真我)で在る時、その場に立ち、その理解から、悲しみ、苦しみを心の中に抱えた方に接する時、その方の心の中にある苦しみ、悲しみという幻想は、消えていきます。

存在(ゼロ・愛)の力、真実の深い理解からくる癒しのパワーです。

明日に続く。

青という真実
深い青の癒し

自分が自分に気づくときの距離はどのくらいあると思いますか?

自分から自分への距離は0(ゼロ)です。
あなたがゼロの場を自覚できた時、あなたには、本当の自分についての気づきが訪れるでしょう。

本当のあなたであるゼロ(愛・空)なる存在が、気づいていない状態、忘れている状態から、自分自身に気づく、また、さらに、より深く気づいていく、という過程、プロセスがあります。

このプロセス、時間をつくるのが、ゼロから生まれ、ゼロに備わっているマインドの作用です。
この作用から、個人、様々な存在、宇宙が生まれ、その中で物語、ドラマが展開していきます。
多くのことが起こり、たくさんの体験をしていきます。

でも、それは架空のものだということが分りますか?
自分から自分への距離はゼロであり、そのゼロという架空の時間・空間の中で、起こっていることなのです。

そして、その架空の出来事をつくっているマインドが一時的でも完全に落ちたときに、あるいはマインドを超えたときに、「実は何も起きていなった」ということが実感として分ります。

目の前の現象は続いています。
でも、それは強い力を持たず、内側には、何も起きていない、という圧倒的な実感があります。

それを知り、深く理解していくと、物事を軽く受け止められるようになっていきます。
それは変わらない真実ではなく、ただ、(宇宙的)マインドの作用として起きているだけなので。

逆に、いろんな物事、出来事、人間関係、それらをあるがままに楽しむことができるようになります。
全てを慈しむことができるようにもなります。
すべては自分自身が様々な姿で現れているものなので。

他者は存在しない。
それが、古代から真実を知り、真実を実現した人たちが言っていることです。

何も起きていない、というところに意識を向けると、騒がしかった心は静かになっていきませんか?

全ては自分なので、絶対に安全なのです。

自分が存在するすべてなんです。

何者も本当のあなたを傷つけることは出来ません。


個であると思っているマインドは傷つくことがあるかもしれませんが、本当の自分に気づくことができれば、あなたは一度も、苦しんだことも、傷ついたこともなかったことが分るでしょう。

そして、また、何も起こっていない、ということを深く理解し、本当の自分に目覚め、絶対の安心、安全の中にあることを理解したあなたの平和は、周囲にその影響を与えていきます。

静寂のレベル、在る(ゼロ・愛)というレベルから、放たれるあなたの穏やかな愛と平和の波動は、近くにいる大切な人の心を静め、重苦しく抱えていた問題を軽くし、癒していきます。

そして、そればかりではなく、あなたがさらに深く自分自身を理解し、それを受け入れていくようになるたび、その影響はより強くなり、世界へ、そして、宇宙全体、多次元全体へと広がり、愛と平和をもたらしていきます。

周囲が平和になっていくとき、あなたの平和、あなたの幸せは増していくばかりです。
そして、すべてが平和になったとき、最高の幸せをこの世界で享受することができます。

青という真実
深い青の癒し

「何も起こっていない」

私が始めてこのフレーズに出会ったのは、「パワーか、フォースか」という本で、

・・・そのエネルギーの「存在」が突然激増するにつれて、普通の知覚では別々に見えていたあらゆる人々や物が、すべてが時間の存在しない宇宙的な「存在」の中に溶けてしまいました。
止まっていた静寂さの中で、「出来事」も「物質」もまったく存在しないことを私は観たのです。
実際にはまったく何も「起こらない」ということです。
なぜなら過去も現在も未来も、知覚の産物に過ぎないことを私は知ったからです。

この文を読んで私の中の真実を知る部分が共鳴しました。
やはりそれが真実だ、と再確認したような感じでした。

少し違いますが似たような表現で、ラムサ「転生の神秘」という本には、

・・・・。ある朝、あなたが目覚め、その窓から見ると、そこには何もないのだ。
神のように力に満ちあふれている。

という表現もとても印象に残っています。

その後も、近年の聖者、ニサルガダッタ・マハラジやラマナ・マハルシの本を読んでも、本当は何も起こっていない、とありました。
フーマンもそうですね。本当は何もない。古くは、お釈迦様が空の教えを説かれています。

では、この空、何も起こっていない、ということを、何度か書いていますが、改めてまた見ていきましょう。
ただ、これはあくまでひとつの見方、表現であり、直線的な時間の流れでしか説明できませんので、参考、または例えというくらいの感覚で読んで頂けるとありがたいです。

究極の真実は、空(無・ゼロ・愛)が存在していて、それが唯一変わらないものだということです。
ただ在るという状態。
存在の愛の状態です。
そして、その他、具体的に現れているものすべては、一時的現象、幻想です。
(この変わらないものと変化し続けるもの、真実と幻想の区別、理解は非常に重要です。)

究極の存在である空(無・愛・本当の自分)が、はじめて自分自身に気づきます。(時間を超えた真実では、常に気づいている、気づき続けているという感じになりますが)。

そして、その気づきが、その自然本性により、さらに自分自身を知りたいと深く深く自分自身の内側へ潜っていく、と言ってもいいですし、あるいは、自分を外側へ投影し、自分に気づき、そしてまた外側へと、どんどん広がっていく、飛び出していく、と言ってもいいですが、それをくり返していきます。

その過程で、ゼロ(無・空)という一なる存在から、相対性、多様性、物理宇宙が生まれていき、様々な物語、ドラマが生まれます。
この地球、みなさんのご家庭、職場、学校、サークルなどでもそうですね。
たくさんのことが現実・現象として起こっていきます。

でも、本当は絶対は、絶対の外に出ることはできません。
それが、唯一の存在ですから。

絶対は絶対であることしかできません。
愛は愛であることしかできません。
それは幸せそのものでもありますが、幸せは幸せであることしかできません。

できるのは、それを一時的に忘れるということくらいです。
本当の自分は何ものであったか、ということを忘れるということですね。

存在は存在しなくなることができません。
それは、時間の流れの外にあるものなので、時間の変化にさらされません。

常に今で、古くなることがありません。
いつも新しく、色あせず、リアルです。

常に変わらずに在るもの、それが究極の真実です。

存在が、絶対が、自分自身を深く知る為、あるいは、表現するため、楽しむため、遊ぶために、その自身の中で揺らいでいるのです。
相互作用しているのです。

すべては自分の中で起こっていることであり、しかも、本当は自分から自分への距離はゼロなので、何も起こっていないのです。
だから、絶対に安心・安全なのです。

問題は何も存在せず、すべての存在がすでに救われています。


②に続きます。