無空庵の個人セッションは、ゼロ(仏教では空)の場による心の浄化法、本当の自分を知る方法、心の平和・愛と幸せ・真我覚醒・真我実現を促す方法です。

●ゼロ意識共鳴で、真我・無限の愛である本当の自分に目覚め、本当の自分を実現する!

真我はただ在る。ただ自分自身(愛)である。シンプルな生き方。シンプルな在り方。
無空庵で「愛」(存在の愛)と「空」、そして「在る」こと(自分自身であること)の素晴らしさを知る。
悟り・覚醒・変わらない愛と幸せ・心の平安を実現!

無空庵では、スカイプで全国の方を対象に、ゼロ意識共鳴個人セッションを行っています。
個人セッションは、ゼロ(仏教では空)の意識の共鳴ワークであり、心の浄化法、本当の自分を知る方法、無限の愛と自由、心の平和、本当の幸せ、真我覚醒、真我実現を促す方法です。

ラマナ・マハルシ、ニサルガダッタ・マハラジ、フーマン、エックハルト・トール、ガンガジ等の言及する「悟り」「覚醒」「真我」「本当の自分」の実現をサポート!メッセージ1 メッセージ2

※多忙のため、セッションに関するお問い合わせの返信には、数日~1週間くらいかかることがあります。また、同様の理由により、読者の方からのご質問にはお答え致しかねます。ブログへのコメントにもお返しできないことが多いと思いますが、あわせてご了承願います。

公開・日々の小さな合同共鳴
※どなたでも、森羅万象あらゆる存在の意識参加自由。
毎日6時、10時、11時、11時40分、13時10分、16時15分、17時、18時、21時 2011・11・3~
(6時以外は、無空庵の基本セッション時間です。)。
各30分(その内何分でも構いません。ただそっと意識を向けてみてください。そして、できる方はご自身の存在感覚、在るという感覚、又は、気づいている意識に気づいていてください。)
※参加された方々の記事。
蓮さん①, wingさん①のびのびさんsatorinさん

公開・週一合同ゼロ意識共鳴
※どなたでも、森羅万象あらゆる存在の意識参加自由。
毎週木曜日21時と21時30分から各30分間。 2011・11・10~
※こちらの記事もご覧ください。合同ゼロ意識共鳴は、集合意識の変容を促す。+感想③
第1回感想①感想②
※参加された方々の記事 しみっちさんWingさん蓮さん




では、今回は、9月2日に無料体験セッションを受けられたR.Mさんから頂いた感想と無空の返信を、参考までにご紹介させて頂きます。


> 無空さん、
> 先日は体験セッションをありがとうございました。
>
> 予期しないトラブルで、かなりあせったり、パニックになりかけていましたが、
> その後はほどほどに落ち着いた時も持ててよかったです。
> 今ふと思い出しましたが、
> 私は時々同じような体験をします。
>
> 何かをしようとするときに大丈夫だろうというつもりで向かうのですが、
> 可能性としてあった、自分のミス、失敗を感じる事柄で
> 駄目かもしれないという出来事が起こって
> あせってドキドキしてしまうという。。。。
>
> よくあるのが間に合うと思ったのに渋滞などで間に合わないかも、など。
>
> 思い出せば、○○さんのセッションを受けるときにも
> なぜか相手からのメールが一部(降りるバス停の名前)無い状態で届き、
> 迎えに来てもらえることになっていたから大丈夫だとバスに乗っていても、
> この辺りなんじゃないかという場所を過ぎてしまい、
> 何故かバス停にいた迎えの姿も私には見えず、
> 通り過ぎかけて、後から追いかけて呼び止めてもらうということがありました。
> もうその時も今回のようにあせって、自分がちゃんと確認しなかったからだと自分を責める後悔などでドキドキしてました。
>
> セッション前の会話で、
> 「今まで一度もメールの一部が無い状態で届くことは無かったんだよ。
>  でもそうゆう起こりえない事が起こっちゃうんだよね~。それで刺激されるんだよね~」
> と言われました。
>
> ふと思い出しましたので報告させてもらいました。

ご報告ありがとうございました。

無空庵的な考え方でいけば、何が起きても、起こることはただ起こる、ということで、あまり気にしない(価値判断しない)、それをもとに物語をつくって巻き込まれない、という感じがいいですね。

とてもシンプルです。

> さてさて、セッションはその胸のドキドキのまま始まったので
> 前半はもう話していても落ち着かなかったです。
> 共鳴するときにその分より落ち着いた感じ、胸のすっきり感をより感じたと思います。
> とにかく、あせったままで終わらなくてよかったです。

そういう意味では、共鳴効果を感じていただくこと、そして、色々気づいていただく、という点ではよかったですね。

> 共鳴しているときは、例えば自然の中などで何かしているのをやめて
> ぼーっとしている時、
> いろんな音や虫とかの存在に気づいたりしますが、
> そんな感じに似ているのかな、と思いました。

そうですね。
特に具体的な何かに意識を向けていない場合、意識は何かと同一化せず、全てに対して開いてる状態。
(その状態が、ブログでよく書いている「ただ在る状態」(純粋な気づき、純粋な意識の状態)と言えます。
通常は、それをなかなかはっきりと自覚することはできませんが。)
周囲の様々な音に気づけたり、さらには、意識それ自身に気づく事も可能になります。

ですから、日常の中でも、ただ意識である状態、空の状態というのは、以外とあるんですね。
それを理解すると、もっとその状態に入りやすくなりますね。(あるいは、その状態でいることに気づきやすくなる。)

また、同じぼーっとしていると言っても、どこか上の空で、意識がどこかにいって、しっかり目覚めていない状態(いろいろな事に気づけていない状態)の時は、ちょっと違いますね。

> そこにいられるのはごく短時間ですぐに戻ったり、また少しそうなったりと
> 安定しませんでしたが。

まだ、初めてですから。
これから、セッションを重ねるにしたがって、より安定し、さらにクリアに、そして、深くなっていきます。

> 気づきに気づくというのは感じられているような、よく分かっていないような
> そんな感じなんですが、
> 回を重ねていくのが楽しみです。

これは、はじめから分るケースは少ないです。
普段は、意識は外側ばかり向いていますので、その習慣がありません。

でもそれをなんとなくでも分ったという事はとても素晴らしいことです。
意識がそれ自身に気づくのが、ひとつの目覚めです。
それがよりはっきり純粋なかたちで起これば、素晴らしい体験と理解が訪れます。

> その後、怒りなどを感じても気づいているという状態にあるというのはなかなか難しく、
> それをチャレンジしようと思うまもなく
> いつもよりストレートに子供に怒ってるような。。。
> 普段は大きな声で怒ることはまず無いのに。

いつもより怒りが出てくるというのは、セッションを受けられている他の方にも見られます。
浄化として、怒りが出てくる場合がありますので、そのようにご理解いただくとよろしいと
思います。
セッションを重ねるにしたがって、変化していくと思います。

> ただストレートな分すぐに引いてごめんねして後腐れも無い感じですが。
> その分お腹も多少凹んだ気がします。
> (怒り、悔しさがたまるとお腹が膨らむみたいなんです。)

ストレートに素直に感情表現が出来ているという点ではいいですね。
そこに余分な思いやひっかかりがないということですね。
以前から、取り組まれている感情の解放という点でも、より効果的に行えるようになってくると思います。

覚醒すると、感情はなくなってしまうのか、という質問を受ける事がありますが、けっしてそうではありません。
より素直に、その人らしい感情表現ができるようになります。

ただ、不要な怒りなどは起こらなくなってきて、より穏やかに過ごせるようにはなってきますが。

> 次回は最初からリラックスして受けられますように。。。。

はい、どんどんクラックスして、共鳴もよくなってくると思います。

では、また9日(木)13時30分に、セッションでお会いしましょう。

無空
【個人セッションに関してはこちらです。】
【お問い合わせ等はこちらからどうぞ。】

ランキングに参加しています。
よろしければ、クリック応援をお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
精神世界ラ
ンキング 人気ブログランキングへ

関連タグ : 気づき, 純粋意識, 意識に気づく,




今回は、一昨日、ご紹介させて頂きましたA.Yさんからセッション後に頂いたメールへの無空の返信をご紹介いたします。
5回に分けてご紹介していますが、今回は2回目です。


> 今朝、「僕のやりたいことは悟りへの道を歩むことであり、それに関わる事柄をやることなんだ」と思ったんです。
> ここ1年ほど、整体やカイロを仕事にしたいと思いながらも、やる気が沸かず、悶々としながら別の仕事をしていました。
>
> 今朝、初めて、「僕のやりたいことは悟りの道だ」「じゃあ、それを仕事にすればいいじゃないか」と思ったんです。
>
> 悟ってないのに(悟り体験がないのに)こんなことを言うのは変かもしれませんが、無空さんのセッションを受けて変容が進み、ほかのいくつかの興味あること(ある種の瞑想やボディワークなど)にも取り組み、それがある程度進めば、それなりの何かを人に教えられるだろうと思うのです。
>
> これは、「とらぬ狸の皮算用」ではありません(笑)
> 完全な悟りに至ってなくても、きっとお伝えできることはあるだろう、ということです。

そうですね。
今、ポイントをつかまれてきていますから、そこからはずれないようになれば大丈夫ですね。

フーマン『恩寵の扉が開くまで』Ⅱより

悟りは一つ。

幻想も一つ。

幻想とは、あなたの事だ。
そして、悟りも、あなたの事だ。
その間のプロセスは、単なる成熟の期間だ。

悟りに段階はない。
この悟り、次の悟り、最終的にこの悟りといったものはない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

たった今あなたが体験している「これ」は「境地」だろうか?
よく見て欲しい。
いや、それは境地なんかではない。
それは「本当のあなた」だ。
それが、解るだろうか?

「自己理解」あるいは「悟り」とは、境地ではない。
それは境地を超えている。
あなたは夢から抜け出す。
境地はまだマインドに属している。(無空:悟り体験も含めた様々な体験と言ってもいいです)
吸収のレベルは瞑想に属している。(無空:これは前回、よく言葉として出ていた没入のことでもありますね。)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

⇒悟り体験は、マインドが一時的にでも完全に落ち、「それ(真我・本当の自分・空)」をクリアに体験できますので、「それ」を理解するのにはとても役立ちますが、悟り意識・純粋意識自体は、それ以外のときでも常にあり、決して消え去るようなものではありません。
それは日常のどのような体験の中にもあります。

「それ」を個を超えた本当の自分として理解し、いつも実感できるならば、それを伝えていくことができるでしょう。

(その頃はマインドは相当成熟していて、逆に「個」も「悟り意識」もあまり意識しなくなって、自然になってる感じだと思いますが。
 ニサルガダッタ・マハラジは、真我を実現した人は、自分自身をまったく普通と認識している、というようなことを言ってますね。)

「それ」がA.Yさんの人生の主体となっていれば、個人の傾向が多少残っていたとしても全く問題ありません。

前回のセッションでも少しお話しましたが、私の場合、「悟り」という意識は全くありません。
(個人の部分が残っているのは自覚してますが、普段は個人と悟りの区別もなくなっている感じ)。

(必要としている方とつながるために、ブログでは「悟り」「覚醒」などと、言葉として出していますが。)

ただ、自分が知ってるもの、実感しているもの、常に在るものが、覚者方が言ってるもの(真我・悟り)と全く同じだということを理解し、受け容れているだけです。

自分ではまったく普通です。

でも、それを通し、A.Yさんもわずか3~4回のセッションのなかで十分すぎるくらいの体験と変容をされているのでお分かりだと思いますが、セッションの時には、受けられている皆さん全員に個人差はありますが、大きな浄化、様々な体験、急速な変容、覚醒がもたらされることを実践を通して知っているので、自分としてもやはりそれ(真我)を否定することはできません。

セッション8回目で覚醒された方も、そのとき、「できるだけ多くの人にこれを体験していただきたい」、と思ったのと同時に、「これがそうなの」、という思い、そして、その後に、「これなら、みんな覚醒しているんじゃないの?」という思いが起きてきています。

もともとみんな「それ(真我・本当の自分・空)」なんですね。

悟りは劇的な体験やラマナのような人生に象徴されてはいますが、もっと普通で当たり前のものです。

(でも、同時に何よりも素晴らしく無限の価値があります。また、苦しみの中にいる方々、それを求めている方々には、それに意識を向けて頂けるように、劇的な体験やラマナのような象徴も必要ということも言えますね。)

ラマナ自身も、「不滅の意識」の中で言ってますね。

「われわれがわれわれ自身の真我を実現する努力をあざ笑わなければならないときが来るであろう。
というのはわれわれは真我実現以前と以後において同じであることを、見出すであろうから。」

でも、それは覚醒してから初めて分ることでもあります。

それには、真我(純粋な意識、気づき、空)の自覚とマインドの成熟が必要です。

私がしていることはそのサポートです。




今回は、セッションを受けられているLさんからセッション(7/19)の感想メールを頂きましたので、ご承諾を得て、紹介させて頂きます。

無空 様

昨日セッション後、また忘れない内に感想をお送りしたかったのですが、
暑さと眠気で、今朝になってしまい、大変失礼致しました...

しかし、しばらくしっかり気づけていなかったエネルギーというか源からのギフトというような光を、昨日は先生からお送り頂いて、えー?あぁぁぁーとうれしさとなつかしさとしばらく感じられなくて、さみしかったようなごっちゃの気持ちになっていました。 

でもともかく、前と同じようにただ感覚や想いが高まって、100%クリスタル・クリアでピュアな贈り物に、ただ泣きたくなっておりました。 

セッション後もしばらくそのままその感じに留まっていたかったのですが、ちょっとした買い物を済ませなければならず、その後、帰宅後はどっと眠気に襲われ、今朝になっております。  

でも、考えると今まで参加したセミナー、ワークなどでは、だいたいがDivine(神聖)~ などと呼ぶ神聖なエネルギーというようなところに集中し、それを受け取るようにしていたことが多かったようでした。 

自分では、いつも、ともかく先入観や偏見、思い込みや期待(すべてマインドの動きですね)をなるべくなくすようにすることで精一杯(笑)で、しかしグループワークなど始まると、それなりに受け取れていたりして...  先生、本当に素晴しいですね!!  

昨日もセッション初めのカウンセリングのようなお喋りで、お話していた周りからのつまらないつっこみや引っ掛かりにも、今朝瞑想的にノートに書きながら、腑に落ちるアドバイスが次々起きてきています。 

ああそうか、ああそうかという風に...

今はまた意識して瞑想的になっているのもよいようですね。
でも、ともかく今回私は、できるだけ全てから一度離れたいと思っています。 

今までどれだけ、マインドコントロール(ヒプノシス)状態につかっていたか、いかに面白くするためとはいえ、
いかに自分でつくった落とし穴におちて、さらに深く深く掘っていってしまって、出口と逆の迷路を造ってしまっていたか... 

やっと徐々にそれがしっかり理解できつつあるように感じております。 

3D(現世)にいて3Dの方法では解決にならないということ...

本当に色々とありがとうございます!
また次回もよろしくお願い致します..


【個人セッションに関してはこちらです。】
【お問い合わせ等はこちらからどうぞ。】

ランキングに参加しています。
よろしければ、クリック応援をお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
精神世界ラ
ンキング 人気ブログランキングへ

関連タグ : 神聖なる贈り物, ピュアなエネルギー, 純粋意識,




今回は、Lさんからセッション後に頂いたメールへの無空の返信をご承諾を得て、参考までにご紹介いたします。
4回に分けてご紹介していますが、今回は2回目です。

>でも、今はまだゆっくりとペースを保つべきなのだと感じるので、できるだけ思考、マインドへの刺激がないような状況を維持して、
>自然に変化していくのを楽しみにしております。

そうですね。ゆったりリラックスして過ごされるのがいいと思います。

>前回のセッション後、不動の状態が徐々にしっかり安定して行っているように感じておりますが、クンダリーニ体験時のような情熱的??な
>感動のようなものではなく、

>また数日前からは、あっ、なんだこれがそうなのか? こんなものなのか? などという気持ちも出始めました。 

⇒マインドの声ですが、マインドにとってもそれは慣れ親しんだものなので、そのような思いが出てくるんですね。
ですから、空・真我とは、覚醒してはじめて出会うものではなく、覚醒前からずっと在るものです。
ただ、覚醒前には、それに「純粋に気づく」、ということができないんですね。

それは、これまでもあったものであり、本当の自分自身なので、とても普通で当たり前というような感覚も出てきますが、同時に、それには計り知れない価値があります。(覚者も、「それ以外、大切なものは何もない」と言ってるほど。)


>そのことは、今日、先生から「それであっています」と言って頂いて、よりこれでよいのだと再認識する感じを受けました。 

⇒この再認識、確認作業がそれ(空・真我)の理解と受け入れを深めていく上で大事ですね。

【個人セッションに関してはこちらです。】
【お問い合わせ等はこちらからどうぞ。】

ランキングに参加しています。
よろしければ、クリック応援をお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
精神世界ラ
ンキング 人気ブログランキングへ

関連タグ : 純粋意識, 真我実現, 真我覚醒, 真我, 本当の自分, 悟り, ハートを開く,




今回は、セッション13回目を受けられた方から頂いたメールへの無空返信分をご承諾を得て、参考までにご紹介させて頂きます。
(5回に分けて)

> 第13回セッションの感想です。
>
> そういえば、覚醒をした後のセッションの次のセッションだったか、終了後眠りにつくかつかない時に、『私』と『意識』が分離しました。
>マンガにあるように、『私』と『意識』の間に雷が走ったように、別れました。

なかなか象徴的な体験ですね。
覚醒前は、本来無限である純粋な意識が、個人である私(観念・記憶・体感覚等)とミックスされ、小さな個人の枠の中に閉じ込められているような状態とも言えますね。
覚醒すると、いままで『私』と思っていた『私』は、実は本当の私ではなかったということが分りますね。

>゛あっ゛これか!と思いました。
>長年私と思っていた私とただある意識が別々というのがハッキリわかった出来事でした。
>次の瞬間、このまま分離したままだったらどうしょうと思ったら、元に戻っていました。(笑)

これは、まだ残っているマインドから来る思いですね。
そのまま分離しててもよかったのですが(笑)。

まあ、それはそれで自然に起こったいうことで。

また、純粋な意識の方は変わらない真実ですが、そこから立ち現れる個人である私は、常に変化し続ける精神的構造物であり幻想ですので、そういう意味では、別のもの、分離という感覚も正しいですが、すべてを包んでいる無限に広がる純粋な意識という点では、個人である私、そして、そこから創造される世界、宇宙の全てもその中に在るということができます。

覚醒体験の中には、宇宙と一体になる、というようなものもありますよね。

そういう意味では、純粋な意識から離れているものは何もないとも言えます。
(全てはその中にあるということ。)

【個人セッションに関してはこちらです。】
【お問い合わせ等はこちらからどうぞ。】

ランキングに参加しています。
よろしければ、クリック応援をお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
精神世界ラ
ンキング 人気ブログランキングへ

関連タグ : 純粋意識, 宇宙と一体になる, 無限意識・覚醒,