無空庵の個人セッションは、ゼロ(仏教では空)の場による心の浄化法、本当の自分を知る方法、心の平和・愛と幸せ・真我覚醒・真我実現を促す方法です。

●ゼロ意識共鳴で、真我・無限の愛である本当の自分に目覚め、本当の自分を実現する!

真我はただ在る。ただ自分自身(愛)である。シンプルな生き方。シンプルな在り方。
無空庵で「愛」(存在の愛)と「空」、そして「在る」こと(自分自身であること)の素晴らしさを知る。
悟り・覚醒・変わらない愛と幸せ・心の平安を実現!

無空庵では、スカイプで全国の方を対象に、ゼロ意識共鳴個人セッションを行っています。
個人セッションは、ゼロ(仏教では空)の意識の共鳴ワークであり、心の浄化法、本当の自分を知る方法、無限の愛と自由、心の平和、本当の幸せ、真我覚醒、真我実現を促す方法です。

ラマナ・マハルシ、ニサルガダッタ・マハラジ、フーマン、エックハルト・トール、ガンガジ等の言及する「悟り」「覚醒」「真我」「本当の自分」の実現をサポート!メッセージ1 メッセージ2

※多忙のため、セッションに関するお問い合わせの返信には、数日~1週間くらいかかることがあります。また、同様の理由により、読者の方からのご質問にはお答え致しかねます。ブログへのコメントにもお返しできないことが多いと思いますが、あわせてご了承願います。

公開・日々の小さな合同共鳴
※どなたでも、森羅万象あらゆる存在の意識参加自由。
毎日6時、10時、11時、11時40分、13時10分、16時15分、17時、18時、21時 2011・11・3~
(6時以外は、無空庵の基本セッション時間です。)。
各30分(その内何分でも構いません。ただそっと意識を向けてみてください。そして、できる方はご自身の存在感覚、在るという感覚、又は、気づいている意識に気づいていてください。)
※参加された方々の記事。
蓮さん①, wingさん①のびのびさんsatorinさん

公開・週一合同ゼロ意識共鳴
※どなたでも、森羅万象あらゆる存在の意識参加自由。
毎週木曜日21時と21時30分から各30分間。 2011・11・10~
※こちらの記事もご覧ください。合同ゼロ意識共鳴は、集合意識の変容を促す。+感想③
第1回感想①感想②
※参加された方々の記事 しみっちさんWingさん蓮さん




今回は、セッションを受けられているayaさんから、セッション後に頂いたメールをご紹介させて頂きます。(その1)

無空さん

こんにちは。

今日はセミナー奇跡的休みです(^_^;)

○○の方のセミナーがきのうまででした。
真実をお伝えすることができました。

○○の時に全てはつながっている、一つだということを実感していたそうです。
その時に怖い思いをしたそうなので、忘れようとしていたそうです。

あとは欲がないことが悩みだったようです。私と同じような感じですかね(^_^)

セミナーが終わって帰る時に、「本当のことを伝えていってほしい」という言葉で去っていたのがとても印象的でした。
○○さんも伝える時が来ますよ~とさらっと伝えておきました。

新しいブログの「幸せは本当の自分で在ること」を紹介したので、
これから理解を深めていくと思います。

昨日から伝えられた喜びをかみしめています(^-^)
これ以上のものはないですね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・明日に続きます。



あなたの真実にまっすぐで在ろう。

でも、決して他を排除せず、すべてをあたたかく包み込み、大きく在ろう。

あなたの真実をまっすぐに生きよう。

のびのびと大きく生きよう。

どこまでも純粋に。

どこまでも美しく。

どこまでも晴れやかに。

一雫

私は私の真実を生きる。

ただそれだけ。

ただ在ること。

ただそれだけ。

ただ愛であること。

ただそれだけ。

空であり、愛であること。

ただそれだけ。

真実そのものであること。

ただそれだけ。




今回は、セッションを受けられているSさんから頂いたセッション6回目の感想その3をご紹介いたします。

そして、さらにアイコンタクトです。

ここからは、ただただ感じている長い沈黙とため息ばかり。

(無空:真実の前では、人はただ沈黙するしかありません。)

言葉にできないのです。
全部が・・全部がある 

その中で、今回は 見るというか、こっちの感じでは「見てくれてる」感じ 
その「見てくれてる」が、個を超え出して全部になってく感じなんですけど、 見てるものが自分を見てるというか。

(無空:空・存在が、自分自身に気づくこと。それが覚醒と言えますね。)

周りを見渡すと、自分自身が自分を見てる と言う感じ。正確には「見てる」だと矛盾するんですけどね。
やはり、気付きという方がいいのかな、それもぎっしり気付きまくってるという感じ。

見ているし見守られているし愛があるし そのまんま生命と言う感じがあって、それが存在感と言う感じもあるし、
透明の 見通す ・・今まっで感じた全部の・・上に、
凄く砕いて言うと ひとりじゃない!という感じ(笑)

子供の時に親に感じる見守られているというニュアンスのすごいやつ。

でも、それ「だけ」だから、「それがそれに見られてる」という関係性は無くなって、生命とか気付きとか愛とか全部がバーとなる、そうだったんだなと分かる。
 
前は前で凄かったと思ったのに(笑)前よりももっと良く理解できた感じです。

無空さん「愛が世界となるとそういう風になるんですね。だから、間違いはないし、絶対だし万物に等しく、生命の中に凝縮されてる、あるとか愛とかの中に凝縮されてる絶対的なもので、いかな形で多様性として現れてもそれはそのまま。それをこっちから見たりあっちから見たりすることで多様性を体験する。」

・・・・明日に続きます。



では、今回は、ご承諾を得て、セッション9回目を受けられたの方から頂いたメールとその返信を、参考までにご紹介致します。
11回に分けてお伝えしていきますが、今回は2回目です。

覚醒したということは、これまで巻き込まれていたマインド・エゴをより効果的に落としていくことができるようになったという状態ですね。

個人を超えた何ものでもでもない、形もない、自意識もない、でも何よりも確かに存在している、絶対的な存在性、リアリティが本当の自分だったと気づき、受け容れたわけですから、これまで自分と思っていた個人のパターンを効果的に落としていくことが出来るということです。

また、マインドに巻き込まれにくいですから、より平和でいられますし、幸せでいられます。
問題はすべてマインドの中にありますので、これまで問題と思っていたことも問題でなくなっていきます。

リアリティの状態にいても、個人は個人でちゃんと機能してくれますので大丈夫です。
それに慣れていきましょう。

個人を通して、個人を超えたものを表現していく。
あるいは、個人を超えて、無限を表現し、それを生きていく。

真実そのもので在り、真実を生きていく。
愛、幸せ、平和そのものとして在り、それを生きていく。

個ではなく、全体そのものとして在る。

すべてを照らす気づきの光そのものとして在る。

小さなひとつの波が、本当は自分は大海だったということに気づき、大海そのものとして在る、という感じですね。

シンプルにただそうで在る、ただそれで在る、ということです。

そこに、余計なものをマインドで付け加えません。