無空庵の個人セッションは、ゼロ(仏教では空)の場による心の浄化法、本当の自分を知る方法、心の平和・愛と幸せ・真我覚醒・真我実現を促す方法です。

●ゼロ意識共鳴で、真我・無限の愛である本当の自分に目覚め、本当の自分を実現する!

真我はただ在る。ただ自分自身(愛)である。シンプルな生き方。シンプルな在り方。
無空庵で「愛」(存在の愛)と「空」、そして「在る」こと(自分自身であること)の素晴らしさを知る。
悟り・覚醒・変わらない愛と幸せ・心の平安を実現!

無空庵では、スカイプで全国の方を対象に、ゼロ意識共鳴個人セッションを行っています。
個人セッションは、ゼロ(仏教では空)の意識の共鳴ワークであり、心の浄化法、本当の自分を知る方法、無限の愛と自由、心の平和、本当の幸せ、真我覚醒、真我実現を促す方法です。

ラマナ・マハルシ、ニサルガダッタ・マハラジ、フーマン、エックハルト・トール、ガンガジ等の言及する「悟り」「覚醒」「真我」「本当の自分」の実現をサポート!メッセージ1 メッセージ2

※多忙のため、セッションに関するお問い合わせの返信には、数日~1週間くらいかかることがあります。また、同様の理由により、読者の方からのご質問にはお答え致しかねます。ブログへのコメントにもお返しできないことが多いと思いますが、あわせてご了承願います。

公開・日々の小さな合同共鳴
※どなたでも、森羅万象あらゆる存在の意識参加自由。
毎日6時、10時、11時、11時40分、13時10分、16時15分、17時、18時、21時 2011・11・3~
(6時以外は、無空庵の基本セッション時間です。)。
各30分(その内何分でも構いません。ただそっと意識を向けてみてください。そして、できる方はご自身の存在感覚、在るという感覚、又は、気づいている意識に気づいていてください。)
※参加された方々の記事。
蓮さん①, wingさん①のびのびさんsatorinさん

公開・週一合同ゼロ意識共鳴
※どなたでも、森羅万象あらゆる存在の意識参加自由。
毎週木曜日21時と21時30分から各30分間。 2011・11・10~
※こちらの記事もご覧ください。合同ゼロ意識共鳴は、集合意識の変容を促す。+感想③
第1回感想①感想②
※参加された方々の記事 しみっちさんWingさん蓮さん




今回は、無料体験セッションの感想を送って頂きましたLさんへの無空の返信、分割でのご紹介、9回目です。

文章の流れの関係で一部、重複があります。

>状況が整い、 自分が本当に調子よい時でないと、そうなれなかった、軽やかで楽しい意欲(情熱とは違う感じ)が湧いてきて、
”ただ何かをする”ということに自然の楽しさのようなものを感じました。 

⇒情熱につきましては、セッション中のご質問で出てきましたね。

必要であればそれは起きてくる、というようなことをお話したかと思いますが、
早速、体験されてよかったですね。

そして、体験されたように、空から自然に起きてくるものは、個人で何とかしようとしている時の情熱とは質が違いますね。

前にも書きましたが、空は軽やかで、そして、喜びそのものですから、
ただそれで在るだけ、それ自身(自分自身)で在ることにより幸せなんですね。

自分と違う何かになろうとしたときに、そこから離れたり、または、反対のものを伴った相対的な楽しさ、幸せの領域に入っていくんですね。

でもそれは、本当は離れたのではなく、ただ見失っていただけ、忘れていただけです。

それはずっとそこにあり、実はそこから一歩も離れていなかった、という事に気づくのが、覚醒であり、悟りです。

それはLさんにとって、ずっと一番近くに在ったものです。

何と言っても、自分自身ですから。






今回は、先日(6/27)、ご紹介したA.Yさんのメールへの無空の返信を参考までにご紹介します。

長くなってますので、分けてご紹介しています。(2回目)


> 昨夜(6/22)は、阿部敏郎さんの「サレンダー」(降伏)という話に感化され、無空さんへのサレンダーについて、取っ組み合いしていました(笑)

> 結局、意識がついていけず、覚悟は定まりませんでした


⇒意識がついていけなかったとのことですが、エゴ・マインドは幻想であり、確かな基盤を持っていないので、常に変化しながらそれ自身を維持しようとする性質がありますし、それがこの宇宙を創造して続けているパワーでもありますから、それに抗うことは無理がありますね(笑)。

また、幻想である個人として、幻想を超えようとするのも不可能です。

例えて言えば、火で火を消そうとしているとも言えるかもしれません。

場合によっては、熱心な探求者の方は、マインドをよけいに強めて、火に油を注ぐ状態になっているかもしれません。


⇒「しよう」、「する」、は、「在る」、には至らない、とも言い換えられます。

(途中で気づいたり、最後に疲れ果てて、マインド、個人が落ちる、という場合はありますが。

あるいは、マインドを働かせないで、ただ「する」ということはいいですね。)


⇒また、信頼100%になったときは、すでに信頼という次元ではない、とも言えますね。

そこではすでに個人が落ちていて、信頼する者と信頼する対象という二元性、関係性が消滅しています。

残るのは、ただひとつの真実、あるいは、信頼そのものだけが、そこに在る、と言えます。





では、今回は、先日の4回目のセッションを受けられた方からのメールへの返信その2-4です。
(何回かに分けて参考までにご紹介させて頂きます。)

>今回、これだけ浄化が起こったり、また強い感情思考が出てくるかもしれませんが、ここを乗り切って行きたいので、どうぞお力お貸しくださいませ。

その意識があれば大丈夫です。
サポートするのは、私個人ではなく、無限の愛とパワーをもったゼロ(無・空・大いなる存在)そのものですから、大船に乗ったつもりでいてください。
ゼロ(空・無限の愛・本当の自分・真我)が乗り越えられないものはありません。
真実の光が輝く時、影である幻想はただ消えていきます。





本当の自分の体験も、以前ご紹介させて頂きました覚醒・至高体験事例集などを見て頂いても分るように色々です。
中には、意識が大きく拡大し、宇宙と一体になるような劇的なものもありますが、体験をイメージ化、観念化、固定化してしまわないということも大事ですね。

以前の記事で紹介させて頂いた方のように、心身共にリラックスしているというのもとても大切です。

実は、普段からその要素(真我・本当の自分・純粋な意識)はずっとありますし、ずっとあるものでなければ変わらない真実とは言えません。
また、それを生きることも不可能ですね。

そうすると本当の自分に気づくために必要なことは、本当の自分を分りにくくしたり、覆い隠したりしているマインド・感情などの浄化ですね。

無空庵では、ゼロ意識共鳴により、マインド・感情等の浄化を最大限にスムーズに進めていきます。

アジサイ緑2

他の方が内面に悩み、苦しみ、悲しみを抱えているとき、その事実は受け止め、共感しながらも、真実の視点から、同時にそれは幻想であるという理解を持ち、慈愛の態度で共にいてあげることが大切です。

そのような態度でいるとき、あなたは真実の場、本当の自分(空・ゼロ・愛・純粋意識・真我)の場に立っていることになり、他の方の中にある悩み、苦しみ、悲しみが自然に消えていきます。

気づいたら、楽になっていた。
状況は変わってないのに苦しいという感情が起きてこない。
あんなに長く苦しんでいたものが、思い出そうとしても思い出せない。

というように、
真実を前をして、幻想は消えていきます。

これは、ただ在ることから自然に起きてくるヒーリングです。

ただ、自分が本当の自分であるとき、ゼロの場に立ち、愛そのものである時に自然に起こる現象です。

真実はすべてを正していく力があります。

問題が消えてしまった人は、えっ、どうして、なぜ?と不思議でしょうがありません。

それに驚く人、マジック、奇跡と呼ぶ人もいるかもしれませんが、真実の前には、幻想は無力です。

そこ(存在・空・ゼロ・愛・純粋意識・本当の自分)にいて、それを深く理解し、受け入れているときには、それは自然に起こります。

ただ起こります。

一つであることの中で起こる癒しです。