無空庵の個人セッションは、ゼロ(仏教では空)の場による心の浄化法、本当の自分を知る方法、心の平和・愛と幸せ・真我覚醒・真我実現を促す方法です。

●ゼロ意識共鳴で、真我・無限の愛である本当の自分に目覚め、本当の自分を実現する!

真我はただ在る。ただ自分自身(愛)である。シンプルな生き方。シンプルな在り方。
無空庵で「愛」(存在の愛)と「空」、そして「在る」こと(自分自身であること)の素晴らしさを知る。
悟り・覚醒・変わらない愛と幸せ・心の平安を実現!

無空庵では、スカイプで全国の方を対象に、ゼロ意識共鳴個人セッションを行っています。
個人セッションは、ゼロ(仏教では空)の意識の共鳴ワークであり、心の浄化法、本当の自分を知る方法、無限の愛と自由、心の平和、本当の幸せ、真我覚醒、真我実現を促す方法です。

ラマナ・マハルシ、ニサルガダッタ・マハラジ、フーマン、エックハルト・トール、ガンガジ等の言及する「悟り」「覚醒」「真我」「本当の自分」の実現をサポート!メッセージ1 メッセージ2

※多忙のため、セッションに関するお問い合わせの返信には、数日~1週間くらいかかることがあります。また、同様の理由により、読者の方からのご質問にはお答え致しかねます。ブログへのコメントにもお返しできないことが多いと思いますが、あわせてご了承願います。

公開・日々の小さな合同共鳴
※どなたでも、森羅万象あらゆる存在の意識参加自由。
毎日6時、10時、11時、11時40分、13時10分、16時15分、17時、18時、21時 2011・11・3~
(6時以外は、無空庵の基本セッション時間です。)。
各30分(その内何分でも構いません。ただそっと意識を向けてみてください。そして、できる方はご自身の存在感覚、在るという感覚、又は、気づいている意識に気づいていてください。)
※参加された方々の記事。
蓮さん①, wingさん①のびのびさんsatorinさん

公開・週一合同ゼロ意識共鳴
※どなたでも、森羅万象あらゆる存在の意識参加自由。
毎週木曜日21時と21時30分から各30分間。 2011・11・10~
※こちらの記事もご覧ください。合同ゼロ意識共鳴は、集合意識の変容を促す。+感想③
第1回感想①感想②
※参加された方々の記事 しみっちさんWingさん蓮さん




今回は、セッションを受けられているK.Mさんから頂いたメールへの無空の返信をご承諾を得て、参考までにご紹介させて頂きます。(その3)

>
> 自分の思いをかなえたい
> 夫の思いをかなえてあげたい
> 自分の思いを優先するのは悪い
> 怒るのは悪い
> 機嫌が悪いのは悪い
> 等々・・・
>
> 自分の中にいろんな思いや観念がありますが、それらを超えたところ、「在る」(空、愛、本当の自分)に
> ただい続けるだけですよね。
> いろんな思いや観念に気づくのなら、ただ気づいていればいいのですよね。
> ただ愛にいて、すべてを包み込んでいることですよね。
> 苦しくても、ただ「在る」(愛)にいれるかどうかですよね。

「在る」(愛)にいれれば、それは正しく在ることができた、ということです。
思いや感情が強く、それに気づいているがやっとのとき、あるいは、巻き込まれいて、ときどき気づく、さらには、長く巻き込まれていて、ようやく一瞬気づく、というときもあるかもしれません。

そのときそのときの最善を尽くすことができれば、それは素晴らしいことです。
そのような姿勢の継続が、上にも書きましたが(昨日の記事参照)、愛で在ることをより確かなものにしていきます。
>
> 確認をしたかったので、メールしました。

はい、これからも何かあればお気軽にどうぞ。

***********

無空さん

お返事ありがとうございました。

メールして本当によかったです。

読んでいる途中で、ワ~~~と泣いてしまいました。

愛に包まれているのを感じます。

ありがとうございました。

M.K

在る

誰でも意識を持っている。

でも、それは本当は個人的なものではない。

それは、全ての存在に共通しているたったひとつの意識。


その意識は、個人を超えて存在している。

その意識は、いつもあなたを支えると同時に、全ての存在を支えている。

その意識は、いつもあなたを見守ると同時に、全ての存在を見守っている。


それは、時間を超え、空間を超え、次元を超え、過去、現在、未来に存在する全ての存在を支え、見守っているたったひとつの意識。


あなたがその意識を持っているのではなく、その意識からあなたが生まれた。

そして、今も創造され続けている。


全ての存在も同じ。

そのたったひとつの意識からすべてが生まれ、永遠の創造が続いている。


それは、全ての源であり、その純粋さを保ったまま、全てを生み出している純粋な意識。

自分自身に気づいている悟り意識。


それは小さくも大きくもない。

真実はそれ以外存在しないので、比較のしようがない。

比類なき存在。


それゆえ、最も小さいものよりも小さく、最も大きいものよりも大きい、というような表現がある。


それは、現象、その現れであるすべての創造物に浸透しているがゆえ、どんなものよりも小さい。

それは、現象、その現れであるすべての創造物、そして、過去、現在、未来の宇宙、全ての時空を包み込んでいるがゆえ、どんなものよりも大きい。


あなたが今、感じている意識。

それは、個人であるあなたよりもはるかに大きい。

あなたが今、感じてる意識。

それは、個人であるあなたの人生よりもはるかに大きい。

あなたが今、感じてる意識。

それは、揺るぎなき存在。

そして、愛深き存在。

それが、本当のあなた。


本当のあなたに目覚めること。

それが覚醒。


本当のあなたを知ること。

それが悟り。


それはただ、本当のあなたに還ること。

それはただ、本当のあなたを思い出すこと。


自分自身を愛するとは、本当の自分に気づくこと。

自分自身を愛するとは、本当の自分で在ること。


それが全ての存在への愛になる。




今回は、セッション6回目を受けられた方からメールを頂きましたので、それに対する無空の返信と合わせて、ご承諾を得て、参考までにご紹介させて頂きます。今回は10回目です。

>セッションで感じる愛は濃い愛で、恋愛の愛はそれが薄まった愛みたいなこともおっしゃっていましたね。

まあ、例えとも言えますが、それは源なので、濃いと言えます。
でも、とても微細なものです。

木の種は小さいですが、全てを含んでいます。
木の幹は大きくて分りやすいですし、種よりもはるかに手応えもありますが、全てではありません。
種の現れの一部です。

感覚的には、外側に現われてきたものの方が捉えやすいですね。
心が静かになっていなければ微細なものはなかなか捉えられません。

それは、常に存在し、また遍在しています。

そして、それが恋愛の中や、親子の間などで、何かの出来事や場面を通して、より分りやすく、時には高揚した形で現れてきていると考えていただいてもいいと思います。

存在の愛は、五感を超えたところにあります。
形なき空と同じレベルにあり、空と愛は、同じものの違った側面とも言えます。

でもこの世界でさえ、圧倒的に空間の方が多いですよね。
物質でも、人の体でも、微細なレベルから見れば、ほとんど空間です。

そして、もう少し意識が深まったところ、マインドから離れたところから見れば、すべては空であると理解できるわけです。

ほとんど空間の世界の中で、五感などの感覚と、マインドによる意味づけ、価値判断、そして、一人一人が観念にもとづいた物語を作り、それが重なり合ってさらに集合での物語り、幻想をつくっているのが、この世界です。

マインド、感情はエネルギーを持ち、創造のパワーをもっていますので、それが力を振るっているというのが現状です。

でも、その中の全てに浸透し、また、それらをより深い所から支えているのが空であり、愛です。

マインド、感情は、分りやすく、具体的で、はっきりしたエネルギーで現れますが、常に変化し続けています。
消えては、また別の形で現れ、また、ある一定のマインドを維持しようというのは努力がいります。
そして、それにも限界があります。
また、歪みを生じたり、全体とのバランス、調和を崩すという事もあるかもしれません。

空(愛)は、努力のレベルを超えて存在しています。
人のコントロール、意図、自由意志のレベルを超えて存在しています。
それは常に変わらず、存在しているもので、最も信頼できるものです。
真実です。
その空から、その愛から、個々の存在は創造され、空に見守られ、愛に育まれて、自由にマインド、感情を楽しむことができます。

でも、本当は、その一時的な現れである個々の存在も、個である間でさえも、同時に、空そのものであり、愛そのものなのです。(常に変化していくこの部分はやはり幻想ということですね)。

ただ、習慣により、現れの部分にだけ焦点が当たっている、五感やマインドで捉えられるところだけを現実と思っているだけですね。
意識の焦点を少しシフトして、本当の自分は、普遍の存在であり、唯一の真実であり、現れの部分では個であるが、形のない意識、愛のレベルでは全体であることを実感し、理解すること、それを受け入れていくことでもっと自由になれます。
もっと軽やかに、そして、愛を感じ、幸せの中、喜びの中で生きていくことが可能です。




今回は、セッション6回目を受けられた方からメールを頂きましたので、それに対する無空の返信と合わせて、ご承諾を得て、参考までにご紹介させて頂きます。
今回は7回目で、3回目の

>静寂、空、愛、平和、ゼロ、至福は同じ状態を指す言葉と受け取っていますが、静寂、ゼロ、空は今までのセッションで感じをつかんでいますが、愛、平和、至福は感覚的につかんでいません。

についての返信の続きです。

3回目からの流れで空について書いていますが、以前の記事、そして4回目からの記事にも書いていますように、真実を言葉で表すのは、本来、不可能です。
今回書いたことも、4回目からの記事同様、ひとつの例え、無限に例える事の出来るその中のひとつであり、マインドの成熟を促す為のひとつの方便というふうにとらえて頂けばと思います。

前回は、真実はただひとつですが、幻想という微細なゆらぎが起こることにより、空(愛)という真実の中に、平和、至福、自由等様々な違った側面をよりはっきりと感じ、体験することが可能になるということをお話しました。

この世界は、表現、体験、そして、「生きる」ということを可能にする世界です。

それ(真実)そのものであるときは、「生きる」ではなく、「生命そのもの」の状態、または、「生きている」ではなく、「生命が在る」、あるいは「ただ在る」という状態です。

生きるという事は、ある意味、時間があり、幻想があるからこそ可能とも言えます。

そして、真実を知った者は、それを超えて、真実を生きていく、今を生きていくことが可能になるんですね。

(まあ、本人は生きているとは言わないかもしれませんが、私は生命であるとか、在りて在るものとか・・・・)。

不可能を可能にするのが、真実が形を変えた幻想の役割でもあり、その幻想の中で、真実を知ることができ、真実で在ること、真実を生きることが出来るんですね。

そういう意味では、幻想がある、常に創造が起こり続けているというのも愛であり、錯覚もありがたい愛であるわけです。

マインドが真実を知る障害にもなりますが、その同じマインドが、真実を理解する助けにもなります。

成熟し、静まったマインドがそれを理解します。
空とひとつになったマインドとも言えるかもしれません。

ただ、幻想の世界がすべてで、それだけが現実と思っていると、苦しみにつながっていく可能性があります。
真実を知り、初めて幻想をあるがままに楽しむことができます。
(その前にもそれなりの楽しみもありますが、あるがままではないですね。エゴの視点からの楽しみで、常に対極を伴った楽しみ、幸せです。)

存在のレベルに在る(在るというよりイコールなのですが)、愛や平和というのは、
多くの方が思い浮かべるような愛や、平和よりももっと深いものです。(別のものではありませんが)

心が賑やかな状態では捉えにくいですね。
それらの共通要素を探すといいかもしれませんね。

それはやはりまたもとに戻るようですが、在るということ。
リアリティ、存在性、存在感覚、そして、それは至福感でもあり、気づきでもあります。

静寂に慣れ親しんで、その中でいろいろお話しながら、ある意味、空の中を刺激していきますので、徐々に捉え、理解できるようになってくると思います。(無空解説:次のセッションで、早速、空の中の密度の濃さを感じとられるようになってこられています。中身がたくさん詰まっている感じとのこと。さらに次のセッションで覚醒されました。早すぎっ。でも、ある意味、そこからが本当のスタートとも言えます。)

1の中に、3見えるようになって来てたのが、さらに、5、10と見えるようになってきます。
そして、それらはやはりすべて1であるという理解を同時に深めていくことですね。

セッションが進み、ハートが開いてくると、また空の無限の深みを感じることが出来やすくなってきます。