無空庵の個人セッションは、ゼロ(仏教では空)の場による心の浄化法、本当の自分を知る方法、心の平和・愛と幸せ・真我覚醒・真我実現を促す方法です。

●ゼロ意識共鳴で、真我・無限の愛である本当の自分に目覚め、本当の自分を実現する!

真我はただ在る。ただ自分自身(愛)である。シンプルな生き方。シンプルな在り方。
無空庵で「愛」(存在の愛)と「空」、そして「在る」こと(自分自身であること)の素晴らしさを知る。
悟り・覚醒・変わらない愛と幸せ・心の平安を実現!

無空庵では、スカイプで全国の方を対象に、ゼロ意識共鳴個人セッションを行っています。
個人セッションは、ゼロ(仏教では空)の意識の共鳴ワークであり、心の浄化法、本当の自分を知る方法、無限の愛と自由、心の平和、本当の幸せ、真我覚醒、真我実現を促す方法です。

ラマナ・マハルシ、ニサルガダッタ・マハラジ、フーマン、エックハルト・トール、ガンガジ等の言及する「悟り」「覚醒」「真我」「本当の自分」の実現をサポート!メッセージ1 メッセージ2

※多忙のため、セッションに関するお問い合わせの返信には、数日~1週間くらいかかることがあります。また、同様の理由により、読者の方からのご質問にはお答え致しかねます。ブログへのコメントにもお返しできないことが多いと思いますが、あわせてご了承願います。

公開・日々の小さな合同共鳴
※どなたでも、森羅万象あらゆる存在の意識参加自由。
毎日6時、10時、11時、11時40分、13時10分、16時15分、17時、18時、21時 2011・11・3~
(6時以外は、無空庵の基本セッション時間です。)。
各30分(その内何分でも構いません。ただそっと意識を向けてみてください。そして、できる方はご自身の存在感覚、在るという感覚、又は、気づいている意識に気づいていてください。)
※参加された方々の記事。
蓮さん①, wingさん①のびのびさんsatorinさん

公開・週一合同ゼロ意識共鳴
※どなたでも、森羅万象あらゆる存在の意識参加自由。
毎週木曜日21時と21時30分から各30分間。 2011・11・10~
※こちらの記事もご覧ください。合同ゼロ意識共鳴は、集合意識の変容を促す。+感想③
第1回感想①感想②
※参加された方々の記事 しみっちさんWingさん蓮さん




今回は、セッションを受けられているayaさんから、セッション後に頂いたメールをご紹介させて頂きます。(その1)

無空さん

こんにちは。

今日はセミナー奇跡的休みです(^_^;)

○○の方のセミナーがきのうまででした。
真実をお伝えすることができました。

○○の時に全てはつながっている、一つだということを実感していたそうです。
その時に怖い思いをしたそうなので、忘れようとしていたそうです。

あとは欲がないことが悩みだったようです。私と同じような感じですかね(^_^)

セミナーが終わって帰る時に、「本当のことを伝えていってほしい」という言葉で去っていたのがとても印象的でした。
○○さんも伝える時が来ますよ~とさらっと伝えておきました。

新しいブログの「幸せは本当の自分で在ること」を紹介したので、
これから理解を深めていくと思います。

昨日から伝えられた喜びをかみしめています(^-^)
これ以上のものはないですね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・明日に続きます。



今回は、無料体験セッションの感想を送って頂きましたLさんへの無空の返信、分割でのご紹介、8回目です。

文の流れで一部、重複しています。

>状況が整い、 自分が本当に調子よい時でないと、そうなれなかった、軽やかで楽しい意欲(情熱とは違う感じ)が湧いてきて、
”ただ何かをする”ということに自然の楽しさのようなものを感じました。 

⇒情熱につきましては、セッション中のご質問で出てきましたね。

必要であれば起きてくる、というようなことをお話したかと思いますが、
早速、体験されてよかったですね。

そして、体験されたとおり、空から起きてくるものは、個人で何とかしようとしている時の情熱とは、質が違いますね。

空は、前にも書きましたが、軽やかで、そして、喜びそのものでもありますから、
それで在るだけ、ただ自分自身で在るだけで幸せなんですね。




今に在るとき、初めて生命が在る。
それはリアリティ。
生命そのもの。
そして、それは純粋な気づき。

本当の自分で在る、自分自身で在るということは、真の寛ぎであると同時に、最も目覚めて生命が在る状態。

今とは、自分自身そのもの。
本当の自分とは、心でも、感情でも、体でもない。
今そのもの。

時間を超えたリアリティ、純粋な気づきが真の自分。

    



今回は、セッション6回目を受けられた方からメールを頂きましたので、それに対する無空の返信と合わせて、ご承諾を得て、参考までにご紹介させて頂きます。今回は9回目です。

>愛というと、恋愛での初期に感じる愛を想像してしまい、愛とはこのようなものだと観念を持っているのでその感覚を探してしまいます。

みなさん、そうかもしれませんね。

>無空さんとのお話の中で、全ての存在への愛で恋愛の愛とは感覚的には違うことをしりました。

深い部分、純粋な部分では質としては同じですが、より濃いというか、微細というか・・・。

また、いろんな表現はできますが、特定の相手にだけ持つようなものではなく、普遍的で無条件・無償・無限の愛、全ての存在に対して、平等、均質の愛とも言えます。
愛するという行為のレベルに在るものではなく、在るという存在のレベルに在る愛です。
リアリティです。
形なき存在性そのものでもあります。
または、存在を絶対的に存在させている力とも言えるかもしれません。
そしてそれは、現れである個々の存在全て、さらに、宇宙全体を支え、見守っている愛です。

愛するという行為のレベルでの平等は物理的に言っても難しいですよね。

体を持つ個人を超え、個々を分離して考えるマインドを超えなければ、すべてを平等に愛することは不可能です。

マインドを超えた本当の自分、それ以外他は存在しないというレベル、全ての存在がひとつになっているところに在ることで初めて実現できる愛です。

それは自分自身で在るということです。

本当の自分で在るということです。

逆に万物に対する愛が内側にあるなら、その時、それは実現されている、もしくはそこと繋がってると言うこともできますね。

恋人に対する愛や、子供に対する愛など、特定の存在に対する愛も、マインドが入り込まなければ純粋なものです。
そこから、深く深く入っていくと、あるいは、それをよく見つめれば、同じものが見つかります。