無空庵の個人セッションは、ゼロ(仏教では空)の場による心の浄化法、本当の自分を知る方法、心の平和・愛と幸せ・真我覚醒・真我実現を促す方法です。

●ゼロ意識共鳴で、真我・無限の愛である本当の自分に目覚め、本当の自分を実現する!

真我はただ在る。ただ自分自身(愛)である。シンプルな生き方。シンプルな在り方。
無空庵で「愛」(存在の愛)と「空」、そして「在る」こと(自分自身であること)の素晴らしさを知る。
悟り・覚醒・変わらない愛と幸せ・心の平安を実現!

無空庵では、スカイプで全国の方を対象に、ゼロ意識共鳴個人セッションを行っています。
個人セッションは、ゼロ(仏教では空)の意識の共鳴ワークであり、心の浄化法、本当の自分を知る方法、無限の愛と自由、心の平和、本当の幸せ、真我覚醒、真我実現を促す方法です。

ラマナ・マハルシ、ニサルガダッタ・マハラジ、フーマン、エックハルト・トール、ガンガジ等の言及する「悟り」「覚醒」「真我」「本当の自分」の実現をサポート!メッセージ1 メッセージ2

※多忙のため、セッションに関するお問い合わせの返信には、数日~1週間くらいかかることがあります。また、同様の理由により、読者の方からのご質問にはお答え致しかねます。ブログへのコメントにもお返しできないことが多いと思いますが、あわせてご了承願います。

公開・日々の小さな合同共鳴
※どなたでも、森羅万象あらゆる存在の意識参加自由。
毎日6時、10時、11時、11時40分、13時10分、16時15分、17時、18時、21時 2011・11・3~
(6時以外は、無空庵の基本セッション時間です。)。
各30分(その内何分でも構いません。ただそっと意識を向けてみてください。そして、できる方はご自身の存在感覚、在るという感覚、又は、気づいている意識に気づいていてください。)
※参加された方々の記事。
蓮さん①, wingさん①のびのびさんsatorinさん

公開・週一合同ゼロ意識共鳴
※どなたでも、森羅万象あらゆる存在の意識参加自由。
毎週木曜日21時と21時30分から各30分間。 2011・11・10~
※こちらの記事もご覧ください。合同ゼロ意識共鳴は、集合意識の変容を促す。+感想③
第1回感想①感想②
※参加された方々の記事 しみっちさんWingさん蓮さん




今回は、先日(6/27)、ご紹介したA.Yさんのメールへの無空の返信を参考までにご紹介します。

長くなってますので、分けてご紹介しています。(2回目)


> 昨夜(6/22)は、阿部敏郎さんの「サレンダー」(降伏)という話に感化され、無空さんへのサレンダーについて、取っ組み合いしていました(笑)

> 結局、意識がついていけず、覚悟は定まりませんでした


⇒意識がついていけなかったとのことですが、エゴ・マインドは幻想であり、確かな基盤を持っていないので、常に変化しながらそれ自身を維持しようとする性質がありますし、それがこの宇宙を創造して続けているパワーでもありますから、それに抗うことは無理がありますね(笑)。

また、幻想である個人として、幻想を超えようとするのも不可能です。

例えて言えば、火で火を消そうとしているとも言えるかもしれません。

場合によっては、熱心な探求者の方は、マインドをよけいに強めて、火に油を注ぐ状態になっているかもしれません。


⇒「しよう」、「する」、は、「在る」、には至らない、とも言い換えられます。

(途中で気づいたり、最後に疲れ果てて、マインド、個人が落ちる、という場合はありますが。

あるいは、マインドを働かせないで、ただ「する」ということはいいですね。)


⇒また、信頼100%になったときは、すでに信頼という次元ではない、とも言えますね。

そこではすでに個人が落ちていて、信頼する者と信頼する対象という二元性、関係性が消滅しています。

残るのは、ただひとつの真実、あるいは、信頼そのものだけが、そこに在る、と言えます。





では、今回は、ご承諾を得て、セッション9回目を受けられたの方から頂いたメールとその返信を、参考までにご紹介致します。
11回に分けてお伝えしていきますが、今回は9回目です。

覚醒する前に抱えていた問題は、今はどうですか。

これも昨日のセッションでも気づかれましたが、これまでたくさんのセッションやセミナーを受けられても、解決していなかった問題ももう大丈夫になってましたよね。
問題として持っていたということすら、忘れてたものもいくつかありましたね(笑)。

以前の記事で紹介したMさんのトラウマもそうですが、気づいたらなくなっていた、気づいたら変わっていた、個々の問題にフォーカスするのではなく、真実にフォーカスすることにより、幻想は消えていく、こういう解決・解消の仕方もあります(笑)。

あらゆる問題の発生源であるもの(エゴ・マインド)をクリアしていく、これが根本療法です。




では、今回は、ご承諾を得て、セッション9回目を受けられたの方から頂いたメールとその返信を、参考までにご紹介致します。
11回に分けてお伝えしていきますが、今回は3回目です。

>あまりにも、急だったので、正直びっくりしました。
>マインド的には、自分の体験と他の人の体験とを比較したり、自分の体験があまりにも静かに事が運んだので、本当に覚醒したのか不安がりたいようです(笑)

覚醒後に出てくるマインドですね。よく理解されてますね。

>そのようなマインドや感情が出てきても、それに気付いています。
>マインドの言いそうな事ですね(笑)

覚醒して、よりマインドから離れ、客観的に見れてる状態ですね。
以前のマインドに巻き込まれていたときとの違いがよく分りますよね。

在る

これまでの覚者も、非常にまれな場合を除いて、1人で幻想の壁を超えていくのはなかなか難しいということを言っています。
無空庵のゼロ意識共鳴個人セッションは、1人ではなかなか超えられない幻想の壁を越えていくことを可能にします。

近年の覚者、ラマナ・マハルシ等の本から参考までに挙げさせて頂きます。

●ユング、ガンディーが敬慕した20世紀最大の覚者と言われているラマナ・マハルシの本から

・真我の永久的自覚を求めて努力している者たちのほとんどにとってグル(師)が必要であることは、シュリー・ラマナの教えの中でも基本的な見解となっている。
霊的進展におけるグル(師)の触媒的役割は、それゆえ決定的なものである。
非常にまれな例を除いて、真我への無知は大変深く根づいており、個人である探求者にとっては自らの努力でそれからの逃れることはきわめて難しい。

・あなたが自分を分離した身体であると考えているかぎり、外側の師は必要であり、彼は身体をもって現れるだろう。
身体との誤った同一視がやんだとき、師が真我以外の何ものでもなかったことを知るだろう。

・真我を見る人は、他の人たちが真我を見ることを助けるパワーを持っています。

・グル(師・教師)が沈黙していれば、弟子の心は自動的に浄化される。

・グルの眼差しには浄化作用がある。
その浄化作用を目で見ることはできない。
石炭を発火させるには長い時間が必要であり、木炭であれば短い時間ですむ。
火薬であれば発火は瞬時に起こるだろう。
マハートマのもとを訪れる人の段階もそれと同じである。
智慧の炎はすべての活動を燃やし尽くす。
賢者の交際(サットサン)、あるいは彼らとの精神的接触によって、智慧は培われるのである。

・沈黙の教えは真の教えである。
それは完全な教えである。
それは最も熟達した探求者にのみふさわしい。
他のものにとって、それから完全なインスピレーションを引き出すことは不可能だ。
それゆえ、彼らは真理を説明するための言葉を必要とするので在る。
だが、真理は言葉を超えている。
それは説明を許さない。
ただそれを指し示すだけである。

・質問者 
私は自分の力で集中することができません。
私を救ってくれる力を求めています。

マハルシ 
そうだ。それが恩寵と呼ばれるものである。
精神力が弱いため、個人としてのわれわれには集中は不可能だ。
それゆえ、恩寵が必要となる。
・・・・・・・・・・・・弱者が強者の庇護の中に入れるように、精神力の弱い者の心は精神力の強い賢者の臨在のなかで容易に制御される。
ただ恩寵のみが存在する。
それ以外に存在するものは何もないのである。

・まずサットサンとは、実際には、非顕現である真理(サット)あるいは絶対的存在との交際を意味している。
だが、それができるものは非常にまれなため、弟子は二番目に効果的な顕現された真理、つまりグルとの交際を選ばなければならない。
想念は執拗に起こり続けるため、賢者との交際はどうしても必要となる。
賢者はすでに心を克服し、平和の内に在る。
彼の臨在の内にあることは、この平和の状態を他者にもたらす助けになる。
さもなければ彼との交際を求める理由はない。
グルは誰に見られることもなく、このために必要とされる力を弟子に与える。

・賢者たちと親密に生活し、共鳴して接触している人々は、彼らから徐々にサマーディ(真我への吸収)の習慣を吸収します。

●「パワーかフォースか」より

・エネルギーフィールドが550か、それ以上で測定される指導者がそばにいることで、まだ悟りを開くに達していない弟子たちが崇高さを体験することはよくあります。
これは、パワフルなアトラクターフィールドが優先することによって起きる「同調化」のプロセスを通して現れます。

・精神の修行をする人たちは、師のエネルギーに自分を合わせることです。そして、レベルの高い師にただ焦点を合わせるだけで、自分の進歩を促すことができます。




では、今回は、ご承諾を得て、セッション8回目を受けられたの方から頂いたメールとその返信を、参考までにご紹介致します。
11回に分けてお伝えしていきますが、今回は8回目です。

>そして歩いていて小さな小さな花に出会いました。
>毎日その道を通っていたのに気づかなかったその花に目を向けました。
>思考感情が出ていると、周りの景色より感情思考がグルグル回っているのに気をとられて、小さき存在を見おとしていたのでしょう。

花も気づいてもらって、喜んでいるでしょうね。
覚醒した意識に注意に向けてもらえることはとても幸せなことです。

(セッションを受けられてる方は、共鳴の効果、アイコンタクトの体験などでお分かりのことと思います。
覚醒した意識に注意を向けてもらうこと、または共鳴することで、浄化が起こり、目覚めが促されます。
ラマナ・マハルシも、グル(師)の眼差しには、浄化の力がある、というようなことを言ってますし、フーマンも、セッションを受けている方が思っている以上に多くのカルマが取り除かれている、というようなことを言ってますね。)

思考が静かになると、これまで気づけなかった、たくさんのものに気づくことができるようになります。
また、気づいていたものの、より深い価値が分るようになってきます。

それで、セッション中に言葉に出た、「ブログを読んで理解していたと思っていたのが、いかに上っ面な理解だったのかが分った」というような言葉が出てくるんですね。

これまでの理解がけっして間違っていたということではなく、より深い意味が感じ取れるようになったという事ですね。

何かの本か、サイトにも、「私はこれまで何も見ていなかった」、というようなフレーズがあったと思います。
(見てはいても、その表面だけ。その本質が見えていなかったということですね)。

より深い真実を感じとれるようになってよかったですね。
これからは、在り方、存在そのもの、そして、生きること、人生により深みが増してきます。
幻想の世界の中で、真実を生きるようになっていきます。
存在そのものの深さ、広がりは無限です。