無空庵の個人セッションは、ゼロ(仏教では空)の場による心の浄化法、本当の自分を知る方法、心の平和・愛と幸せ・真我覚醒・真我実現を促す方法です。

●ゼロ意識共鳴で、真我・無限の愛である本当の自分に目覚め、本当の自分を実現する!

真我はただ在る。ただ自分自身(愛)である。シンプルな生き方。シンプルな在り方。
無空庵で「愛」(存在の愛)と「空」、そして「在る」こと(自分自身であること)の素晴らしさを知る。
悟り・覚醒・変わらない愛と幸せ・心の平安を実現!

無空庵では、スカイプで全国の方を対象に、ゼロ意識共鳴個人セッションを行っています。
個人セッションは、ゼロ(仏教では空)の意識の共鳴ワークであり、心の浄化法、本当の自分を知る方法、無限の愛と自由、心の平和、本当の幸せ、真我覚醒、真我実現を促す方法です。

ラマナ・マハルシ、ニサルガダッタ・マハラジ、フーマン、エックハルト・トール、ガンガジ等の言及する「悟り」「覚醒」「真我」「本当の自分」の実現をサポート!メッセージ1 メッセージ2

※多忙のため、セッションに関するお問い合わせの返信には、数日~1週間くらいかかることがあります。また、同様の理由により、読者の方からのご質問にはお答え致しかねます。ブログへのコメントにもお返しできないことが多いと思いますが、あわせてご了承願います。

公開・日々の小さな合同共鳴
※どなたでも、森羅万象あらゆる存在の意識参加自由。
毎日6時、10時、11時、11時40分、13時10分、16時15分、17時、18時、21時 2011・11・3~
(6時以外は、無空庵の基本セッション時間です。)。
各30分(その内何分でも構いません。ただそっと意識を向けてみてください。そして、できる方はご自身の存在感覚、在るという感覚、又は、気づいている意識に気づいていてください。)
※参加された方々の記事。
蓮さん①, wingさん①のびのびさんsatorinさん

公開・週一合同ゼロ意識共鳴
※どなたでも、森羅万象あらゆる存在の意識参加自由。
毎週木曜日21時と21時30分から各30分間。 2011・11・10~
※こちらの記事もご覧ください。合同ゼロ意識共鳴は、集合意識の変容を促す。+感想③
第1回感想①感想②
※参加された方々の記事 しみっちさんWingさん蓮さん

写真素材 PIXTA
(c) Kazu写真素材 PIXTA


今回は、セッションを受けられているNさんから頂いた感想と無空の返信を、参考までにご紹介させて頂きます。(その5)

前回の続きです。

Nさんもお持ちのニサルガダッタ・マハラジの「I AM THAT 私は在る」から、思いついたところを抜粋しました。重複するところもたくさんありますが、ご参考までに。

○初心者にとってヨーガの修練は、しばしば熟考され、偉大な決意を要するものだ。
だが、すでに何年も誠実に修練を培ってきた者たちは、意識していようがいまいが、いつも真我の実現を念頭においている。無意識のサーダナ(修練)はもっとも効果的だ。なぜならそれは自発的で、変わらずに続いていくからだ。

無空:今は、誠実に修練を行っていく段階ですね。
ですから、体験のある無し、変化を感じる感じないにかかわらず、偉大な決意、覚悟を持って実践していくことが必要です。

○誰もヨーガにおいて失敗するものはいない。それはみな、進歩の度合いの問題だ。それははじめはゆっくりで、終わりには急速になる。人は完全に成熟したとき、真我の実現は爆発的になる。それは自発的に、あるいはほんのわずかなきっかけで起こりうる。遅い成熟と、速い開花は交互にやってくる。どちらも自然であり、正しいのだ。

次回に続きます。

【個人セッションに関してはこちらです。】
【お問い合わせ等はこちらからどうぞ。】

ランキングに参加しています。
よろしければ、クリック応援をお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
精神世界ラ
ンキング 人気ブログランキングへ

関連タグ : ニサルガダッタ・マハラジ, , AM, THAT, 私は在る,


(c) .foto Project


今回は、セッションを受けられているSAさんから頂いた感想と無空の返信を、参考までにご紹介いたします。(その2)

昨日の続きです。

> それから、「日常の中に個人がずっとあるわけではない。振り返って個人があったと考えているだけ、普段、個人がない状態に気付けないだけで、個人でない時が多い」
> という話しは衝撃的でした。

ニサルガダッタ・マハラジの本にも、「隙間だらけ」とか、「個人が出てくるのは、問題が起こったときだけ」というようなことが書かれていますね。

個人(自分はだれそれである、または、個人である、または、人間であるという観念、記憶等)を意識していないときは個人ではありません。当たり前ですが(笑)。
ただ、個人を意識していないときを、しっかり意識できていないだけです。

・・・明日に続きます。

【個人セッションに関してはこちらです。】
【お問い合わせ等はこちらからどうぞ。】

ランキングに参加しています。
よろしければ、クリック応援をお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
精神世界ラ
ンキング 人気ブログランキングへ

関連タグ : ニサルガダッタ・マハラジ, , AM, THAT, 私は在る, ただ在る,




今回は、セッションを受けられているayaさんとの3月分のセッション後のメールのやりとりをリクエストもあり、参考までにご紹介いたします。

ayaさん
こんにちは。

昨日のメールに、ニサルガダッタ・マハラジの本からいくつか、今のayaさんに参考になりそうなところ抜粋しようと思ってて、忘れてしまいました。(昨日書いてたときは、一度書き終わって見直そうと思った頃は、頭があまり働かない状態になってたので)。

そのままぴったりではないですが、普通ということと、同時にそれが無限に素晴らしいもの、素晴らしい価値を含んでいるということの理解の助け、参考になるかなあと思いついたところを挙げてみます。

1・
私は光を見たり、声を聞いたり、神々に出会ったり、彼らと話をしたりという奇妙な体験を通り抜けてきた。
ひとたびグルが私に「あなたは至高の実在だ」と言ったとき以来、幻想や超越状態を体験することはなくなり、

とても静かに、そしてシンプルになった。

私は欲望をもつことや知ろうとすることがだんだんなくなっていき、最後にはまったくの驚きとともに、「私は何も知らない。私は何も欲しくない」というまでに至ったのだ。

無空:「とても静かに、そしてシンプルになった。」
    この辺ですね。普通ということです。
    本人も別の箇所では、私はそれを普通と言う、というところもあったと思います。
    また、別の表現では、

   「彼は彼自身を完全に普通と考え、彼の真の本性に誠実なのだ。」

   というところがありますね。
   
   また、「ニサルガ」というのは、「自然」という意味だと本の中にも出てたと思います。

2.
グル(師)は私に自己の本性と世界の本性を見せてくれた。
それを実現したため、私は世界と一つであり、しかもそれを超えているのだ。

(無空:この辺りは、何も起こってない、ただ起こっている、というのと同じ感覚ですね)

私は欲望と恐れのすべてから自由になった。
私が自由になるべきだと論証したのではない。
まったく予期せず、何の努力もなく、私は自由であることを見いだしたのだ。
この欲望と恐れからの自由は、それ以来、私とともにとどまっている。

もうひとつ見いだしたことは、私は何の努力をする必要もなく、何の遅れも軋轢もなしに、行為が思考にしたがうということだった。

私はまた、思考が自己充足するようになり、ものごとがすらすらと、正しい場所に落ち着いていくことも見いだしたのだ。

主な変化はマインドのなかだった。
それは不動で、沈黙し、素早く反応するが、反応を永続させなくなった。

自発性が生のあり方となり、真実は自然になり、自然さは真実となった。

(無空:普通の中に真実があり、真実は普通として在ります。)

何にもまして、生は無限の愛、幽玄で静穏な、すべての方角に輝き、すべてを抱擁し、すべてを興味深く、美しく、意味深くする幸運なものとなったのだ。

(無空:普通を深めていくと、このようになるということですね。ayaさんもなれますよ。)


3・無空:(ここはなんとなくおまけ)

「何も私ではない」が第一段階だ。(身体やマインドなど)
「すべてが私だ」がつぎの段階だ。
そのどちらも「そこに世界が存在する」という観念にかかっている。
この観念もまた放棄されたとき、あなたはあるがままの非二元性のあなたとして残る。
今ここで、あなたはそれなのだ。

(幻想として世界は起こっているが、本当はない、という理解が重要ですね。
本当の自分、真我、真実、愛は、世界にも、そして何ものにも依存せず存在しています。)

以上です。

ではまた。

無空




では、今回は、セッション12回目を受けられた方から頂いたメールへの無空の返信を、ご承諾を得て、参考までにご紹介いたします。
5回に分けてご紹介いたします。

> 無空さん、こんばんは
>
> 第12回セッションの報告です。
>
> 覚醒はしても、まだ個人が強く残っています。

そうですね。すぐに落ちるわけではありませんからね。
また、よく見えるようになってきているので、余計そう感じるとも言えますね。

覚醒前はほとんど巻き込まれているので、それにすら気づかない、
あるいは、自分ではどうしようもなく、また、名立たるヒーラー、セラピスト、セミナーでも、
解決できなかった問題を解決したいということでのセッションスタートでしたね。

それが、4回目、5回目のセッションで大きな浄化が起き、
もう、個を超えていくしかないという状態からの流れでの覚醒でしたね。

セッション前と比べたら、今は個人(エゴ、マインド)の強さはどう思いますか?

>時間がある時に、私は〇〇(個人名)でなく、ただある意識であるという確認を何度かしています。
> 個人を落としていく作業が、あまりうまくいっていないです。

ある意味、上手くいくとか、いかないとか、ということにとらわれず地道に忍耐強く、ただ黙々と行っていくことが、手ごわいマインドを落としていくには必要です。

もう少し微細に見ていくと、落とそうとするのはエゴ(何かしよう、こうしよう、ああしよう、しなければ、~したい)、
ですね。

ただそれで在る状態でリッラクスしていることにより、結果として、落ちる、落ちていく、という感じです。

ニサルガダッタ・マハラジも、忍耐が必要というようなことも言ってますね。

今までどれだけ強いマインドがあったかということを考えると、それなりの時間がやはりかかりますね。
覚醒してから、どれだけ経っていますか。

フーマンは3年は漂いなさい、というようなことを言ってましたね。

焦るのはマインド、うまくいってないと言ってくるのも、マインドです。

以前、お送りした十牛図で言えば手なずけるのは悟りであって、マインドではないです。
(例えなので、本当は手なずけらるという次元のものではないですが)

ですから、個人を落としていこうとするそのものが落ちなくてはいけません。

マインドが何を言ってこようが、相手にしない、気にしない、という態度がいいですね。

これらも何度もお伝えしていることですが、前回のように、また時期が来た時に、初めて聞くことが出来ると思います。

気づいたら、ただそれに戻る、というシンプルな態度がいいですね。

今の○○さんには、「地道」、と、「忍耐」、ということが必要かもしれませんね。

(メール後、実際、セッションのとき、拝見したら、不動の落ち着きがありました。本人曰く、メールの書き方が悪かったと。
ということは(そのように起こったということは)、この文章は、ブログを通して、他のどなたかが読む必要があったのかもしれませんね。
覚醒後、○○さんは、言葉は適切ではないですが、やはり別物になっている感じがあります。)

それが、マインドとハート、霊的な成熟を促します。

それから、いいとこどりではなく、トータルな手放しが必要ですね。

ネガティブだけでなく、一見よさそうに見えるポジティブも、主体がエゴですので、手放していく必要がありますね。
(ポジティブなことをしない、ということではなく、とらわれなく行う、ということです。)




では、昨日のayaさんとのメールのやりとりの続きです。(3回目、無空返信分、流れの関係で、一部重複してます。)

ayaさんも、成熟が大分進んできて、絶対的に揺るがないある地点まで来たようですね。
(覚醒後は、すでにゴールに在りながらの成熟という感じですが。)

ひとつの参考ですが、十牛図(十牛禅図)というのがあります。
セッションを受けられていて、先日、覚醒したばかりの方へのメールにも添付した内容が以下です。

十牛図

ニサルガダッタ・マハラジの本には、ラマナ・マハルシも覚醒してから20年沈黙を守ったというようなことが書いてありましたね。

今、ニサルガダッタ・マハラジの本を読んでみると、質問者の話が前のように、マインドにひっかかるかどうか、
確認してみるといいかもしれませんね。

人は、かなりクリアになっても、微細な観念の中で、当たり前のように例外を作ってたりします。
そして、その例外に対しては、まったく気づかずにマインドと一体になっていたりしますので、その辺も確認してみるといいかもしれませんね。(あっても気づいていればとりあえずOKですかね(笑)。)

今回のように、出来事が起き、それを通して一つひとつ確認していくと、さらに空が確実なものになります。

空は空で同じですが、より成熟するというか、以前、私の中で浮かんできた言葉で表現すると、筋金入りの空(笑)になってきます。

それが、セッションの時に、沈黙で伝わる深さの違いとなって現れているのかもしれません。
共鳴で、セッションを受けられてる方が、早い段階で(時には無料体験の時から)深い意識状態に楽に入っていったり、変容したり、覚醒したり、ということが起きているところからみると、そのように考えることもできるかもしれません。

空に対する絶対的な信頼、理解の深さ、経験(今世だけでなく)、そういったものが、今までの悟りへの道の常識を超えたようなスピードでの変容を、セッションで可能にしているのではないかという思いも浮かんできますが・・・。
実際はよく分りません。
ただ、結果がそうなっているという事実があるだけです。

(空は計り知れないものなので、ニサルガダッタ・マハラジも言ってるように、意識がそれに自身に向いたときは、知らない、という感覚がひとつの真実ですね。
なんといっても空であり、ゼロですからね。
それを知ろう、分ろうとするのがマインドで、それがこの世界を創っているわけです。
だから切りがないというか、空は無限なので、創造は永遠に続き、また、同時にそれは空であり、ゼロなので、実際は何も起こっていない、ということになるわけですね。
すべてはマインドの探求、戯れであり、また、マインドを通した空の表現、実現でもありますね)。

結果として、セッションを受けて頂いた方が、よりスムーズで自然な覚醒ができればそれでいいわけですからね。
大きな苦しみやアップダウンを通り抜ける必要もなく。

上の十牛図で言えば、ひとつずつ進んでいるというよりは、同時に、例えば4~8などの要素を持っているという感じです。
これまでの悟りの常識からすると、ちょっと反則かもしれません(笑)。

でも、フーマンはそれをやってましたよね。
これまでのプロセスを一足飛びにし、直接、それを目覚めさせるセッションですね。

そしてそれは、時代全体が高まっている、あるいは時代がそれを必要としているということかもしれません。

これ(真我、悟り意識、悟りに導く力)自体は、時代を超えて在りますが、今、私の目の前でそのようなことが起きているということは、そういうことかもしれません。